Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


カテゴリ: 自転車

昨夏、6年ぶりに折りたたみ自転車を買い替えた話を半年経ってから書くシリーズ Part 3。

できるだけ早く、まとめて連投しようと思いつつも公私ともにバタバタで、エアチケ&宿確保済みだったガンバ大阪沖縄キャンプ旅もキャンセルする有様なので、まったりペースになっていますが、今回は(ようやく)購入目的である昨秋のイベントで使ってみた結果、その感想をば。

3年ぶりの航空祭&F1日本GP開催に向けて6年ぶりの折りたたみ自転車購入「ルノー Ultra Light 7」その1 〜今回は小型軽量を最優先で
3年ぶりの航空祭&F1日本GP開催に向けて6年ぶりの折りたたみ自転車購入「ルノー Ultra Light 7」その2 〜予算はオーバーしたが満足は得た

上記の記事の中で、
  • (昨夏の時点で)納期が厳しく秋の航空祭シーズンに間に合うか?
  • タイヤ径を14インチにするか?16インチにするか?
  • 安さを優先するか?高くても軽量さを優先するか?
  • 値段と軽さで変速なしで行くか?プラスしてでも3段変速が要るか?

こういった状況、迷いの中で RENAULT ULTRA LIGHT7 TRY143 を選んだわけで、前回記事の最後に「変速付きを買って良かった」と軽く触れましたが、実際に撮影遠征に使ってみた感想、輪行してみて、

現状は満足のひと言


です。あくまで現時点の話で、耐久性やら今後のトラブル、メンテナンスまわりでの事情で印象が変わる可能性はありますが、ひとまず購入後最初のシーズンは想定どおりに近い使い方ができ、満足できるものでした。

UltraLight7toGo11


もちろん、選ぶ過程で
  • 体力ナシおっさんでもカメラ機材とともに輪行できる小型軽量さ最優先
  • 乗るのを楽しむ目的ではなく、あくまで移動手段だから移動の効率性のため変速付き

という理由をつけ、当初予算枠から+2万円強、さらに+2万円強と購入対象自転車のお値段は上がり、結果的に当初予算の2倍の出費でしたから、全部が全部良かったとは言いませんが、「なんか違うかったわー」とならずに一安心でした。

というわけで、
  1. 公共交通機関の輪行と軽さ、小ささのメリット
  2. 機材背負って14インチ自転車の走行安定性、運転、リスク
  3. 14インチ小口径タイヤでの走行速度、乗れる距離

という点について、以下の昨秋1シーズン使ってみた感想を以下に記しておきます。


続きを読む

半年前の昨夏、航空祭&F1日本GP復活の秋を前に、遠征先での移動用折りたたみ自転車を買い換えることにして、小型軽量を最優先にする中で RENAULT ULTRA LIGHT7 TRY143 を選び、昨秋の航空祭遠征や F1 日本 GP でのゲート間移動に活躍してくれました。

UltraLight7toGo08


小口径折り畳み自転車の買い替え購入にあたって情報を集める中で、DAHON 製品は比較的情報が多かったもののルノーの自転車は(ダホンと似た商品展開かつ取扱店の多さも大差ないのに)意外と情報が少なく、購入した ULTRA LIGHT7 はかなり少なかったので、自転車ド素人の一般民ながら感想その他を少々記しておくことにした次第。

前回は使った感想を書く前提である、「折りたたみ自転車買い替えの理由」「購入する自転車の選択方針、条件」「条件や世情から絞られた購入候補」について述べました。

3年ぶりの航空祭&F1日本GP開催に向けて6年ぶりの折りたたみ自転車購入「ルノー Ultra Light 7」その1 〜今回は小型軽量を最優先で

上記記事でも書いたように、要求条件や(昨夏時点では厳しかった)納期などから購入候補を絞り込み、今回は最終的に ULTRA LIGHT7 TRY143 を選ぶ過程で、
  1. タイヤ径は14インチか?16インチか?意外と差がなくて迷う
  2. 安さ優先か?軽さ優先か?
  3. 軽さ最優先で変速なしで行くか?高くても変速付きを奢るか?

