Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:アメリカンフットボール

午前中に始まった試合は午後1時前に母校の敗戦で終わったが、その後は伊丹スカイパークか千里川へ飛行機を撮りに行こうと思っていた。サッカーやアメフトを撮るのは楽しいが、許可の問題でブログネタにはならない。

そう思っていたのだが、続く2試合目は観客数の関係で京セラドームに会場が変更となり、帰りに再入場券をもらうと京セラドームの試合も見られるという。対戦カードは立命−関大だから個人的に大して興味はないけれど

ドーム球場は暗い。サッカースタジアムより暗い
     ↓
サッカーのナイターはしばらくないし、高感度条件での試し撮りができるのでは?

ということで、飛行機撮りを止めて京セラドームへ行くことにした。

関西学生アメリカンフットボール@京セラドーム
(iPhone 3GS)


途中、少し寄り道していたので京セラドームに入ると、既に立命 vs 関大の試合は始まっていた。久しぶりの京セラドーム、そして京セラドームでは初めてアメフトを観戦することになったが、やっぱり野球場でのアメフトは見辛いこと、この上ない。

と言うと、伝統の甲子園ボウルも否定してしまうことになるが、甲子園ボウルは京セラドーム同等以上に見辛いのも事実。観客席の問題があるとはいえ、やっぱりアメフトを野球場でやるのはどうかと思うわ…

おまけに野球のファウルボール防護ネットが高く聳えているので、前の方だとネット越しになるため、撮影をしようと思ったら中段付近になってしまう。それでなくてもフィールドが遠いのにさらに遠く…。サッカーやアメフトはやっぱり専用の競技場が欲しいね。陸上のトラックみたいな邪魔者がない競技場が。

などと思いつつも、撮影を開始。ドーム内はやはり暗い。普通に見る分には十分明るくても、いざ撮影のために露出を計ってみると、1/640s, F5.6 を確保するのに 7D が適正露出と出す値が ISO 4000〜5000。万博競技場でのサッカーと比べて 1/3EV〜1/2EV ほど暗い。

もっとも、秋になってサッカーのナイトゲームが少なくなり、高感度撮影が試せない〜と思っていた私には好都合。まぁちょっと被写体が遠すぎて、高感度条件での AF 速度精度を試すには、いささか厳しすぎる条件ではあるが…

20091012145600
EOS 7D + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
100mm (160mm), 1/320s, F5.6, ME, ISO 4000
(リンク先のオリジナルファイルは、撮って出し JPEG ファイルそのまま)


ともあれ、高感度条件で撮影した印象は

所詮 APS-C だけど、APS-C にしては頑張ってるかなぁ…という画質


というところ。正直、判断に苦しむところはある。

特に今回は被写体が激しく動く割には遠すぎて、条件が厳しすぎた。レンズも古さを感じさせる超望遠ズーム(EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM)だしね。これがせめて EF 70-200mm F2.8L IS USM で一絞りできる状況、被写体の距離なら、画質もグッと変わっていたと思う。

ともあれ、画質は APS-C にしては良く頑張ってると思う。

少なくとも ISO 3200以上は 1D MarkIII よりずっと好印象


である。輝度ノイズの少なさと輪郭の残り具合が 1D3 より 7D の方がはっきり上なので、断然使える印象がある。

等倍のサンプルではなく 50% 縮小しているのだが、ISO 3200 で撮影したものとして

20091012153506
EOS 7D + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
250mm (400mm), 1/400s, F5, ME, ISO 3200
(リンク先のオリジナルファイルは、撮って出し JPEG ファイルを 50%縮小したもの)


くらいの画質があれば、まぁそこそこ使えるかな、と。レンズが安超望遠ズームだから描写が甘くなるのは仕方ないし、APS-C の ISO 3200 で撮影して、このサイズでこれだけ見られたら、個人的にはそう不満はない。

勝手な印象としては ISO 3200 まではそこそこ使える感じで、4000 あたりがギリギリ限界かな?と思えたのだが、ISO 6400 も 1D3 の時は非常用としても使う気になれない写真だったが、7D の ISO 6400 は非常用なら問題ないと思えるレベル。

