Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


カテゴリ: 音楽/ゲーム/書籍等

先月、Nexus 7 を初代 2012年モデルから今年の新モデルに買い換えたことは前回記事も含めて、この一ヶ月書いてきたとおりですが、電子書籍端末として Nexus 7 とともに愛用している Kindle Paperwhite も先月新型の発表がありました。

小改良の新型 Kindle Paperwhite、米国で発表! 〜紙書籍に電子書籍が無料or安価購入できる Kindle MatchBook も
新型 Kindle Paperwhite、日本向けも発表!ストレージ4GB仕様で 9,980円+2千円のクーポン付の大盤振る舞い!10月22日発売

発表直後から買い換えを検討していた Nexus 7 と違い、当初米国発表時には余裕でスルーの予定でした。

なにせ、SONY Reader、Kobo glo と比べた時の

Kindle Paperwhite 一番の欠点と感じる重さ大きさが殆ど変わらない


わけで、正直ガッカリでした。この点は今でも新型 Kindle Paperwhite 最大の残念な点です。

確かに電子インク周りは多少進化したかも知れませんが、フロントライトを搭載した初代 Paperwhite のような画期的さはありませんし、重さもサイズも変わらないとなれば、「これは1万円出して買い換えるまでには至らない、今年はスルーで」が結論でした。

それが予約して買い換える気になったのは、

日本向けモデル限定でストレージ倍増 4GB、ポイントバック2千円弱


という日本限定の大盤振る舞いがあったため。これに尽きます。

Kindle は(Nexus と同じく)他の電子書籍端末と違ってメモリーカードスロットを用意していません。そのくせ内蔵メモリ 2GB だと、テキストものだけならともかく、コミックをちょっと入れると一杯になってしまいます。

(コミックを電子インクで見ると細かい部分やグラデーションの描写に難がありますし、毎ページのリフレッシュが鬱陶しいのですが、何巻も続けて読んでも液晶端末ほど疲れないというメリットがあります。個人的にも気に入ってます)

それゆえ、米国発表時に内蔵ストレージが 2GB のままだったのもガッカリポイントの一つ、「今年はスルー」の要因でしたが、日本向けモデルでは独自にメモリ倍増にした上で思い切ったディスカウントもされています。

米国で $139 のモデルをメモリ倍増して上で、日本では実質8千円弱


となると、やたら魅力的に見えてしまいます。明らかに特売り状態。日本向けモデルは代わりに何かあるんじゃないの?と思わせるディスカウントです。

結局そのディスカウントに釣られて新型 Kindle Paperwhite を購入してしまったわけですが、手元に届く前は

「米国と比べた大幅安売りに釣られて買っちゃったけど、結局のところ内蔵ストレージ倍増だけだよなぁ」

という感じでした。

電子インクの進化、特にリフレッシュ頻度の軽減は電子書籍専用端末を使う上での大きなストレス削減となるわけですし、操作レスポンスも良くなっているとはいえ、従来の Kindle のトロさも含めて慣れてしまったゆえに、大きな改善点としてはメモリ倍増だけだろうと思っていました。

が、本日 Kindle Paperwhite が到着して使ってみると、

見た目は全く変わらないが、意外と色々変わっていた


というのが、Kindle Paperwhite 2013年モデルです。


続きを読む

昨年末から始まった au スマートフォン向けの電子書籍ストア「au ブックパス」。売りは一定の書籍、コミックが読み放題になるという謳い文句の「読み放題プラン」。

さらにその「読み放題プラン」は、「au スマートパス」契約者ならこの春まで無料…だったのが、今月7月末日まで無料になっています。

で、私も iPhone 対応になった春先から試していましたが、

読み放題といっても、多少の書籍は殆どシリーズ1巻が読めるだけ


であり、「やっぱり、安くて旨い話なんてないよなー」でありました。

「au ブックパス」が始まった時、どこかの提灯ライターが「au ブックパスは電子書籍界の hulu だ」などと寝言を宣っていましたが、アホすぎでしたね。同列どころか比較するのさえ、hulu に失礼。

hulu は非常に多くの環境、端末に対応していますが、「au ブックパス」はあくまで au とのスマートフォン契約があってこそ。何が嬉しゅうて、電子書籍を買っても電話の契約を他キャリアに変えたらサヨナラになるようなストアでコンテンツを買わなきゃならないのか…であります。

