Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


カテゴリ: My Camera Days

台風21号が大阪および周辺で暴風の大被害を出したと思ったら、北海道での大地震。全道停電が大きなニュースになりましたが、実は関西もまだ停電しているところが残っているし、電柱その他が倒れたり、復旧できていない道も多数あったりします。

というか、ウチもそうですけど、6月の大阪北部地震から完全復旧してないところは多数あるんですけどね……

半月毎に直撃またはそれに近い台風の被害が続出し続けて、工務店さんもそちらの応急対応に忙しく、ウチの家屋修理もなかなか進まないままです(仕方ない)。幸い、屋根の主要部だけは修復が終わり、台風やゲリラ豪雨でも雨漏りはしなくなったので、それだけでも大違いですけど。

ともあれ、台風21号が過ぎてからも、秋雨前線で時折豪雨と言っていい土砂降りが続いていて、いつになったら心安らかに過ごせる季節が来るのかと思う日々です。

と同時に、全然ヒコーキ写真を撮りに行けない日々が続いていて、ストレスも MAX であります。(ガンバ大阪の応援でストレスが発散するどころか溜め込んでいるので… ^_^;)

TediousDays20180722_07_6266
(7月に急遽行った千歳基地航空祭以来、修羅場すぎました…)


そんな状況なので、昨今のミラーレス機旋風も、とりあえずニュースは見るものの、あまり具体的な行動を考えているわけではないのですが、ぶっちゃけ、αを買うことは(連れ合いが持っているのを見ていても)ないですし、Nikon Z には今のところ全く心動かず、逆に EOS R はちょっと惹かれるところはあるけど、ニコンに移ってしまってるしなぁ…という感じであります。

とはいえ、今後の機材購入を数年単位で考えていくと「動体撮影メインだからミラーレス機は要らんわ」というだけでなく、

歳とともに体力が衰えてきて複数台のボディを持って撮影遠征する時のことを考えると、マイクロフォーサーズ E-M1 Mark II とは別のミラーレス機も視野に入れていくべきかなぁ


というのはあります。

遠征時に2台目3台目のサブボディを軽量化のためにミラーレス機、というのは今でも E-M1 Mark II を活用していますが、それとは別に、もしくはそれを置き換える形で、レンズを共用できるミラーレス機というのは考えざるを得ないところです。


続きを読む

先週末、ニコンのミラーレス機体験イベントに合わせたかのようにリークが流れてきたキヤノンのフルサイズミラーレス機 EOS R と、新マウント RF マウントに沿ったレンズが4本発表されました。

光学の可能性を広げる新イメージングシステム“EOS Rシステム”が誕生 カメラ・レンズで構成する「EOSシステム」がさらに拡大 | キヤノングローバル
キヤノン:EOS Rシステムブランドサイト
キヤノン:EOS R | 概要
キヤノン:RF24-105mm F4L IS USM|概要
キヤノン:RF28-70mm F2L USM|概要
キヤノン:RF50mm F1.2L USM|概要
キヤノン:RF35mm F1.8 マクロ STM|概要

リーク情報通りの内容ですが、なかなか気合い入っています。ニコ爺のソニー流出対策とか考えてないの?というニコンの守りの姿勢しか見えなかったのとはちょっと違いますね。

ボディは基本的にデジタル一眼レフの EOS 5D/6D シリーズからはみ出さない範疇であり、

ボディはコンサバだけど、レンズはアグレッシブ


なところも昨今のキヤノンらしいです。(値段が可もなく不可もないあたりも)

