Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


カテゴリ: My Camera Days

お盆休みナニソレ美味しいの?お客様がみんな夏季休暇は仕事に集中できる期間ですが何か?という感じの私ですが、昨晩のガンバ大阪の劇的勝利があったので、お盆休みも夏休みもなしに修羅場っていても頑張れます!(^-^)

GAMBAOSAKA20180810VictoryGoal


さて、先日8月5日は「マイクロフォーサーズが発表されて10周年」という話題がどこかに出ていました。私自身も買っては手放してを繰り返しながら10年。

マイクロフォーサーズ発表時には無関心だったのに、ひょんなことから初号機 DMC-G1 を発売直後に購入し、一度のみならず手放しては戻ってを繰り返しながら、10年経った今も気に入って使っているのは不思議なもんだ


率直にそんなことを思います。

個人的には、今も昔も

マイクロフォーサーズ最大かつ唯一の利点は小型軽量なこと


だと思うことは変わりなく、しかしながら、どこのメーカーもハイエンド機種志向になり、オリンパス、パナソニック両メーカーもそのような傾向であり、今後の噂を見ているとマイクロフォーサーズの小型軽量さを軽視しているかのような製品展開になるなら、ちょっとなぁ…と思いますね。

もっとも、E-M1 Mark II を大きいと思ったことが一度もなく、「オリンパスのカメラで唯一使う気になるグリップ感のカメラはコレだけだよね」なんて言ってる私では全く説得力はないでしょうが、両メーカーとも小さくて写りの良いレンズ展開は保持してほしいものです。


続きを読む

地震、梅雨前線による大雨と連発されたのに、台風12号が近畿直撃コースに乗ってきて「俺らになんか恨みであるんかいっ!」と言いたくなる昨今の自然現象ですが、とりあえず暴風雨で屋根にかかったブルーシートが飛んで雨漏りしまくりにならないことを祈るのみです。(無理かな)

今日も工務店や屋根業者の人と打ち合わせしましたが、全部やり直してもらう時期については、まだ何とも言えない状況なので、家に住めるだけまだマシ、と思いつつ、ひたすら我慢するだけであります(>_<)

TediousDays20180722_07_1487


さて、ニコンがティーザー広告公開の翌日、正式にフルサイズ・ミラーレス機を開発していることを発表しましたが、CANON RUMOURS が9月の第2週にキヤノンもフルサイズ・ミラーレス機を発表するという話を確度が高い噂として記事にしたり、いよいよ盛り上がってきた感があります。

Nikon | ニュース | 報道資料:新次元の光学性能を追求した、新マウント採用のフルサイズミラーレスカメラとNIKKORレンズを開発

また、4/3 RUMOURS も前回記事の

E-M1 Mark II の上位ハイエンド機の噂に思う徒然

を予約投稿していた間に、さらに確定情報レベルの FT5 として記事を追加していました。

(FT5) Confirmed: New Olympus super high end camera will be launched in very early 2019! - 43 Rumors

どんな内容のカメラかは判らないようですが、E-M1 Mark II を上回る性能のカメラが来年早々に出るというのは確実とのことのようです。

E-M1 Mark II より上位の性能で(当然)高価なカメラを出して売れるのかどうかは判りませんが、E-M1 Mark II の売れ行きが好調だったことから、待ち望まれてる E-M5 シリーズ新機種よりハイエンドへシフトしていくのかもしれませんね。

ただまぁ、個人的にこのオリンパスのハイエンド機種については、前回記事の最後にも書いたように、

気にならないわけではないけれど、基本的に割と他人事なカメラ(の噂)


だったりもします。

TediousDays20180722_03_1314


1年ぶりにメインマウントをデジタル一眼レフに戻して、マイクロフォーサーズシステムを再びサブマウントとして使うようになり、

やっぱりマイクロフォーサーズシステムは小型軽量さを活かしてナンボ、無闇に頑張って超望遠で動体を追うようなことをしない方が断然心地よく使えるよなぁ


と実感しているので、もはや E-M1 Mark II よりハイエンドで高性能なカメラが出るとしても、割と「どうでもいいかな」感のある私であります。


続きを読む

公私ともどもバタバタしているでニュース記事もあまりしっかり追えてないのですが、Photokina が近づいてきてアレコレと噂は出てくる中、ニコンが今年もまた創立記念日に大物を発表するのか、ミラーレス機であろうティーザー広告サイトができたのは周知のとおり。

