Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:アップル

例年、年明けには「物欲展望」なる記事を書いていることも多いのですが、今年は全くそういう気分ではないというか、物欲が全くなくなったわけではないですが、具体的にどうこうという計画も遠謀があるわけではないので、止めときます。

代わりに適当に雑記というか、適当なチラ裏な話を少々。まずは、もうすぐ発表10周年を迎える iPhone と Apple に最近思うことを。


続きを読む

初代ではなかったものの、まだ USB ポートが1つしかなく、湾曲した右側面の下側に蓋付きで存在していた頃の初期モデルから MacBook Air を愛してきた私としては、覚悟していたものの事実上の MacBook AIr シリーズ終了。新型 Pro の発表よりも先にその寂しさが先に来る私です。

【追記】11インチ液晶の MacBook Air は廃止されるものの、13インチモデルの Air は当分販売継続だそうです。10万円ちょいで買える廉価版ノートPC としての位置付けでしょう。【追記終わり】

それでも、かつて PowerBook Duo シリーズを思えば、MacBook Air は広く受け入れられ、長続きしたと言えるように思います。初代モデルを発表した時に、あまりの端子の少なさに色々議論が巻き起こりましたが、それも Apple らしかったなあ…と iPhone 7 のヘッドホン端子廃止に重ねて思い出されるところです。

とまぁ、MacBook Air 好きのジジイの戯言はともかくとして、新 MacBook Pro は久しぶりに

大幅薄型&軽量化+α(Touch Bar)


という印象で、特に画期的な差があるわけでもありませんが(今回もタッチパネルは非搭載)、Touch Bar の(ちょっとした)目新しさとともに、「今回もまたマイナーチェンジですか」というところから少し回避できています。

MacBookPro_Release20161028A

MacBook Pro - Apple(日本)

とはいえ、基本的なデザインは従来通りですし、17インチモデルが復活するわけでもなく、以下に挙げる変更点・トピックを見る限り、マイナーチェンジ+α と称するのが妥当なところでしょう。


続きを読む

三連休というかシルバーウィークというものみたいな今週ですが、ゆっくり台風16号の来襲が秋雨前線を刺激し続けてひたすら雨模様であり、皆さまにおかれましては、いかがお過ごしのことでしょうか。

当方は明日の小松基地航空祭へ向けて今朝未明に出発…の予定でしたが、台風来襲の予報が出たところで宿をキャンセルして、半分仕事モードの連休となっています。ただ、その分、先週のうちに小松基地航空祭の予行を撮りに行ったので、航空祭本番の代わりに写真整理の連休になりそうです。

20160915-8571-001


旅行に行ったり、撮影のための遠征をしていると目の前の被写体や行動に集中するので、日頃興味のある方面の新製品情報も割とどうでもよくなり、「〇〇が発表された」とか「××が発売された」とかいう意識もほとんどなくなります。

が、決して物欲モードがなくなるわけではなく、航空祭へ行けば周りを EOS-1DX or D一桁 + 600mm 以上の大砲レンズ群に囲まれ、官用機撮影では焦点距離 1,000mm くらい欲しいのは常ですから、「あー、テレコン付けたくないー、もっと長いのが欲しいー」と物欲 MAX になるのが辛いところです(^_^;)

20160915-8817-002


とまぁ、木曜日に航空祭予行があり、さらに近くの温泉地に一泊して金曜まで撮影していたのですが、小松基地から帰ってきて数日のことをざっと見返してみると
  • 木曜日に EOS M5 発表
  • 金曜日に iPhone 7 / 7 Plus 発売
  • 同じく金曜日に、ポケモンGO Plus が発売

と、気になるものが色々発表発売されました。

EOS M5 については思うところがあったので、木曜日は温泉ホテルにチェックインした後、つらつらとブログ記事を書こうとしたのですが、未明出発から丸一日の撮影を終えた後でしたから、記事執筆途中で眠気に負けました(笑)

iPhone 7 についても、ポケモンGO にしても今さらですが、ちょっと思うところがあるので、チラシの裏に書く感じで雑感を以下、記しておきたいと思います。


続きを読む

先週末に iPhone 7 発表会の現地レビュー記事、モバイル Suica 関連の記事をまとめてみました。

iPhone 7 発表から2日経って、現地レビューやモバイル Suica 関連の記事をまとめてみた

そして早くも今週末、金曜日に発売ということで、今日夕方に実機レビュー記事が解禁になって一斉に配信されています。(旧機種に対する iOS 10 リリースは一足早く明後日未明、既にアプリの iOS 10 対応アップデートが大量に始まっています)

ということで、上記記事の追記として、今日夕方から配信された iPhone 7 / 7 Plus および AirPods の実機レビュー記事を以下にまとめておきます。私もまだ幾つかしか読んでないので、自分用 Read It Later メモであります(^_^;)


