Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


カテゴリ: スマートフォンアプリ

一ヶ月ほど前にクラウドメモサービスの雄「Evernote」が有料プランの値上げを発表し、同時に無料版の利用制限を引き上げて利用端末2台まで、となりました。

Evernote の価格プランの改定について - Evernote日本語版ブログ

「Evernote を使えばこんなに便利!」「できる人は Evernote をこんなに活用している!」なんていう記事がメディアでも個人ブログでも雨後の筍のように氾濫しましたが、結局パワフルに使っている人は少数なのでしょう。

周りを見てもキャンペーンがらみではなく自分でお金を払って Evernote の有料プランを使っている人は2人いますが、うち1人は今回の値上げで有料ユーザーを止めて無料版を使いつつ代替策を探すそうです。

ちなみに発表直後には値上げ対策として、割安になったソースネクストのパッケージ版「Evernote プレミアムパック」を購入するという手段もありましたが、早々に売り切れ、そしてすぐに販売終了になってしまいました。



かく言う私も Evernote の有料プランユーザーになったことは数年ありましたが、docomo 端末契約のおまけなど何かとサービスで付いてきたもので、それらの間も含めて Evernote をガシガシ使いまくったことはなく、当然自分でお金を払って有料プランに加入したこともありません。

そして、Evernote の便利さは使っていて私も十分感じていたものの、ここ1年くらいはもう全く使わなくなってしまいました。その理由は

メモアプリにしては重くなりすぎ


ということ。

これはひとそれぞれ印象が違うと思いますが、軽くレスポンスの良いメモアプリが好きな私としては、初期の頃はともかくどんどん機能が増えて便利なことも増えた分、もっさり感が気になってきて使わなくなってしまいました。テキストメモとしても、テキスト分量が多いと動作が鈍くなるのは厳しかったですね。

だからと言って Evernote ほどの多機能メモアプリをそのまま代替できるアプリ、サービスもないのは事実で、結局自分の使い方を考えて、どこか妥協するか、もしくは複数サービスに割り振るか、的なことになります。

一般的に Evernote 代替のメモアプリというと、以下のアプリがメジャーどころでしょうか。

続きを読む

先週金曜日に日本でも「ポケモンGO」がリリースされてから、1週間。この間は良くも悪くも話題沸騰というか、色々なところからプレイ禁止や注意喚起のアナウンスが出てるのを始め、良い点悪い点様々にニュースやワイドショーのネタになっていますが、過去の流行ものが辿っていた道とも感じます。

もっとも、チラホラながら意外とポジティブな点も報道されてるのは、日本だけのブームなら批判的な意見の嵐だっただろうマスメディアも、欧米で先にリリースされて大ブームとなった分、この手の新しい流行ものにしては批判さが緩くなったのかな?という印象もまたうけています。

まぁ、ポジショントークしかできない炎上コメンテーターみたいな輩の飯の種にもなっているのも毎度のことですが、株価だけでなく、以下のようにスマホ商売的にも各社あれやこれやと便乗しているのが微笑ましい昨今です。

ポケモンGO開始でiPhoneレンタルの申し込みが殺到中 | ガジェット通信
ポケモンGOが動かなかったらスマホを交換できる「ポケモン保証」がスタート (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!
【ポケモンGO】格安スマホ各社が“便乗” 専用SIM、データ無料、電池長持ち、定額制… - 産経ニュース
ポケモン効果でスマホの販売台数が倍増 - PC Watch

確かに「ポケモンGO」はアプリを起動しっぱなしにするのが基本ですから、日がな一日頑張ってポケモン集めよう、レベル上げよう、という人だとと、スマホ本来の“生活用品”的な使い方ができませんので、2台持ちが基本になるのも判ります。ですから、レンタルやら買い増しやらの需要は多少あるのでしょう。

私も最初にプレイし始めたときに

「予備の iPhone をポケモンGO 専用機にして持ち出すか?」

と一瞬考えましたが、スマホが何台あっても使う人は1人ですから、専用機を1台持ってもプレイする時間に限りがあれば意味ないな、と止めました(^_^;)

ただ、「ポケモンGO」の Android版は OS 4.4 以降が必要であり 2年前のモデルあたりがボーダーラインなので、これを機に買い替え需要もあって、スマートフォンの売れ行き増大なのかもしれません。(iPhone の場合は 4年前の iPhone 4s 以降は現行 iOS 9 に対応していますから、あまり問題にならないかと)



というわけで、世界のビッグウェーヴに俺も乗るぜ!というわけではありませんが、私めも「ポケモンGO」を、ちまちまとやってます。無課金マイペースまったりプレイです。まだレベル20にも達してません(^_^;)