NikonSpecialSite20180723

Nikon | Special Event 2018

どうでもいい抽象的なイメージ動画の最後にマウント部を強調したディーザー広告は、大口径の新マウントでミラーレスやるで!というメッセージ以外の何ものでもないとないと思いますが、キヤノンも続きそうですから面白くなりそうです。というか、お漏らしもあったようで……

(カウントダウン表示のスクリプトに発表日丸分かりの記述を入れ込むなんて、ど素人もいいところなのですが…大丈夫ですかねぇ)

また、先日富士フイルムが XF レンズのニーニー (200mm F2) を発表したり、何本ものレンズを開発発表したり、ソニーも近いうちに玉があるような噂もある中、4/3 RUMOURS にオリンパスが E-M1 より上位のハイエンド機が出すかも?という噂記事が載っていたのも今さら知りました(^_^;)

(FT1) Impossible rumor? Olympus new Super High End camera to be "teased" at Photokina? - 43 Rumors
(FT3) More confirmation about a new super high end Olympus camera! - 43 Rumors

【追記】と書いて予約投稿していた間に、さらに確定情報として出てきましたね。

(FT5) Confirmed: New Olympus super high end camera will be launched in very early 2019! - 43 Rumors


続きを読む

今まで様々なメーカーの様々なレンズを使ってきましたが、レンズを落下させたりしたこと以外でフードを割ったり破損した経験はないのですが、

12-40mm F2.8 PRO のフードが
特に何もしないのに割れてた


という事態が発生していてビックリ。

12-40mmF2.8PRO_BrokenHood1


先日 E-M1 Mark II に付けて持って出ようと防湿庫から取り出そうとしてフードを持ったら(12-40mm F2.8 PRO 程度の小さなフードは常に挿しっぱなしです)、パラっと↑のように3分割。

え?何これ?オレ、何もしてないやん!?なんか外れたの??


と思って、よく見るとフードロックの部品がバラけていました。が、とてもはめ込んで戻せるような状態ではありません。

なんだよ、コレ。元々オリンパスのマイクロフォーサーズ・レンズって「PRO」とか銘打ってる割には、フードはどれも使い勝手はウンコ悪いし、チャチだけど、さすがに特に強いショックもなしに割れちゃうなんて、ダメすぎだろ……


と内心文句垂れていたわけですが、フードなしで使うわけにもいきません。(雨中撮影以外でプロテクトフィルターは使わない主義だからレンズ保護のためにフードは必須)



ま、原因もよくよく考えたら、

10日前の大阪北部地震での激烈な縦揺れのせいで壊れたのかも?


とは思うのですが、カメラ・レンズで何かしら破損があったのはコレだけであり、他のレンズのフード類は何も問題ありませんでしたからねぇ。こいつはレンズロック部分が柔すぎなのかもしれません。


続きを読む

梅雨空真っ盛りと家庭の事情に仕事の絡みでなかなか撮影に出かけられず、新しい機材を買ったのにストレスが溜まるばかりですが、こればっかりは仕方ありません(´・ω・`)

そんな中、今日はニコンから「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」(以下、ゴーゴーロクPF)の開発発表がありました。

Nikon | ニュース | ニコンFXフォーマット対応の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を開発

いま造ってるで〜、というだけの発表ですから、重さ、大きさなどは全く記載がありませんが、300mm F4 を従来の3分の2程度、15cm 未満に収めた PF レンズを採用していますから、500mm F4 で 38cm 以上ある 500mm レンズがどこまで短く、軽くなるのか楽しみです。

サンニッパサイズの 25cm を切ってくるのは難しいと思いますが、もしそのレベルまで短くなれば、頑張って購入したいですね!

20cm 台前半なら観客席で使っても隣席の視界を遮らずに使える場合は多いので、APS-C + 300mm レンズで我慢しているところをフルサイズ+500mm レンズに切り替えられますからね。楽しみです!

(でも現実的には、長さは 30cm 切るくらい、重さは 2kg 強くらいでしょうかねぇ)

D500_540FL07


さて、前回記事の後半として書いていたのですが、長くなったので分割にした話。ニコンの AF-C と言えば、昔から強力にアピールされているのが、ご自慢の「3D-トラッキング」。

防滴性能への信頼 〜ミラーレスからデジタル一眼レフに出戻って1ヶ月【D500編その2】

同じような機能はミラーレス機含めて各社あるわけですが、そこはそれ、メーカーとしての経験値の差が出るところでもあり、特にスポーツ撮影では顕著な差が出るように思います。

(中には、追尾系の AF を選択すると負荷が大きくなる分だけ処理落ち気味になったり、AF 速度精度が甘くなったりすることもカメラによってはありますし……)