これらの迷い、そして出した答えの理由について記しておきます。と同時に、その選んだ結果の感想も簡単に触れておきます。(実戦使用での結果については次回詳しく)

まず、前回記事でも書いたとおり、最終的に絞り込んだ購入候補は以下の 6モデル。(値段順)
  1. キャプテンスタッグ リライト AL-FDB141

  2. ルノー LIGHT8

  3. ルノー PLATINUM LIGHT6

  4. ルノー PLATINUM LIGHT8

  5. ルノー ULTRA LIGHT7 TRY143

  6. ルノー ULTRA LIGHT7 TRY163

これらから ULTRA LIGHT7 TRY143 を選んだ過程、理由を以下に述べ、選択結果が実際どうであったかも最後に少し書いておきます。


続きを読む

半年前に買ったものを翌年になってからレビューするのもどうかと思いますが、昨年末に書いた「お買いものベスト 2022」でも第7位に入れたこともありますし、購入検討時に意外とこの自転車のレビューなどの情報が少なかったので、諸々書いてみることにします。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2022 【前編】10位〜6位

とはいえ、当方は自転車のことなど何も知らないド素人のパンピーですので、つらつらと自分の思ったこと考えたことを書くだけであり、レビューというようなものではなく雑感程度のものですので、予めご了承ください。

UltraLight7_08


まず今回は、
  1. 昨夏、折り畳み自転車を買い替えた理由
  2. 買い替えにあたっての選定方針・条件
  3. 世情・事情で絞られた購入候補

これらについて、以下に書いておきます。感想を書くにせよ、何を以て買い替えたのか、何をどうしたくてこの自転車を選んだのかが判らないのと、感想を咀嚼していただく基準が判らないと思いますので、いささか冗長かつ前置き的な話が長くなりますが、ご容赦ください。


続きを読む

本年もまた、この場末ブログの年末恒例として、今年1年のお買い物から「これは良かった」と今現在思っている製品およびサービスを10個+α紹介していきたいと思います。

昨年のお買いものベストは以下のとおり。今年になっても使っているかどうかのフォローアップ記事も先日書きましたが、概ね今年も使い続けている「良いお買いもの」が多かったようで何よりでした。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2021 【前編】10位〜6位
だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2021 【中編】次点その他
だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2021 【後編】5位〜1位
一年前「お買いものベスト2021」に選んだ製品その後 2022

なお、お買いものベスト10は原則として当年に購入した製品を対象としていますが、年末ギリギリに購入した製品については、十分使う時間も、評価する時間もないため、一部翌年のお買いもの扱いにする場合があります。

本年につきましては、昨年のクリスマスに発売・購入したニコン Z9 や、大晦日に届いて元旦から使い始めた Z 24-200mm f/4-6.3 VR は今年 2022年のお買いもの扱いとしています。予めご了承ください。

また、毎年注釈していることですが、

本記事はあくまで私のお買い物評価であり
普遍的な評価尺度は一切存在しません


買ったことによる満足感、コストパフォーマンスや自分がどれだけ使ったか、そういった点が強く加味されての評価であり、製品の良し悪しとお買い物評価は全く別であることをご承知おきください。(製品のトータル評価も適当な点数として横に付け加えていますが、テキトーな参考値です)

UltraLight7_01


今回の前編では、まず 2022年のお買いものベストのうち、第10位から第6位を紹介します。それにしても今年のお買いものをまとめてみると、とにかく

今年のお買いものベストに入れた
製品の多くで感想を書いていなかった


ことに気付かされ、来年に向けた反省をしております。その分、本記事で気に入ってる製品を知っていただければ幸いです。


続きを読む

1年前に購入したブリヂストンの電動アシスト自転車 TB1e。諸々で記録している分だけで乗車距離は 1,200km 弱。いちいち計測せずに乗ってることも多いので、実際にはもう少し乗っていることになるでしょう。