リリース初日に体調不良でほとんどプレイできず、しかし翌朝には周囲のジムにいきなり4桁CPのポケモンが配置されてるのを見て、

「このゲームもプレイした時間と重課金兵には敵わねえわ(当たり前)」

という真理を速攻で悟ったので、生活ペースや課金の誘惑に惑わされることなく、そしてまた周囲に迷惑をかけずにゆっくりプレイに徹しようと決意した次第です(-_-)

それにまぁ、ぶっちゃけ言えば、1週間プレイして「ポケモンGO」が、さほど面白いゲームとは思ってません。純粋にゲームとしてみると、まったりプレイではすぐ飽きてもおかしくないですし、逆に「運動不足解消の歩行促しツール」としてならまだ続くかな?という印象です。

続きを読む

iPhone 版 LINE アプリが昨日アップデートされました。

LINE20160627A


トークリストのピン機能など色々と細かな機能追加が行われてましたが、久しぶりに「これだけのために LINE アプリをアップデートしなきゃ!」というのが、

トーク履歴を iCloud にバックアップする機能


が追加されたこと。

ようやくかよっ!!って感じですが、これで機種変したり、端末を初期化しても iCloud からトーク履歴を復旧できるようになりました\(^o^)/

従来、iPhone の機種変や初期化したのちの LINE トーク履歴復旧は、iPhone の初期設定時に iCloud ないし iTunes から従来端末のバックアップを丸ごと復旧させる必要がありました。初期設定時に「新しく iPhone を使う」を選んで本当の意味での初期化、真っさらな状態から再度環境構築した場合には、LINE アプリ再インストールしても過去のトーク履歴は復元できませんでした。

(Android 版 LINE アプリには、機種移行時のためのトーク履歴バックアップ機能は従来からあります)

しかし今回の「トーク履歴を iCloud にバックアップする機能」を有効にしておけば、トーク履歴は iCloud バックアップに保存され、LINE アプリを再インストールした際には iCloud から復旧できるようになりました :-)

また、「トーク履歴を iCloud にバックアップする機能」を有効にする方法は何も難しくなく、LINE アプリをアップデート後に起動すると、以下の画面のように、トーク履歴をバックアップするかどうか聞かれます。


続きを読む

少し前に、iPhone のカーナビアプリ、特に無料でカーナビ機能が使えるアプリについて個人的な意見を当ブログに書きました。

iPhone カーナビアプリ色々
無料iPhoneカーナビアプリ Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ の個人的比較感想
Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【前編】
Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【中編】
Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【後編】

時期的にはそんなに前のことではないのですが、幾つかのアプリがアップデートして、上記記事で書いた内容から大きく変化していることが2点がありますので、それについて補足しておきます。


続きを読む

前回、前々回と2回にわたって、無料 iPhone カーナビアプリのうち

これら3つのルート探索における癖、留意点を記してきました。(無料カーナビアプリのうち NAVIRO は常用していないため割愛。以前の記事参照)

前々回は主に「Googleマップ」、前回は主に「MapFan+」のルート探索について注意点を述べてきました。

Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【前編】
Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【中編】

今回は最後、「Yahoo!カーナビ」のルート探索の癖、利用上の注意点を述べていきます。カーナビ専用アプリだけあって、「Googleマップ」「MapFan+」と比べると一番実用的なカーナビアプリですが、オススメルートはかなりの曲者ですので、そのあたりを中心に。

過去2回同様、常用している中での実例なので関西エリアが中心の実例になっているため、首都圏その他の方には判りづらいかもしれないことを先にお断りしておきます。

また、ルート探索アルゴリズムは告知なく変更・改良されているものですから、当記事は記事執筆時点での話であることを予めご承知おきください。ここで指摘した問題は将来、きちんと改善されている可能性があります。


続きを読む

先回記事に引き続き、無料 iPhone カーナビアプリ

これら3つのルート探索における癖、留意点を今回も記しておきたいと思います。(無料カーナビアプリのうち NAVIRO は常用していないため割愛。以前の記事参照)

前回は主に「Googleマップ」のルート探索機能の注意点を2点紹介しました。

Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ をカーナビアプリとして使う場合のルート探索上の注意点【前編】

今回は主に「MapFan+」のルート探索について、「Googleマップ」「Yahoo!カーナビ」など他のカーナビアプリと比較しつつ注意点を述べていきます。

前回同様、常用している中での実例なので関西エリアが中心の実例になっているため、首都圏その他の方には判りづらいかもしれないことを先にお断りしておきます。

また、ルート探索アルゴリズムは告知なく変更・改良されているものですから、当記事は記事執筆時点での話であることを予めご承知おきください。ここで指摘した問題は将来、きちんと改善されている可能性があります。


