Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


カテゴリ: 音楽/ゲーム/書籍等

野球ほどではないにせよ、サッカー漫画もかなりのタイトル数があります。もちろん、サッカー漫画で一番有名なのは「キャプテン翼」


(何故かワールドユース編は電子書籍化されてないようで…)


漫画にもサッカーにも興味ない方にとっては、キャプテン翼くらいしか知らない人も多いでしょう。(逆に言えば、そういう人でも名前くらい知っているのがキャプテン翼)

超有名野球漫画である「ドカベン」のプロ野球編と同じで、ワールドユース編以降はどうなの?という話もありますが、日本のみならず欧州南米でも超有名プレイヤーを含めた多くのプロサッカー選手が影響を受けたというサッカー漫画/アニメの大金字塔です。

現在連載中のサッカーコミックだと「エリアの騎士」「BE BLUES!〜青になれ〜」「DAYS」とかが少年誌サッカー漫画のメジャーどころになるでしょうか。



これらをはじめとしてサッカー漫画も大変多くのタイトル数があり、Wikipedia の「サッカー漫画」の項目には、ある程度のタイトルがまとまっています。

サッカー漫画 - Wikipedia

また、以前は小学生〜高校生年代の選手が頑張って活躍していく姿を描く「王道スポーツ漫画」的な作品が主体でしたが、ここ10年は選手以外の視点、特に他のスポーツ漫画では見られない経営的な視点のサッカー漫画も出てきたりして、色々と多彩になってきています。

そして今春からは高田桂先生の「サポルト! 木更津女子サポ応援記」という、サポーター視点のサッカー漫画が始まっており、来週には第1巻が発売されます。(連載開始当時のタイトルは「ウルトラス」だったが、商標の兼ね合いで改題)


サポルト! 木更津女子サポ応援記|コミック アース・スター(第1〜2話と最新話がウェブで読めます)

個人的に、第1話を読む前は「サポーター視点とか、全然ええ話ばかりちゃうやろ…」と割とネガティブだったのですが、そこはそれ、自身もヴェルディサポーターの高田桂先生だけあって、今のところは色々な意味で良い感じで話は流れていて、お気に入り作品になっています。

そのサポルト! 木更津女子サポ応援記」の第1巻が発売ということで紹介するのに合わせて、個人的にお気に入りで、勧めておきたいサッカーコミックを幾つか紹介しておきたいと思います。


続きを読む

9月下旬に日本でも、Amazon プライム会員向けにビデオ見放題サービス「プライム・ビデオ」が始まりましたが、2ヶ月経って音楽聴き放題の「プライム・ミュージック」がサービス開始になりました。

Amazon.co.jp | Prime Music | 音楽聴き放題

ざっと見る限り、

聴き放題サービスとしては楽曲数の不足も偏りも否めないが
プライム会員のおまけサービスとしては意外と悪くないんじゃね?


というくらいはある印象です。プライムビデオのサービス開始時よりは好印象。


続きを読む

2011年に米国でサービスが始まって、2012年には日本でも……と言いつつ音沙汰なかった iTunes Match が本日から日本でも始まったようです。そういや、日本語版の準備中ページができてから一年半くらいですかね。

待望の iTunes Match 日本語版が準備中…!?

iTunes Match は、自分の iTunes に登録されている楽曲が iTunes Storeで販売されている楽曲ならば(マッチしたならば)、iCloudで再生可能な曲=オンライン上の自分の楽曲ライブラリとして追加されるというもの。

Apple - iTunes - iTunes Match

条件は、自分の iTunes に入っている曲が iTunes Storeで販売されている曲とマッチする、というだけ。つまり、iTunes に入れた楽曲の出自は問わないわけで、
  • 自分で買った CD からリッピングしたものか、
  • レンタル屋から借りた CD からリッピングしたものか、
  • 友達から借りた CD からなのか、
  • それともネットで行けないことしてパクってきたものか、

は一切問わないわけです(それも承知で、その代わり年会費を取る制度)。

どんな方法で iTunes に入れた楽曲だろうが、iTunes で売ってる曲なら(iTunes Match の年会費を払っているうちは)iTunes Store で買ったのと同じ扱いになるわけです(最大25,000曲)。

