Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


カテゴリ: iPhone/Android/iPad/iPod

風邪をひき込んで引きこもり3連休になっている中、今年もまた台風で大きな被害が出る年になってしまいました。今回被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。また、救助、復旧に尽力されている方にも感謝いたします。

去年、被災した当方としては正直トラウマであり、台風が発生するたび、近くへ来るなよ、と祈るばかりになっていますが、温暖化で強い台風が上陸しやすくなっている近年ですからね……

iPhoneAppleResaleService00


さて、今回 iPhone X → iPhone 11 Pro の機種変にあたって、アップルストア・オンラインで予約購入すると同時に、アップル公式の iPhone 下取りサービスを利用しました。

2019年秋 iPhone 機種変更にあたっての留意点まとめ 〜 Watch / Suica 引き継ぎやら、新旧端末の有線接続やら、下取りやら…

iPhone 11 Pro 機種移行時にあたって留意点を記した上記記事でも触れましたが、アップル公式の下取りサービスは

オンラインで購入した場合と
店頭で直接購入した場合で下取り処理が異なる


もので、今回はオンラインで iPhone を購入した場合を記します。(オンラインで購入した場合は新しい iPhone を宅配してもアップルストア店舗で受け取っても下取り処理は同じです)

上記記事でも書きましたが、
  • (予約なしで)店頭で直接購入する場合に下取りありの場合は、店頭で新端末購入と同時に旧端末を渡し、支払金額も最初から下取り額を差し引いた金額となる。

  • Apple Store オンラインで(予約)購入した場合は、ストア店頭受け渡しでも下取りプロセスは宅配と同じなので、購入時に新端末の価格全額がクレジットカードで決済され、別途端末返送キットが送られて、そこに端末を入れて返送して後日クレジットカードへ返金となる。

  • 去年は Apple Store オンラインで予約した場合は予約のみでアップルストア店頭決済できたが、今年はオンラインで予約した場合はその場で決済される形に変更となった。(去年は経験していないがアップルストア店員さん談)

  • 発売前予約でなくても、オンラインで購入→店頭引き渡し時間予約をした場合には前項と同じ処理プロセスとなり、アップルストア店舗で下取り差額決済したい場合には、アップルストアへ直接来店購入して、その場で旧端末を引き取ってもらう必要がある。

というものです。

Apple Store オンラインで購入→後から下取り端末返送のプロセスは店頭で下取りしてもらうのに比べると(手間もお金の決済も)いささか面倒ですが、
  • 旧端末を後から返送なので、端末移行時に旧端末がある安心感や後述する有線転送が可能
  • ストア受け取りなら上記記事で書いたようにセットアップエリアでアップルストア店員さんにサポート受けられながらデーター移行できる

というメリットはあるので、決して悪いことではありません。

端末移行時に旧端末があると、何らかの原因で新端末への移行が思ったようにいかなくても(旧端末のバックアップから)やり直しできる、旧端末の中身を見ながら新端末の環境設定ができる、などの安心感があります。

最近はそんなことしなくてもだいたい上手くいきますけど、人それぞれ環境は違っていて決して 100% ではありませんからね……

iPhone11Pro15


ともあれ、今回初めて Apple 公式のリセール(下取り)サービスを利用したわけで、

どれくらい時間がかかるんだろ?
どれくらいスムースにやってくれるんだろ?


という疑問(不安)がありましたので、今後利用される方の参考として、購入から古い iPhone の返送、返金までの時系列を以下に記しておきます。


続きを読む

iPhone の機種変した直後に腰をぶっ飛ばして動けなくなったりしていたので、iPhone 11 Pro の目玉であるカメラで色々撮りまくることができませんでした(/_;)

ので、肝心要のカメラ周りについてはさわり程度ですが、iPhone 11 Pro を10日間使ってみた感想を少々記しておきます。どちらかというと、iOS 13 での変更点の方が色々思うところがありますけど。

ちなみに、先週は長時間パソコンの前に向かうのは厳しかったので、本記事は大半を iPhone 11 Pro で書いてます。テンキー入力もハードウェアキーボードほどではないものの早く入力できますし、自宅に戻れば音声入力が使えるので、だいぶ速く入力できます。

音声入力は同音異義語の扱いがまだまだですが、後から訂正するのを厭わず、先にある程度の量を頭で考えておいて音声入力して、あとから一部修正というやり方ならそこそこ実用的なので、もっと使われて良いと思うんですけどねぇ。右手が腱鞘炎でキーボード叩くのが辛い時にも重宝します。

