Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


カテゴリ: iPhone/Android/iPad/iPod

近年なかなか手に合うモバイル用の折りたたみキーボードに出会うことができず、買っては誰かにあげ、買っては押し入れに放置を繰り返してきましたが、久しぶりに

少なからず欠点はあれど
妥協できる折りたたみキーボード


と言えて記事を書く気になったのが iClever の 三つ折りタイプな折りたたみキーボード IC-BK20se。



この IC-BK20se を買うキッカケとなった、同じ3つ折りフルキーピッチタイプの折りたたみキーボード MOBO Keyboard2(↓)も、おそらく同じように好感触であろうことは間違いなく、キーレイアウトの好みや充電端子の差異と価格差をどれくらい重視するかで決めても良いのではないかと思います。



iClever IC-BK20se を買ったキッカケや理由については、私のモバイル用キーボード購入変遷やらとともに前回ダラダラと書きました。

折りたたみ自転車の次は、折りたたみキーボードの話【前編】 〜モバイル用キーボードの終わりのない旅路

ともあれ、久しぶりの3つ折りタイプの折りたたみキーボード購入であり、それなりに使う気になった、久しぶりの折りたたみキーボードということもあって、2ヶ月近く継続的に使ってきました。

主に iPad mini と組み合わせですが、たまに iPhone 13 Pro や moto g52j と組み合わせて使用し、今回前回の IC-BK20se に関する記事はもちろん、その前の折りたたみ自転車 ULTRA LIGHT 7 の記事も半分くらいはこの IC-BK20se を使って入力しました。

iClever_IC-BK20se34


折りたたみキーボードの弱点である耐久性については 2ヶ月程度では分かりませんが(過去には数ヶ月で壊れかけた折りたたみキーボードもありましたけど)、それなりに使い込んでみて一定の使用感が固まったので、以下に iClever IC-BK20se の使用感を
  1. 無理ないキーレイアウトとフルキーピッチ
  2. タイプ感、タイピングのしやすさ
  3. ちょい大きめ折りたたみサイズは要注意
  4. 充電その他使い勝手の良し悪しまとめ

の4項目に分けて、書き留めておきたいと思います。


続きを読む

困ったことに?毎年1つは買ってしまうものとして、タブレットやスマホ用のモバイル・キーボードがあります。手元には用途、使用条件に応じた複数用意しているのですが、それでも「これならもうちょっと快適かも?」そう思って、また買っちゃうわけで。

前回記事まで書いていた折りたたみ自転車も持ち運び前提、小型軽量さのために犠牲にする部分があり、特定用途に割り切って使うものでしたが、モバイル利用に特化したキーボードも同じ。持ち運ぶことを前提とした小型軽量さ優先のため、犠牲になるものがある分、どこかしら割り切って使うものです。

ですから、買う時点で「ここはしゃーない」と割り切って買って使うのですが、喉元過ぎれば割り切ったはずの部分に不満を感じて、また新しいものを探し始める…終着地はきっとなさそう。折りたたみ自転車と比べれば一桁安価なこともあって、つい「コレ試してみよう」と手が出てしまいます😅



去年はあまりモバイル用キーボードへの欲求、物欲が出なくて、Amazon の「とりあえず入れとく」欲しいものリストにもモバイル・キーボード製品は入っていなかったのですが、うっかり昨年末のセールで買ってしまって使い始めたのがコレ↑ iClever の 三つ折りタイプの折りたたみキーボード IC-BK20se。

iClever の折りたたみキーボードは以前一つ買ってイマイチですぐ手放したこと、さらに近年「折りたたみキーボードはもういいや」と思っていたので(理由は後述)興味がなかったはずなのに、とある記事で別の三つ折りキーボードに興味が出て Amazon を眺めていたところ、Black Friday セールで安くなっていた同種製品のコイツをポチってしまいました😅

iClever_IC-BK20se13


折りたたみキーボードは、かの昔 Thinkoutside の Stowaway Universal Bluetooth Keyboard を見た瞬間に惚れて個人購入した時から少なからず使ってきましたが(Stowaway の格好良さは今でも同種製品で No.1 と思ってる)、

折りたたみキーボードは持ち運び時にコンパクトになるけど、最近はなかなか手に馴染む製品も、我慢できる範囲のモノもなく、折りたたむ機構がある分だけ壊れやすいし、これ以上買っては投げを繰り返すのもなぁ…


と思うようになり、ここ数年は心に留めることも無くなり、購入は全然考えていなかったはずだったんですけどねぇ。


続きを読む

2022年も残すところ、あと僅かとなりました。コロナ禍による影響はまだ世を席巻していますが、医療関係者の皆さまの尽力もあって少しずつではありますが元に戻り始める本年だったように思います。