そして、iCloud 経由で iPhone、iPad、Mac、Windows PC でストリーミング再生したり同期したりできるわけです。

例えば、

「iPhone に音楽ライブラリ全部入らないから一部だけ入れてるけど、急にあの曲聴きたくなった。持ってるのに…」
「iPhone/iPad は 16GB モデルだから音楽を入れる余裕はないけど、どこでも自分の iTunes 音楽ライブラリの曲を聴ければいいのに…」

という時でも、(iTunes Match にマッチした楽曲ならば)iTunes Store で購入した楽曲以外でもオンラインからいつでもストリーミング再生できるし、デバイスへのダウンロード&オフライン再生)も可能になるわけです。ファイル形式は、256kbpsのAAC。

iTunes Match は年会費 3,980円が必要な他、最初にパソコン内の iTunes ライブラリにある楽曲が iTunes Store で売ってる曲かどうかの「マッチ」作業が必要なので、利用にあたってはパソコン上での操作が必要ですし、音楽ライブラリが多いとマッチにはかなり時間がかかるようです(まあ当たり前ですな)。


続きを読む

DJ機器メーカーとしてもその筋では有名なパイオニアがリリースした自動ノンストップmixプレイヤーソフト「MIXTRAX」が、1周年を記念して iOS/Android アプリを期間限定で半額セール(400→200円)しています。

iPhone ではよく利用しているアプリであり、この機に Android版も購入しましたので、簡単に紹介しておきます。

MIXTRAXオフィシャルサイト | パイオニア - Pioneer
MIXTRAX App - Google Play の Android アプリ
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 MIXTRAX App

一時期から雨後の筍のように出てきている、音楽ライブラリを「ノンストップミックス」して曲を繋げて聞かせるアプリの一つです。

この手のアプリの目標としてはクラブで DJ がプレイするような選曲で、かつ曲を違和感なく綺麗に繋いでいくことで、近年は事前に入れてある音楽ライブラリを事前解析してテンポを合わせて繋ごうという手法が出てきており、この「MIXTRAX」もその方式です。

ただし、

この手のお任せノンストップミックス系プレイヤーアプリで
人間の DJプレイと比較できるレベルのモノは存在しない


ですし、オールジャンルでそれが可能になるのはまだ当面難しいでしょう。

ハウス/テクノ系の四つ打ちサウンドを単純にビート合わせするだけならパソコンやスマートフォンでもそこそこの精度でできるようになっていますが、今の曲と次の曲をどこで繋いでいけば良いのかという判断(センス)は人間ならではのモノですし、別に繋ぐだけが DJ Mix ではなく、ましてや選曲となると AI(←懐かしい言葉)が必要です。

ということで、この「MIXTRAX」もパイオニアが出しているとはいえ

クラブDJ がプレイしてくれるようなアプリは期待しちゃいけない


のは大前提です。

そういう意味では特にお薦め!というつもりは全くないですし、半額セールとはいえ有料アプリですから、この手のモノに大して興味もない人が手を出すようなものではありません。

ただ、この種のアプリを幾つも試してきた経験から言うと

聴いていてまだ一番マシなノンストップミックス系プレイヤーかもかなぁ


という気がするので紹介しておきたいと思います。

まあ、あくまで人間の DJ プレイが 100 としたら他のノンストップミックス系アプリが 1〜10 くらいなところが 15 くらいかなぁ?というレベルですが。


続きを読む

ファーストインプレ前編記事では Kindle Paperwhite の新型 2013年モデルが到着後にセットアップ&半日使ってみた第一印象として

  • 端末外観や持った感じは(残念ながら)何も変わらないまま

  • モッサリ感は随分解消されて、ストレスを感じずに読めるようになった

  • 画面背景の白色の色温度が随分と変わった


という3点と述べました。大きな変化は、上記の後者2点と内蔵ストレージの倍増だけ、という印象は数日使った今でも変わりません。

新型 Kindle Paperwhite は初代モデルとサイズや重さが殆ど変わっておらず、サイズ・重量で体感できる差は皆無です。つまり

他社電子書籍端末に比べて、デカい・厚い・重いまま


新型 SONY Reader や kobo glo などと比べると明らかに重くデカく、持ちやすさでは劣ります。

(新型 SONY Reader PRS-T3 はカバー付けて Kindle Paperwhite 同程度の重さ、厚さですが、実際に持ってみるとカバー付き PRS-T3 の方がずっと持ちやすく感じられます)