20091012153530
EOS 7D + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
250mm (400mm), 1/500s, F6.3, ME, ISO 6400
(リンク先のオリジナルファイルは、撮って出し JPEG ファイルを 50%縮小したもの)


ISO 6400 になると 3200 と比べて明らかに彩度が落ちてるし、常用感度というには厳しいけど(だからこそ ISO 自動選択の上限が 3200 になってるのだろう)、輪郭の残りやノイズは一回り素子の大きな Mark3 と比べてもずっと上で、やはり2年半近くの技術の進歩を実感させられる。

もちろん、D3S なんかと比べるのは論外だけどね。EOS 7D のファイルを縦横 50% 縮小した上記のサイズは D3S の DX クロップモードと大差ない(少し大きい)ので、その辺は色々と考えさせられるところではあるけど(でも撮影時の問題もあるからねぇ)。

いずれにせよ、高感度における画質は

画質そのものは満足できるとまではいかないけれど
APS-C ということを考えれば十分納得できるレベル


かなぁ、と個人的には思う。予想以上に素晴らしく良いわけじゃないけど、以前 APS-C からフルサイズ(5D)に移行した頃に感じていた“APS-C の高感度画質なんて話にならない”なんていう印象は少し改訂されるべきかな、とは思った。



ちょっと話は逸れるが、上記サンプルに関大のチアダンスチームの写真を掲載したが、アメフトの試合写真の掲載についてはハッキリしないので、チアダンスチームのハーフタイムショーを載せてみた。

チアダンスには全く興味がないので、通常ほとんど撮ってない。まぁ望遠レンズで熱心にそういうのを撮ってると誤解されることもあるので、そういうのはなるべく避けたいということもある。最近は特にそういうのに敏感だしね。

ガンバもハーフタイムにチアダンスチームがいつも踊っているのだが、ハーフタイムは一服タイムだったり、席の移動タイムだったりで撮ってないし、この日も撮るつもりはなかったのだが、関大のチアダンスチームのショーがなかなか良かったので、思わず撮ってしまった。

関西学生アメフト1部リーグの大学にはチアダンスのないところもあるくらいで、あってもさほど目立つことはしないのだけど、初めて見た関大のチアダンスチームは見事だった。人数が多く、それを生かしたショーで、なおかつ息もあっていた。そのことへの敬意も込めて掲載してみた。

それにしても、この日の試合は優勝候補本命の立命館を関大が破ってしまい、とうとう関大だけが無傷の単独首位にたってしまい、優勝一直線となった。関大なんて一部にいたのかよ…というくらいの印象だったのに、本当に凄い。アメフト部もチアダンス部も凄かったわ。

なので、アメフト部にも敬意を表して1枚。試合中じゃなく試合後の写真だし…高感度撮影のサンプルということで。

20091012164555
EOS 7D + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
400mm (640mm), 1/640s, F7.1, Tv, -0.3EV, ISO 4000
(リンク先のオリジナルファイルは、撮って出し JPEG ファイルそのまま)


さて、高感度画質はいいとして、問題?の高感度撮影条件での AF 速度精度ではあるが、こちらの方は

照度が落ちると AF 速度・精度とも結構落ちるなぁ…


という印象はやはりある。

高感度での画質面も含め、絵が甘くなるのは仕方ないとしても、1D MarkIII と比べると元々遅めの食いつき速度が、照度の低下とともに結構低下するのがありありと感じられるし、カスタム設定で1枚目をピント優先にしていても、撮影開始1枚目のピンぼけ率はかなり高くなる。

もちろん 1D MarkIII でも照度の低下とともに AF 速度精度は落ちるのだけれども、その低下率に差があるのはやはり価格の差というものなのかなぁ…と思ったりする。知らないけど。

それゆえに、EOS 7D における高感度条件でのスポーツ撮りとなると、

高感度時の画質より AF 性能の方が先に厳しくなるなぁ


というのが正直なところ。

前記事に書いた後ピン傾向の問題は、光源も照度も変化した午後の京セラドームでは気にならない程度になったのだけど、7D の AF 性能については、こういう条件でもう一踏ん張りできれば良かったのに…予想はしていたけれど、やっぱりちょっと残念。