コロナ禍の規制も緩み、メディアの報道も抑えられて、世間の意識はすっかりコロナ後の感じになっていますが、コロナによる日別死亡者数が過去最多になっている年末を鑑みると、高齢者の家族がいる身としてはまだ感染抑止最重視は変えられず(自分が感染して死んでも仕方ないけど自分の感染で家族に何かあるのは辛いですからね)、それでも少しずつ出かけることの増えた 2022年ではありました。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2022 【前編】10位〜6位
だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2022 【中編】次点+α

ともあれ、今年も場末の独り言発散ブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。本年最後の更新になりますが、2022年の “お買い物ベスト” 上位5製品、第5位から第1位を紹介していきたいと思います。


続きを読む

前回は、2022年のお買いものベスト10位から6位まで紹介しましたが、今年もまた中編ではベスト10から漏れた次点製品や、選外製品の幾つかについて少しだけ述べておきたいと思います。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2022 【前編】10位〜6位

今年のお買いものからベスト10候補をピックアップするのは割と簡単というか、迷うことがなかったのですが、ピックアップしたのは14製品・サービス。ベスト10というかベスト11にギリギリ入れられなかったのが以下に記す、次点の3製品です。


続きを読む

本年もまた、この場末ブログの年末恒例として、今年1年のお買い物から「これは良かった」と今現在思っている製品およびサービスを10個+α紹介していきたいと思います。

昨年のお買いものベストは以下のとおり。今年になっても使っているかどうかのフォローアップ記事も先日書きましたが、概ね今年も使い続けている「良いお買いもの」が多かったようで何よりでした。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2021 【前編】10位〜6位
だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2021 【中編】次点その他
だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2021 【後編】5位〜1位
一年前「お買いものベスト2021」に選んだ製品その後 2022

なお、お買いものベスト10は原則として当年に購入した製品を対象としていますが、年末ギリギリに購入した製品については、十分使う時間も、評価する時間もないため、一部翌年のお買いもの扱いにする場合があります。

本年につきましては、昨年のクリスマスに発売・購入したニコン Z9 や、大晦日に届いて元旦から使い始めた Z 24-200mm f/4-6.3 VR は今年 2022年のお買いもの扱いとしています。予めご了承ください。

また、毎年注釈していることですが、

本記事はあくまで私のお買い物評価であり
普遍的な評価尺度は一切存在しません


買ったことによる満足感、コストパフォーマンスや自分がどれだけ使ったか、そういった点が強く加味されての評価であり、製品の良し悪しとお買い物評価は全く別であることをご承知おきください。(製品のトータル評価も適当な点数として横に付け加えていますが、テキトーな参考値です)

UltraLight7_01


今回の前編では、まず 2022年のお買いものベストのうち、第10位から第6位を紹介します。それにしても今年のお買いものをまとめてみると、とにかく

今年のお買いものベストに入れた
製品の多くで感想を書いていなかった


ことに気付かされ、来年に向けた反省をしております。その分、本記事で気に入ってる製品を知っていただければ幸いです。


続きを読む

W杯も準々決勝を前にここ2日間はお休み日程で、ようやく寝不足解消のタイミングとなりましたが、日本-クロアチア戦が延長、PK戦で3時まで続き、興奮して寝つけなかった影響がなかなか抜けないお年頃です。

今回の日本代表もベスト8の壁が破れないままでしたが、(相手の調子&戦い方がどうであれ)W杯優勝経験のある強豪国から2勝したことで“新しい景色”は見せてもらったと思うし、想像以上の興奮と楽しさと希望を持てた戦いだったと思っているので、感謝しかないですね。

moto_g52j13


さて、前回に続いて最大級の画面サイズを持ったミドルクラス・スマートフォンである moto g52j 5G の話。前回は本機を選んだ理由を記しましたが、今回は2ヶ月半近く使ってきての使用感を述べておきます。

6.8インチ大画面で安くて軽い moto g52j 5G 【前編】なんとなく買った、なんとはない機種選択の理由

上記記事で書いたように、元々 Android スマホ買い替え、買い増し動機が

別に買い替える必要はないけど、今年はまだ Android スマホ買ってないから MNP するついでに買っとくか


と手段と目的が入れ違った不純さであり、moto g52j 5G を選んだのも

Nothing Phone を買う気も失せたし、どうしても欲しい機種もないから適当に
来年 iPhone 15 買い替えの際に Pro Max 買うかもしれんからデカいスマホを試してみよう