購入前後の記事でも書いたように、元々使っていた激安折りたたみ自転車が故障気味なことも含め、スタジアムへ観戦に行く際の登り坂対策、夏場の汗だく対策として電動アシストを導入したわけです。

TB1e_41


そのスタジアム往復で乗った距離は1年間で精々 150km に満たないと思いますので、残りは 1,000km 少々は本来の購入目的とは外れて「自転車に乗って楽しむ」用途で乗っていたことになろうかと思います。(駅まで乗る、買い物に使う、ことはほぼないので)

ただ、6月以降の夏場は暑すぎてスタジアム往復くらいしかしていないですから、本来の購入目的以外である「自転車ぶらぶら」に使ったのは秋〜春までで、それは今後も変わらないだろうと思います。

TB1e_44
(購入から8ヶ月でブラブラした範囲)


電動アシスト自転車でポタリング、サイクリングしたところで、ロードサイクルその他フツーの自転車で漕ぐほど運動にはなりませんが(同距離のウォーキング程度のカロリー消費という説も)、それでも多少なりの引きこもり防止、運動不足解消、気分転換に使えていたと思います。

また購入動機や購入直後の感想でも書いたように、近隣は平地でも少し動くと坂の多い土地ですから、

坂のあるエリアで自転車を乗る気になる
電動アシストを買って正解だった


というのは、1年間経った今でも率直に思います。自転車でブラブラするのは好きな方ですが、登り坂は嫌いです。巷のチャリダーのようにヒルクライムを楽しめるような頭のイカれたマゾな性格はしていませんので…(暴言)

いずれにせよ、買う前も買った後も

駅も買い物エリアも余裕で徒歩圏内で自転車なんてロクに使わんのに、十数万円もかけて電動アシスト自転車を買うなんて勿体なくね?


という気持ちはあったのですが、本来の購入目的であるスタジアム往復以外に気分転換その他でポタリングなり何なりで使ってきた、使う気持ちになったことでそんな危惧はなくなりました。

今後もその気持ちを忘れずに使っていければ十分に元は取れると思います(1年ではまだ元は全然取れてない)。使用頻度に比してバカ高いカメラ機材に散財するよりずっと元が取れて健康的なので、納得感も高いです!(笑)

TB1e_43


さて、1年前には購入の経緯から購入後のファーストインプレッションまで何回かに分けてウダウダ書いていました。ただ、その後追加の記事を書こうとして、感じたことの感想を書き溜めていたのですが、記事にすることなく2ヶ月、3ヶ月、半年…と過ぎて今に至る、よくあるパターンです😅

大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【1】〜電動チャリとか考えたこともなかったのに…
大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【2】〜TB1eに決めた理由
大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【3】〜購入、色、オプション
大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【4】〜納車、初乗りファーストインプレ

購入から数ヶ月間、色々とメモったことは沢山あって、書き散らかしたのテキストも結構な分量があるのですが、正直なところ、電動アシスト自転車を買ったことへの評価とは別に、TB1e という自転車については

購入から半年間と今では
根本的に感想が異なる点がある


ので、1年間経った今、回生充電を売りにした TB1e について良かった点、イマイチに思った点を率直に書き直したいと思います。


続きを読む

2021年も残り1日となりました。去年は大掃除を11月から始めて、まさにとことん“大掃除”と言えるものだったのですが、今年は最終週になってから始めて到底大晦日に終われそうにない状況…年末年始に仕事も抱えていますしね(´Д` )

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2021 【前編】10位〜6位
だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2021 【中編】次点その他

さて、今年も場末の独り言発散ブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。本年最後の更新になりますが、2021年の “お買い物ベスト” 上位5製品、第5位から第1位を紹介していきたいと思います。



続きを読む

表題のとおりの、どうでもいい1ヶ月前の話 Part 4。長々と続けてきたけど、とりあえず買うまでの話は、今回で終わりです。(長すぎ)

なお、本ブログの書き手は自転車に興味があるわけではない一般人ですので、自転車について書かれてると思って来てしまった方は、今すぐブラウザの戻るボタンを押して時間の無駄を避けるようお願いいたします。