と言いながら、買ったばかりのお試し撮影の時を除いて 3D-トラッキングは、ほとんど使っていませんでした。理由は簡単で、慣れていないから。

購入直後に試した時に「良さげだけど、なんか癖が強いな」と感じて、これは D500 に少し慣れてから実戦投入することにしよう、と。全く新しいカメラですから、最初は違っていても“ある程度読める”機能を使っていきたいわけです。

その方が今まで使ってきたカメラとの違いも判りやすく、理解も早まり、結果も出しやすいと考えたからでした。


続きを読む

その昔、体調的なこともあって、今のミラーレス機に繋がる初号機 LUMIX DMC-G1 を発売直後に購入してから、デジタル一眼レフとミラーレス機の間で揺れ動いて散財しまくってきたのが、この7〜8年の私のデジタルカメラ歴と言えます。

だいぶ無駄遣いはしてきましたが、私にとってデジタルカメラは写真機としてのデジタルカメラだけでなく、デジタルガジェットとしてのデジタルカメラという側面も強いので、そこは仕方ないかなー、とか言い訳しています(^_^;)

そして、すっかり「時代はミラーレス機」になった今年に、ひとまずメイン機をミラーレス機からデジタル一眼レフへ戻したのは今まで書いてきたとおり。

時代の流れから完全に逆行していますが、動体撮影、特にスポーツ撮影を考えると、やっぱり今はまだニコンやキヤノンのデジタル一眼レフに分があるかな、と思っての行動でしたが、現行機のボディ性能や使いたいレンズを考えてニコンへ戻ったことも含めて、とりあえずは正解だった、というのが、この1ヶ月の結論であります。

正直なところ、サッカーを撮ってなければ求める基準も機材も随分違っていて、

ソニー「α7 III」で撮る、スーパー耐久富士SUPER TEC24時間レース - 価格.comマガジン

このような実戦写真レビューでも大いに魅力を感じる FE マウントへ移行して、デジタル一眼レフへ戻ってこない可能性は小さくなかったと思うのですが、好きなモノ(ガンバ大阪)を撮るというのは趣味写真として基本ですから、そこを大前提にするのは仕方ありません(^^)

D500_340PF23


もちろん、前回でも書いたように

動体撮影も未来はミラーレスなんだろうなぁ


という思いは変わっていませんし、結果だけを求める場合にはミラーレス機と言ってもスチルじゃなく「8K 動画切り出しで良いじゃん!」という未来になってもおかしくないでしょう。

ただ、そうではなく官能的な部分を求める場合には(今のフィルムカメラのように)デジタル一眼レフが残るのかもな、と1年ぶりにデジタル一眼レフへ戻って、シャッター音を聞きながら思ったりしています。

車のエンジンサウンドやステアリング感、心地よいロール感がドライバーの気分を載せるように、カメラも音や感触が撮り手のテンションを上げるところはあるよなぁ


なんて思ったりする昨今です。(昔はそういうことは二の次だったけれど)

ま、そういう感覚自体がジジ臭いものだろうなぁ、とは思っていますけどね(^_^;)

続きを読む

仕事の関係上、美保基地航空祭に続いて防府基地航空祭も無理せずキャンセルしたおかげで、ちょっとヒコーキ成分が不足している昨今。この春のエアイベントは、日帰りでの岩国FD だけでしたからねぇ。

大阪から日帰り 岩国フレンドリーシップ へ行ったメモ【前編】
大阪から日帰り 岩国フレンドリーシップ へ行ったメモ【後編】

おかげで買ったばかりの D500 + ゴーヨンFL の出番もなかなかないので、平日ナイターの天皇杯2回戦なら観客もメッチャ少ないはずだし(実際3千人だけ)自由席なので、いつもはサンヨンだけどゴーヨンをお試し……と思って、周囲2ブロック誰もいない隅で撮っていたら、J1 クラブが大学生相手に初戦敗退という屈辱。撮った写真を見る気もしませんわ ┐(´д`)┌

D500_540FL39


ということもありつつ、D500 も購入から1ヶ月…どころか、書き散らかした内容を放置してる間に1ヶ月半は経ってますけど、まだまだ AF 周りの挙動把握や設定がバッチリというわけにはいかないのですけれど、そのあたりは次回以降に触れるとして、とりあえずファインダーのことを少々。


続きを読む

仕事の事情、家庭の事情で、行く予定だったレース、航空祭も断念することが多い今春、7月の千歳基地航空祭も諦め気分になってきました。B747 ジャンボの政府専用機展示飛行も今年が最後の可能性が高いので何とか行きたいのですがねぇ。