ボディ内手振れ補正はない代わりに、CMOS センサーの画像情報によるブレ量をレンズ側へ送って手振れ補正を強化するシステムになっているようですね。あと、

瞳 AF はしっかり入ってる


ところは外していないようです。まぁ、キヤノンのことだから、ボディ内手振れ補正付きボディがそのうち出てきそうな感じですけどねぇ。

他には

RFレンズには任意機能割り当てのコントロールリング搭載


というのも、マウント一新の際に機能的にも新しいものをしっかり付けよう、単に一眼レフからミラーレスに変えただけではないようにしよう、というのが伺えて良いですね。

とにかく来年とかではなく、最初から目玉レンズを用意し、さらにはマウントアダプターもノーマルタイプ以外に4種類の工夫された製品が用意されて、

ウチはミラーレス用レンズはソニーにはないレンズあるよ
一眼レフ用のレンズをただ使えるだけじゃないよ


と魅力アピールできるのは用意周到、いつでも出せる玉はあったんだろうなぁ、という印象です。

とにかく、以下の4種類のマウントアダプター一つとっても魅力的すぎます。


続きを読む

ニコンが「Z」の銘を冠した新マウントの本気ミラーレス機を出して、「後出しキヤノンはどうするのかな?Photokina 前に発表するという噂としない噂が錯綜してるけど…」なんて思っていたら、週末になって EOS R & RF マウントのどエライ噂が出てきましたね。

キヤノンの看板レンズの一つ 50mm F1.2L がリニューアルされるのはともかく、まさかの 28-70mm F2!チャレンジングなレンズに、マウントアダプターはドロップインフィルターやコントロールリング付きまで用意され、ボディはまだ一部の情報しか出てきてないものの、AF最低輝度限界 -6EV というのは間違いとしか思えない数字。

飛び道具だけでなく、35mm マクロのように昨今のインスタ映え狙いっぽいレンズだったり、普通に使えるズームとして 24-105mm F4 を出してくるのも周到です。ニコンみたく「来年 24-70mm F2.8 が出るのに、キットレンズも同じ画角レンジの 24-70mm F4 なのかぁ」ということもない。

(24-105/120mm の F4 ズームは画質評価はそれなりなので、画質優先で 24-70mm に抑えたニコンの判断が間違ってるとは思いませんが、標準ズームは F4 通しで良いと思ってる人は画質最優先よりレンジの広さを選びたい人が多いように思いますけど…)

いずれにせよ、ニコンみたいに既存ユーザーの移行しか考えてないであろう「今の一眼レフ用レンズが使えるミラーレス機」ではなく、「どうよ?これならミラーレスの意味があるでしょ?RFマウント使ってみたくない?」という心意気が出てるのは好感が持てます。(ボディ内手ぶれ補正の搭載がないなら大きなマイナスでしょうけど)

というか、久しぶりにキヤノンの本気を見せてもらえそう、というか、手ぐすね引いて待ち構えていた感がしますね。EFマウント移行時のレンズ攻勢も結構なものだったらしいですし、正式発表やその後を楽しみに見ていきたいです。

寝られない夜なので、ニコン・ミラーレス機 Z6/Z7 についての独り言

AFS500mmF56PF_Release1


パナソニックがフルサイズ参入、それもスチルというビックリの噂も同時期に流れて、デジタルカメラ激動の季節という感じですが、動体撮影メインの私にとってはまだ様子見な気分です。

というか私自身、去年やっちまったばかりでもあるし、しばらくは冒険なしです。D500 には結構満足できていて、フルサイズもとりあえず一眼レフを買うのは間違いないので、ニコンの Z もキヤノンの R も外野から楽しく弥次馬するだけなのですが、問題はコレ↓

AFS500mmF56PF_Release8


いやー、本気のミラーレス機とともに、一眼レフ用の凄いレンズが出てきたというものです。半年前に買ったばかりのゴーヨンをロクに使えてないのに、超魅力的な 500mm。もっと言えば、

超望遠レンズのゲームチェンジャー


とも言うべきレンズでしょう。

発表時のスペックを見て予想以上の軽さに驚きましたが、ニコン大阪へレンズ実物を見に行って、改めてそのコンパクトさにも魅力を感じた次第。


続きを読む

仕事に忙殺されて、気がつけば8月も終わり。今月は全く写真を撮りに行けませんでした……

万難を排して行く予定だった鈴鹿10時間も、結局断念。最後は、午前中仕事してからサーキットへ向かって、夕方以降撮れれば問題ないだろ、とまで思ったのですが、その半日が捻出できず。チケット代が無駄になりました _| ̄|○

買って半年も経たないゴーヨンは、千歳基地航空祭から戻ってきてから全く使う余裕もなく、放ったらかしでカビが生えてるんじゃなかろうか?という状態の中、ゴーゴーロクPF (AF-S 500mm f/5.6E PF) という超魅力的なレンズが出てきてしまったわけですが、まぁそれはともかく。