続きを読む

前々回で iPhone カーナビアプリの現状について色々と書き、その流れで前回は無料 iPhone カーナビアプリ「Googleマップ」「Yahoo!カーナビ」「MapFan+」それぞれを常用してきた中での機能や性能の特徴について比較してみました。

iPhone カーナビアプリ色々
無料iPhoneカーナビアプリ Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+ の個人的比較感想

「MapFan+」は一部機能が有料アプリだとか、無料カーナビアプリ比較という割には無料カーナビアプリで最も多機能な「NAVIRO」が入っていないとか、諸々片手落ちがありますが、ちょっと使ってみただけでの比較ではなく、きっちり話できるのは常用しているアプリに限られるので、この3つのアプリについてのみ記しています。

(NAVIRO を常用していない理由については、前回記事を参照)

前回記事では、

の3つのアプリそれぞれについて長所・欠点を列挙しましたが、今回はその前回記事でも触れた各アプリの情報表示やルート探索の癖について、具体的な事例を示していきます。

これら3つの無料カーナビアプリを始め、どのカーナビアプリもそれぞれ長所短所は持っていますし、特に

ルート探索についてはアプリ毎に癖がある


ので、使うなら事前にアプリの癖を知っておく方が良いですし、時には「転ばぬ先の杖」にもなります。(面倒くさいこと考えずに一番無難にこなしたければ、月額課金して「カーナビタイム」や「ドライブサポーター」の NAVITIME系アプリを使うのがベター)

ということで、以下、私個人の気づいた「Googleマップ」「Yahoo!カーナビ」「MapFan+」のそれぞれの特徴、注意点を実例で示していきます。今回はまず「Googleマップ」を中心に。

なお、ルート探索アルゴリズムは告知なく変更・改良されているものですから、当記事は記事執筆時点での話であることを予めご承知おきください。ここで指摘した問題は将来、きちんと改善されている可能性があります。

また、常用している中での実例なので関西エリアが中心の実例になっているので、首都圏その他の方には判りづらいかもしれないことを先にお断りしておきます。(首都圏その他でも同様の例はあります)


続きを読む

前回記事で iPhone カーナビアプリの現状について色々と書きました。

iPhone カーナビアプリ色々

現在よく使われているだろう有料無料カーナビアプリそれぞれについて、色々と特徴があることは上記記事で書いたとおりで、NAVITIME 系アプリの優秀さについても触れました。

ただ、人それぞれカーナビアプリにどこまで重きを置くか、月額課金を払うほど利用するか、というのはあるわけで、例えば営業で毎日車であちこち駆け回る人なら、機能精度とも優秀な「カーナビタイム」に月額500〜600円払っても惜しくないでしょう。それだけの価値はあります。

反面、たまにしか車を(カーナビを)使わない人などにとっては月額課金するほどのことはなく、必要な時は無料カーナビアプリで済ませよう、それで十分という場合も多いでしょう。

現在 iOS には以下のような無料カーナビアプリがあり、いずれもカーナビの基本的な機能はカバーしています。

Google マップ
Yahoo!カーナビ
カーナビNAVIRO
MapFan+(マップファンプラス)(渋滞情報など利用は月額400円)

(MapFan+ は VICS 渋滞情報や渋滞情報込みのルート探索、オフライン地図、駐車場満空情報などの機能は有料ですが、地図閲覧、ルート探索、カーナビ機能そのものは無料でも利用可能なので、ここでは無料カーナビアプリの一つとして入れておきます)

私はこれら4つの無料カーナビアプリのうち、NAVIRO を除く 3つを常用しています。別に NAVIRO がダメだというわけではなく、

無料カーナビアプリで最も多機能なのが NAVIRO


であり、NAVIRO は有料アプリと比べても見劣りしない唯一の無料アプリと言ってもいいくらいです。(ナビ音声の方言切り替え、AR モードやドライブレコーダー機能内蔵などは NAVIRO ならでは)

ただ、前回記事でも書いたように、私自身は「カーナビはドライブ前の参考程度」が中心でカーナビ機能より地図の閲覧性を重視していること、NAVIRO のハニカムメニューが好みでないため、本格的に使うに至りませんでした。

ですから、私自身が十分利用していて語れるのは「Google マップ」「Yahoo!カーナビ」「MapFan+」だけです。片手落ちなのは十分承知の上で、これら iPhone 無料カーナビアプリ3つの個人的印象、感じる比較印象を述べていきたいと思います。

