Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

カテゴリ: My Camera Days

昨年末に購入して、最近はそこそこ愛用していると言ってもいい(でも信用はしていない)E-M10 Mark II ですが、購入当初から気になることを聞きに、先週オリンパスプラザへ行ったところ、やはり動作不良であり、修理行きとなりました。

購入当初から気になっていたことと言うのは、 以前のファーストインプレッション記事でも書いた
  • 半押しでフォーカスロックしているのに、そこから全押し時に再度 AF してからシャッター切られる現状が頻繁に起きる。これではフォーカスロックができないのも同然。

  • 1回しかシャッターを切ってないのに、2度シャッターが切られることがある
    (安物だからと思っていたが、やはりレリーズボタン不良なのかねぇ…?)

というレリーズの問題。

オリンパス OM-D E-M10 Mark II ファーストインプレッションまとめ

購入直後の横浜・鎌倉散歩旅の時から悩まされていて、「やはりレリーズボタン不良なのかねぇ…?」と思いつつも、安物ミラーレス機だからこういうのも許容範囲なのかもしれない…なんて思わなくもなかったのですが、さすがにそれはオリンパスさんに失礼でしたね。(まぁ不良品に当たったんだから、俺も失礼されてるけど)

シャッターチャンス的には致命的な問題でありつつも、適当スナップ撮影くらいなら何とか誤魔化せるわ、と思って使ってきたというか、色々あってオリンパスプラザへ不良かどうかの確認へ行く暇がなかったので、購入してから1ヶ月以上経ってからになってしまいました。

(キヤノンやニコンみたいに大阪のサービスセンターが梅田にあれば行ける機会は幾らでもありますが、本町は個人的に「ついで」の機会がなかなかないのです…四ツ橋筋の本町だし。リコーペンタックスや富士フイルムもそうですが日常行動圏からは微妙に外れるんですよねぇ)

EM10M2repair1


ともあれ、オリンパスプラザのサービスセンターへ行って受付担当の方に上記2点の問題をお話しし、実機で試してもらうと後者のレリーズ1回で2度シャッターはすぐに発生し、その後修理担当の方に確認してもらうと、やはりレリーズの不良のようでした。

なんや、やっぱり最初から壊れとったんかい!ヽ(`∀´)ノ


って感じでしたが、本町まで行くのを面倒臭がっていた自分にも非はあります。

ちなみに、受付担当の方が言われていましたが、もっとレリーズの軽い機種(多分上位機)にはこういう不良はあるらしいですが、E-M10 Mark II では珍しいそうです。

ともあれ、水曜日夕刻に修理へ出すと、土曜日には修理が終わって E-M10 Mark II が自宅へ届きました。


続きを読む

前回の、2本目のレンズとして廉価望遠ズームレンズを選んだ記事の中で、

「最近 E-M10 Mark II で撮ってるのは飛行機ばかり」
「旅とか撮影散歩とかに出かけなければ、E-M10 Mark II で撮るものがない」


と書きましたが、半月ほど前、大阪へ所用で来た友人と奈良・若草山の山焼きを観に行って、E-M10 Mark II で撮影したことをすっかり忘れていました(ー ー;)

なんで忘れていたかと言うと、

記憶から抹殺したいくらい撮影に失敗した


からであり、撮影ファイルも一部を除いて全部削除したからであります(^_^;)

EM10M2sampleWakakusayama1
(このサイズでは判らないかもですがピンボケ)


残した画像は、失敗をブログ記事ネタにするため。恥も外聞もなく、やらかしをブログ記事水増しのために晒していく所存なので、失敗写真を残して今日の記事にしております(´Д` )

その伝統の若草山焼きは関西の風物詩の一つであり、最初に言っておくと、世間でよく見る若草山の山焼き写真↓



実際に↑こんなのはないわけで(合成写真)で、花火は山焼きの前に打ち上げるので花火と山焼きが同時に見られることもありませんし(花火を15分上げてから山焼き開始)、山がこんな火山の溶岩流みたく派手に燃えてもいないです。(燃やすのは原っぱの草であり、周囲の自然林に燃え広がらないようにジワジワ燃やす)

