Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

カテゴリ: 旅行/ドライブ/車

もう10日前のことになりますが、ゴールデンウィークの最終日にピンクの SL を観に行ってきました。コレ↓

Pink SL at Wakasa Railway (8)


5月4〜5日の「岩国フレンドリーシップ」エアショー遠征から戻ってきて3日、疲れも取れたのでゴールデンウィーク最後に軽くドライブでもしようかと思って、幾つか脳内候補を挙げていたところ、ふと思い出したわけです。

「そういや、ピンク狂いと化してる鳥取で、今度は SL をピンクに塗るというアホなことやってたな」


鳥取県東南部の若桜鉄道では、5月1日から8日までの期間限定で保有している C12形蒸気機関車をピンクに塗って展示、何日かは構内走行をするというイベントが行われていました。

若桜鉄道株式会社 ピンクSLのご案内

ローカル三セクが頑張って話題作りして人を集めて収益向上に繋げよう、ということなわけです。言っちゃ悪いですが、若桜鉄道の周辺には特に目立った観光地はありませんし(氷ノ山くらい)、人口も少ない田舎盲腸路線ですから、存続のためにも何かして集客する必要があるわけです。

で、首都圏を始めとする東日本の人たちにはあまり馴染みはないでしょうが、最近鳥取県はやたらピンク推しです。理由は知りません(^_^;)

でも、ピンクカレーとかピンク醤油とかを土産物屋でイチオシされてきます。鉄道で言えば、恋山形という駅を恋の聖地とかにでっち上げ祭り上げ、駅をピンク色に塗り立てて売り出しています。


(試してみたい人はネット購入も可能なので、どうぞ)


まぁ私は恋山形駅の近くを何度も通ってるが寄ったこともないし、智頭急行で通過しても降りたことはないし、ガイナーレの応援やらドライブやらで鳥取に行ってもピンク○○なお土産に買うこともありません。興味ないです。

かといって、別にピンクが嫌いなわけではないです。「ピンク?好きやで」と言うと、近所にスタジアムのあるガンバ大阪サポーターの皆さまに撲殺されそうですが、嫌悪感とかないです。ないですが、ピンクSL のニュースを見たときも別にわざわざ行こうとは思っていませんでした。

とまぁ、前置きは長くなりましたが、そんな中

どうせGWの最後に軽く近場ドライブするなら
ピンクSLの展示運転も最終日だから観に行ってみるか(笑)


という感じで行ってみたわけです。

ハッキリ言って

ゲテモノ観に行く気分
(もしくは怖いもの見たさ)


だったのは否定しません(^_^;)

「ピンクの SL かあ…(苦笑)」という思いとともに行ってみたわけですが、結論から言うと……


続きを読む

前編では、今までスマホの車載ホルダーは全く考えたことがなかったのに、iPhone 6s Plus に変えて「これならナビにしても実用的な画面サイズだな」と思って試してみることにして、車載ホルダーを物色していたら、良さげなものを見つけたことを書きました。

これは具合良い!安定して使えるダッシュボード用スマートフォン車載ホルダー【前編】

最初に見つけたのは、↓の Spigen ブランドの車載ホルダー「ステルス」という人気商品でした。



ただ、確かに良さそうではあるものの、どの製品においても、ダッシュボードへの固定は車種によってダッシュボードの形状、素材、表面処理が細かく違うので、必ずしも使えるとは限りません

というリスクを考えた場合、「試してみないと使えるかどうか判らない車載ホルダーに、3千円以上も出すのは悩ましいなあ…」と貧乏人的には思って悩んで類似製品を眺めていたところ、どうやら



これらの製品は Spigen 製品と全く同じものっぽい(ロゴがないだけ、ロゴが違うだけ)と判断できたので、「どうせダメ元で、お試しなのだから」ということで、より安い後者の clausius ブランドの製品を購入しました。(Spigen が3千5百円弱なのに比べ、clausius は2千円弱)

