ゴールデンウイークで特に何も新製品発表のニュースがない中ではありますが、国内ではさらに厳しい決算を発表したソニーが海外では APS-C 一眼レフ α77 の後継機を出してきました。

Sony - Always in focus: new α77 II keeps shots razor-sharp with record-breaking 79-point autofocus system : : News : Sony Europe Press Centre

画素数は従来のα77 据え置き 2400万画素(ただしセンサーや画像エンジンは最新のものに更新)、動画もとりあえず  AVCHD 2.0 とソニーにしては控えめというか、全体的には α77 のブラッシュアップスペックですが、今回の売りは

秒12コマの動体追従連写と、15点クロス含む79点AFセンサー


といった動体相手の性能でしょう。バッファも秒12コマながら60コマ分、約5秒はばら撒ける計算になります。

プレスリリースでも

「New A-mount camera with world’s highest phase-detection AF point count - 79 points with 15 cross points」
「Translucent Mirror Technology delivers ultra-fast, intelligent AF tracking and up to 12 fps burst of up to 60 full-resolution frames」

などと謳っております。まあ、トランスルーセント方式でミラーがないのですから本来連写には強いはずですから、驚くにはあたりません。

というか、ソニーの場合も過去に「動体相手に物凄いぜ」というのを何度か繰り返しているので、今度こそ本物のムービングターゲットシューターになれるといいですね。

まあ、α6000 がどこぞのメーカーと違ってミラーレス機としてはなかなかいけてる AF-C でしたし、一眼レフの生きる道はこういう方面でしょうから Aマウントを残すためにも頑張って欲しいですね。周りの Aマウントユーザーは光学ファインダー come back〜と言ってる人もいますけど。

α77 II の他の特徴については概ね以下の通りのようです。


続きを読む