仕事に使えるかというと厳しいですけれども(プログラミング系は無理ですし)、メールのやり取りとか SNS、こんなブログの与太記事を書くくらいには使えます。

と、話は脱線しましたが、iPhone 11 Pro と iOS 13.x を10日間使っての簡単な感想を以下に列挙しておきます。


続きを読む

iPhone X → iPhone 11 Pro 買い替えにあたって、その動機になった理由や妥協したこと、世間?で言われるけど気にならなかったことを前々回、前回の2回にわたって記しました。

iPhone X から iPhone11 Pro に機種変してしまった5つの理由
iPhone X から iPhone11 Pro へ機種変する際に妥協したこと、気にならなかったこと

上記記事で書いたように、今回私の iPhone X → 11 Pro の機種移行は極めてスムースで、拍子抜けなほど。何かあってもおかしくないと覚悟していた Suica や Watch まわりも予想以上にスンナリ。

あまりにもサクッと元の環境(アプリ内の履歴含む)が復元されて、シームレスに使い続けられたおかげで、「全然 iPhone 11 Pro に変えた気がしない」のは、購入から1日2日経っても変わらぬ感想です(^_^;)

iPhone11Pro12
(AppleCare に入って裸使いでも良いかな…と思案中)


さて、今回の私の機種移行はノートラブルでしたが、最近は Suica だったり Apple Watch だったり、色々と iPhone に紐付いて事前準備が必要なもの、トラブルの元になるものも増えています。

ですので、事前にネットでアレコレ調べたり準備していたこともあったのですが、今回はアップルストア店内で、専門家たるアップルストア店員さんに色々質問しながら移行手続きを行いました。

念のためでもありますし、毎年のように細々としたところが変わるわりに、判りやすい説明が皆無の Apple ですから、現状のことを自分が学ぶためにも久しぶりにストア内でセットアップした次第です。

今回はそこでアップルストア店員さんに聞いたことを含めて、機種移行時に気づいて現場でメモしていたことをまとめておきたいと思います。

おいおい、事前にググって見つけた記事と(今は)違うじゃん!


ということも少なからずありましたし、そもそもアップルストア店員さんの言ってたことと違うこともありましたから…(アップルストアの複数の店員さんで話が違うので技術担当に確認してもらったなんてこともありました ^^;)

続きを読む

前回は、iPhone 11 発表時のスルー方針とは裏腹に、iPhone X → iPhone 11 Pro に買い替えてしまった理由を記しました。

iPhone X から iPhone11 Pro に機種変してしまった5つの理由

上記記事でも書きましたが、iPhone X → 11 Pro より iOS 12 → 13 の変化の方が大きいというか違和感がある印象で、

iOS 13 は大した機能追加もないくせに
細々と要らん改変しすぎや!


と思うことが何点もあります。特に
  • 頻繁に使う AppStore アプリのアップデート画面が判りづらくなった
  • 日本語テンキーのレイアウトの改悪

この2点は慣れの問題とかでなく、使い勝手としてどうか?と思います。

(Watch OS 6 も、Watch 本体から Watch 用 AppStore を開けるようになったけど、iPhone ではできなくなったから、むしろ使い勝手は悪化)

前者は AppStore に新しいサービス「Apple Arcade」のタブを新設した余波ですが、iTunes アプリに色々なサービスをぶち込んで地の果てまで判りづらくなった二の舞ですね。学習能力のない Apple らしいことです。(そのうち結局アプリを分割しそう)

iOS13Keyboard_iOS12iOS13Keyboard_iOS13
(左:iOS 12、右:iOS 13)


しかし、日本語テンキーのレイアウト変更は、ホント最悪です。かな(あいう)ボタンを小さくして、一番押しやすいところに絵文字ボタンを作ってしまうなんて信じられない。

そもそも絵文字は言語切り替え(地球マーク)ボタンで切り替えられるのに、わざわざ一番使う「かな」ボタンを半分サイズにしてまで絵文字ボタンを作るのか。そのセンスが信じられない。日本人は絵文字ばかり使うわけじゃないのに、バカジャネーノ ┐(´д`)┌

iPhone11Pro13


とまぁ、半日使っただけでも iOS 13 には細々言いたいことはありますが、ともあれ、今回は前回記事(買い換えた理由)に続いて、その逆、
  • iPhone11 Pro に買い換えるにあたり妥協したこと
  • 世間で色々言われてるけど買い換え時に気にならなかったこと