続きを読む

先週の iPhone 7 発表を前に、8月末に iCloud ドライブに「2TB プラン」が追加されました。

Apple、iCloudに2TBプランを追加(月額2500円) 256GBモデルiPhoneの予兆? - ITmedia ニュース

容量 256GB の iPhone/iPad Pro を持っているからといって、2TB ものクラウドストレージが必要なのかは私には想像できませんが、Google ドライブには 10TB, 20TB, 30TB プランというのがあるので、驚くことではないのかもしれません。(逆に Google ドライブは 1TB の上が 10TB になるので、2TB が良い落としどころの人もいるのでしょう)

iCloudDriveUpgrade1
(Google ドライブの上位プラン)


ただ、個人的には

iCloud に写真のバックアップをしなければ
無料の 5GB でも足りることがほとんどでは?


と思っていますし、実際少し前までは iPhone/iPad 合わせて数台の iOS 機器がありながらも 5GB の無料ストレージプランでバックアップは賄っていました。

iCloudDriveUpgrade2


写真を溜め込んで iCloud バックアップをオンにしていると無料の 5GB というスペースでは到底足りなくなりますが、今は

Google フォトをインストールすれば
写真と動画は無料で無制限バックアップが可能


です。(Android は当然利用可能ですし、パソコンからでも可能)

もちろん制約はあって、画質は全くオリジナルそのままではなく、サイズダウンのための再圧縮がかかるようですが、元々がスマートフォンで撮影するようなお気楽写真ならば再圧縮された画質も許容範囲内ではないかと思います。(ビデオは撮影時の設定によっては劣化が多少目立つこともある)

iCloudDriveUpgrade3


写真のバックアップを Google フォトに任せれば、十数GB、数十GB もの写真を溜め込んでいても iCloud へのバックアップ負担はなくなりますし、あとはアプリ毎にバックアップが本当に必要か見直していけば、使い込んでいても結構 iCloud バックアップ容量は削減できます。


続きを読む

今年も秋の気配とともに発表された新型 iPhone。今年もまた、「変わり映えしない」「後追いばかり」「手詰まりのアップル」と内外各紙で揶揄されまくりで、発表イベント中の株価の動きもマリオやポケモンGOが出てくると上がり、ハードウェアが発表されると下がるという笑えないものだったようです。



iPhone 華やかりし頃も、発表前は期待込み思惑込みで株価は上がり、発表後は確定売りという状況でしたが、今はそんな感じでもなく、この業界全体がもうマジックもないのにアップルも槍玉に挙げられて大変だなあ、という感じですね😓

その iPhone 7 / 7 Plus、ネット上でも賛否両論というか、海外では概ねネガティヴな反応多めながら、日本特別仕様の登場もあって国内では反応様々というところでしょうか。ただ、中には

個人的にはここ数年で最も興奮した発表会だったように思う


と書かれたライターもおられましたし、私も同意見です。

あくまで、ここ数年では、ですが、国内ユーザーに寄り添った機能、日本バージョンまで作って実現してくれたのは大歓迎で、ここ数年の退屈さからすれば群を抜いてるように思います。(今さらスマホに革新なんて期待もしていないですし)

もっとも、私のように iPhone の防水対応、おサイフケータイ対応を素直に歓迎する向きもあれば、

「防水にしろ、おサイフケータイにしろ、日本じゃそんなもん10年以上前から当たり前で、何をいまさら」
「オレの Xpepia は 5年前からできてるで〜」

ってなことをいう人たちもまたいるわけで、ひいてはイヤホンジャック廃止、変換アダプター添付ということで、



こんな懐かしの画像も上がっていたりして、iPhone 以外ではこんな“盛り上がり”もないよなぁ、と毎年の行事として感じるわけです。

このあたり、スマホもカメラとか車とかと同じく、人それぞれ趣味趣向および主義主張が違うわけで、誰があってる、どれが正解、ということはないわけで、みんな好き勝手に言いたい放題言えば良いと思ってますし、何を否定することもないです。

ただ、Android ガラスマが昔からやっていたからと言って、iPhone でやるのがダメな理由にはなりません

「防水も、おサイフケータイも、要らない要らない言ってたのが手のひら返しで笑える〜」と揶揄しているツイートも散見しましたが、要らない要らないと言っていたのは一部信者の悔し紛れであって、大半の iPhone ユーザーは(おサイフケータイの利用はともかく)防水は欲しい機能でしたし、誰にもあって損はない機能です。

(iPhone だけでなくスマホ、携帯の故障で多い原因の一つは水濡れですし、風呂などでの利用がなくても、ちょっとした濡れに強いだけでも全然安心感は違いますからね。個人的には、雨降り時に少しくらい濡れても安心なのは嬉しいです)