(「Yahoo!カーナビ」はカーナビ専用アプリですので、地図アプリとして「Yahoo!地図」も併用しています。統合して欲しいんですけどねぇ…)

なお、3つの地図・カーナビアプリの個人的な使い分けは以下のとおり。
  • 一番常用かつ検索、ブックマークに使うのは「Google マップ」(操作性が良く、地図アプリとしての機能性に優れるから)
  • モバイル時につらつらと地図を眺める、調べるときはパケットを消費しないオフライン地図利用可能な「MapFan+」
  • カーナビとして使う場合の第一選択肢「Yahoo!カーナビ」と「Google マップ」の情報が古い、足りない時の「Yahoo!地図」

という感じですね。

実際のカーナビアプリ利用に関しては

出かける前なら3つのカーナビアプリでルート探索して
一番まともなルートを探索したアプリを使う


って感じです。(車内でサッとやる場合は「Yahoo!カーナビ」が第一選択肢です)

NAVITIME 系アプリを使っていたならば、探索ルートも到着予想時刻もそれだけで概ね信用できるのでしょうけれど、これら3つのアプリは(Yahoo!カーナビが一番マシとはいえ)色々と欠点を持っていて信用するところまではいきませんので、3つ試してみて自分で判断です。

まぁ結局信用できるのは自分というか、自分で決断下せば何があっても自業自得で納得できますからね。カーナビの隷にもなりたくないし、結果をカーナビのせいにはしたくないので(^_^;)


(地図といえば外せないのがコレ)


そんなわけで、今回はそれら「Google マップ」「Yahoo!カーナビ」「MapFan+」の長所・短所を列挙して、次回はルート探索その他における良し悪しの実例を示そうと思います。


続きを読む

前回記事で、地図&カーナビアプリ「MapFan+」のことを書きました。

大好きな地図&ナビアプリ「MapFan+」の有料課金継続を止めた2つの理由

「MapFan+」は地図だけでなくカーナビ機能も持っているわけですが、最近のカーナビアプリは機能も充実の一途を辿っていて、特にカーナビに特化した有料アプリは機能や情報量が車載カーナビと遜色ないレベルです。

唯一、スマホカーナビはジャイロセンサーがないのでトンネルやビルの谷間、山間部での自車位置がズレやすい点だけは車載カーナビを超えられませんが、それ以外はほぼ同等レベルになってきたと言ってもいいくらいです。

(正確にはスマホカーナビというかスマホの位置情報は Wi-Fi によるアシストもあり、一部のカーナビアプリはスマホのセンサー情報を活かしてジャイロセンサーがない欠点をフォローしているので、必ずしも GPS だけの位置情報ではありません)

ともあれ、スマホのカーナビアプリというか、iPhone のカーナビアプリを改めて見てみると、一時期は雨後の筍のように数多くのカーナビアプリが存在していたものの、現在は

カーナビアプリがだいぶ淘汰されてきた


感じです。

去年あたりから出てきているカーナビアプリもありますが、適当にググって数年前のカーナビアプリ紹介ブログ記事などを見てみると判りますが、そこで紹介されているアプリで少なくない数が AppStore から撤退済みだったりします。

AppStoreOldApp4


そんな、一大勢力だったカーナビアプリが激減した原因といえば、まずは何と言っても Google Maps。

Google マップ (App Store)

対応当初は「高速もロクに認識しねえとか使い物にならねえわ」レベルだった Google Maps のカーナビ機能でしたが、無料で地図アプリの大定番 Google Maps が日本国内でもカーナビ機能に対応したことは大きく影響しましたし、徐々に改良されて今ではだいぶ実用的になりました。

そして、淘汰の決定打になったのは Yahoo! カーナビ。

Yahoo!カーナビ (App Store)

Yahoo! カーナビに関しては無料ながらも(基本機能は)有料カーナビアプリと大差ないレベルにあり、NAVITIME 系カーナビアプリの精度を必要としなければ、これで十分という人は多いでしょう。

他のアプリで有料課金が必要としている渋滞情報などを無料で提供していますし(Yahoo! ID ログインは必要)、何より Google と並ぶ利用者の多い Yahoo! ですから、みんな手を出しやすいアプリでもあります。


(ポータブルカーナビは大打撃ですっかり価格帯が変わりました)


そういった強力な無料アプリが出てきた以後も、なお生き残る他のカーナビアプリには各自それなりに特徴があり、特に有料アプリは「金が取れるレベル」でないと生き残れていません。

そんな iPhone 向けカーナビアプリの現状で、いま主に使われているカーナビアプリといえば、上記2つの無料カーナビアプリの他に、以下のアプリが挙げられるでしょうか。
続きを読む