TB1e_27


真夏の最中、今まで購入を考えたこともなかった電動アシスト自転車の購入検討を衝動的に始め、ブリヂストンTB1e に定まったけど、「よく考えてみれば自転車なんてロクに使わないから」と購入はペンディング…したはずなのに、大阪ダービーでガンバ大阪が大敗した鬱憤晴らしに、試合翌日に衝動買いした TB1e。

当初、納車は早くて半月以上先の入荷分で回せるかどうか、実際には時期を確約できないと言われて、それでも納得して購入契約を進めていたら、他店キャンセル分を取り寄せできるラッキーがあって 1週間くらいで納車となったのが前回までの話。

大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【1】〜電動チャリとか考えたこともなかったのに…
大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【2】〜TB1eに決めた理由
大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【3】〜購入、色、オプション

時期不明ならともかく、1週間くらい先には納車と判っていれば待つのは全く苦にならないし、その間 Amazon で自転車関連アクセサリーをみて「これは便利じゃないかな?」なんて無駄遣い…はしなくても、欲しいものリストにどんどん放り込んでいくという、待つのもまた楽し、の時間を過ごしていました。

スマホやパソコン、ネットワーク関連の製品やカメラ機材なんてのは、もう購入しても1ミリも楽しさはない有様ですが(義務感みたいなもの?)、

自分がよく知らないカテゴリー
の製品はちょっとワクワク


が止まりません。どこまで使うのか判らないし、そのカテゴリーに深入りする気もないけれど、そういう自分も含めて判らないから楽しいわけで、久々に楽しみでした。

そして、購入契約をした時の話のとおり、1週間弱で「準備が整ったので納車できます」との連絡が来たので、さほど日をおかずに早速、自転車を引き取りに向かった次第。


続きを読む

表題のとおりの、どうでもいい1ヶ月前の話 Part 3。本ブログの書き手は自転車に興味があるわけではない一般人ですので、自転車について書かれてると思って来てしまった方は、今すぐブラウザの戻るボタンを押して時間の無駄を避けるようお願いいたします。

大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【1】〜電動チャリとか考えたこともなかったのに…
大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【2】〜TB1eに決めた理由

夏までは購入を考えたこともなかったのに、真夏の夕刻、変速機の壊れた小口径激安自転車を汗だくで漕いでスタジアムに向かう際、電動ママチャリに抜かされまくって衝動的に購入検討が始まった電動アシスト自転車。

予算10万円程度で具体的に自転車選びをしたものの、スタジアム行く以外で普段自転車に乗らないし、暑さも少しマシになってきたから来年また考えよう!とペンディングに……したはずが、大阪ダービーでガンバ大阪があまりにも不甲斐ない大敗をした鬱憤晴らしとして試合翌日、仕事先帰りに近所の自転車屋へ買いに行った話であります。

TB1e_37


初回の記事で書いたように、TB1e を購入したのはもう1ヶ月以上前で、納車されたのも3〜4週間前になります。それから今までの間に TB1e は 2022年モデルが発表され、装備はほぼ同じなのですが、カタログ値のバッテリー走行距離が変更されています。

バッテリーその他の仕様変更がないのに2022年モデルでバッテリー走行距離が1.5倍近く延びているのは、本来ならカタログ値を疑ったりするところですが、購入前に口コミを調べてもカタログ値より遥かに保つという評判でしたし、自分でも乗っていてその評判を実感していますので、カタログ値を実勢値に近づけた(業界標準の試験で近づくように回生アルゴリズムを変えた)ということなのでしょう。

ですので、TB1e を選んだ理由を記した前回記事で現在の公式ページにあるカタログ数値と違う部分があっても、そういう事情があることをご了解ください。

(購入後すぐに来年モデルが出て、一瞬うぇっ!?と思いましたが、仕様・内容はカラーリングも含めてほぼ変わらないものですし、新モデルは12月発売ということですから、後述するように早めに買えたこともあって満足は変わりありません)


