Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

カテゴリ: My Camera Days

前回書いたように、セール品の衝動買いを自制して、一晩考えてから購入した結果、E-M10 Mark II が手に入ったのはクリスマスに合わせた横浜〜鎌倉旅へ行く前夜。慌てて準備して、ほとんど触る暇もなく実戦投入になりました。

久しぶりのミラーレス機復帰 E-M10 Mark II を買った割と安易な理由
買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【準備編】

当日は日産スタジアムでガンバ大阪が天皇杯準々決勝を戦うこともあり、迷った末に一眼レフを持ち出して軽くサッカー撮影することにしたので、横浜〜鎌倉散歩はいつもの EOS + EF16-35mm F4L IS USM にするか、もしくはコンパクトデジカメ(PowerShot G7 X)だけで…と思っていたのですが、その代わりが今回の E-M10 Mark II。

まぁ、EF16-35mm F4L IS USM レンズ単体より E-M10 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ の方がずっと軽いですからねぇ。写りは比べるのも失礼ですが、あくまでコンパクトデジカメ代わり :D

ってなわけで、E-M10 Mark II の細かいことは何も判らないまま実戦投入でしたので、新横浜へ向かう新幹線車中では、連れ合いが快晴の富士山にキャッキャ言ってる間、ダウンロードしてきた E-M10 Mark II のマニュアル PDF をひたすら読んでいました(^_^;)

Nissan Stadium 2016.12.24 (2)
(ガンバに勝ったマリノスも3日後の準決勝で鹿島に敗退…)


日産スタジアムまで遠征したにも関わらず、我らがガンバ大阪は2016年シーズンを元旦決勝の2戦前で終えることになってしまったわけですが、元々クリスマスに神奈川エリアへ来た目的は、連れ合いのための鎌倉散歩。

気持ちを切り替え、バッグの中身を入れ替え、重い一眼レフとサンニッパは着替えなどとともに横浜駅のコインロッカーへ。相変わらず横浜駅で空いているコインロッカーを探すのは苦労しましたが、過去の経験でさほど歩き回ることなく空きゲット♪

90分手持ちしたサンニッパとテレコン付けた一眼レフシステム 4kg から僅か 0.4kg の E-M10 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ に代わると

本当にカメラがバッグに入ってるのか判らないなぁ、コレは(^-^)


とまぁ、久しぶりに小さなミラーレス機の恩恵を感じながら横浜散歩に出発です :D


続きを読む

自分で付けといて言うのもなんですが、タイトル長いですね。アホみたいに長いタイトルは昨今ラノベでも廃れているらしいですが、内容と一緒で短く簡潔ということができないダメなクチですんで…(^_^;)

久しぶりのミラーレス機復帰 E-M10 Mark II を買った割と安易な理由

さて、前回購入理由を書いた E-M10 Mark II ですが、購入当日=出発前夜でしたので、慌ただしいことこの上ありませんでした。何はともあれ、帰宅後にカメラとレンズその他一式を箱から出して、レンズとバッテリーとメモリーカードをボディに装着、まず1〜2枚シャッター切って動作確認。その後、バッテリーを充電し、ボディにはストラップを装着。

カメラ付属のストラップは付けない主義なので、押入れのカメラアクセサリーごった煮ボックスの中でストラップを探してみると、むかしミラーレス機で使っていたストラップが何本も出てきて、サイズ的にアルティザン&アーティストのストラップが長さ、細さ的に合いそうなので付けてみました。

EM10M2_04


うーむ、欲しかったブラックボディでなかったこともあって、

シルバーボディに赤色のストラップは似合わない…


同じ A&A のストラップでブラックも持っていたはずなのだが、どこへ行ったんだ?

しかし、アレコレ付け替えて試している時間的余裕はなかったので、とりあえずコレで旅へ。ちなみに、付け替えるのが面倒で、今もそのままです(^_^;)


続きを読む

昨年末のお買い物ベスト記事でも少し触れたとおり、

リモート撮影とかで PowerShot G7 X に不便があってストレスだったので、どうせなら EVF 付きのコンパクトデジカメを買ってみるかと思ったら、ミラーレス機の E-M10 Mark II の方がずっと安かったので買ってみた

というわけでした。以上 :-D

EM10M2_08withG7X


という話で終わるのですが、以下 gdgd と具体的な過程を(^_^;)