もっとも、読み放題プランは“有料レンタル”みたいなものですから、内容が充実していたら月額 580円くらいは…と思っていましたが、シリーズ1巻だけ、古い雑誌が読めるだけ、という

読み放題プランというより、有料の立ち読みプラン


といった方が正確な内容。

auBookPass_Cancel10


もちろん、au も商売ですので1巻だけ無料で読ませて餌釣っといて、2巻以降は単品を買わせるという商売なのでしょうが、前述のとおり、au のスマートフォンを使っていないと買ったものが消えるような電子書籍ストアは no thank you です。

ですので、今月末の「au スマートパス」対象者の無料期間が過ぎたら解約するつもりでした。

が、そこへ大量解約を防ぐためか打ち出してきたのが、ブックパス読み放題プランにおける雑誌ラインナップの大幅拡充施策。

「ブックパス」の読み放題プランにおける雑誌ラインアップの拡充について〜電子書籍読み放題サービス最大規模の全75誌をラインアップ!〜

「おおっ!?来月からサカダイ(週刊サッカーダイジェスト)が月額 580円で読めるなら継続しちゃおうかな…」

なんて思ったのですが、よくよく考えてみれば、そんな旨い話があるわけがない。今月から既に読み放題プランの雑誌拡充は始まっていますが、従来からの読み放題プラン対象の雑誌をみてみると、

古雑誌を読み放題プラン(笑)


でした。

そのことも含めて、以下の理由で「au ブックパス」は余裕で捨て捨てでした。

続きを読む

自宅で作業用 BGM を聴くためのパソコン用スピーカーは年に1〜2度くらい気分次第で取り替えたりしていたのですが、ここ2年近くは交換するのが面倒臭くなって、ずっと同じスピーカーになっていました。

以前 BOSE M3 で朝から深夜まで長時間聴き続けるのは若干しんどくなってきた…と感じた時に、むかし買った



というモノに戻して、それ以来そのまま。

このロジクール「Audio Hub」という USB スピーカーは、お世辞にも音が凄く良いわけではなく、特に音の分離がイマイチでしたが、サブウーファー一体型で1万円弱の安物小型スピーカーの割りには低音がショボくなく、おまけに「USB ハブ内蔵」という利便性もあって、ダラダラと使っていました。

それに特に私の場合

パソコン用スピーカーは「ディスプレイの前に置く」派


のため、パソコン用スピーカーは高さのないモノに限られます。

ディスプレイが27インチのため、それでなくとも場所を取っていてこれ以上幅を確保しきれない、スピーカーをディスプレイの横には置きたくないために、スピーカーはディスプレイの前に置きたい。となると、

ディスプレイにかからない程度の高さで、それなりの音のスピーカー


が欲しくなるわけで、そうなると限られます(BOSE M3 を DAC 経由で一時期愛用してたのも、それが一番大きな理由)。

そんなわけで、ダラダラと Audio Hub を使い続けていたのですが、1ヶ月ほど前から変なノイズが入るようになってきたなぁ…と思ったら、先日お亡くなりになりました。

となると、早急にスピーカーを置き換えなきゃならなくなるわけで、1日悩んで購入したのが、コレ。


購入した理由は、

小型 USB スピーカーの中では評判も良く
知人所有の上位機を以前聞いて好印象だった


ということです。値段も7千円台と非常に手頃です。


続きを読む

週刊アスキー(以下、週アス)は時々(四半期に一度?)、ちょっとしたアイテム付属の増刊号が発売されます。聞くところによると、アイテム付録が付く増刊号は通常号よりかなり売れるそうです。

そして私も全くその通りの、週アスは増刊号くらいしか買わない人間であります。増刊号買うたびに本誌にも目を通すけど、別に読みたい記事もないですし…(^_^;)

そんな増刊号限定、というより付録目当てだけの読者でありますが、

付録が必ずしも実用的とは限らない


わけでして、前回付録の「ゆびきた〜っすウルトラマウス」は正直ネタアイテムすぎました。

このマウス、かなりキワモノ。週刊アスキー増刊号付録「ゆびきた〜っすウルトラマウス」

上記ブログ記事を書いた後、全く使ってません。見るたびに5百円でコーヒー飲んでた方がマシだった、という感じであります。

反面、スマートフォン対応手袋のように有意義なものもありましたし、当たり外れはあるのですが、今回は「SMARTABLE コンボケース」。



要は、7インチクラスのタブレットとスマートフォンを両方入れられるケースが付いてくるということで、これならそう外れることもないし、使う機会もあるだろうということで、昨日購入して使ってみました。