たぶん、末日31日になって今月初めて、仕事絡みとガンバの試合以外で外出したと思うのですが(諸々溜まってる所用を片付けるためですけど)、そのついでに「KOBE 航空祭 III SUMMER」へ行ってきました。

KOBE_AirFestival3A

KOBE航空祭掘SUMMER - 店舗のイチオシ - 東急ハンズ三宮店

航空祭と言うても、東急ハンズでやってるということから判るように、ヒコーキ関係のグッズ販売特設コーナーであります。航空祭や基地祭で売ってるワッペンやTシャツ、その他各種グッズ、民間機関連のものも含めての期間限定特設販売コーナーであります。(今回は9月5日まで)

続きを読む

お盆休みナニソレ美味しいの?お客様がみんな夏季休暇は仕事に集中できる期間ですが何か?という感じの私ですが、昨晩のガンバ大阪の劇的勝利があったので、お盆休みも夏休みもなしに修羅場っていても頑張れます!(^-^)

GAMBAOSAKA20180810VictoryGoal


さて、先日8月5日は「マイクロフォーサーズが発表されて10周年」という話題がどこかに出ていました。私自身も買っては手放してを繰り返しながら10年。

マイクロフォーサーズ発表時には無関心だったのに、ひょんなことから初号機 DMC-G1 を発売直後に購入し、一度のみならず手放しては戻ってを繰り返しながら、10年経った今も気に入って使っているのは不思議なもんだ


率直にそんなことを思います。

個人的には、今も昔も

マイクロフォーサーズ最大かつ唯一の利点は小型軽量なこと


だと思うことは変わりなく、しかしながら、どこのメーカーもハイエンド機種志向になり、オリンパス、パナソニック両メーカーもそのような傾向であり、今後の噂を見ているとマイクロフォーサーズの小型軽量さを軽視しているかのような製品展開になるなら、ちょっとなぁ…と思いますね。

もっとも、E-M1 Mark II を大きいと思ったことが一度もなく、「オリンパスのカメラで唯一使う気になるグリップ感のカメラはコレだけだよね」なんて言ってる私では全く説得力はないでしょうが、両メーカーとも小さくて写りの良いレンズ展開は保持してほしいものです。


続きを読む

地震、梅雨前線による大雨と連発されたのに、台風12号が近畿直撃コースに乗ってきて「俺らになんか恨みであるんかいっ!」と言いたくなる昨今の自然現象ですが、とりあえず暴風雨で屋根にかかったブルーシートが飛んで雨漏りしまくりにならないことを祈るのみです。(無理かな)

今日も工務店や屋根業者の人と打ち合わせしましたが、全部やり直してもらう時期については、まだ何とも言えない状況なので、家に住めるだけまだマシ、と思いつつ、ひたすら我慢するだけであります(>_<)

TediousDays20180722_07_1487


さて、ニコンがティーザー広告公開の翌日、正式にフルサイズ・ミラーレス機を開発していることを発表しましたが、CANON RUMOURS が9月の第2週にキヤノンもフルサイズ・ミラーレス機を発表するという話を確度が高い噂として記事にしたり、いよいよ盛り上がってきた感があります。

Nikon | ニュース | 報道資料:新次元の光学性能を追求した、新マウント採用のフルサイズミラーレスカメラとNIKKORレンズを開発

また、4/3 RUMOURS も前回記事の

E-M1 Mark II の上位ハイエンド機の噂に思う徒然

を予約投稿していた間に、さらに確定情報レベルの FT5 として記事を追加していました。

(FT5) Confirmed: New Olympus super high end camera will be launched in very early 2019! - 43 Rumors

どんな内容のカメラかは判らないようですが、E-M1 Mark II を上回る性能のカメラが来年早々に出るというのは確実とのことのようです。

E-M1 Mark II より上位の性能で(当然)高価なカメラを出して売れるのかどうかは判りませんが、E-M1 Mark II の売れ行きが好調だったことから、待ち望まれてる E-M5 シリーズ新機種よりハイエンドへシフトしていくのかもしれませんね。

ただまぁ、個人的にこのオリンパスのハイエンド機種については、前回記事の最後にも書いたように、

気にならないわけではないけれど、基本的に割と他人事なカメラ(の噂)