続きを読む

旧年中、本ブログを見にきていただいた方にはありがとうございました。

本年も場末ブログらしくネットの地平線にへばりつきながら、戯言雑記を書き連ねていきたいと思います。

なお、昨年は写真ブログの方を何らかの形で再開したいと思いつつ結局再開できずに終わりましたので、本ブログに未熟な写真が多数載ることもあるかもしれませんが(予定は未定)、何とぞ寛大な心をもってお付き合いくださりますよう、年始のご挨拶とともにお願い申し上げます。

ということで早速、今朝の初日の出 in 伊丹スカイパークを貼っておきたいと思います(^-^)


続きを読む

子どもの頃から年末は好きだけど、年始が嫌いな私です。最近は年末らしさも減ってしまったように思いますが、暮れゆく年の瀬の雰囲気は好きですし、年が明けるとすぐ先には日常への復帰が待ってるかと思うと年始はテンションが落ちます(-。-;

というようなことを毎年書いてる気がしますが、2016年も残すところ4日半。今年は物欲控えめな年でありまして、恒例の「今年のお買い物ベスト」記事も止めてしまおうかと思うくらいです。書かなかった年もありますしね…

とりあえずカメラ機材に関して言えば、減りこそすれ増えることのない一年でありました。

いま手元にはメインシステム(EOS/EF)の
標準ズームレンズすらない


という体たらくです( ;´Д`)

と言うのも、

新型EF24-105F4Lに買い換えるため
EF24-70F4Lを売ったけど、なんだかんだで買えてない


わけです。



新型 EF24-105mm F4L IS II USM がダメだとか、そういうわけではないんですけど、どうも買う気になれてないというか。懐に余裕がなくて買い物を慎重に見極めたいモードになっているのが一番ですが、

先行購入者の実写待ち、評価を待ってからにしよう、と思っていたら手ぶれ補正に問題がウンタラカンタラ


したわけで、キットレンズ対象でもあった EOS 5D Mark IV との組み合わせで一部問題が出ていた件は先日のフェームウェア更新で治ったという話であるものの、一部ではまだ火種が燻ってるみたいであり、EOS 6D や 1D X Mark II との組み合わせでも発生しているという人もいるみたいで、まぁ急ぐのでもないし…と様子見を決め込んでいます。

ただ、実際に撮影された方の写真を拝見させてもらっても、実際にユーザーの方の評価を見ても、

うーん、旧 EF24-105F4L 最大の欠点である周辺描写が良くなってるのは間違いないし、手ぶれ補正も最新型のよく効くものになってるみたいだけど、全体的に見て、10年ぶりのリニューアルの割には期待したほどの画質向上してる気がしないんだけど、そう見えるのはオレだけ?


という印象なんですよね。買って試したわけでもなく、あれこれ実写画像などを見ていての印象なので、私の勝手な思い込みではあるのですが。


続きを読む

以前、カメラ用簡易レインカバーの定番であるシャワーキャップの利用法について少々書いたことがありました。

シャワーキャップをカメラのレインカバーとして使う場合に工夫したいポイント2つ

シャワーキャップはホテルなどに宿泊した際に歯ブラシ等とともに備え付けられていたり、百円ショップなどで数個〜十個程度入って100円(税別)で売られているので、入手も簡単、気軽に使い捨てできるカメラ用簡易レインカバーとして、昔からよく利用されてきました。

もちろん、シャワーキャップの生地は極薄ですので、耐えられるのは小雨で短時間程度であり、別途タオルを巻いたり、傘を差したりすることが必要なレベルのものですが、カバンの隅に入れて常備しておけて、思わず雨への対策グッズとしては重宝します。

ただ、シャワーキャップはサイズ的に望遠レンズには対応できません。概ね広角〜標準ズームまで。

マイクロフォーサーズであればコンパクトな望遠ズームもあるので、それなら利用できるかもしれませんが、安価 or コンパクトな望遠ズームレンズの場合、収納時にはコンパクトでも使用時にはビヨーンと伸びることが多いので、シャワーキャップがどこまで使えるのか事前に確かめておく必要はあるでしょう。

私自身、望遠レンズ用簡易レインカバーとしては「OP/TECH レインスリーブ」を使っていることは本ブログでも何度か触れています。

カメラバッグの隙間に入る安価な(望遠レンズ対応)カメラレインカバー「OP/TECH レインスリーブ」
お手頃価格の雨天撮影用アクセサリー3製品

前々回記事の冒頭でも書きましたが、先週末の鈴鹿サーキットでのレース(International SUZUKA 1,000km SUPERGT Round 6)観戦・撮影でも雨が降ったり止んだりで、