続きを読む

ダラダラとした記事を2つ載せてからのファーストインプレも何もあったものではありませんが、なかなか気に入りそうな INFOBAR A02 《AOAO》/ HTX21 を3日間使ってみた感想を書いていきたいと思います。

もちろん、まだ使い始めたばかりなので、完全に自分のものにもなっていませんし、カスタマイズ的なものも十分ではありませんが、あくまで“ファースト”インプレションですので、新鮮なうちに書いておきたいと思います。

最近、買っても記事にしたのは1か月後、みたいなことが多いので… :-)

契約購入後の INFOBAR A02 は iPhone 5 と並行して主力スマートフォンとして使っている状態です。慣らすためにも意識して iPhone より多く使うようにしています。どうせ今月は、日割りながらも料金はフルにかかるので活用しまくろうかと。

ただ、音楽は iTunes で管理している関係上どうしても iPhone になりますし、MMS などもあるので、INFOBAR 単独運用・持ち出しということではなく iPhone 5 と併用、音楽を INFOBAR に入れることもないので(Double Twist を使ってまで入れる気はない)、

iPhone → Android の完全移行というわけではない


し、その予定もないので、その方向性で期待されると違う内容になると思いますので、予めご了承下さい(INFOBAR では mixcloud その他のオンラインストリーミングを出先で聴いてますけどね)。


続きを読む

色々やむを得ない事情があるとはいえ、au のサービスは Android 向けが先行して iPhone 向けは後手後手になっていました。iPhone の場合は Apple の提供する iTunes 系のサービスがあるとはいえ、安い月額固定料金での使い放題系のサービスは魅力的なものもあります。

その中で、1月末に iPhone 対応になった「うたパス」に続いて、

ビデオパス | サービス・エリア | iPhone 5 | au
ブックパス | サービス・エリア | iPhone 5 | au
LISMO WAVE |アプリ紹介 | au
au Smart Sports Run&Walk
au Smart Sports Fitness

が au iPhone および iPad に対応となりました(au ID 認証なので、au ID で契約していれば Wi-Fi版やソフトバンク版 iPad / iPad mini でも利用可能)。

auスマートパス」については相変わらずウェブアプリだけで“使えねぇ”サービスですが、

auスマートパス会員なら LISMO WAVE が無料+
ブックパスの読み放題プランが今月末まで先行提供&無料


になりますし、既に iPhone 対応になっている「うたパス」も今月末までの申し込みでスマートパス会員は最大3ヶ月無料なので、ようやく au スマートパスの魅力というか特典が出てきたかな、と思います(au スマートパスも4月末まで無料)。

また、意外と知られていないことですが、

「うたパス」と「ビデオパス」は割高だけど iTunes 決済も可能


になっています。ただし、1.5倍の料金と割高になるので、無理して iTunes 決済を使うこともないと思いますが…

ともあれ、今回 iPhone 対応になったサービスを含めて、au コンテンツサービスは無料キャンペーンをやっているので、内容とともに以下にまとめておきます。

続きを読む

大方の噂通り、そしてほぼ想定されていたような内容で、先ほど PlayStation 4 が発表されました。

私なんかがこのニュースを書いても仕方ないのですが、自分の頭のなかの整理も含めて、PS4 の概要をまとめておくと

  • 過去の独自プロセッサからパソコンと同じ x86系プロセッサ(AMD の Jaguar ベース 8コア)へ変更

  • GPU は次世代 Radeon ベース

  • 搭載メモリ GDDR5 8GB(システム・グラフィック兼用)

  • 6倍速BD/8倍速DVD CAVドライブ(読み出し専用/角速度一定)

  • USB3.0、1000Base-T 有線LAN、IEEE 802.11b/g/n 無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR

  • 出力は HDMI、アナログAV、光デジタル(音声)