ま、悪条件下になると価格差=余裕の差が効いてくるのは、どこの世界も同じということですな。

20091012170651
EOS 7D + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
275mm (640mm), 1/400s, F6.3, Av, -0.3EV, ISO 250
(リンク先のオリジナルファイルは、撮って出し JPEG ファイルそのまま)


立命−関大の試合が関大の勝利という番狂わせで終わって、ドームから外へ出るとちょうど夕暮れ時だったので、何枚か適当に撮ってみた(本当は超望遠で梅田界隈を通る飛行機を狙いたかったのだが、陽があるうちに着陸機が通らなかった…)。

適当撮りした写真を見ても、このカメラは風景撮りに向かないのは事実だなぁ、と。そっち方面の人が間違って 7D を買ってしまったら、そりゃ不満も出るだろうとは思った。購入選択ミスは自業自得だから筋違いだけど、まぁ気持ちは判らなくもない。

もっとも、低感度の画質を良くするために高感度画質を落とされたら、7D の良さが消えてしまうから本末転倒だったろう。低感度で画質の良い機種なんて、いくらでもあるわけだしね。

今日は噂の Nikon D3S が発表になって、私も興味津々。さすがに噂のうち、秒14コマなどという無茶ブリな噂はなかったものの、常用感度 12,800、拡張感度 102,400 という超々高感度への対応と、誰もが望んでいたセンサークリーニングなど最近のニコン新機種に搭載されてる機能への追従など、手堅いマイナーチェンジ。

D3 自体が未だに随一の高感度性能と AF性能を有しているのだから、そう大きな進化は必要としてないとはいえ、サンプルを見ると ISO 6400 の画質は俄然良くなっていて、これはホント使えると感じさせられ羨ましい。そして、ISO 1600 あたりまでのノイズ感のなさも更に進んでいるようで素晴らしい。

もっとも D3S の ISO 12800 サンプルを見てると、自分が実写した EOS 7D の ISO 6400 とあまり大きな差はないと感じるので(さらに D3S のサンプルは 100万以上のレンズ、俺のは20万円台の安レンズ)、そういう意味では EOS 7D の高感度は APS-C なのに頑張ってるなぁ…とも思ったり(中感度以下のノイズ感は全然違うけど)。

いずれにせよ、やっぱり D3 系列は魅力あるカメラ。ニコンに出戻るなら D3(S) に限ると思ってるし、余るほど金があれば欲しいと思うカメラではある。

が、今朝海外のサイトを見ていたら 1D MarkIV が来週発表という噂が流れていて、ちょっと慌てた私。「7D を使ってると、早く Mark IV が出てくれ〜と思う」と書いたし、実際そう思うけれど、万が一年内発売とかになると、さすがに 7D を勝ったばかりだから財政的に難しい。

まぁ本当に Mark IV が発表されたら、予約してからやりくりを考えてみるけど(笑)。1D4 は最優先事項だから、売れるものを全部売っても買うつもりだ(それでも年内さらに50万は…厳しいなぁ)。

昨日のサッカーに続いて、今日は朝から近所でアメフト観戦。写真を撮る目的もあるが、母校ギャングスターズの応援もある。
(iPhone 3GS)


さて3連休の最終日は、前日のサッカーに引き続き、朝から近所へアメフトを見に行ってました。もちろん、撮影もしたのですが、撮影半分、母校応援半分。

サッカーのように愛?があるほどではないものの、アメフトも結構好きなスポーツなので、観戦するのは秋のシーズンをたまに程度でも、関西学生アメフトの結果や甲子園ボウルやライスボウルのテレビ中継くらいは見ている。

で、今期の関西学生アメフトの結果を見ていると、母校がなんと入れ替え戦の危機に。母校愛なんてものがあるわけではないけれど、かつて学生アメフトの日大・関学独占時代を打破し、何度も日本一に輝いた時代に在校していた人間としては、最近の低迷は止むを得ないところがあるとはいえ、2部落ちってのは哀しすぎる。

私大が本気でアメフトに力を入れ始めて以降は、正直また日本一に返り咲くのは難しいとは思ってるし(受験の壁は如何ともし難い…)、時代の流れには逆らいようがないのかも知れないが、それでもねぇ…というわけで、朝から見に行って、何の役にも立たないけど応援しにいった次第。