ごっついレインカバーを持ち出すほどの雨じゃないけど、レインカバーは必要、でも止んでる時間も長いので外してカバンに入れておきたい時も


という状況でしたので、畳めばポーチの隅にでも入る OP/TECH レインスリーブは非常に活躍してくれました。(生地の厚い、真っ当なレインカバーは夏場に使うと暑い、ということもあります ^^;)

ただ、OP/TECH のレインスリーブは望遠レンズ用と言っても 300mm 以上レンズ向けで(500〜600mm 以上向け製品も別途ある)、70-300mm や 70-200mm クラスの望遠ズームや、ミラーレス向けの望遠レンズには少々長すぎます。かといって、先のシャワーキャップはとても長さが足りません。

なんか、うまい具合にいく簡易レインカバー代わりのものがないかなあ…と思っていたのですが、ちょっと前に見つかりました。それがコレ↓

RainBackpackCover1


百円ショップで見つけた、バックパック/リュックサック用の簡易レインカバーです。108円で2袋入っています。

元々、カメラ用のレインカバーにしようと思って購入したわけではなく、レインカバーのない中型バックパックに使うために買ってきて、それに使っていたのですが、ふと気がつけば、コレはカメラ用レインカバーとしても使えるな、と(^-^)

何はともあれ、簡易レインカバー代わりのド定番であるシャワーキャップと比較してみると以下のようになります。


続きを読む

今週後半からはお盆期間になり、既に夏季休業に入っておられる方も多いかと思います。夏祭りや花火大会の最盛期でもあるわけですが、当方、ガンバ大阪の試合がまた淀川花火大会や猪名川花火大会(ヒコーキ+花火狙いで有名)にかぶる日程となっていて行けず、残念です。(去年は被らなかったのだけど…)

そんな中、地元の花火大会が3年ぶりに復活したので、たぶん今年唯一になるであろう花火を観に行ってきました。

BentenFireworks1


関西ではメジャーで人も花火も規模の大きい PL、淀川、神戸、琵琶湖の各花火に比べると、何分の1か、10分の1かしかない田舎の小さな花火大会レベルなのですが、琵琶湖花火大会と重なる日程であることが多い分、2時間前に行っても最前方のベストエリア空き放題というマッタリさであります(^^)

もっとも、発射点が3箇所左右に広がってる分、最前方エリアは花火を撮るには近すぎて、花火取りはある程度距離を取らないと難しくなることを改めて感じた次第ですが、観る分には近い分だけ迫力はあるので、花火の豪華さに欠ける分を補うことができて楽しめました :D

BentenFireworks2


さて、今回の花火撮影は最前エリアで接近戦だと判っていたので広角ズームを選択して EOS 6D + EF16-35mm F4L IS USM という機材でした。とはいえ、本当は

夕方になっても余裕で30℃超えで暑すぎるし、花火写真は何度撮っても納得したものが撮れる気がしないし、撮るより見る優先にして、カメラ機材は一眼レフ+重い三脚じゃなく、コンパクトデジカメ+軽量三脚にして適当撮りで良いんじゃないの?


と思ったのですけれど、そこで困ったちゃんなのが、当方が所有している 初代 PowerShot G7 X の問題点。

初代 PowerShot G7 X はリモート撮影時に Pモード固定になる


ということ。

PowerShot G7 X を購入してからもうすぐ1年になりますが、購入前には全く考えもしなかったこのことが一番ストレスを感じていて、時々買い換えたくなる理由になっています。


続きを読む

一ヶ月前、無線LAN 内蔵 SDカードの代名詞でもあった Eye-Fi が、現行モデルである Eye-Fi mobi / mobi Pro 以外の旧製品を全てサービス停止、(読み書きが超遅いだけの SD カードとして使う以外は)利用不能になることを発表しました。

旧製品のサービス終了について | Eyefi Japan

現行モデル mobi 以前の Eye-Fi カードは、パソコンへ写真を転送するにも、クラウドへ転送するにも、接続する Wi-Fi の登録にも全てパソコン上の Eye-Fi Manager が必要で、Eye-Fi サーバー側とのやりとりも必要ですから、Eye-Fi 側が「やーめた」と言うと、それらが出来なくなります。

また、現行 mobi カードと同じく、Eye-Fi カードからスマートフォンやタブレットへ直接転送するダイレクトモードで利用する分においても、転送先のスマートフォンやタブレットを Eye-Fi カードに登録するためにパソコン上の Eye-Fi Manager が必要ですので、それが使えなくなるとお手上げです。

NewGR178


mobi Pro 登場まで最上位カードであった Eye-Fi Pro X2 カードを合計3枚も持っている私としては、事実上それらが全て利用不可能になるということで、怒髪天を衝く勢いで怒り心頭!というよりも、正直なところ、