他の類似製品も含めて、本体部分はどっからどう見ても Spigen と同じものですが、

差が出るとしたら接着ジェルの品質


なので、そこらへんは自己責任です。とはいえ、これでダメだったから Spigen ブランドの製品で上手くいくとは限らないですけどね。(Spigen 製品ユーザーの写真を見ている限り、付属の接着ジェルなども見た目は全く同じっぽいですが)

それよりもジェル接着させる場合は前回も書いたように
  • 暑い、暖かい季節または日中気温の高い時間に設置を行う
    (冬場なら室内温度を十分に暖かくしてから設置する)
  • 冬場に設置した時は、暖かくなってから剥がして再接着する方が賢明
  • ダッシュボードが高温になる季節は素材上ジェルが溶ける、剥離しやすいのは覚悟する

ということを承知の上で使う必要はあります。

ともあれ、この clausius 車載ホルダーを実際に設置して使ってみた様子を以下に記しておきます。

続きを読む

3月に搭乗して時速 500km 走行を体験し、その興味深さから本ブログでも紹介した JR東海の超伝導リニア体験乗車。

超伝導リニア(リニア中央新幹線山梨実験線)体験乗車記【見学編】
超伝導リニア(リニア中央新幹線山梨実験線)体験乗車記【搭乗編】

見学編の記事で「去年に続いて今年も夏休み時期の募集が近いうちにあるんじゃないか」と書きましたが、本日、夏休み期間を中心とした今年の第2回開催と募集要項が発表されました。

超電導超電導リニア体験乗車実施に関するご案内

体験記の記事でも書きましたが、

鉄ちゃん、鉄ヲタじゃなくても楽しめるし
いち早く中央リニア新幹線の時速 500km 体験


は貴重だと思うので、興味のある方は是非。

Superconducting Maglev train is running by 501km/h!


上記ページに詳細が書いてありますが、今回の募集期間と開催日は以下のとおり。
続きを読む

車離れなどと言われつつも、スマートフォンの車載ホルダーというのはスマホアクセサリーでも一大ジャンルになっているようで、カー用品店やホームセンターなどの車用品コーナーに沢山の種類が展示されていますし、家電量販店にも置いてあります。

私の場合(当たり前ですが)ドライブ中にスマホを操作するということもないので、今まではスマホの車載ホルダーというのは特に使ってきてもいませんでしたし、購入を考えたこともありませんでした。

以前、車載動画を撮るためにフロントガラスなどに吸着させて撮影するためのアダプターを使っていたことはありますが、近年は車載動画を撮ることもなくなったので友人にあげてしまいました。

ところが、iPhone 6s Plus にしてから

5.5インチというこの画面サイズならカーナビ代わりにしても実用的だなぁ

と思ったので、それも試してみるべく、スマートフォンの車載ホルダーも物色することになりました。

よくあるのは、



こういった吸盤でダッシュボードに吸い付け、首振りタイプの縦長ホルダーを接着するもの。スマートフォンを縦に置きたい、という人には第一の選択肢かもしれません。ただ、これはその昔、デジタルカメラで車載ビデオを撮るときにダメ出ししたことがあり、
  • ホルダーの高さがあるのでスマホを載せると重心が高くなって安定性が低い
  • 重心が高いので、使っているうちに重みでホルダーの台座が取れやすい
  • 高さがあるので視界に無駄に入って鬱陶しい

という問題から使いたくありませんでした。ダッシュボードへの吸盤接着をしっかりさせるために、粘着テープの台座を使うタイプは(テープ接着は大嫌いなので)論外です。

もう一つよくあるのは、



こういったエアコンの吹き出し口にホルダーを付けるタイプ。昔からドリンクホルダーとしてよくありますし、最近カー用品店や日曜大工センターでは、ドリンクホルダーとスマホホルダーが一体になっている製品もよく見かけます。