とまぁ、戯言は抜きにして、ここ数日の iPhone 7 の内容に関する記事を取材記事、現地レビュー記事を中心に自分用メモの意味を込めて、以下にまとめてみました。

続きを読む

今年も9月の午前2時に発表会が行われた新型 iPhone。イベントは CEO ティム・クックが会場に向かいながらご機嫌に車内で歌ってたら、ファレル・ウィリアムズが同乗してくるという小芝居から始まり、なんとなく苦笑していたのですが…

AppleEvent20160908A


例によって AppStore のダウンロード数、ゲーム分野の話を軽くしたと思ったら、あのゲーム音が!

AppleEvent20160908B

AppleEvent20160908C


「マリオ、マジかーーー!!」いきなりちょっとテンションが上がったというか、仮眠から起きた眠い目が一気に覚めました!宮本茂氏が登壇し、ゲーム内容を説明。この「スーパーマリオ・ラン」は…


続きを読む

今年も iPhone の発表会が明後日未明、日本時間で9月8日午前2時から行われます。

Apple Events - Keynote September 2016 - Apple

昔と違って今は Apple 自らライブ中継を行っているわけですが、スマートフォンも行き着くところまで行き着いている状態ですし、スティーブジョブズ存命時と違ってリーク情報だだ漏れな昨今ですから、iPhone の新型発表と言っても、昔のように何らワクワク感はありません。

と、ここ数年はそう思っていたのですが、今回の新しい iPhone に関しては
  • 本当に、おサイフケータイ対応になるのか?
  • とうとう公式に防滴 or 防水対応スマホになるのか?
  • イヤホン端子はマジでなくしてしまうのか?
  • イヤホン端子をなくすとしたら付属イヤホンは Lightning イヤホンなのか?
  • カメラ周りはどうなる?(Plus は二眼カメラに?ノーマルモデルも光学式手振れ補正内蔵?)

といったあたりは個人的にも注目していて、ここ数年よりはちょっと「今度の iPhone はどうなるんだろ?」感が高まっているのも事実です。(まぁイヤホン以外全部ハズレ、来年に期待という可能性もあるわけで)

それに加えて、

5s で満足、これ以上は特に望まないと思っていたけど
6s Plus に買い換えて、その思い込みが間違っていたことを実感


しただけに、

「もうスマホの進化なんてないし、どうでもええわー」
と斜に構えすぎるのもどうかな?


という反省があるので、2016年モデルの iPhone は近年にしては珍しく気になっていたりします。

そしてその、「もう iPhone も 5s レベルで十分だわー、これ以上はええわー」などと思っていた自分に、予想外の大きなインパクトを残して愛用している iPhone 6s Plusも、使い始めて半年が過ぎました。

「5s で満足だけどバッテリーがへたってきたし、iOS 9 でモッサリしたから、iPhone SE に買い換えるか…」と iPhone 買い換えを検討した結果、真逆のデカ iPhone 6s Plus を購入した理由は、6s Plus 使い始め当初に書きました。

4インチ iPhone 最高!の私がiPhone SEを買おうとして6s Plusにした、たった一つの哀しい理由
小さなiPhone 最高!の私がiPhone SEじゃなく6s Plusにした、哀しくない些細な幾つかの理由とその結果

大好きだった 4インチ端末である iPhone SE ではなく、デカい iPhone 6s Plus にしたのは、一重に寄る年波に勝てなかったことであり、他にも細かい理由はありますが、iPad を持ち出す頻度を減らして荷物軽量化ということも含めて、年齢が iPhone 6s Plus 購入に踏み切らせた、ということでした。

新しい iPhone が発表されたら iPhone 6s Plus について書くのも微妙になりますから、半年使ってきた iPhone 6s Plus に関する感想記事を総括する意味で、

「半年前に iPhone 6s Plus 購入に踏み切った理由と、その後使い始めた当初に色々感じたことについて、半年経った現在はどうなのか?」

ということを以下に列挙しておきたいと思います。


続きを読む

台風10号が東日本を襲っている本日、大阪は台風一過の秋晴れとも言える爽やかな日和になっています。一昨日の日曜日、鈴鹿サーキットでモータースポーツの夏を締めくくる「インターナショナル鈴鹿 1,000km SUPERGT 第6戦」が行われ、雨風にまみれて観戦、撮影していたので、今日みたいな日和であれば…と思わずにはいられません(>_<)

ただ、午前中の大雨でウェット路面だったのが、雨が止み、12時半のスタート前から強風で急速に路面は乾いていくわ、かと思えば、2時間に1度のペースで通り雨がザーッと降り、6時間のレースの最後まで優勝争い、表彰台争いをもつれさせて、エキサイティングなレースを楽しめた要因になったので、台風による変な天気が一概に辛かったとは言い難いところでしたけど…