KindlePaperwhite2013_30
(ぱっと見で初代・二代目を区別できるのは、画面背景色の白の違いくらい。
初代モデルを知人に譲る時に何度も確認したくらい外観の差はない)

KindlePaperwhite2013_33
(外観で唯一違うのが背面。初代モデルは目立たない「Kindle」だったのが
2013年モデルでは初代より目立つ感じで「Amazon」。ダサくなった…)


国内モデルだけはストレージ倍増になりましたが、相変わらず(Nexus と同じく)メモリーカードスロットはないですし、スペックだけ見ればもっと安売りしてもいいかもねぇ、と思うくらいです。

細かい追加機能は色々あるものの、ざっくり言って

体感できる改善点は内蔵ストレージ倍増とレスポンスの高速化のみ


と言っても良い程度であり、小説などテキストものを読んでいる限りは劇的に使い勝手が上がったというほどではないと感じます(電子インク端末でコミックばかり読むという奇特な人は別)。

コミックも読む人間にとっては(ストレージ倍増+レスポンス向上で)買い換えた価値がなかったとは全く思いませんが、今回は別に買い換えなくても後悔はしないだろうなぁ、というのもまた本音ではあります :-)

以下、気になる各点についての個人的な印象と、最後にトータルの印象を率直に書いてみます。


続きを読む

今回の新型 Kindle Paperwhite は、11月30日までに購入すると 1,980円分のクーポン(電子書籍購入に充当できる)がもらえるキャンペーンが行われています。

私自身それが予約購入に踏み切った理由の一つだったのですが(端末価格が実質8千円弱になるので)、購入後にクーポンが付与されていない人がいるようで、発売日にその旨の Amazon からメールが来たのですが、友人知人の中にも対象者がいたようです。

KindlePaperwhite2013_34


クーポンが付与された場合にはその旨のメールが来るようで、私の場合は新型 Kindle Paperwhite 発送のメールと同時に到着していたのですが、そのメールが来ていない人はクーポン付与がまだのようです。

ちなみに今回のキャンペーンで付与されるクーポンは、Amazon ポイントやギフト券と違って付与の有無や残額を Amazon アカウントサービスの画面で見ることができません。実際に電子書籍を購入してみて初めて、クーポンで割引されていることが判ります。

KindlePaperwhite2013_21


このあたり Amazon / Kindle ストアの不親切な点でありますが、リアル書店をなぎ倒しつつこの世を横臥する Amazon も便利な点ばかりではありませんし、特に

Kindle は他の電子書籍ストアと比べて劣ってる点も少なくない


のが実情です。

特に

Kindle ストアの書籍管理機能は最低


といってもいいくらい。

世の中、Amazon アフィリエイト狙いで Kindle ストアの書籍を紹介するブログはやたら多いし(メディア系ブログでもやってるくらい)、私も幾つかは見て参考にさせてもらうこともあるわけですが、盛んに持ち上げるほど Kindle ストアも Kindle 端末もバラ色満足なもんじゃねえよ、と常々感じています。

そんな「Kindle ストアは他に比べて不便すぎて困る」点の最たるものが書籍管理なわけですが、そのダメさ加減が直撃するのが新しい端末を購入した時の書籍移行。

新しい Paperwhite を購入した今回もそうですし、新しいスマートフォン/タブレットを購入して Kindle アプリを入れた時も同じ。

今回は新型 Kindle Paperwhite 購入にあたって一番苦労した、初代モデルに入れていた書籍を新モデルに移行する(ダウンロードし直す)面倒さについて触れておきたいと思います。ホント、

新型 Paperwhite 購入で一番インパクトのあった出来事


です。新型の良さを実感する前に面倒さ百倍。

Kindle での購入書籍数、パーソナルドキュメント数が多いと、新端末購入も楽じゃありませんし、新たに Kindle Paperwhite を購入すると言うことは長く Kindle と付き合っていくことになりますから、Kindle ストアのダメな点とも付き合っていく必要があります…


続きを読む

先月、Nexus 7 を初代 2012年モデルから今年の新モデルに買い換えたことは前回記事も含めて、この一ヶ月書いてきたとおりですが、電子書籍端末として Nexus 7 とともに愛用している Kindle Paperwhite も先月新型の発表がありました。