なので、宣伝にもネットにもやたら使われるこの手の合成写真を実際に見られると思って行くと拍子抜けしますが、冬の花火大会は貴重ですし、山焼きも地味ながら夜に赤々と燃える光景は良いものです。

そんな感じの若草山焼きですが、関西にいながら観に行くのはン10年ぶり、もちろん撮影するのは初めてです。そして、

またもや E-M10 Mark II 買った威力が発揮されるときが来た。花火撮影みたいな時こそオリンパス機の真価が発揮される時。いやー、友だちがオリンパス機使っているのを見て、ライブバルブとかライブタイムとか使ってみたかったんだよなー。(ライブコンポジットも使ってみたいけど、それはまたいつかだけど)


などと、ウキウキで撮りに行ったわけです。E-M10 Mark II と極薄キットレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ(以下、14-42mm EZ)の組み合わせには、とっても不釣り合いなデッカい三脚と雲台持って。

(大きな三脚を持って行ったのは、前に入り込む人たちが邪魔にならないよう上から撮るためでもありますが)

EM10M2_20withTripod
(1時間前はまだ少ない人出だったが、花火開始直前はかなりの混みに)


そして、便利機能の E-M10 Mark II で楽に取れるはずだった花火撮影は、撃沈。

まぁ自分のミス、不慣れが主たる原因なのですが、

スペック倒れとは言わんけど、コレ初期設定のままでは使えんやろ…


という E-M10 Mark II への愚痴もありますので、反省と愚痴をコミコミで失敗談を少々。


続きを読む

昨年末に購入した E-M10 Mark II、年が明けてからあまり使ってなかったのですが、最近はまた、ちょこちょこと使ってます。

ただ、

最近 E-M10 Mark II で撮ってるのは飛行機ばかり(^_^;)


でありまして、E-M10 Mark II 購入時の記事で、

もうミラーレス機では動体撮ることは考えないから!
と散々言っていたのは何だったのか?


という状態に陥っています。

GXVARIO45-175D


いやホント、

コンパクトデジカメ同様、今回のミラーレス機はスナップ用、動体を本気で撮るとか絶対に考えない

久しぶりのミラーレス機復帰 E-M10 Mark II を買った割と安易な理由

と書いたのは何だったのか、結局こうなるのか!?という感じでありますが、それもこれも

2本目のレンズとして望遠ズームを買ってしまったので
とりあえず画角的に飛行機が撮れるようになってしまった


ということもありますし、もっと言えば

旅とか撮影散歩とかに出かけなければ
E-M10 Mark II で撮るものがない


ので、必然的にヒコーキ撮りのお供にして、サブカメラとして使おうかな的なことになってしまいます。

日々、カメラ持って被写体探して撮ってるカメラ女子みたいなことはないし、そういうのはスマホで十分なので…

もっとも、E-M10 Mark II で飛行機撮ると言っても

止まってる飛行機ですらピンボケを連発する
E-M10 Mark II の💩 AF で真っ当な撮りは無理


ですので、あくまで止まってる、タキシングしてる機体のスナップ写真用サブ機扱いです。

それに、止まってる飛行機にすらピントが不安定すぎる “当たるも八卦当たらぬも八卦 AF” ですので(AF-C ではなく AF-S で撮っていても)、到底「こいつは撮り逃がしたくない」という被写体相手に使えるもんではないですけどね。

GXVARIO45-175F


というわけで前置きが長くなりましたが、出戻ってきたマイクロフォーサーズ・システム2本目のレンズとして Panasonic の「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S. 」を購入しました。


(パナソニックのレンズはどれも名前が長ったらしいので、本記事では以下「PZ 45-175mm」と称していきます)

「コンパクトデジカメの代わり、延長線上」と言いつつ購入した E-M10 Mark II ですから、マイクロフォーサーズのレンズにハマっていく予定はないのですが(魅力あるレンズは多いけど)、それでも「レンズ交換式」カメラですから、いずれ2本目、3本目のレンズくらいは買うつもりで、当初は以下のレンズを考えていました。


続きを読む

一昨日、1月31日に JAL の新しい特別塗装機(?)である「ダイキンオーキッド・ジェット」が就航しました。

JAL企業サイト - プレスリリース - 特別塗装機 「ダイキンオーキッド・ジェット」を就航

国内女子プロゴルフツアーの開幕戦である「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」が30周年を迎えるにあたって、JAL / JTA がタイアップして沖縄のスポーツ・観光振興を応援するキャンペーンを展開する一環のようです。