だったりもします。

TediousDays20180722_03_1314


1年ぶりにメインマウントをデジタル一眼レフに戻して、マイクロフォーサーズシステムを再びサブマウントとして使うようになり、

やっぱりマイクロフォーサーズシステムは小型軽量さを活かしてナンボ、無闇に頑張って超望遠で動体を追うようなことをしない方が断然心地よく使えるよなぁ


と実感しているので、もはや E-M1 Mark II よりハイエンドで高性能なカメラが出るとしても、割と「どうでもいいかな」感のある私であります。


続きを読む

公私ともどもバタバタしているでニュース記事もあまりしっかり追えてないのですが、Photokina が近づいてきてアレコレと噂は出てくる中、ニコンが今年もまた創立記念日に大物を発表するのか、ミラーレス機であろうティーザー広告サイトができたのは周知のとおり。

NikonSpecialSite20180723

Nikon | Special Event 2018

どうでもいい抽象的なイメージ動画の最後にマウント部を強調したディーザー広告は、大口径の新マウントでミラーレスやるで!というメッセージ以外の何ものでもないとないと思いますが、キヤノンも続きそうですから面白くなりそうです。というか、お漏らしもあったようで……

(カウントダウン表示のスクリプトに発表日丸分かりの記述を入れ込むなんて、ど素人もいいところなのですが…大丈夫ですかねぇ)

また、先日富士フイルムが XF レンズのニーニー (200mm F2) を発表したり、何本ものレンズを開発発表したり、ソニーも近いうちに玉があるような噂もある中、4/3 RUMOURS にオリンパスが E-M1 より上位のハイエンド機が出すかも?という噂記事が載っていたのも今さら知りました(^_^;)

(FT1) Impossible rumor? Olympus new Super High End camera to be "teased" at Photokina? - 43 Rumors
(FT3) More confirmation about a new super high end Olympus camera! - 43 Rumors

【追記】と書いて予約投稿していた間に、さらに確定情報として出てきましたね。

(FT5) Confirmed: New Olympus super high end camera will be launched in very early 2019! - 43 Rumors


続きを読む

今まで様々なメーカーの様々なレンズを使ってきましたが、レンズを落下させたりしたこと以外でフードを割ったり破損した経験はないのですが、

12-40mm F2.8 PRO のフードが
特に何もしないのに割れてた


という事態が発生していてビックリ。

12-40mmF2.8PRO_BrokenHood1


先日 E-M1 Mark II に付けて持って出ようと防湿庫から取り出そうとしてフードを持ったら(12-40mm F2.8 PRO 程度の小さなフードは常に挿しっぱなしです)、パラっと↑のように3分割。

え?何これ?オレ、何もしてないやん!?なんか外れたの??


と思って、よく見るとフードロックの部品がバラけていました。が、とてもはめ込んで戻せるような状態ではありません。

なんだよ、コレ。元々オリンパスのマイクロフォーサーズ・レンズって「PRO」とか銘打ってる割には、フードはどれも使い勝手はウンコ悪いし、チャチだけど、さすがに特に強いショックもなしに割れちゃうなんて、ダメすぎだろ……


と内心文句垂れていたわけですが、フードなしで使うわけにもいきません。(雨中撮影以外でプロテクトフィルターは使わない主義だからレンズ保護のためにフードは必須)



ま、原因もよくよく考えたら、

10日前の大阪北部地震での激烈な縦揺れのせいで壊れたのかも?


とは思うのですが、カメラ・レンズで何かしら破損があったのはコレだけであり、他のレンズのフード類は何も問題ありませんでしたからねぇ。こいつはレンズロック部分が柔すぎなのかもしれません。


続きを読む

梅雨空真っ盛りと家庭の事情に仕事の絡みでなかなか撮影に出かけられず、新しい機材を買ったのにストレスが溜まるばかりですが、こればっかりは仕方ありません(´・ω・`)

そんな中、今日はニコンから「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」(以下、ゴーゴーロクPF)の開発発表がありました。

Nikon | ニュース | ニコンFXフォーマット対応の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を開発

いま造ってるで〜、というだけの発表ですから、重さ、大きさなどは全く記載がありませんが、300mm F4 を従来の3分の2程度、15cm 未満に収めた PF レンズを採用していますから、500mm F4 で 38cm 以上ある 500mm レンズがどこまで短く、軽くなるのか楽しみです。

サンニッパサイズの 25cm を切ってくるのは難しいと思いますが、もしそのレベルまで短くなれば、頑張って購入したいですね!