20160828Suzuka1000km


さて、表題の本記事ですが、週末に投稿済みだと思っていたら、すっかり忘れていました。鈴鹿 1,000km のレース観戦へ意識が行きすぎて投稿を忘れていたようです(^_^;)

おかげで元々が与太雑談記事なのに、さらに話題の時期を外した感になりましたが、そうこうしているうちに今朝、Apple が噂どおりの 9月7日に発表会を行う際の生中継ページを公開しました。

Apple Events - Keynote September 2016 - Apple

もちろん、次期 iPhoneの発表が行われるのは確定的でありますが、少し前から、その次期 iPhone で「おサイフケータイ」が使えるようになる、という話がネットを賑わしています。

半月ほど前、石川温氏の有料メルマガで、氏がかなりの断言風味で述べていたことがキッカケで噂が巻き起こりましたが、同じ趣旨の内容の記事が先週、日経オンライン紙上でも掲載されました。

iPhoneにフェリカ 「おサイフ」に現実味:日本経済新聞

厳密には次期 iPhone に載るかも?と言われているのは、従来のガラケーや国産スマホに搭載されているおサイフケータイの規格「Felica」とは違うのですが、以下の経緯で、次期 iPhone におサイフケータイが使えるようになるかも?ということです。


続きを読む

WWDC 基調講演も終わって Apple 関連の次期 OS が概ね明らかになったのですが、改めて

今の IT メジャー企業で最も保守的なうちの一つがアップル


というのを露呈した感が十分出ていました。同時期の E3 の方が VR タイトル始め、興味惹かれるものが多い印象。

もちろん、VR やら何やらの業界トレンドを追えば良いというものではないですが、とにかく新しいものが何も無さすぎでした。もうワクワク感とかいう言葉を使うのはアップル宣伝某ライターくらいしかいないでしょう :-P

こうなると今秋登場の iPhone 7 も特に新味がなさそうな気配が強くなってきて、さらに薄くなってイヤホンジャック廃止とか Plus モデルではデュアルレンズだとか言われていますが、どうなってしまうんでしょうか…

半年遅れで iPhone 6s Plus に買い換えた私は当面 6s Plus で行く予定ですが(来年の iPhone 10周年記念モデルには期待)、iPhone 7 でイヤホンジャックが廃止されるという噂が出てきたのも 6s への背中押しの一因だったことは否めません。

さらに薄くなるのはいいかもしれませんが、以前 iPad Air から Air 2 に買い換えた時に「この薄さは(表面積に比べて)むしろ怖いくらいの薄さ」と感じたので、これ以上薄くなるのもどうかと思うんですよね。

ジーンズの尻ポケに入れる派としては、Plus モデルのサイズでこれ以上薄くなると座ったときに割れそうで…冗談じゃなくホントに。(6s Plus でも気を使います ^^;)

iPhone6sPlus04


ともあれ、3ヶ月前に iPhone 5s から iPhone 6s Plus に買い換えて、いま出回ってるスマートフォンでも一番小さな 4インチ液晶から、大きめ画面の(iPhone では最も大きな)5.5インチ液晶のスマホに切り替えたわけですが、その点の善し悪しについては、購入直後から散々書いてきました。

小さなスマホ好きが敢えてデカい iPhone 6s Plus に買い換えて2ヶ月【想定どおり編】
小さなスマホ好きが敢えてデカい iPhone 6s Plus に買い換えて2ヶ月【思惑どおりに行ってない編】

時間が経ってもこのあたりは変わらないのですが、上記記事などで触れたとおり

画面がここまでデカくなると(元々の目的であった)老眼に優しくなるだけでなく、タブレットじゃなくスマホでもやろうと思えることが増えた


ということはあります。

元々買い換えるキッカケになった iPhone SE ではなく 6s シリーズにしようと決断したこと、さらに Plus じゃないノーマル 6s ではなく 6s Plus にしたのは老眼が主な理由でしたが、後者に関してはノーマル 6s と同じ 4.7インチ液晶端末をサブ機 Android で使っているので、

「4.7インチ液晶端末では従来と使い方が大きく変わらないだろう、変化を求めるなら 5.5インチ液晶の Plus にしよう」

という判断でした。そして手に余るのを覚悟で 6s Plus を思い切ったわけですが、想像していたとおり、いや想像以上に

5.5インチという大きな液晶のスマホになると
使い方も少し広がってくるなあ


と実感しまくっています。スマホとして使い方が変わるのではなく、使い方が広がる、という印象です。

具体的にどういった点に「使い方が広がる」のかと言うと…


続きを読む

このページのトップヘ