そんなわけで、ダッシュボードに立てるタイプよりはエアコン吹き出し口に付けるタイプにしようかと思ったのですが、店頭ではなく Amazon で色々物色してると、これは良さそう!というのを 見つけました。

それがコレ↓


続きを読む

京都鉄道博物館がオープンして2日が経ちましたが、盛況なれど某ネズミ系テーマパークや大阪港近くのテーマパークのような開館後も入場待ちから大行列ということはないみたいですね。

公式サイトのトップに混雑状況が掲示されており(一時間に一回程度更新)、当日券売り場、レストラン、ミュージアムショップのおおよその待ち時間が記されていますので参考になるかと思います。

KyotoRailwayMuseumAnnounce
(混雑時はこのような情報が公式サイトに掲示されている)


ちなみに、同じ梅小路公園内には一足先に「京都水族館」がオープンしています。大阪に住んでる人間としては「海遊館があるのになんで海のない京都の水族館へ行かなあかんねん」と思って行ってませんが、京都鉄道博物館と隣同士ということで、

「京都水族館」と「京都鉄道博物館」セット券を「セブンチケット」で販売 (PDF)

こういったタイアップ前売りチケットが5月1日から発売されるようです。お得になっていますが、7月利用分の前売り入場券になっているので、その点はご留意ください。

さて、なんだかんだで長くなってしまった京都鉄道博物館体験記ですが、前編では入場してから博物館本館へ入るまでのプロムナード、同じく屋外展示のトワイライトプラザ、食堂車ナシ20での昼食などを紹介し、中編では博物館1階の展示を紹介しました。

いよいよオープン!京都鉄道博物館へ行ってきた【前編】
いよいよオープン!京都鉄道博物館へ行ってきた【中編】

前回記事でも書いたように、当方が開館前の内覧会で行った時は見学時間が通常営業より短かったため、後半はだいぶ駆け足で巡ることになってしまいました。

が、博物館2階の目玉でもある「鉄道ジオラマ」はしっかり見てきましたし、最後に何よりも貴重な梅小路機関車庫も久しぶりに見てきましたので、後編の今回は、博物館2階3階と梅小路機関車庫の紹介をしていきます。

続きを読む

今日4月29日、ゴールデンウィークのスタートと同時にオープンした京都鉄道博物館。関西ローカルのニュースでも紹介されていましたが、予想に違わず結構な人出のようですが、当日券を買うのに長蛇の待ち行列となるような混乱はなかったようですね。

公式サイトのトップでも待ち時間が表示されていますが、いずれにしても大勢の来館者がいると前回の前編記事でも述べたように、お昼ごはんを食べるところに苦労しますし、トイレもそう多くないので、これから行く人はその点を充分ご留意ください。

というわけで、有難いことに一足先に見に行くことができた京都鉄道博物館の体験記その2、であります。

いよいよオープン!京都鉄道博物館へ行ってきた【前編】

前回は入場して博物館本館へ行くまでのプロムナード、そして本館の脇に展示しているトワイライトプラザで屋外展示している車両を紹介し、プロムナードに展示されているブルートレインの食堂車内で昼食をいただき、本館に入ったところまで紹介しました。

Kyoto Railway Museum (25) entrance of Museum 1F / 500Series521-1, Kuhane581-35, Kuha489-1
(博物館内に入ったところのメイン展示とも言える車両たち)

Kyoto Railway Museum (34) Museum 2F / looking down at 500Series521, Kuhane581, Kuha489
(後ろから見るとアレだが、見なかったことにしよう X-)


レストランになっているブルートレインの食堂車(ナシ20)を除いて、ほとんどの列車は車内に入ることはできませんし、展示方法にも多少ツッコミどころがないわけではないですが、昔懐かしの車両から最近まで走っていた車両まで、鉄ヲタじゃなくても楽しめるというか、むしろ鉄ヲタじゃないライト層の方が楽しめる印象です。

