Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


カテゴリ: デジタルカメラ・ビデオ

海外では先週のうちに発表されていましたが、従来の G シリーズを大幅刷新して、静止画写真撮影のハイエンド機として生まれ変わった「G9 PRO」と、動体撮影ジャンルを本気で狙いに行くぞ!という意気込みが伺えるヨンニッパ相当の「LEICA DG ELMARIT 200mm」が国内でも発表されました。

DC-G9|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)| Panasonic
LEICA DG ELMARIT 200mm | 交換レンズ | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | Panasonic

LUMIX G シリーズといえば、今をときめく一般向けミラーレス機の第1号機と言える、そしてマイクロフォーサーズ初号機でもある DMC-G1 を祖に持つ、パナソニックの王道(だった)シリーズ。

女流一眼というキャッチフレーズで笑いを取った? LUMIX DMC-G1 は、当時早期ではなかった癌が発覚して大きな手術をすることになった私が、「術後はもう重い一眼レフと超望遠レンズが持てないだろうなあ」と覚悟して、ミラーレス機の未来にかけて術前に(発売間もない頃でしたが)購入した、個人的に思い出深いカメラであります(^^)

もっとも、2008年に DMC-G1 を購入して「これなら5年くらいで動体撮影可能なミラーレス機が出るだろうな」とミラーレス機の未来に楽観視したのは早合点で、真っ当に動体が撮影できるミラーレス機が出てくるまで9年もかかり、ようやく今年α9という本気で動体が撮れるミラーレス機が出てきたわけですが、その年の最後に

動画ばかりに目が向いていたパナソニックが
急に動体スチル撮影志向の LUMIX G9 PRO を発表


してきたのは、どういう風の吹き回しなのかと思いますけれど、大歓迎です :-D

E-M1 Mark II、α9(α7R III)とハイエンドのミラーレス機が市場を賑わせて売れているのを見て無視できなかったのかもしれません。オリンパスの中間決算は E-M1 Mark II が売れてそこそこ持ち直したみたいですしね(^^)

昨今ドライな姿勢で儲からないものは切り捨てて見向きもしないパナソニックが、静止画志向のハイエンド・ミラーレス機へ注力してくれるというのは、見込みあると言うことなのでしょう(^^)

それに加えて、今回 DC-G9 とともに、スポーツ撮影の標準レンズである

ヨンニッパ相当のレンズを同時発表したのは本気が伺える


と思っています。高感度が弱いマイクロフォーサーズなのに、今まで明るい超望遠レンズがありませんでしたからね。

オリンパスも E-M1 Mark II と同時期に 600mm F4 相当画角の 300mm F4 IS PRO を発表したのに対して、ソニーはせっかくα9という素晴らしいボディを発売したのに、それを生かす望遠超望遠単焦点レンズが1年後にやっと1本というのは片手落ちすぎますから、パナソニックはバランス良いですね。

さて、そんな LUMIX G9 ですが、発表をみる限り、

E-M1 Mark II より α9 を意識したスペックの高さ


を感じます。もちろん、ミラーレス機らしい表に出すスペックと、小さく書いておく制限事項が色々ありますけれども。

もちろん、お値段も今までの G シリーズとは一線を画して一気に跳ね上がり、E-M1 Mark II と同価格帯の一眼レフ中級機クラスの価格設定になりましたし、

型番も従来の DMC- ではなく GH シリーズと同じ DC- に変えた


点からも、本気ユーザー向けという意気込みが伝わってきます。

もちろん、この手のものは実戦で撮ってみないと判りませんし、提灯ライターの悪いことは隠して良い点だけを語るレビューなどに騙されないようにしないといけませんが(また向かってくる電車で当たりコマ数を計ったり、民間機の離着陸程度でアレコレ言っちゃうのかなw)、以下のスペックは見逃せません

続きを読む

初代α7 の時には無印と高画素タイプの R が同時発表(高感度特化の S は半年後)、2代目の時は α7 II 無印が先行して R II は8ヶ月後、S II は10ヶ月後だったのですが、3代目は高画素タイプの R III が最初に発表となりました。

Alpha7R3_Release

システムを一新、高画質と最高10コマ/秒連写などの高速性能を小型ボディに凝縮した『α7R III』を発売 | プレスリリース | ソニー
α7R III | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

高画素タイプの R が先行するのは従来の例からすると少々意外でしたが、α7R III 一番の目玉が

4240万の高画素ながら秒10コマの高速連写


と聞くと(最大秒10コマはちゃんと AF/AE 追従時でありメカシャッターで実現)、

いま一番話題の D850 対抗機をまず出してきた


ということで、納得できます。

「α9 はデジタル一眼レフに負けない動体撮影が可能」という評判が一気に高まったところに、デジタル一眼レフの底力、最終兵器という感じでリリースされてきたのが D850。その D850 の品薄が続く間に、高画素&高速連写モデルを出して対抗しておくべきだと判断されたのでしょう。

ソニーもニコン、キヤノンが本気ミラーレス機を出すまでにどれだけアドバンテージを確保して先に繋げるか?というのはあるでしょうから、今年来年が正念場だと思って気合の入り方が違うように思えます。

お値段も

α7R II の初値は 50万円弱だったのに
α7R III は 40万円弱!