小改良の新型 Kindle Paperwhite、米国で発表! 〜紙書籍に電子書籍が無料or安価購入できる Kindle MatchBook も
新型 Kindle Paperwhite、日本向けも発表!ストレージ4GB仕様で 9,980円+2千円のクーポン付の大盤振る舞い!10月22日発売

発表直後から買い換えを検討していた Nexus 7 と違い、当初米国発表時には余裕でスルーの予定でした。

なにせ、SONY Reader、Kobo glo と比べた時の

Kindle Paperwhite 一番の欠点と感じる重さ大きさが殆ど変わらない


わけで、正直ガッカリでした。この点は今でも新型 Kindle Paperwhite 最大の残念な点です。

確かに電子インク周りは多少進化したかも知れませんが、フロントライトを搭載した初代 Paperwhite のような画期的さはありませんし、重さもサイズも変わらないとなれば、「これは1万円出して買い換えるまでには至らない、今年はスルーで」が結論でした。

それが予約して買い換える気になったのは、

日本向けモデル限定でストレージ倍増 4GB、ポイントバック2千円弱


という日本限定の大盤振る舞いがあったため。これに尽きます。

Kindle は(Nexus と同じく)他の電子書籍端末と違ってメモリーカードスロットを用意していません。そのくせ内蔵メモリ 2GB だと、テキストものだけならともかく、コミックをちょっと入れると一杯になってしまいます。

(コミックを電子インクで見ると細かい部分やグラデーションの描写に難がありますし、毎ページのリフレッシュが鬱陶しいのですが、何巻も続けて読んでも液晶端末ほど疲れないというメリットがあります。個人的にも気に入ってます)

それゆえ、米国発表時に内蔵ストレージが 2GB のままだったのもガッカリポイントの一つ、「今年はスルー」の要因でしたが、日本向けモデルでは独自にメモリ倍増にした上で思い切ったディスカウントもされています。

米国で $139 のモデルをメモリ倍増して上で、日本では実質8千円弱


となると、やたら魅力的に見えてしまいます。明らかに特売り状態。日本向けモデルは代わりに何かあるんじゃないの?と思わせるディスカウントです。

結局そのディスカウントに釣られて新型 Kindle Paperwhite を購入してしまったわけですが、手元に届く前は

「米国と比べた大幅安売りに釣られて買っちゃったけど、結局のところ内蔵ストレージ倍増だけだよなぁ」

という感じでした。

電子インクの進化、特にリフレッシュ頻度の軽減は電子書籍専用端末を使う上での大きなストレス削減となるわけですし、操作レスポンスも良くなっているとはいえ、従来の Kindle のトロさも含めて慣れてしまったゆえに、大きな改善点としてはメモリ倍増だけだろうと思っていました。

が、本日 Kindle Paperwhite が到着して使ってみると、

見た目は全く変わらないが、意外と色々変わっていた


というのが、Kindle Paperwhite 2013年モデルです。


続きを読む

昨年末から始まった au スマートフォン向けの電子書籍ストア「au ブックパス」。売りは一定の書籍、コミックが読み放題になるという謳い文句の「読み放題プラン」。

さらにその「読み放題プラン」は、「au スマートパス」契約者ならこの春まで無料…だったのが、今月7月末日まで無料になっています。

で、私も iPhone 対応になった春先から試していましたが、

読み放題といっても、多少の書籍は殆どシリーズ1巻が読めるだけ


であり、「やっぱり、安くて旨い話なんてないよなー」でありました。

「au ブックパス」が始まった時、どこかの提灯ライターが「au ブックパスは電子書籍界の hulu だ」などと寝言を宣っていましたが、アホすぎでしたね。同列どころか比較するのさえ、hulu に失礼。

hulu は非常に多くの環境、端末に対応していますが、「au ブックパス」はあくまで au とのスマートフォン契約があってこそ。何が嬉しゅうて、電子書籍を買っても電話の契約を他キャリアに変えたらサヨナラになるようなストアでコンテンツを買わなきゃならないのか…であります。

もっとも、読み放題プランは“有料レンタル”みたいなものですから、内容が充実していたら月額 580円くらいは…と思っていましたが、シリーズ1巻だけ、古い雑誌が読めるだけ、という