20091012122852
EOS 7D + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
380mm (608mm), 1/1250s, F5.6, ISO250, -0.3EV
(リンク先のオリジナルファイルは、撮って出し JPEG ファイルそのまま)


でもって、話を戻すと、当然撮影もした。前日の天皇杯サッカーを撮った時には、1D MarkIII と 7D を交互に使って撮り比べみたいなことをしていたが、この日は EOS 7D のみ。レンズも前日同様 EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM のみ。

陽射しが雲に遮られがちだった前日と違い、この日はドピーカンで暑いくらいだった。その分シャッター速度も稼げるし、快調に撮影でき…るはずだったが、撮影後のポストビューで確認すると、どうもピントが怪しい。そして帰宅後に確認してみると

前日まで高確率でジャスピンだったのが
一晩だったら同じボディ&レンズでピント外しまくり… orz


「な〜〜〜ぜ〜〜〜だ〜〜〜〜〜」と叫びたくなるくらい、前日までのジャスピン率が嘘のようなピンぼけ様。どうやら少し後ピンになってる。前日までは何の問題もなかったのに…

現場で少し撮影してから背面液晶で見て怪しい感じがしたので、ISO感度を上げ気味で少し絞って撮影したけど(7D の場合は画質的に低感度にこだわる意味もない)、当然ほとんど効果はなかった。等倍で見なきゃ誤摩化せるくらいなものもあるけど、前日まで問題なかっただけに合点がいかない。

前日のサッカーとの撮影条件の違いがあるとすれば、陽炎がたつほど暑かった&陽射しが強かったことと、前日はほぼ順光撮影だったのが、この日は斜光(一時やや半逆光気味)だったこと。あとはユニフォームくらいか…

いずれにせよ、結果は結果。かなり凹まざるを得なかったし、何故こうなったのか原因を突き詰めないと、どうしようもない。午後の撮影では人工光源&高感度必須な照度と全く条件が異なっていたけど(次記事に書く予定)、特に後ピン傾向はなかっただけに、ちょっと困りものである。

AF の癖が少なくなった気はするけど
把握しなきゃならない挙動・癖はまだまだありそう


ということですな。まぁ当然のことですが EOS 7D に限らず、そしてキヤノンに限らず、どんな機種でも AF-C 周りの挙動・癖を掴まないと、スポーツ撮りみたいなシーンでは使い切れないですわな。

と思っていても、ちょっと凹んだなぁ。

20091012132104
EOS 7D + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
100mm (160mm), 1/640s, F9, ISO200, -0.3EV
(リンク先のオリジナルファイルは、撮って出し JPEG ファイルそのまま)


ところで、その日の午前中の撮影で気になったのは、撮って出し JPEG の白飛び。同志社大学のユニフォームが白で、おまけに真っ昼間のドピーカンな太陽光線と言うことで陰影が強く、どうしても肩口などユニフォームの一部が飛び気味だった。

キヤノンの場合、撮って出し JPEG のラチチュードは意図的に一定の範囲に収めているようで(悪い言い方をすれば狭めてる)、機種に関係なく APS-C だとほぼ一定値といってもよく、EOS 7D も例外ではないようだ。

ちなみに、撮って出し JPEG よりラチチュードが広い RAW で撮れば救える範囲の飛びなので、

画質を気にするなら RAW で撮れば良いとは思うけど
7D は RAW にすると連続撮影枚数が激減するし、ファイルサイズもデカいし
だから、もうちょっと JPEG のラチチュードを広げてよ


と言いたくなったのは事実だ。だって、RAW だと白飛び限界の向上は半段どころじゃないし、だったら、撮って出し JPEG も、もう 1/3段か 1/2段くらいは広げてくれてもねぇ…

そのあたりのキヤノンの言い分は何度か記事を見た気がするけど、そろそろ、そういった面も直していってもらいたいものだ。

それ以外は特に JPEG で撮ってても不満はないので(低感度でのノイズ云々は高感度耐性とのバーターと思えば仕方ないと思ってる)、過去スポーツ撮りでもできるだけ RAW を併用してきた私だが、今回 EOS 7D ではスポーツ撮りに関しては JPEG 中心で撮ることにしてる。