という不毛な選択ではあったのですが、実際に使い始めてみると

残念な点は幾つかあれど
思いのほか良くて気に入った


というのが、2ヶ月半使ってきた率直な感想です。元々が大して期待せずに買ったから、という割り引きは必要だと思いますので念のため。



というわけで、moto g52j 5G の使用感、感じた良し悪しを以下、まずは箇条書きで記しておきます。


続きを読む

ワールドカップ寝不足が続く昨今、日本代表の戦いに一喜一憂、日本以外の戦いにも魅せられて、気がつけば師走12月。皆様方にはいかがお過ごしのことでしょうか。

サムライブルーのジェットコースターな戦いぶりに、開幕から森保監督批判、代表批判を煽っていた人たちは手のひらクルクルしすぎて、とっくに手首が千切れて大変ではないかと心配しておりますが、なんとかもう一つは乗り越えて欲しいものです。堂安君にも、もう一発お願いしたいです。

moto_g52j17


さて、前回まで初夏の Amazon プライムセールで買った「今年指折りの無駄遣いと今年指折りの買って良かったモノをセットで買った」件について、SwitchBot 製品や Ring Stick Up cam Battery などの今さら使用感を記してきました。

続いて今回は半期末、9月の終わりに購入した Android スマートフォン moto g52j 5G を2ヶ月半ほど使ってきた雑感を少々書いておこうかと思います。



ぶっちゃけ、今回の Android スマートフォン購入は、必要に駆られてではなく、

某天モバイルから MNP 脱出(2回目)しなきゃならないし、それなら昔ほどではないにせよ、MNP でちょっぴり安くなる端末を何か買おうかな?


という完全に手段と目的を間違った購入動機です。

当初は iPhone の MNP 一括安売り狙いでした。ただ、某天モバイルからの MNP 移行1回目の際にはまだ安くゲットできたものの、2回目の時期には今夏の円安値上げで全く旨味のない状況になってしまい、

iPhone は 13 Pro 以外に万が一の予備機として XR もあるし、そのうち余裕ができた時に(できれば為替が反転した頃に)13 mini を買えばいいか


と方針転換。

よって、「Android スマホはサブ機と言いつつ毎年1台は購入しているけど今年はまだ買っていない」こともありましたし、サブで使ってる Android スマホ 2台のうち1台は(さほど不便はないけど)そろそろ替えたいモードだったので、Android スマホ購入となりました。


(超小型のJelly2は通話&IC決済端末として手放せない)


今回は仕事電話端末になっている超小型スマホ Jelly 2 の買い替えではなく、予備回線の SIM を入れて予備機扱いになっている AQUOS sense 2 やお風呂専用端末と化している OPPO Reno A の買い替えが目的。

Reno A は3年経って古くなっているけれど、当時のミドルクラス機としては多かったメモリ 6GB のおかげで、まだモッサリはなく十分使えているのですけど、スピーカー周りが少々怪しくなってきているので、将来的な

お風呂端末も考慮に入れての機種選択


になりました(後述するとおりココが重要なポイントに)。

というわけで、今回の Android スマホ購入・買い替えにあたっての要求仕様は以下のとおりで、この点を元に機種選びを始めました。


続きを読む

前回「もうスマートスピーカーは買わないと心に誓ったはずなのに、今夏また Amazon Echo デバイスを買ってやっぱり使わず反省した」という記事を記しました。

今夏SwitchBotやRingとセットで、そしてセールに釣られてまたEcho製品を買ったけど無駄遣いだった反省を今ごろ

夏に買ってしまった Echo Show 5 は Echo dot と並んで大型セール時には安売りの目玉に使われることが多く、今回のブラックフライデーセールでもセール期間半ばで売り切れるほど安く売られていました。(2,980円)



私自身プライムセール時のセール価格で釣られたこともありますが、セキュリティカメラ(ネットワーク監視カメラ)である Ring Stick Up Cam Battery を購入したため、そのペアとして便利かも?と思って買ったこと 、そして私には不要だったことは前回記事に書いたとおりです。

ともあれ、Echo デバイスをまた買って使わなかった反省はともかく、SwitchBot 製品と並んで夏に買って半年使ってきた Ring Stick Up Cam Battery の使用感について何も触れてこなかったので、今回はそのことについて簡単に記しておきたいと思います。

RingStickUpCamBattery02


まず、中華製品含めて数多くのセキュリティカメラが Amazon や楽天その他で売られている中、Ring Stick Up Cam Battery を選んだのは以下の理由でした。


続きを読む

今夏の Amazon プライムセールで SwitchBot 製品を試し買いして即気に入って、セール期間中に一気に関連製品を揃えて半年使ってきた感想を前々回、前回と書き記してきました。