そして、このメインの3両の展示の周囲に、「鉄道のあゆみ」「車両のしくみ」「鉄道の施設」というテーマごとの展示があり、これがなかなか充実しています。充実しすぎていて、ゆっくり見て回っていたら、実は時間が足りなくなってしまいました(^_^;)

というのも、内覧会は10時から15時の5時間のみで(営業開始後は通常17時半まで)、割と時間が短かったのに屋外展示や昼ご飯をゆっくり食べ過ぎて、結構あちこちサッと通り過ぎるだけになってしまいました。

そういう意味では、また混雑が一息ついた頃にまた再度見たりなかったところを見に行こうと思っているのですが、とりあえず今回は1階のテーマ別展示を紹介したいと思います。これがホント、なかなか盛りだくさんありました。

続きを読む

以前は SLの聖地だった京都駅近くの梅小路蒸気機関車館を大拡張&完全に一新して、大阪にあった交通科学博物館の収蔵物の一部も取り込んだ「京都鉄道博物館」が明日4月49日にオープンします。

京都鉄道博物館

首都圏では有名な JR東日本の「鉄道博物館」(さいたま市)、名古屋にある JR東海の「リニア・鉄道館」の JR西日本版と言えるもので、JR西日本も遅ればせながら立派な鉄道展示館を作ったわけです。

以前は大阪・弁天町に交通科学博物館というのがありましたが、かなりボロくなっていましたので、京都の梅小路蒸気機関車館を大幅リニューアル&拡張する形で立派なものを作りました。もちろん、鉄道博物館よりもずっと貴重な梅小路蒸気機関車館は今後も京都鉄道博物館の一部、「梅小路蒸気機関車庫」として残っています。

さて、当方は鉄道も好きであるものの別段鉄道マニアではないのですが、たまたま内覧会のチケットをいただくことができましたので、開業1週間前の先週、京都鉄道博物館の展示を見て回ることができました。

Kyoto Railway Museum (1) entrance


内覧会の時点で、鉄道ファン、マニアからは色々と突っ込まれまくっている京都鉄道博物館ですが、開放感のある広い空間の造りで通路なども広くとられており、鉄道の歴史や基本的な仕組みを知る展示も多く、また体験コーナーの類いも多くて、マニアにはツッコミどころが多けれど、お子さまを連れた家族連れなどの一般層には楽しい施設なのではないかと思います。

かく言う大きな子供の私めも内覧会の時間めいっぱい楽しんで、むしろ最初にゆっくりじっくり回りすぎて、時間が足りなかったくらいです。

ということで、私が JR西日本の宣伝をしたところで何の益があるわけでもありませんが、思いの外良かったということもあるので、撮影してきた写真とともに京都鉄道博物館の中身や注意点などを紹介しておこうと思います。

Kyoto Railway Museum (2) waiting for opening the museum
(内覧会時の行列の一部)


なお、内覧会もそこそこ多くの人が来ていましたが、オープン直後のゴールデンウイークなどはもっと多くの人が来るでしょうから、行列の並びその他については私が赴いた時と差があることをご了解ください。

また、京都鉄道博物館には駐車場がありませんし、京都の行楽期の休日は道路も何もかも地獄の混み方ですので、公共交通機関で来られることをお勧めします。また、休日は朝早くを除き、駅からバスを待って乗るより徒歩20分歩いた方が早い時も多いです。


続きを読む

関西では来週、京都駅近くの梅小路公園に京都鉄道博物館がオープンします。首都圏だと大宮にある鉄道博物館の JR西日本版ですね。元々、梅小路蒸気機関車庫があったところですので(というか京都鉄道博物館ができても残っています)、鉄道ファンにはお馴染みのところです。

昨日は、その京都鉄道博物館をオープンより一足早く見学することができ、鉄ちゃんというわけではない私も大いに楽しんだのですが、それについてはまた後日レポートすることにして、とりあえず前回リニア見学センターの話だけで終わってしまった JR東海の超伝導リニア体験乗車記の続きをば。