について記しておきます。買い換えにあたって全て納得できる製品なんてないですから、割り切りは必要ですしね :-)


続きを読む

「ボトムス iPhone」などと揶揄されている(笑)iPhone 11 Pro を、いささか予定外でしたが購入しました。今回も Apple Store で SIM ロックフリーモデルです。

昔に比べればずっと少人数になったとはいうものの、昼でも店頭に行列ができていましたが、私は予約していたので割とスムースに購入でき、Apple Store 内で1時間少々セットアップして終わりました。

iPhone11Pro09


ぶっちゃけ、

iPhone X → 11 Pro の変化より
iOS 12 → 13 の変化の方が大きい気が😓


と思うくらいです。iOS 13 の死ぬほど鬱陶しくなった各種許可アラートは、仕方ないと思う点があるものの初心者殺しになりましたね。

ただ、色々物議を醸す今回の iPhone 11 Pro のデザインですが、磨りガラスのような背面ガラスの処理だけは素晴らしく良いです。見た目も触り心地も X/XS より随分好みです。

ですから、できれば今回の端末は裸で使いたいのですが、剥がした iPhone X のガラスフィルムがコレ↓ ですから無理でしょうねぇ。最近よく落とすんですよ…

iPhone11Pro07
(このガラスフィルムは1年使用後の状態)


いずれにせよ、

2年近く使ってきた iPhone X に
ほとんど不満なかった


ので、正直なところ買い替える必要性はあまり感じていなかったですし、発表当初はスルーの方向でした。

昔は毎年買い替えていた iPhone ですが、いつからか「予約開始日時にヨドバシに並んで予約して、発売日に買う」なんてこともしなくなり、買い替えサイクルも1年半、2年と長くなり、それで何のストレスもない近年です :D

おまけに、Apple Watch や Suica 他が紐付いて機種移行する手間とリスクは増えるばかりで、大した機能追加・強化もないのに機種移行の面倒さが増えて、できるだけ機種変したくないなぁ、という思いもありました。

が、その点は

Suica / Watch 他の機種移行はノートラブル


であり、思っていた以上にスムースに完了できたのは幸いです。

機種変して2時間後には従来の iPhone X と全く同様に使えて、電車に Suica で乗っていました。あまりにスムースに機種変できて今まで通り使えるので、変えた気がしないのは良いことなのだけど複雑です(^_^;)

(ごくマイナーな問題はありましたが、特に支障が出るようなことはなく、そのあたりについては次々回の記事で、機種変周りの作業について Apple Store の店員さんに確認したことも含めて記す予定です)

iPhone11Pro04
(正面から見るとホント変わらない)

iPhone11Pro05
(背面はレンズ周りだけでなく、かなり違う質感で◎)


とはいえ、

来年がフルモデルチェンジなんじゃね?
なら3年使って買い替え時としても良いでしょ??


と思っていましたし、今でも「今年はスルーで来年買い替えが正解」だと思っています。

それでも今回、iPhone X → 11 Pro の買い替えをしてしまった理由は、以下の5つに依るものでした。

続きを読む

色々と事情があって夜中に起きていざるを得なかったので、リアルタイムに見てました Apple の新製品・新サービス発表会。初の Youtube Live の方で見ましたが、特に問題なし。と言うか、とりあえずの字幕を出せるので、こっちの方がいいね。

見ながらメモした内容と感想を、ごく端的に。


続きを読む

前回記事の続きです。

ソニーの新型ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 を1週間使ってのアレコレ細かな感想【前編】

前編では、装着感(付け心地)、音質、ノイズキャンセリング/環境アンビエントモード、操作性、マルチペアリングについて感じたことを記しました。

音質、操作性、マルチペアリングについては納得ですが、ノイズキャンセリング効果は期待したほどではなく、付け心地も悪くはないけど、デカさを感じるのは事実で、私の耳では少しあたりがあったりもしました。(付けるのに支障があるほどではないけど…)

今回はバッテリーまわりなど残る諸々について使った感想を記します。


続きを読む

いま話題の完全ワイヤレスイヤホン、SONY WF-1000XM3 を先日購入しました。前モデルの評判があったので予約買いはせず、発売後に周囲やネット上の評判を確認してから4日後に購入したことは前回記したとおり。

WF-1000XM3_02

ソニーの “2代目” 完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 購入 〜ERATO Verse を1年半使ってきた改めての感想とともに