しかし、3月上旬までの短期間運航ということもあってか、“特別塗装機” と言っても、ちょっとシールを貼っただけの(JAL には良くある)パターンであり、おかげで誰も注目していなかったのか、

就航当日夜に Twitter で検索すると
写真をあげている人が一人だけだった


という状況でした。まぁ実際に見れば、それも当然という感じなのですけどね(^_^;)

ただ、このダイキンオーキッド・ジェットとなった JA010D は Flight Rader 24 には映らない機体であり、Flight Aware などのアプリ/サービスで機番検索しても運航状況が出てこないヤツですので、羽田空港以外で待ち受けて捕まえるのは難しい機体です。

ということで、プレスリリースによると就航初便は羽田→那覇 JAL907便ということですから、当日は那覇と福岡を往復して翌日は朝から伊丹を往復する運用かな?と考えて、就航日翌日の昨日朝に伊丹で待ち受けることにしました。

ぶっちゃけ、大して撮りにいくテンションの上がる機体ではなさそうでしたが、午前中のアポの前に寄れるタイミングだったのと、

3月上旬までの短期間就航で
いつ来るかチェックできない機体


となると、また撮らずに終わってしまう可能性は高いですからね。(年明けから色々バタバタしていて、年末に就航した「ドラえもんジェット」すら、まだちゃんと撮ってない状況ですし)


続きを読む

先週末は友人が遠方より来阪していたのですが、ちょうど土曜日に若草山の山焼きがあるので、良い機会だということで見に行き&撮りに行きました。

Wakakusayama20170128


年が明けてからバタバタしていて、なかなか出番のなかった E-M10 Mark II を持ち出して撮影するのに良い機会であり、ミラーレス機ならでは、オリンパス機ならではの機能も活かせる機会…と思いきや、また色々あったわけですが、それはまた別の機会に(^_^;)

若草山の山焼き(と花火)を堪能し、大阪へ戻ってきて粉物で友人を歓待しつつ飲んで良い気分になりながらの帰路、ふと Flight Rader 24 のアラートを見ると、

3年ぶりに JA802A、鯖(ローンチデリバリー記念の特別塗装がされた B787 初号機、2号機の俗称)が伊丹に来てる!!マジか!?すっかり国際線ばかりになり、数ヶ月後の重整備で塗装が剥がされるまでに伊丹へ来ることはないだろうと諦めていたのに!!


と、酒も醒める勢いでビックリ。

ANA がローンチカスタマー(最初に導入するエアライン)であった B787 の初号機、2号機には特別な記念塗装がされています。導入当初は乗員の慣熟を目的に主に国内線で運用されていて伊丹空港へも来ていたのですが、元々短距離国際線仕様として造られた機体であり、半年経つと本来の役割である国際線へ投入され、伊丹空港へ来ることもなくなっていました。

そして、数ヶ月後の重整備時にはその記念塗装も消されて通常塗装に変わってしまうということで、「もう伊丹で鯖を見ることもないだろうなぁ」と思っていたところに、思いがけないチャンス。

ぶっちゃけ、ちょっと二日酔い気味でしたし、帰宅したのは午前様。それでいて日曜に早起きするのも辛い…わけですが、さすがにこれからチャンスがあるか判らない機会なので、二日酔いをおして撮りに出かけました。


続きを読む

昨年末のセール特価で見つけた E-M10 Mark II (M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ レンズセット)を購入して、その翌日から横浜・鎌倉散歩旅へ出かけた時に使ってみた感想を、前回までの記事で記しました。

久しぶりのミラーレス機復帰 E-M10 Mark II を買った割と安易な理由
買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【準備編】
買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【横浜夜散歩 前編】
買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【横浜夜散歩 後編】
購入直後の E-M10 Mark II を鎌倉散歩のお供に撮り歩いてみた雑感【DAY 1 前編】
購入直後の E-M10 Mark II を鎌倉散歩のお供に撮り歩いてみた雑感【DAY 1 後編】
購入直後の E-M10 Mark II を鎌倉散歩のお供に撮り歩いてみた雑感【DAY 2】