というのを見ると明らかに D850 のプライスを意識していますね。

まぁ細かい注意事項を見ていると詳細は判りませんが、

秒10コマ撮影は条件付きで、秒8コマがどの条件でも安定して出る数値なのかも?


という気がしますが(ミラーレス機にありがち)、それでも

秒9コマの高速連写のためには+10万以上が必要な D850
追加オプションなしに秒10コマ可能なα7R III


というのは、ボディ本体は同じ価格帯の高画素・高速連写機とはいえ、高速連写が必要な人には随分とプライスが変わってきます。(秒7コマも9コマも大差ない、などと軽く言っちゃう人には関係ない話ですけど)

徹底的に D850 を狙い撃ち、スペックでは負けない、動体撮影もミラーレスになっていく時代にあたって、ソニーは本気で徹底的にやるぜ!という強い意志が感じられる新製品です。(キヤノンの存在感の薄さ… ;o;)

D850 が出し惜しみ一切なし!だったせいか、α7R III も(画素数は同じではあるものの)主な機能だけでも結構盛り込んできています。


続きを読む

昨晩 Adobe CC シリーズのアップデートがリリースされ、それに伴い Lightroom シリーズの全面刷新も発表されました。

NewLightroomCC20171019C

Introducing: Lightroom CC, Lightroom Classic CC and More | Photoshop Blog by Adobe

要点は4つ。
  1. 月額制の Lightroom CC じゃない買い切り版 Lightroom の新バージョンはもう出さない。Lightroom 6 で終わり。Lightroom 6 のアップデートもカメラ新機種の RAW サポート追加も年内で終わるからね

  2. 今までのデスクトップ版 Lightroom CC は今後「Lightroom Classic CC」に名称変更するよ

  3. Lightroom CC という名前は今後、クラウドベースの Lightroom のことだから、そこんとこよろしく!

  4. クラウドベースの Lightroom CC はオリジナル画像をアップロードして作業することになるから、クラウドスペースが従来のままだと足りなくなるから増量するので、クラウドスペース増量プランも用意する
    (photography プランは 2GB → 20GB、通常 CC 版は 20GB → 100GB、容量 1TB プランは月額 1,980円、その他 Lightroom CC だけが使える新プランや 2TB/5TB/10TB の増量プランもあり)
    Adobe CCフォトプラン | プロ向け写真編集ソフトウェア




(販売終了済みの買い切り版 Lightroom 6 はボッタクリ価格に…)


昨晩リリースがあってから寝る前や今朝に少し使ってみましたが、

デスクトップ版 Lightroom CC から
Lightroom Classic CC へは大した変更はない


のですが(カタログ更新に時間がかかるのと動作速度アップ+αくらい、詳細は後述)、それよりも

デスクトップ版ソフトがクラシックと名付けられた


ことと、クラウドベースの Lightroom CC を本格的に手がけ始めて、そのためのサービスプランを整備したことで、

Lightroom は将来的にローカルアプリを廃止して
完全にクラウドベースのサービスへ突き進む方針


であろうことが明らかになりました。

2013年に月額制の CC が登場して4年経ち、いま買い切り版が廃止されたことを思えば、これから4〜5年後にはデスクトップ版の Lightroom Classic CC がなくなって、完全にクラウドベースへ移行することになるかも……


というのは、ほぼ確実でしょう。

Adobe としては、Lightroom を完全にクラウド化することで、ユーザーが使うクラウド容量が増加し、上位の料金プランへ誘導する=客単価の向上を狙っていることは間違いありませんから、CC 以降の完全月額制への移行とともに、この流れは決して変わることはないでしょう。

今までの Lightroom CC =今後の Lightroom Classic CC と、今後の新しい完全クラウドベースの Lightroom CC では、以下のようにワークフローが変わりますから、必然的にクラウド側のディスク容量が増えるので、使えば使うほど、使い込んでいる人ほど上位料金プランやディスク増量オプションが必要になります。


続きを読む

今日は話題のニコン D850 の発売日でした。某カメラ店では

ニコ爺「今すぐ手に入らないのは仕方ないが、今から予約したら11月までには買えるんやろ?12月頭に孫の××があるからそれまでには間に合わせたいんじゃ」

店員「申し訳ありませんが、今からだと2ヶ月以上お待たせする可能性もあって、11月中にお渡しできる保証はできません」


という会話がなされて、お孫さんの勇姿を D850 で撮りたいニコ爺さんちょっとキレかけモードだったりする光景も見ましたが、あちこちで2ヶ月待ちという話を聞くので、今からだと「年内に手に入れば…」気分で注文するのが良さげみたいです。

あ、私は注文していないです。ホントです(^_^;)