無人島に一冊持っていける本があるとすれば何を持って行く?そう聞かれたら、迷わず答える本があります。

「全国詳細道路地図。分厚くもっとも詳細なヤツ」

この答えは十代の頃から変わりません。小学生の頃は「時刻表」もありましたね。時刻表も道路地図も一番分厚く詳細なタイプに限ります。それが一番楽しい。

地図や時刻表を見ていると、想像の翼がどこまでも羽ばたいて飽きると言うことがありません。旅やドライブに行きたい欲を多少なりとも代替してくれますし、免許を取って自分でドライブできるようになり、ある程度思うように旅もできるようになっても、やっぱり地図を見ているといつまでも時間を忘れていられます。過去の思い出と、まだ見ぬルートの想像と。



ただ、ネットショップで検索しても、リアル本屋へ行っても判るように、全国詳細道路地図的な書籍は最近あまり売っていません。最近の地図本と言えば、地図なのか観光ガイドなのか判らんようなムックであったり、道の駅ガイドみたいな書籍だったり、地図でもライトマップルみたい軟弱な地図ばかり。

おいら的には「そんな軟弱なのは要らねーなんだよ、分厚く詳細な地図本もってこい」という感じなのですが、もうそんな純粋な道路地図書籍は売れない時代であります。私も買わなくなりました。理由は簡単。

純粋な地図本は Google Maps(地図アプリ)に取って代わられた


わけです。

そりゃそうです。どんな分厚く詳しい道路地図よりも情報量の多い地図が全国カバーで、しかも小さな手のひらサイズに収まっているのですから。おまけに無料。

見ているエリアから移動するときにページをめくったり、ページ端に書いてある次のページ番号見てページを探さなくても、地図アプリならシームレスに指先ひとつでスクロール。拡大縮小も2本の指で思いのまま。

紙の地図には、バッテリー要らず、通信要らず、という大きなメリットはありますが、地図アプリの圧倒的な利便性の前にすれば(そして無料)、純粋な道路地図書籍なんて(企業向けを除いて)あっという間に絶滅寸前になるのも当然です。

MapFanPlus201606B


そして、前述のように小さな頃から地図大好きな私ですから、Google Maps アプリは何となくあちこちを眺めたり調べたりしているうちに1時間2時間経っているということは日常茶飯事です。

iPad Air のような大型タブレットだと地図も見やすいですから、飽きることなく見続けてしまいます。そして、それがモバイル環境でやってしまうと、気がつけば地図を見続けて何百MBもパケット消費していることがあります。(ホントに、そういうことが過去に何度もある ^^;)

そんな私にピッタリだった地図アプリが MapFan+。

MapFanPlus201606D

MapFan+(マップファンプラス) (App Store)

MapFan アプリについては過去に本ブログでも触れたことがありますが、とにかく

全国詳細レベルの地図をダウンロード可能で
オフラインでも電波のないところでも利用可能


というのが一番の特徴です。

オフライン地図は NAVITIME の上位版カーナビアプリ「カーナビタイム」も採用していますが、こちらは全国データーが一括でアプリ一体になっているので地域別ダウンロードができないですし、課金しないと一切の機能が使えず、そもそもカーナビに特化したアプリなので、だいぶ方向性が違います。(高機能だけど NAVITIMEらしいやり方)

また、Google Maps もオフライン機能はありますが、一時的な用途を主とした限定されたものですので MapFan+ のオフライン機能とは少し方向性が違います。

MapFanPlus201606C


いずれにせよ、電波の届かないところでもオフラインで利用可能と言うことは、普段でもどれだけ利用しようがパケット通信がかからない、ということでもあり、モバイルで Google Maps や Yahoo! 地図を延々見てたら何百MB も通信してた!ということがありません。

また、電波の届かないところでも利用可能ですから、山間部などの電波が届かない時にも使えるのは色々な場面で心強いものです。

その点を活かしてか、東日本大震災や熊本地震などの災害時には(本来有料課金が必要な)当該エリアの地図ダウンロードを無料提供するなどの措置も執っていて、企業姿勢としても素晴らしく、個人的には旧アプリからずっと有料課金をしてきました。

そんな大愛用してきた MapFan+ ですが、ちょうど5月末で1年間の有料プランの期限が来て、これを機に長年継続していた有料プランへの課金を止めました。今後は不定期に、新しい地図のダウンロードが必要になった時にのみ課金するつもりです。

今回、MapFan+ の継続的な有料課金を止めた理由は、主に2つ。


続きを読む

このページのトップヘ