今まで小型軽量で iPhone X との接続も安定していた ERATO Verse をメイン Bluetooth イヤホンとして使ってきたことは前回記事で書いたとおりで、それゆえに本機 WF-1000XM3 購入にあたっては、
  • 音質やノイズキャンセリングその他豊富な付加機能への期待
  • Verse と比べると圧倒的に大きく重いことへの不安(充電ケースの大きさ含む)

この両者が入り混じっていたわけですが、1週間使ってきての感想を項目別に記しておきたいと思います。(当然ですが、当方の感じたことであり他者の感想は知ったこっちゃないです)


続きを読む

Bluetooth イヤホンは幾つか買っていますが、普段から常用する完全ワイヤレスイヤホンの2台目として、ソニーの新製品 WF-1000XM3 を購入しました。


WF-1000XM3 -いい音には、静寂が要る- | ヘッドホン | ソニー
WF-1000XM3 | ヘッドホン | ソニー

(とっとと使用感レビュー読みたい人はこちらで→「ソニーの新型ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 を1週間使ってのアレコレ細かな感想【前編】」)

お値段は量販店で2万円台後半。絶対的な価格は(イヤホンマニアじゃない者にとっては)安くないですが、ノイズキャンセリング機能があり、Bluetooth イヤホンで音質も考慮している製品と思えば、納得できる価格ラインかと思います。

逆に言えば、有線イヤホンやヘッドホンで高音質志向の製品は3万円台またはそれ以上が当たり前の中、ノイズキャンセリングなどの機能が入って、バッテリーなどを含む完全ワイヤレス製品で3万円弱というのは、音質的には妥協点も多いのは止むを得ません。

そもそも Bluetooth で伝送している時点で音質を極端に突き詰めても仕方ないですから、このあたりが良い上限なのかな、と感じています。

(個人的には音質以前の問題で、良い完全ワイヤレスイヤホンだけど絶賛というほどのものではない、という結論ですが、その理由は次回記事にて)

また、両耳のイヤーピースが独立した完全ワイヤレスイヤホンを使い始めた時は、

これ、絶対いつか、電車の中とかでイヤーピースをポロッと耳から落ちたり、出し入れするときに落として失くすんじゃないか


という不安があって、高い完全ワイヤレスイヤホンを買うことに躊躇いがありましたが、完全ワイヤレスイヤホンを1年半以上使ってきて「まぁ大丈夫かな」という感触を得ているので、今回はそのへんの躊躇はありませんでした。

(付け外しの時にイヤーピースをポロッと落としてしまったことは何度かありますが、幸い混雑時の電車内などすぐに見失う場面でのポロっはなかったので、今回も大丈夫……だと良いなあ ^_^;)

続きを読む

昨年末に発売され、年越し直前の頃に届いた、電子インク (E-Ink) 画面の 6インチ Android タブレット「BOOX Poke Pro」。



使い始めて10日〜2週間くらいの時点で、以下のレビュー記事を書きましたが、それから2か月以上使ってきてのセカンドレビューを簡単に記しておきたいと思います。(と書いてる間に3カ月近くになってるけど ^^;)

電子インク(E-Ink) 6インチ Android タブレット「BOOX Poke Pro」、ひとまずの箇条書きレビュー【概要・外観・基本操作・設定編】
電子インク(E-Ink) 6インチ Android タブレット「BOOX Poke Pro」、ひとまずの箇条書きレビュー【一般アプリ、ブラウザ、電子書籍アプリ編】

上記記事でも書いたように、本端末最大の唯一最大の特徴は

画面が液晶ではなく電子インク


であり、バックライトで目に負担をかけることのない電子インク画面のため、

目に優しい読書向け端末


でありますが、反面、
  • 液晶や有機ELと違って画面書き換えが遅い電子インク画面では、読書や文字中心のウェブおよびアプリ以外の用途には使えない
  • 世の中のアプリはカラー画面を前提にしているのでモノクロの電子インクで真っ当に使えるアプリは稀

という問題があり、これは慣れの問題、時間が解決する問題ではありません。

それゆえ、読書目的か数寄者以外には向かない端末であることは最初から自明でしたが、しばらく使い続けて

Kidnle/Kobo以外の電子書籍ストアの書籍を
電子インクでじっくり読書する人だけの端末


という思いは更に強くなりました。

BOOXPokePro06


逆に、そういう目的だけで使う、そういう目的でのみ使えることを判って買うのならば、価格なりの価値はあると思います。

というわけで、2か月使ってきた雑感やら問題点やらを以下に記しておきます。


続きを読む

このページのトップヘ