初期の頃のカードだけでなく
現行カード以外全部使えなくするのかよ…┐(´д`)┌


と、正直呆れた印象の方が大きいものでした。

現行 mobi シリーズと従来製品では Eye-Fi カードのコンセプトも機能も大きく変わっており、ソフトウェア側も根本的に違っているので、過去を切るなら一世代前だろうがなんだろうがまとめてバッサリ…というのは判りますが、使ってる方としては納得できるわけでもなく、

他の無線LAN内蔵カードや無線LAN機能付きデジカメより便利だが
メーカーの都合でサクッと使えなくなるなら、もう買えないなぁ


って感じですね。永久に利用補償しろとは思わないですが、数年で使えなくなるのはちょっとねぇ。

私自身も「メーカーによる利用できなくなるリスク」を Eye-Fi カードについてはウッカリしていたというか、こうなって初めて、

ウェブサービスだとサービス停止のリスクを念頭に使うけど
メモリーカードだからと言ってリスクを失念していた…


と云う反省はあります。

あと、残念なことは

現行の mobi シリーズは従来製品から機能が削られている


ことで、特にクラウドサービスへの対応が自社のみに制限されているので、mobi Pro カードも旧 Pro X2 カードの代わりにはならないのですよね…

従来の Eye-Fi カード、特に最上位の Eye-Fi Pro X2 カード には以下のような魅力、特長がありました。


続きを読む

先日福岡へ出張していたのですが、またしても雨。年に5〜6回は行っているのですが、春夏秋冬問わず、この1〜2年ですっきり晴れた日に巡り会えていません。所用後の帰る前、1時間でも福岡空港周辺で撮影できれば…と毎回思っているのですが、毎度曇りか雨。

福岡空港は伊丹空港ほどでなくても周辺に撮影ポイントは多く、何より1本の滑走路の限界までにトラフィックが多く、伊丹と違って国内線国際線様々な飛行機が見られるので好きな場所なのですがねぇ…いつ福岡でヒコーキ日和に逢えるのか…辛いです(;´д`)

CameraRainGoods23


さて、前々回、前回と私自身がよく使う雨天撮影用簡易レインカバーを紹介してきました。

シャワーキャップをカメラのレインカバーとして使う場合に工夫したいポイント2つ
カメラバッグの隙間に入る安価な(望遠レンズ対応)カメラレインカバー「OP/TECH レインスリーブ」

今回は、普段あまり使わないながら、状況や思いつきによっては使うこともある雨天撮影用アクセサリーを幾つか、使ってみての感想とともに紹介したいと思います。


続きを読む

7月も半ばに差し掛かり、来週には子供たちは夏休み開始という頃合いになってきましたが、今年は梅雨らしい梅雨というだけでなく、なかなか梅雨が終わる気配がありません。どうやら今週末の三連休のお天気も微妙そうで、夏休みに入ってやっと…という予報のようですね。

先週末は SUPERGT の公式テストが鈴鹿サーキットであり、1日だけですが見学&撮影に行ったのですが、その日も小雨霧雨が1日降ったり止んだり。路面は基本的にドライだったので走行テストはしっかりあって楽しめたのですが、その分蒸し暑さ全開で何リットル汗をかいたことかと思う1日でした(;´Д`)

CameraRainGoods20


さて前回は、カメラ/レンズの簡易レインカバーとして大定番のシャワーキャップを使う場合の2つのポイントについて述べました。

シャワーキャップをカメラのレインカバーとして使う場合に工夫したいポイント2つ

ただ、シャワーキャップをレインカバー代わりにする方法は、シャワーキャップのサイズ的にレンズが標準ズームくらいまでが限界です。望遠レンズなどを使用時はシャワーキャップでは長さが足りません。

時には大きめのコンビニレジ袋と輪ゴムやテープ(とタオル)を組み合わせてレインカバー代わりにするのですが、風があると使い物にならないなど、かなり無理があります。(あくまで何もない時の緊急用)

ですので、望遠レンズを持ち出す時のお供として持って行く超薄手レインカバーとして使っているのが、コレ↓



OP/TECH のレインスリーブ(Rain Sleeve)。発売直後から愛用しているのですが、発売されてもう6〜7年経つでしょうか。今ではそこそこ知られている製品かもしれません。

CameraRainGoods16


この OP/TECH のレインスリーブは、あくまで簡易型のレインカバーですので、一般的な望遠レンズ対応の大きなレインカバーと違って、以下のような長所、欠点があります。


続きを読む

このページのトップヘ