  • 新コントローラ「デュアルショック4」はタッチパッドと“シェア”ボタン付き

  • PS4 内蔵カメラとデュアルショック4の組み合わせで位置検知が可能

  • ゲーム中のサスペンド・レジューム対応。起動を素早く、ダウンロードはスリープ中およびバックグラウンド対応

  • スクリーンキャプチャだけでなくプレイ中の短い動画を撮ってアップロード可能。

  • PlayStation 4 カメラを使って、プレイ中の自分の顔もプレイ動画撮影に含めることもできる
    (よくテレビ番組でタレントが色々なことにトライする時に、タレントの顔も小さく含めるような形と同じ)

  • PlayStation 4 カメラは内蔵ではなくテレビ側に設置する別デバイスで PS4 とは AUX 端子で接続。別売か同梱かは不明。

  • デモは Unreal 4、Havok、KNACK、Killzone、DriveClub、inFamaus、The Witness、deep down(カプコン新作)、Watch Dog(UBI、プレイアブルデモ)、DIABLO 3(PS3版もあり)、Destinyなど

  • スクエア・エニックスは既出のムービーデモ、Final Fantasy 開発者が出てきて「E3 での発表をお楽しみを」(それだけか!)

  • DriveClub はグランツーリスモじゃない車シミュレータ系ドライブゲーム。造り込みが凄そう。

  • 何かと SIMPLE 強調、デベロッパー主義強調

  • PlayStation Network を Facebook や Ustream と接続して、ワンタッチでプレイ動画を公開など

  • もちろん、PlayStation Vita との連携、リモートプレイあり

  • 結局、最後まで本体デザインは見せることなく、価格も発売時期も未発表(今年の年末商戦向け)

  • 以前買収した Gaikai の技術で高速ゲーミングネットワークと同時に従来のゲーム、特に PS3 のゲームの配信を実現する方向らしい
    (PS3 の BDディスクを入れても動かないのは確定。PS3 の BDディスクを持っていれば PS3 ゲームの配信を利用ないし割引で買えるかは不明)



といったところ。

内容的にはその筋の人達が予想していた範疇で、アーキテクチャ的に完全にパソコンになったこともあって

ハイエンドPCでしかできないゲームをお手軽に


というコンセプトかな、と感じます。デモをしたゲームメーカーを見ても、PC 向けからのマルチ展開も多いですしね。
続きを読む

大方の予想通り、今日の PlayStation Vita 関連の公式 Ustream 放送で発表されたのは、PS Vita の値下げ。

  • Wi-Fi版は 24,980円→ 19,980円(5千円値下げ)

  • 3G版は 29,980円→ 19,980円(1万円値下げ)


ということで、Wi-Fi版/3G版が同じ価格という珍しいことに。なお、新価格は2月28日から

「Wi-Fi版/3G版が同じ価格なのは、契約回線数を少しでも伸ばしたいドコモから補助が出てるんですかね?」

という疑問もあるわけですが、いずれにしても1万円値下げというのはそれなりですが、インパクトがあるような、ないような…

値下げは確かに歓迎で、とりあえず買ってみようかなぁ…と思わなくない人間にとっては、より敷居が低くなったのは事実です。

が、すっかり据え置き型ゲームどころか PSP / DS などのポータブルゲーム機でもゲームをプレイすることが少なくなった私のような

ゲーム好きとも呼べない層にゲーム機、Vita を買わせるだけの魅力の提示がない


かぎりは、値下げしても一気に台数を伸ばすのは難しいんじゃないですかねぇ。

続きを読む

本は好きだし、それなりに読むけれど、乱読だし書評を書くような柄でもなければ文章力もないので、普段は書籍紹介なんてしないのですが、思わず買ってしまった昨日発売のこの小説。



いやー、なんというか時流ネタに乗っかっただけと判っていても

サッカー好きなら思わず買わずにはいられない


ですし、サッカー好きじゃなくても、“なでしこジャパン”の知名度浸透度からすれば、思わず買ってしまう人は多数じゃないかと思います。

それに、西村京太郎の十津川警部シリーズと言えば、小説を読んだことがなくても2時間ドラマなどで盛んにテレビ化されたシリーズですから、十津川警部の存在も知名度は高く、十津川警部×なでしこ、とくれば、否が応にも興味を惹かれてしまいます。

帯も

KietaNadeshiko1


こんな感じで

ほらほら、興味惹かれるでしょ?
買えよ?
買ってみろよ?
ちょっと読んでみたいんだろ?