読み放題プランというより、有料の立ち読みプラン


といった方が正確な内容。

auBookPass_Cancel10


もちろん、au も商売ですので1巻だけ無料で読ませて餌釣っといて、2巻以降は単品を買わせるという商売なのでしょうが、前述のとおり、au のスマートフォンを使っていないと買ったものが消えるような電子書籍ストアは no thank you です。

ですので、今月末の「au スマートパス」対象者の無料期間が過ぎたら解約するつもりでした。

が、そこへ大量解約を防ぐためか打ち出してきたのが、ブックパス読み放題プランにおける雑誌ラインナップの大幅拡充施策。

「ブックパス」の読み放題プランにおける雑誌ラインアップの拡充について〜電子書籍読み放題サービス最大規模の全75誌をラインアップ!〜

「おおっ!?来月からサカダイ(週刊サッカーダイジェスト)が月額 580円で読めるなら継続しちゃおうかな…」

なんて思ったのですが、よくよく考えてみれば、そんな旨い話があるわけがない。今月から既に読み放題プランの雑誌拡充は始まっていますが、従来からの読み放題プラン対象の雑誌をみてみると、

古雑誌を読み放題プラン(笑)


でした。

そのことも含めて、以下の理由で「au ブックパス」は余裕で捨て捨てでした。

続きを読む

自宅で作業用 BGM を聴くためのパソコン用スピーカーは年に1〜2度くらい気分次第で取り替えたりしていたのですが、ここ2年近くは交換するのが面倒臭くなって、ずっと同じスピーカーになっていました。

以前 BOSE M3 で朝から深夜まで長時間聴き続けるのは若干しんどくなってきた…と感じた時に、むかし買った



というモノに戻して、それ以来そのまま。

このロジクール「Audio Hub」という USB スピーカーは、お世辞にも音が凄く良いわけではなく、特に音の分離がイマイチでしたが、サブウーファー一体型で1万円弱の安物小型スピーカーの割りには低音がショボくなく、おまけに「USB ハブ内蔵」という利便性もあって、ダラダラと使っていました。

それに特に私の場合

パソコン用スピーカーは「ディスプレイの前に置く」派


のため、パソコン用スピーカーは高さのないモノに限られます。

ディスプレイが27インチのため、それでなくとも場所を取っていてこれ以上幅を確保しきれない、スピーカーをディスプレイの横には置きたくないために、スピーカーはディスプレイの前に置きたい。となると、

ディスプレイにかからない程度の高さで、それなりの音のスピーカー


が欲しくなるわけで、そうなると限られます(BOSE M3 を DAC 経由で一時期愛用してたのも、それが一番大きな理由)。

そんなわけで、ダラダラと Audio Hub を使い続けていたのですが、1ヶ月ほど前から変なノイズが入るようになってきたなぁ…と思ったら、先日お亡くなりになりました。

となると、早急にスピーカーを置き換えなきゃならなくなるわけで、1日悩んで購入したのが、コレ。


購入した理由は、

小型 USB スピーカーの中では評判も良く
知人所有の上位機を以前聞いて好印象だった


ということです。値段も7千円台と非常に手頃です。


続きを読む

週刊アスキー(以下、週アス)は時々(四半期に一度?)、ちょっとしたアイテム付属の増刊号が発売されます。聞くところによると、アイテム付録が付く増刊号は通常号よりかなり売れるそうです。

そして私も全くその通りの、週アスは増刊号くらいしか買わない人間であります。増刊号買うたびに本誌にも目を通すけど、別に読みたい記事もないですし…(^_^;)

そんな増刊号限定、というより付録目当てだけの読者でありますが、

付録が必ずしも実用的とは限らない


わけでして、前回付録の「ゆびきた〜っすウルトラマウス」は正直ネタアイテムすぎました。

このマウス、かなりキワモノ。週刊アスキー増刊号付録「ゆびきた〜っすウルトラマウス」

上記ブログ記事を書いた後、全く使ってません。見るたびに5百円でコーヒー飲んでた方がマシだった、という感じであります。

反面、スマートフォン対応手袋のように有意義なものもありましたし、当たり外れはあるのですが、今回は「SMARTABLE コンボケース」。



要は、7インチクラスのタブレットとスマートフォンを両方入れられるケースが付いてくるということで、これならそう外れることもないし、使う機会もあるだろうということで、昨日購入して使ってみました。


続きを読む

このページのトップヘ