旅の出発前夜購入だったので、パンケーキタイプの沈胴式標準ズームレンズ一本しかない、予備バッテリーすら買わずに持って出た旅でしたが、何にも負担にならないような小型軽量さは、まさに「散歩旅カメラ&レンズ」に相応しい心地よさでした。

カメラ&レンズが非常に小型軽量なため、三脚もまた軽量なものである程度賄えるため、三脚込みで1日中歩いても全く負担にならなかったのは、本当に楽でした。

実のところ、この旅以降はなかなか E-M10 Mark II を使う機会がなく、コンパクトデジカメ PowerShot G7 X を持ち歩いていた時と同じく、ちょくちょく E-M10 Mark II をカバンに入れて出かけては結局使わずに帰宅することばかりなのですが、それを負担に感じることもない軽さです。

普段使っている一眼レフシステムは、ボディとレンズともに最軽量なものを選んでも 1.5kg 近くになってしまいますから、横浜・鎌倉散歩旅へ持って行った E-M10 Mark II + レンズ + 三脚を合わせても、それより軽いですからね。

ぶっちゃけ

普段の一眼レフシステムに慣れていると、E-M10 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ の組み合わせは、カバンに入れていても「ちゃんとカメラ入れたっけ?」と本気で感じるくらいの軽さ


だったのは、久しぶりのミラーレス機復帰で、その良さを実感しました。

また、色々と不利な点はあっても、この小型軽量なシステム加減はマイクロフォーサーズならでは、ということも改めて感じた次第です。以前、色々購入していたミラーレス機を全て売却した時に

富士フイルム Xマウントシステムは気に入っているけれど、もしミラーレスに戻ってくることがあって、一眼レフシステムと併用するなら、好みの問題は度外視してでもサイズ・重量優先でマイクロフォーサーズかなあ…


と思っていたわけですが、その思いが正解であったことも実感しました。

(オリンパスというメーカーはあまり好きじゃないし、マイクロフォーサーズというシステムも決して好みではないけれど、好みだけで使う道具を決めるわけではないので。メインシステムの EOS もキヤノンが好きだから使ってるわけではないし、道具として信頼できればそれで良し)

何度も書いてきたように、今回の E-M10 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 購入は

コンパクトデジカメ+α としてのミラーレス機


でしたので、その点については大満足だったというのがファーストインプレであります。

Yokohama City Night at Christmas Eve 2016 (33)


とはいえ、やはりそれなりに「これはちょっとなあ…」と思うことも多々あったのも事実。小型軽量なボディゆえのボタンの使いづらさは別にしても、「なんでこんな?」と思える操作系もありました。

そういった疑問点、納得できない点を使い始めた日から箇条書きでメモしてきましたので、それらを列挙して E-M10 Mark II の第一印象のまとめ、〆としたいと思います。


続きを読む

クリスマス3日間の横浜・鎌倉散歩旅も最終日。横浜みなとみらい散歩から始まってヘナチョコ軽量三脚で横浜港夜景撮りを楽しんだ初日。

2日目は、鎌倉駅から銭洗弁天、佐助稲荷、鎌倉大仏、長谷寺と回って、極楽寺坂から稲村ヶ崎へ下って日没を迎えた鎌倉散歩三昧の一日でした。

買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【横浜夜散歩 前編】
買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【横浜夜散歩 後編】
購入直後の E-M10 Mark II を鎌倉散歩のお供に撮り歩いてみた雑感【DAY 1 前編】
購入直後の E-M10 Mark II を鎌倉散歩のお供に撮り歩いてみた雑感【DAY 1 後編】

最終日は午後からは予定があるため、午前中だけの散歩になりますが、連れ合いの御目当てである明月院が主目的なので、北鎌倉駅から巨福呂坂を越えて鎌倉駅までの散歩予定。

旅の出発前夜に購入した E-M10 Mark II も使い始めて3日目。1日半ずっと使ってきたので、もう完全に手中に収めた…と言いたいところだけど、まだまだ適当に使ってる状態。とても手の内に収めた感はなし。