超伝導リニア(リニア中央新幹線山梨実験線)体験乗車記【見学編】

上記の前編記事で紹介したリニア見学センターを見終わったのち、ふたたび駐車場の方へ戻って、駐車場の隣にあるリニア実験センターの門で最初の受付というか体験乗車の資格確認を行います。実験センターへ入るには、一週間くらい前に送られてきた体験乗車当選通知のハガキが必須です。

続きを読む

ちょうど一ヶ月前、先月のことですが、山梨県にある JR東海の超伝導リニア山梨実験センターで、超伝導リニア(いわゆるリニアモーターカー)に体験乗車してきました。

昨年起工式が行われて東京〜大阪を結ぶリニア中央新幹線の建設が始まりましたが、先行開業する東京〜名古屋間でも開業予定は 2027年。大阪までは、現在の予定で 2040年。予定通りにいく保証はないわけで(南アルプスを突き抜けるトンネルもあるし)、癌という病気を一度患った身としてはリニア開業まで生きている自信はあまりないので、今のうちに乗っておきたかった、というのもありました :-)

超電導リニア Superconducting Maglev | JR東海

リニア実験線は当初、宮崎に実験線があり、20年前(1996年)に現在の山梨実験線ができあがってしばらくしてから一般向けリニア体験乗車が催されるようになりましたが、10年ほど前に実験線の延長が決まってからは中止になり、長らくリニア体験乗車はできなくなっていました。

その後山梨実験線が 42.8km に延長され、そして一昨年末から再び体験乗車の募集が始まったので応募したものの、なかなか当選せず、今回ようやく当たって、上がるテンションを抑えつつ乗ってきた次第です。

超電導超電導リニア体験乗車実施に関するご案内

山梨実験線は実験線でありながらも将来はリニア中央新幹線の営業区間の一部となる路線ですし、いま実験線を走るリニア車両(L0系)は営業運転を念頭に置いた車両ですので、ある意味

一足早いリニア中央新幹線試乗みたいなもの


と言えるかもしれません。

Fujikyuko Line, Mt. Fuji & Superconducting Maglev train
(奥の高架路線がリニア実験線、手前は富士急行)


一昨年から再開した体験乗車は1区画(2席分)4,320円と有料となっていますが(昔のリニア体験乗車は無料だった)、営業用車両に近いもので以前より長い距離を走り、500km オーバーを2回、それなりの時間体験できるのですから安いものです。

なにより超電導電磁石による浮上走行で時速 500km を体験できるのは世界でもここだけですし、十分リーズナブルなお値段でしょう。

なお、体験乗車は昨年の例でいえば年3回開催されました。開催の2〜3ヶ月くらい前に募集開始となり、その後の抽選に当選してした人にはメールで連絡が行き、指定日時までに乗車料金の振り込みを完了した人のみが体験乗車できます。

体験乗車は今年3月の場合だと9日間行われて(全て平日のみ)、各日朝から夕方まで6便の日程が用意され、延べ1万席近くが用意されていましたが、競争率は相変わらず高いようです。(何度も当たらなかったので、第三候補まで全て週半ばの日の朝イチ便ばかりで応募した ^^;)

running Superconducting Maglev train (1)


あくまで実験施設を使ったサービスですので、普段の試験走行も含めて日曜日はリニアは走りません。ただ、昨年は夏休み期間中に体験乗車が行われているので、今年もその頃に開催される可能性はあります。その場合は来月にも募集の告知があるかと思います。

【2016/5/16 追記】2016年の第2回体験乗車募集が発表されました。7月末から9月初頭にかけて、夏休み期間に行われます。募集は5月17日から6月20日まで。詳しくは以下のページで。
超電導超電導リニア体験乗車実施に関するご案内
【追記終わり】