続きを読む

表題のとおりの、どうでもいい1ヶ月前の話 Part 2。以下の話の続き、というか、衝動買いに走る前に考えていた話。

大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【1】〜電動チャリとか考えたこともなかったのに…

なお、本ブログの書き手は自転車に興味があるわけではない一般人ですので、自転車について書かれてると思って来てしまった方は、今すぐブラウザの Back ボタンを押して時間の無駄を避けるようお願いいたします。

TB1e_07


さて、電動アシスト自転車を買おうなんて考えたことは一度もなかった、out of 眼中の商品だったのに、ガンバ大阪・夏場の15連戦で週1〜2回スタジアムへ向かう際、

いくら変速機が壊れた小口径折りたたみ自転車で速度が出ないとはいえ、こっちが汗だくで必死こいて漕いでるのに、毎週毎回いつも電動ママチャリに抜かされすぎやろ…オレも電動アシスト自転車買うか!?


と衝動的に思って、電動アシスト自転車購入を考え始めたこの夏。

具体的な購入候補を検討するまで行ったものの、

駅近で普段自転車を使うことはないし、近所を乗るだけ、週イチ程度のスタジアム行きだけのために10万円も出して電動アシスト自転車を買うのは、さすがに勿体ない。そろそろ涼しくなるし、来年また暑くなる頃に考えよう。


そう先送りしたのですが、先月初め、絶対に負けてはいけない大阪ダービーで1週間の間にホーム2連敗、最後は大阪ダービーの歴史で最悪の大敗を現地で見ていて鬱憤が溜まり、

このやり場のない思いをどこで発散したら…買い物で発散するしかないか!


と、ダービー大敗翌日に自転車屋へ行き、ペンディングにしたはずの電動アシスト自転車を購入契約していました。

TB1e_36


今となっては、というか、今のところは、

結果的には買って良かった


と思っています。あくまで、今のところは、ですけど。

購入は1ヶ月前でしたが、発売から時間が経っても人気の自転車だったため、納車はもう少し後で、乗り始めて3週間少々になるでしょうか。当初の納車予定は先月末以降でしたから、だいぶ早く手に入れることができました。

今回は私が電動アシスト自転車を買うにあたって、ブリヂストン TB1e を選んだ理由について記しておきます。ポイントは、
  • 回生充電に惹かれた
  • クロスバイク/スポーツバイク風だけど街乗り仕様
  • 当初予算から多少逸脱したけど許容範囲だった

この3点が決め手でした。


続きを読む

先週末はクラブ設立30周年記念試合でボロ負けしてスポンサー様や招待されたホームタウン各市長の前で恥を晒したガンバ大阪ですが、1ヶ月前には不倶戴天の敵であり絶対に負けてはいけない相手、セレッソ大阪との大阪ダービーで1週間の間にホーム2連敗、最後は 0-4 で大敗してサポーターの怒りと落胆を買う出来事がありました。

Jリーグ創設時からご近所クラブとして青黒ファンの末席を汚している当方も、さすがに現地で不甲斐ない戦いを目の当たりにして、かと言ってコロナ禍の折、どうすることもできずに悶々としたまま帰宅し、

このやり場のない思いをどこで発散したら…
買い物で発散するしかないか!


などと思ったものの、当時はまだ iPhone 13 / iPad mini の発表もまだなら、GR IIIx の発表も、EOS R3 の正式発表もまだで、それらの買い物で鬱屈した気分を発散することができませんでした。(まぁ EOS R3 で発散してたら被害が尋常でないことになっていましたが)

そこでふと、今年の夏になってから急にほしい物リストに入ったいたけれども無駄になりそうだし、暑い夏も終わりに近づいたからまた来年考えよう、そうペンディングになっていたものを思いついてしまいました。

大阪ダービーでボロ負けした腹いせに
電動自転車買って発散するか…!


本記事は、この8月までは欲しいものリストどころか興味の1ミリもなかった電動アシスト自転車を、大阪ダービーでガンバ大阪が大敗した鬱憤晴らしに翌日衝動買いした、という全くどうでもいい話でございます。

かれこれ、もう1ヶ月くらい前の話ですしね……


続きを読む

このページのトップヘ