以前ミラーレス機を全て手放す直前には、ソニーにせよ、富士フイルムにせよ、(当時の)最上位機を使っていたため、今回ミラーレス機へ戻ってくるにあたって E-M10 Mark II という「廉価機」ゆえ、使い勝手な部分に相当なストレスが溜まるのではないかと思いましたが、
  • マイクロフォーサーズの廉価機だから一番心配した EVF については、情報の表示方法に不満はあるし、アイポイントは低いので眼鏡ユーザーとしてはもう一声欲しいけれど、昔のように鍵穴を覗き込むような小ささでもないし、(動体撮りでもしない限り)タイムラグの多さにストレスは感じないので、EVF そのものに大きなストレスは感じていない。大型アイカップも(邪魔になることを思えば)不要。ただし、露出や色のプレビューはあまりアテにならない感。

  • あるのかないのか判らない程度のグリップも心配だったが、背面側にサムグリップがあるおかげで、キットレンズなど小さく軽いレンズならホールディングにストレスはほとんど無い。中途半端で使い勝手を落とすだけの後付けグリップの必要性は感じていない。

  • マイクロ「フォーサーズ」ゆえに、一般的なカメラと違って撮影写真のデフォルト縦横比率が4:3で、昔はコレが物凄く嫌だったが、4:3アスペクト比アレルギーもだいぶマシになって自然に使えている(飛行機とかモータースポーツとかコレで撮らないせいもある)。3:2で使うと、それでなくても少ない画素数がさらに減るしね…

といったように、廉価機ゆえの不満点(最後のは違うけど)は感じるけど、大きなストレスにはなっていません。

無論、AF 速度の遅さやレリーズタイムラグの長さだけでなく、電源オンやスリープ解除時から撮影可能になるまでの時間、背面液晶から EVF への切り替え速度といったレスポンスの鈍さは感じますが、購入を決める時からの

これは本気カメラじゃない、コンパクトデジカメ+αとして買うんだ


という心を保ち続けている限りは、概ね満足して使っていけるのではないかと思っています(^_^)

(シャッターが勝手に二重に切れる摩訶不思議な現象の多発、フォーカスロックがシャッター切る瞬間に外れる問題は悩ましいですけれど)

なんにせよ、初日での横浜夜散歩、2日目の朝から晩までの鎌倉散歩で、かなりの枚数と様々なシチュエーションで撮影を行うことができたため、

2日間で写欲は十分満足、3日目は流す感じで


となり(^_^;)、あまりちゃんと撮ることもしていませんが、旅の3日目、E-M10 Mark II との3日目を書き記していきます。


続きを読む

出発前日に購入した E-M10 Mark II を持って出た旅も、2日目午後。2日目は鎌倉散歩ということで、午前中は鎌倉駅から銭洗弁天、佐助稲荷(下社のみ)と回ってから高徳院へ下ってきて、胎内めぐり含めて鎌倉大仏を堪能しました。

買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【横浜夜散歩 前編】
買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【横浜夜散歩 後編】
購入直後の E-M10 Mark II を鎌倉散歩のお供に撮り歩いてみた雑感【DAY 1 前編】

昼ご飯は、普段なら大混雑であろう門前のそば屋に入ってみると空いていたので、そこで蕎麦&釜揚げシラス丼のセットを。ぶっちゃけ言うと、そば屋なので蕎麦はまあまあでしたが、シラス丼がイマイチ。というよりはシラス丼のご飯が酷かった。ちと失敗(^_^;)

でもって、この日も E-M10 Mark II でのメシ写真はなし。以前の記事で書いたように M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ は小さく軽いだけでなく、意外と寄れるレンズなので、実はメシ写真を撮るにも最適だと気付いたのは旅から帰ってからのことでした。なにせ、何の予備知識もなく購入しましたのでね…

そして、なかったのは予備知識だけでなく、予備バッテリーもなし。ただ、E-M10 Mark II を購入すると決めた時に、Amazon の当日お急ぎ便にて USB 充電器(とレンズの自動バリアキャップ)だけは注文していたので、昼ご飯タイムに USB 充電器でバッテリー充電しました。

EM10M2_13USBCharging
(iPhone 6s Plus で撮影)


充電時間は、ものの30分ほど。それも純正充電器よりは随分と充電効率の下がる USB 充電器での充電ですが、充電しないよりはマシだろうと。なにせ、予備バッテリーがないのに、丸一日使うわけですからね…