4千円から始めるスマートホーム(スマホの家電コントロール) 〜SwitchBot製品を導入して半年
4千円のスマホ家電コントロールHub miniを気に入ったので、シーリングライトなど色々SwitchBot製品買って半年使った感想

その前々回記事の冒頭では、

今年有数の無駄遣いと、今年有数の買って良かったを、セット買いした

と書いたわけですが、前々回、前回とも「SwitchBot Hub mini 買って良かった〜」という前向きな話ばかりに終始して無駄遣いのことを書いていなかったので、今回はその話をば。

EchoShow5RingSwitchBotMini


現在開催中の Amazon ブラックフライデーセールでも Amazon デバイスは激安価格で売られており、いわゆるスマートスピーカー、スマートディスプレイ製品の Echo シリーズも第4世代 Echo dot や第2世代 Echo Show 5 が 2,980円という激安価格で売られています。(Echo Show 5 は記事掲載直前に一旦完売)

Amazon ブラックフライデー 2022

ちょくちょく行われるタイムセールとかでも安売りしているわけですが、夏の Prime セールと晩秋の Black Friday セールでの Amazon デバイス(Ring なども含む)の値下げは別格で、その値段を見ると「本来の販売価格はなんなん!?」という感じで、買うべき時期はこの時期しかないなー、って感じです。

もちろん激安価格になるのは、発売から一定期間経った製品であり、完全に一新された無印 Kindle のように発売されたばかりの製品はセール対象外です。(年が明けたらセール対象になっていくと思いますが)

また、発売から時間が経つとともにセール時のお値段も下がっていって、夏のプライムセール時に買った Echo Show 5 も Ring Stick Up Cam Battery もさらに半額か3分の2くらいの値段になっていて、見ると目の毒、心の闇になりかねません😖


(Echo Budsも激安なので完全ワイヤレス入門には良いかも)


ともあれ、夏のプライムセールでは SwitchBot 製品とともに Ring Stick Up Cam Battery や Echo Show 5 も購入したわけですが、ぶっちゃけ言えば、私の場合は

監視カメラRingを使うにも
別にEcho Showとか要らんかった


という結果でしたので、今回はそのことを。

もちろん、この結論についてはスマートホーム製品に対する個々人の使い方、機能に対する感じ方で大きく意見を異にするところなので、私の感想が絶対とは思いませんし、異論も十分あるのは判っているので、念の為。あくまで私のような場合は、という話です。


続きを読む

前回、スマホによる家電コントロール(いわゆるスマートホーム的な)デバイス SwitchBot Hub mini を今夏の Amazon プライムセールで買ってみたら、

これは使えるわ!
4千円くらいで試せるのに、なんで今まで買って使ってみなかったんだろう…orz


と、その便利さと安価に始められるハードルの低さ、そして試すことが遅きに失したことを若干後悔しました。

4千円から始めるスマートホーム(スマホの家電コントロール) 〜SwitchBot製品を導入して半年

導入のきっかけは前回記事でも書いたように「猛暑の中、帰宅した時に自宅がエアコンで涼しくなっていて欲しい」という出先からのエアコン・コントロールでありました。もちろん、その目的は4千円(×部屋数)で完全に達成されて満足しています。



今回の記事でも触れるように、エアコンだけでなくシーリングライトや扇風機その他のデバイスも遠隔コントロールし、室温監視およびトリガー動作もできるようにしましたが、それらはオマケでもあります(後述するように思ってた以上に便利なデバイスもありましたが)。

ただ、エアコンの遠隔コントロールだけでも

こりゃもう手放せないわ


となりました。

また、この手のスマートホーム的なメディア記事ではセットで語られることの多い Amazon Echo や Google Home などのスマートスピーカーは実は全く不要で、4千円程度の SwitchBot Hub mini と SwitchBot アプリだけで実現できるので、実は投資も最小限で済みます。

SwitchbotHubMini08


前回記事でも触れたように SwitchBot 製品の付属説明書やウェブの説明、サポートには難があるので、その点では多少ハードルがあるとは思いますが、類似製品より安価なこともあって、コストパフォーマンスはかなり良いと感じます。

最初に SwitchBot Hub mini(と速攻で使わなくなった Amazon Echo Show 5 など)を買って試して、SwitchBot Hub mini は即日「コレは使える!」と判断したため、追加の Hub mini を始め、色々な SwitchBot デバイスを買ってしまいました😅

明後日から Amazon の Black Friday セールも始まり、そのあたりでまた Switch Bot のセールも行われるでしょうから、メインの Hub mini 以外に買った Switch bot 製品についても半年使ってみた感想を、簡単に紹介して興味がある方の参考にしてもらえればと思います。


続きを読む

このページのトップヘ