そう割り切ると CF への負担も軽くなる。1,800万画素の EOS 7D で1日 2,000枚シャッターを切っても、JPEG なら 10GB 程度。8GB が2枚あればいい。Extreme Pro でなく IV でも十分問題なく連射できる。

これが RAW を使うとなると、バッファ解放速度を考えて Extreme Pro がどうしても欲しくなるし、また CF も 32GB で足りるかなぁ…となってくる。それはさすがに、懐にきついので割り切ることにしたし、

RAW 派の私も、撮って出し JPEG で良いか、と思える


画質かなぁ、と思う。良い悪いではなく、RAW との色々なバランスの上で。やってみると判るのだけど、今回の EOS 7D で撮った画像、特に高感度においては

RAW 現像で撮って出し JPEG と同じレベルにするのは意外と面倒


だったりする。できなくはないけど、高感度における撮って出し JPEG のノイズリダクションと解像感のバランスは、なかなかに良い。1,800万画素の重い RAW ファイルを開いて時間をかける手間と比べると、個人的には割に合わないかなぁ…という感じになりつつある。

とはいえ、それはスポーツ撮りの話で、別の被写体では RAW / M-RAW で撮ることは多くあると思う。また、高感度条件での話は、また次回に。

twitter 投稿時の写真貼り込みに Flickr が使えなかった時の写真10月12日その1
(iPhone 3GS)


そんなわけで EOS 7D で RAW を使わず JPEG only で撮るようになると、やっぱり気になるのが先にも書いた白飛び。EOS Digital の撮って出し JPEG のラチチュードの問題とは別に

7D って適正露出で撮ると、ちょっと明るくね?


と思ったりするわけで、飛ぶのを避けるために、つい -0.3EV デフォルトにしてしまうのだが、絞り優先AE やらシャッター速度優先AE はそれで良いとして、困るのがマニュアル露出時。

ISO オートモードができてから、マニュアル露出でシャッター速度と絞りを固定して明るさの変化は ISO 感度の自動変更で吸収する、という使い方をしている人は、スポーツ撮りをしている人とかでは少なくないと思うのだが(この撮影方法は極めて便利だしね)、ここに露出補正の意図も含めたらなぁ…と思うのだ。

マニュアル露出でシャッター速度と絞りを固定して ISO 感度自動にすると、カメラの思う適正露出に合わせて ISO 感度が設定されるのだけど、そこを -0.3EV にできればなぁ…と。そういうことが可能なカメラもありそうだが(TAv やハイパーマニュアルのある PENTAX ならできるのかな?)。

まぁ EOS 7D の場合、それ以前に

ISO 感度自動設定の上限が 3200 固定って舐めてんの?


ということはあるけどね。意味不明すぎる。1600 にしたい時や 4000 にしたい時や 6400 にしたい時もあれば、下限を 400 にしたい時もあるだろうに。

こういうところを見ると、まだまだ細かいところは“出し惜しみ”してるなぁ、と感じる。無意味な制約があるのはホント納得できないし、イラッとする。そういうところは、ニコンはストレスが少なくて良いよねぇ…なんて思う。

20091012113813
EOS 7D + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
375mm (600mm), 1/1250s, F5.6, -0.3EV
(リンク先のオリジナルファイルは、傾き補正→50%縮小加工済みのもの)


さて、試合の方は 3-10 で負け。撮影しながら母校の応援もしていたのだけど、前半終了間際にディフェンス陣が油断したところを 80ヤードも一気に走られてのタッチダウンが最後まで効いた。

タッチダウンまで4ヤードの地点からファーストダウンでタッチダウンできなかったり、残り15ヤードまで攻め込んでおきながらファンブルで相手にリカバリーされたり…

勝てない試合ではなかったが、正直これでは2部落ちもありえるなぁ…と思ったのも事実。正直、むかし在校していた頃には勝って当たり前だった相手に負ける姿を目の当たりにするのは、意外とこたえたわ。

1勝3敗で、このあとは立命、関学、神戸。キツい…よなぁ。

このページのトップヘ