E-M10 Mark II の初期設定では知らずのうちに省電力モードになっているようでしたし、とりあえず歩いて移動する際など少しでも使わない時には電源をオフにしたので、バッテリーを無駄にしない意識はありましたが、予備バッテリーがないからと撮るのを我慢したり、スマホへの Wi-Fi 転送を控えるようなことは一切していません

あくまで “普段どおり” に使いながらでしたが、結果的には

日没まで 454 ショット撮影と
40枚ほどスマホ転送してバッテリー切れ


でした。後述するように、普通のスナップ撮影だけでなく、夕暮れ時には昨晩同様に三脚撮影も行って、この枚数まで撮れたのは私自身もビックリでした。

省電力モード利用で、途中30分の USB 充電器による充電があったとはいえ、真冬に、それも使い始めたばかりのバッテリー1個でここまで撮れれば、

E-M10 Mark II のバッテリーのもちは十分合格点


と言っていいでしょう。

「ただ1個のバッテリーがなくなったら撮影は終わり、あとは iPhone で」の心づもりで1日を過ごしたのですが、結果的に E-M10 Mark II のバッテリーがなくなって iPhone だけになったのは帰りの江ノ電と晩ご飯だけでした。

というわけで、前置きが長くなりましたが、昼休みで人間のお腹もバッテリーもある程度充電できましたので、鎌倉散歩の続き、午後編です。


続きを読む

横浜〜鎌倉へ散歩旅へ出発する前夜に購入した E-M10 Mark II。購入前日に買ったものを旅に持っていくというのは(初期不良などのこともあって)リスキーだったので、その点も迷ったのですが、

お散歩カメラとしてコンデジ代わりの目的なら
この旅に持って行かずして、いつ使うの?


という思いもありましたので、リスク承知で購入&持ち出ししました。



幸い、初期不良もなさそうで、今(記事執筆時)まで問題なく使えていますし、年が明けてからはしつこい風邪に悩まされるなどして、お散歩写真撮りになかなか行けていませんので、あのタイミングで買っておいて良かったな、と思っています(^^)

鎌倉散歩旅へ行く直前のタイミングでクリスマスセールの特価品を見つけて買っていなければ、きっと E-M10 Mark II を買うことは(少なくともしばらくは)なかったでしょうから、ある意味一期一会的タイミングでした。

ともあれ、テスト撮影すらすることなくバッテリーの充電だけして旅へ持ち出したような E-M10 Mark II でしたが、初日に横浜・日産スタジアムでガンバ大阪の試合を観戦したのちにこのカメラを取り出して、夜の横浜ベイエリア界隈を散歩しながらシェイクダウンとなりました。

買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【準備編】
買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【横浜夜散歩 前編】
買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【横浜夜散歩 後編】

前回前々回記事で書いたとおり、桜木町駅から汽車道、赤レンガ倉庫と、クリスマスイブの人混みに塗れて歩きながらスナップし、最終的に大さん橋から山下公園まで歩きながら、三脚を使っての夜景撮りもした E-M10 Mark II 使用開始初日でした。

Yokohama City Night at Christmas Eve 2016 (34)


ここ数年、それなりの重量がある一眼レフシステムに戻していたこともあり、

描写云々は別にして、真っ当な三脚を持ち歩くのに躊躇われる時でも、小型軽量なカメラだからバッグに入れられる程度のヘナチョコ三脚でも乗せられるし、もっと気軽に三脚撮影できるカメラが良いね


というのが、初日の横浜夜散歩で使った E-M10 Mark II に対する一番の感想。(ミラーレス機でも最後まで使っていて一番気に入っていた富士フイルム X システムは小型軽量と言い切るには微妙でもあったし)

それに、旅出発前夜購入で予備バッテリーの用意もしてなかったのですが、冬の夜の撮影で、なおかつ三脚立てての長時間露光も多かったにも関わらず 200枚近く撮影でき、「これなら極端にバッテリーの保ちが短いわけではない」と判断し、帰りにヨドバシ横浜に寄って予備バッテリーを買うこともしませんでした。

(実は最初から省電力モードに設定されているというのは後日、年が明けてから気づきました。どうりで AF とかが一瞬鈍いと思っていました…が、気ままなスナップ撮影程度では省電力モードで問題なかったので、良しとします ^^)