20cm 台前半なら観客席で使っても隣席の視界を遮らずに使える場合は多いので、APS-C + 300mm レンズで我慢しているところをフルサイズ+500mm レンズに切り替えられますからね。楽しみです!

(でも現実的には、長さは 30cm 切るくらい、重さは 2kg 強くらいでしょうかねぇ)

D500_540FL07


さて、前回記事の後半として書いていたのですが、長くなったので分割にした話。ニコンの AF-C と言えば、昔から強力にアピールされているのが、ご自慢の「3D-トラッキング」。

防滴性能への信頼 〜ミラーレスからデジタル一眼レフに出戻って1ヶ月【D500編その2】

同じような機能はミラーレス機含めて各社あるわけですが、そこはそれ、メーカーとしての経験値の差が出るところでもあり、特にスポーツ撮影では顕著な差が出るように思います。

(中には、追尾系の AF を選択すると負荷が大きくなる分だけ処理落ち気味になったり、AF 速度精度が甘くなったりすることもカメラによってはありますし……)

と言いながら、買ったばかりのお試し撮影の時を除いて 3D-トラッキングは、ほとんど使っていませんでした。理由は簡単で、慣れていないから。

購入直後に試した時に「良さげだけど、なんか癖が強いな」と感じて、これは D500 に少し慣れてから実戦投入することにしよう、と。全く新しいカメラですから、最初は違っていても“ある程度読める”機能を使っていきたいわけです。

その方が今まで使ってきたカメラとの違いも判りやすく、理解も早まり、結果も出しやすいと考えたからでした。


続きを読む

その昔、体調的なこともあって、今のミラーレス機に繋がる初号機 LUMIX DMC-G1 を発売直後に購入してから、デジタル一眼レフとミラーレス機の間で揺れ動いて散財しまくってきたのが、この7〜8年の私のデジタルカメラ歴と言えます。

だいぶ無駄遣いはしてきましたが、私にとってデジタルカメラは写真機としてのデジタルカメラだけでなく、デジタルガジェットとしてのデジタルカメラという側面も強いので、そこは仕方ないかなー、とか言い訳しています(^_^;)

そして、すっかり「時代はミラーレス機」になった今年に、ひとまずメイン機をミラーレス機からデジタル一眼レフへ戻したのは今まで書いてきたとおり。

時代の流れから完全に逆行していますが、動体撮影、特にスポーツ撮影を考えると、やっぱり今はまだニコンやキヤノンのデジタル一眼レフに分があるかな、と思っての行動でしたが、現行機のボディ性能や使いたいレンズを考えてニコンへ戻ったことも含めて、とりあえずは正解だった、というのが、この1ヶ月の結論であります。

正直なところ、サッカーを撮ってなければ求める基準も機材も随分違っていて、

ソニー「α7 III」で撮る、スーパー耐久富士SUPER TEC24時間レース - 価格.comマガジン

このような実戦写真レビューでも大いに魅力を感じる FE マウントへ移行して、デジタル一眼レフへ戻ってこない可能性は小さくなかったと思うのですが、好きなモノ(ガンバ大阪)を撮るというのは趣味写真として基本ですから、そこを大前提にするのは仕方ありません(^^)

D500_340PF23


もちろん、前回でも書いたように

動体撮影も未来はミラーレスなんだろうなぁ


という思いは変わっていませんし、結果だけを求める場合にはミラーレス機と言ってもスチルじゃなく「8K 動画切り出しで良いじゃん!」という未来になってもおかしくないでしょう。

ただ、そうではなく官能的な部分を求める場合には(今のフィルムカメラのように)デジタル一眼レフが残るのかもな、と1年ぶりにデジタル一眼レフへ戻って、シャッター音を聞きながら思ったりしています。

車のエンジンサウンドやステアリング感、心地よいロール感がドライバーの気分を載せるように、カメラも音や感触が撮り手のテンションを上げるところはあるよなぁ


なんて思ったりする昨今です。(昔はそういうことは二の次だったけれど)

ま、そういう感覚自体がジジ臭いものだろうなぁ、とは思っていますけどね(^_^;)

続きを読む

このページのトップヘ