おかげで、せっかく大枚叩いて買った AF-S 500mm f/4E FL ED VR の出番もなかなかなくて、もどかしい思いだけが募ります(>_<)

とはいえ、岩国FD や SUPER GT 鈴鹿など、まずは1ヶ月使ってきて AF-S 500mm f/4E FL ED VR に若干の不満?があるとすれば、

この2点くらいで、写りや AF 速度に不満があろうはずもありません。(まだ APS-C でしか試してないですけど)

D500_540FL06


VR(手振れ補正)もバッチリで、ネットで「SPORTS モードは VR の効きが落ちるので云々」という感想も見たことがありますが、全然問題ないですね。キヤノンの IS mode1/mode3 と同様、SPORTS モードは NORMAL モードより効きは落ちても落差を顕著に感じるようなことはなく、手持ちの流し撮りも含めて満足できるものです。

また、最新世代の大口径単焦点レンズということもあり、500mm F4 でありながら、ひ弱な私でもとりあえず、何とかギリギリ振りまわせる重さ、長さ。(すぐ筋肉痛になるけど)

ということで終わっても良いのですが、これだけだと内容のない記事が更にないので、以下、書きかけの適当メモを組み合わせた駄文をば。


続きを読む

一番身近にいる人間からの「すっかりカメラに文句を言わなくなったね」という言葉が全てを表していて、以上終わり!なくらいのデジタル一眼レフに出戻っての1ヶ月です。

世の中、自分の嗜好に 100% フィットした量販商品なんてのは有りえないわけで、どこかで折り合い(妥協)をつけながら使うことになるわけですが、その妥協の少なさが満足度にも繋がります。

その観点から言えば、D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR は今までで 100% の満足度に最も近い機材と感じています。(レンズ的には EF300mm F2.8L IS II USM も同じくらい満足でしたが)

また、300mm f/4E PF ED VR(以下、サンヨンPF)も最初は購入の判断がつかなかったものの、借りて使う機会があって「やっぱりこれは今の自分の撮影環境に必要」と納得して購入することになりました。



この1ヶ月使ってきて、ちまちまと雑感メモを書き連ねているので、少々記しておきたいと思います。相変わらずまとまりのない適当雑感ですけど。

D500 については少し前に色々と書きましたし、ミラーレスとデジタル一眼レフの狭間で行き来している中での感想は後日触れることにして、まずは「サンヨンPF」こと AF-S 300mm f/4E PF ED VR から。


続きを読む

マウント移行や追加すると、手持ちのものを流用できるものが少なくて、カメラとレンズだけでなく、アレコレと必要な物品が多くて出費が嵩むのはよくあることです(^_^;)

マウント追加(移行)は周辺アイテムに金がかかるよ、どこまでも

文句を言いつつも、そして懐具合が寂しくなりつつも、徐々に必要なものは揃えて、現在悩み中なのは、ゴーヨンFL (AF-S 500mm f/4E FL ED VR) のアルカスイス規格レンズフット

雲台や一脚をアルカスイス規格ベースで組んでいる私としては、ゴーヨンのレンズフットをアルカスイス規格品に交換するのは必須です。

AFS540FL_LensFoot1


純正レンズフットのままアルカスイス規格のプレートを噛ませる手段はありますが、剛性やリスクを考えると、できるだけ積み重ねは避けたい。それにレンズフットに1枚プレートを噛ませれば、大きなスペースを必要とするレンズに余計な厚みが加わってしまいます。

おまけに、うっかりレンズフットからアルカスイス用プレートを外したまま持って行って、いざ一脚を付けようとしたらアルカスイスプレートがなく、結局一脚からアルカスイス互換クランプを外して、クルクル一脚を回して止めることになります。

AFS540FL_LensFoot2
(既に2回くらいやらかしてるんですけどね ^^;)


ニコンとキヤノンの大型レンズ向けの交換用レンズフットは、結構多くのところから発売されています。RRS, Kirk, Markins, BENRO といった(その筋では)メジャーなところから、聞いたことのない中華ブランドや日本の町工場的な製品まで意外と出ています。

ただ、

対応レンズにゴーヨンFLが明記されていない


ものがほとんどで、本当にちゃんと使えるのかどうかが判らない。製品によってはレンズフード逆挿しへの干渉も気になります。

3kg 以上のレンズを支える台座ですから、ほんの少しでも合わない、無理やり使うような製品は買いたくありませんし、使いたくありません。(一脚、三脚使用時だけでなく、持ち運び時にレンズフットを手に持つことも多いですから)

なので、メーカーに問い合わせしたりしてみましたが、なかなか悩ましい状況です。


続きを読む

このページのトップヘ