EM10M2_04


そんな E-M10 Mark II を買った時の「EVF 付きコンパクトデジカメより安い EVF付きコンパクトデジカメ+α」という目論見は達せられそうな感触の初日、横浜の夜でしたが、2日目は丸一日、鎌倉散歩です。

朝からあちこち歩いての撮影になり、夜よりは描写も気になってくることと思いますし、サクサクとスナップすることも多くなり、操作感もよりシビアに感じることもあるでしょう。

ということで、旅の2日目、鎌倉散歩での E-M10 Mark II 雑感スタートです。


続きを読む

一記事でサクッと終わらせるはずの「横浜夜散歩編」が前後編になってしまいましたが、別段内容のあることを書いてるわけでもなく、人様に胸張ってお見せできるような写真を撮ってるわけでもありませんが、ともあれクリスマスイブの横浜赤レンガ倉庫の人混みは凄まじかったです、はい。

買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【横浜夜散歩 前編】

もっとも赤レンガ倉庫の「Christmas Market」イベントエリアは凄い人口密度でしたが、そこから抜けて海ぎわまで行けば三脚を出しても十分問題ないほどの人密度で、ゆっくりまったり連れ合いの写真撮影に付き合いながらグルッと赤レンガパークを一周。

Yokohama City Night at Christmas Eve 2016 (25)


その後、お約束のルートで象の鼻から大さん橋方面へ向かったのですが、赤レンガ倉庫で食事にありつけなかったため晩ご飯をどうしたもんかと思ったら、たまたま「象の鼻テラス」に空席があってラッキー♪

クリスマスイブの夕食がカレーとかサンドウィッチというのは少々寂しいものがありますが、どこかに並んで時間をロスするのは私も連れ合いも嫌でしたし、海ぎわにいて身体も冷えていましたから、すぐに暖まれるというのは何よりもご馳走でした :D

象の鼻テラス ZOU-NO-HANA TERRACE

テラスの前を通ったことは何度かありますが、赤レンガ倉庫から大さん橋や山下公園へ向かう途中という場所柄、高くて味もアレでしょ…という先入観があったのですが、「芳醇鎌倉ハム3種の15穀パンサンド」も「トマトキーマカレー」もなかなか美味しいものでしたし、ロイヤルミルクティーもちゃんとしたものでした。

クリスマスイブの激混み時にちゃんとしたものを出せるなら、(晩ご飯には少し寂しいですが)今度また通った時にはランチやカフェに寄るのも良いかなぁ、と思ったくらいです。ロケーションは抜群ですしね(^^)

そして、E-M10 Mark II のキットレンズである M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ は最短撮影距離が 20cm(ワイド端)、テレ端でも 25cm(最大撮影倍率は 35mm 換算で 0.46倍)と

軽くて、小さく、寄れる
メシ写真を撮るのにも最適なレンズ


のはずなのですが、当方

さすがにレンズ交換式カメラでメシを撮るのは、ちょっと抵抗あるなあ…


って感じが抜けないため撮りませんでした。いや、撮れませんでした。(連れ合いはデッカいレンズ付けたカメラで撮ってたけど ^^;)

それに、まずまず美味かったとはいえ、さすがにクリスマスイブの晩ご飯にしてはあまりにも寂しいものでしたので、iPhone で撮って Instagram に載せた写真を再掲することすら憚られますが(^_^;)、いま今回の横浜〜鎌倉旅の写真を全部見返しても、メシ写真を一度も撮らなかったのはテスト撮影として反省ですね。

以前はシャッター音を消せるという点でミラーレス機やコンパクトデジカメをメシ写真に使っていた時もありましたが、iPhone でも「使える無音カメラアプリ」が出たことで、シャッター音とかを気にしなくても済むようになったので、つい iPhone を使っちゃうんですよねぇ。(iPhone で十分綺麗だし)

すっかりiPhoneのアプリ入れ替えがなくなってきた私が2016年、新たに常用するようになったiOSアプリ【マイクロソフト編】

と、話は脱線してしまいましたが、象の鼻テラスで夕飯とティータイムで1時間ほどゆっくり過ごしてから、お散歩再開です。


続きを読む

このページのトップヘ