一昨年末に超伝導リニア体験乗車が再開されてから既に多くのブログなどで体験乗車の報告はされていますが、自分自身の記録も含めて遅まきながら体験記を残しておこうと思います。

続きを読む

ただいま、北海道新幹線の開業を明日に控えた函館へ来ております。



今週末、北海道新幹線が開通することは多くのメディアで散々報道されているので、ご存知の方も多いでしょう。開業記念イベントでブルーインパルスの展示飛行があるので、それにかこつけて久しぶりに函館へ来ています。3〜4年ぶりでしょうか。

ま、新幹線が開通すると言っても、元々ビジネス需要が薄いところに
  • 東京からでも函館まで4時間以上もかかるわ(飛行機の3倍)
  • 函館と言っても新幹線の駅(新函館北斗)は思いっきり離れているわ
    (横浜に対する新横浜、大阪に対する新大阪の比じゃない遠さ&函館空港の方が近い)
  • 価格も3日前までなら飛行機の方が安いことも多いわ

では、北海道新幹線の予約率が開業週を除いて3割とか言われてるのも当然と言えます。北海道新幹線と言っても現状、函館近辺の人以外には無関係と言ってもいいですしね。(函館〜札幌間は特急で3時間半以上かかる)

もちろん、ネガティブなことだけでなく、
  • 北関東からは羽田まで出るという大回りしなくて済む
  • 東北の人には実際の距離と比べて遥かに遠い街だった函館が近くなる

ということがあるようなので、一概に否定したものではないですが、青函トンネルの速度制限などを見るにつけ、とりあえず作るだけ作れ新幹線ですなあ、というのは否めません。北陸新幹線とは、あまりにも事情が違いすぎます。

それでも現地へ来てみると、あちこちで開業記念イベント、セレモニーの類が多く行われていて、なんとか盛り上げようとしているのを実感できます。さっきは花火が結構豪勢にぶち上がってました。ミゾレ降ってるので、部屋から眺めてましたが。



そしてなによりも、青春18きっぷ大好き人間にとっては、今回の北海道新幹線開業で

とうとう青春18の鈍行旅で青函トンネルを通ることも
北東きっぷで「はまなす」に乗ることもなくなったか…


ということ。また一つ、過去にしか存在しえない旅が増えました。それはまぁ仕方のないことですが……

今回、大阪発日帰り青春18きっぷ旅プランの記事を書くにあたって、番外編として、以前青春18きっぷで何度か旅した「青春18きっぷで北海道行き」のコースを紹介しようかと思っていました。(もちろん日帰りではないですが)

結局、直前に紹介しても思い立って行ける距離でもなければ、葬式鉄マニアに巻き込まれる可能性もあるので紹介しなかったのですが、北海道新幹線開業を機に函館へ来たので、

関西から北海道(函館)への青春18旅の今までとこれから


を少し記しておきたいと思います。

ちなみに、「青春18きっぷで大阪から北海道へ行く」というと、よく知らない人からは「え?馬鹿なの?」「そんなの何日かかるの!?」と言われますが、実は

大阪から函館まで2日で行ける


のです。これは北海道新幹線開業前も、開業後も変わりません。

(北海道新幹線開業後は、青函トンネル区間が青春18きっぷだけでは乗れなくなるので、オプション券なるものを買わなければなりませんが)

私自身、青春18きっぷで大阪→北海道は何度か旅しています。青春18鈍行旅に慣れている人なら、そうメチャクチャきつい行程ではなく、

2日かけて美味いもん食いながら日本海側を延々北上して、函館で2泊して丸一日観光してから新千歳空港へ向かって帰る


というのは、個人的にもオススメのプランでした。

そのプランは以下のように、今までもこれからも可能です。ただ、北陸新幹線開業、北海道新幹線開業で青春18きっぷだけでは乗れなくなった区間が増えてしまい、青春18きっぷ2日分 4,740円で函館へ行ける!ってことは無くなりました。
続きを読む

このページのトップヘ