的なオーラが出ていて、

「流行作家が流行に乗って、またこんな題材で書いて、釣られるもんか、釣られやしないぞ、釣られ…」
「え?十津川警部と澤さんの組み合わせ? ど、どんなんだろ…」
「うー、くそー、買ったるわー」

という感じ。

ラノベ表紙の可愛い女の子に釣られても、流行小説や安易な企画・題材に釣られる私ではなく、むしろ天邪鬼を本領発揮して完全スルーなのですが、サッカー日本代表とくれば…抑えきれませんでした(^_^;)

流行りモノを前提に書かれた小説に乗せられて、ちょっとならず悔しいけど、買ってしまった。読んでしまいました。


続きを読む

Kindle ストアのオープンから3ヶ月近く経ち、少し前には早くも Kindle ストアの利用率が国内電子書籍ストアを抑えて1位になっているという調査報告もありました。

Kindle Paperwhite(以下 Paperwhite)も日本国内で発売されて2ヶ月近く経ちましたが、Paperwhite 自体はメモリカードスロットがなく内蔵ストレージも 2GB と少なく、基本的には Kindleストアで買い物した書籍を読むのに特化したデバイスです。

とはいえ、せっかく液晶より目が疲れにくくフロントライトがあって読みやすい Paperwhite を持っているのですから、手持ちの自炊書籍(PDF や CBZ = JPEG+ZIP 形式)や ePub で配信されるメルマガその他のドキュメントを Paperwhite で読みたくなります。

そんなこともあって以前、calibre で PDF や自炊ファイルを Kindle 形式に変換する方法や、ハリー・ポッターのような calibre では上手く変換できないファイルを KindleGen で変換する方法を記してきました。

PDF も自炊ファイル(CBZ) も Kindle Paperwhite で読むなら全部変換してから入れるべき話と方法
ハリー・ポッター電子書籍を Kindle Paperwhite で読む方法 〜KindleGen の使い方

そして、これらの方法で変換した Kindle 形式のファイル(mobi, azw3)を Paperwhite へ入れる方法としては通常、

  1. USB 接続したパソコンからファイルを転送する

  2. メール添付送信で Kindle パーソナルクラウドサービスを利用する


があります。

しかし、Kindle Paperwhite は内蔵ストレージ 2GB のみですから自炊書籍をたっぷり入れて持ち歩けるデバイスではありません。

毎回 USB接続してファイル転送するのも面倒だし
シリーズ物を読んでいて出先で続きが読みたくなった時には困る


わけです。

また、メール送信で Kindle パーソナルクラウドサービスを利用する方法も

Kindle パーソナル・ドキュメントはクラウド上の電子書籍をロクに整理できない仕様


なので、ここに自炊書籍を入れまくっても整理できなくて、イマイチ使いづらいです(これは Kindle ストアで購入した書籍が増えても同じですけれど)。

Kindle_mobi2CloudService1
(Kindle パーソナル・ドキュメントは一覧は単に登録順に並べているだけ)


Kindle パーソナル・ドキュメントは入れた書籍の見通しが悪いだけでなく、削除するのも一冊一冊しかできず、これで何十冊、何百冊削除となったらやってられません。5GB も容量があるといっても、容量がいっぱいになる前に自分が管理しきれなくなる方が先でしょう。

kindlePWCM
(いつもこの宣伝はないやろ…とか思ってる ^^;)


そういうこともあって私の場合、Paperwhite 用に変換した mobi ファイルは原則として Kindle パーソナル・ドキュメントに入れず、別途クラウドサービス上に置くようにしています(バックアップの意味も込めて)。

一応 Kindle Paperwhite にもブラウザ(体験版という注記付き)があり、正直なところ快適に使えるというところからは遠いものの、一応クラウドサービスへアクセスすることが可能で、そこから Paperwhite 用に変換したファイルを取り込むことが可能です。

(電子書籍端末のブラウザの出來としては Kindle Paperwhite より遥かに SONY Reader の内蔵ブラウザの方が使い勝手が良いです。iPad や Android タブレットと比べると目くそ鼻くそですけど)

Kindle_mobi2CloudService4


そして何よりもクラウドサービス上に置いておけば、自分の好きなように管理できます。著者ごと、シリーズごとにフォルダ分けしておいておくことができますし、ファイルの転送や削除も楽です。

ということで、以下簡単ですが、私の使っている例を示しておきます。


続きを読む

このページのトップヘ