先週末には、ニコン・ファンミーティングなるものが大阪で開催されて D850 も大々的にプッシュされたみたいですが、先日の記事で書いたように、大昔ユーザーであったもののすっかりアウェイの地ですから、ニコン信者の集まりにはちょっと足がすくんで行けませんでした。まぁ、開催地のほたるまちへ行くのが面倒だったからですけど。

NikonPlazaOsakaD850Event7


とはいえ、次期購入機種として有力候補の D850 ですから、折を見てニコンプラザへ D850 を触りに行こうと思ってウェブサイトを見たら、ニコンプラザ大阪で「D850 発表記念イベント」なるものをやっているのを知ったので、今日それを見に行ってきました。


続きを読む

【追記】タイトルの E-M10 のつもりがゼロが足りず E-M1 になっていました。失礼しましたm(_ _)m

今週末、大阪・中之島で開催されている「ニコン・ファンミーティング」とやらに昨日も今日も行こうかどうしようか迷って、結局行かなかった私です(^_^;)

「D850 を触ってみたい試してみたい」という気持ちは大いにあったのですが、ニコン信者の集会に突っ込んでいくのは躊躇われるところで、結局行けずじまいでした。昨日は大阪まで出かけていたし、今日もサッカー観にスタジアム行く前に寄れる時間はあったのですけれども。

NikonFanMeeting2017Program


これが「D850 タッチミーティング」的なものなら心置きなく行けたでしょうが、いくら元ニコンユーザーであってもすっかり白レンズに染まって今は一眼レフユーザーでもないのにニコン信者の集会に行くのは敷居が高いし、見たいステージイベントも中野耕志氏の「D850で撮る野鳥写真・飛行機写真」の30分だけでしたので、自重しておきました。(信者向けヨイショステージは部外者が見ても仕方ない)

撮影体験コーナーもキヤノンの一桁機イベントなら近年は室内スポーツ撮影を用意されることが多いのですが、今回のニコンイベントでモデルさん相手ですので私には関係ないし(来場者の年齢層的に動くものは無理かもしれんけど)、先週後半からヨドバシなどでも D850 は展示されてるので、そのうちヨドかニコン梅田で触ればええかということに。

ちなみに、周囲の友人などからは「予約したの?」「いつ買うの?」と言われていますが、次期購入候補であることは間違いないですが、しばし様子見ですね。E-M1 Mark II のフリーズ再々発も皆無ではないですが、以前の修理前、1度目の修理後のように頻発して使ってられないほどではないので、我慢出来る状況。

ボディだけならすぐに買えなくはないですけど、それなりのレンズも一緒に買わないと意味ないですからね。それに冷静に考えると、秒9コマの連写のためにバッテリーグリップその他で十数万のオプション代がかかることを考えれば D500 でええのでは…?と思うこともありますし、そもそも先のない XQD カードを買うのも躊躇われるし、色々と止まれ要素はあるんですよね……



とまぁ、そんなこんなの間に IFA 開催に合わせてデジタルカメラの新製品が幾つか発表されていて、オリンパス E-M10 Mark III も発表されてました。

どんなシーンでも5軸手ぶれ補正が“ぶれない高画質”を実現 ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III」発売:2017:ニュース:オリンパス

E-M10 Mark II から買い替える予定は元々なかったのですけれども、予想以上にマイナーチェンジでビックリしました。オリンパスはどこぞと違って(笑)出し惜しみなく出せるものは出すメーカーですし、E-M5 も E-M10 も E-M1 も初代から Mark II へは大きくジャンプアップしましたから、

過去の OM-D 各モデルチェンジでは大きく性能機能向上があっただけに、E-M10 Mark III は Mark II からどれだけ向上させてくるのだろう?


と思っていましたが、特に出せる手持ちの玉がなかったのか、思いの外、マイナーチェンジ仕様でありました。

気になって Mark II と Mark III の差をリストにしてみると、以下の通り。


続きを読む

先月開発発表があり、数日前にはプレスリリースまで流出してリークされていましたが、ニコン渾身の一撃とも言える一眼レフ D850 が正式に発表されました。

D850 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

いや〜、噂どおり

やれることは全て注ぎ込んだ一眼レフ機


という感じですね。4,570万画素で連写7コマ/秒、バッテリーグリップ装着で9コマ/秒というだけでも、かなり魅力的です。(連続撮影枚数も 14bit RAWで51コマ、12bit RAW で170コマですから、この画素数を考えれば大満足でしょう!)

スポーツ撮影に使うには「もう一声欲しかった…」(ボディだけで秒8コマ、バッテリーグリップで秒10コマ)というのはあるでしょうが、4,570万画素という高画素ですからこの仕様でも十分に頑張ったと言えます。(クロップしても速くはならない)

高画素と動体対応の高速連写が、かなり高いレベルで両立


した初めてのカメラと言っても良いのではないでしょうか。

これだけ詰め込んだら、今どきバッテリーグリップなしボディでは珍しい重さ 1kg 超なのも仕方ない気がします。(バッテリーグリップ用バッテリーは本体とは別の、D5 と同じバッテリーというのは連写速度向上ののためとはいえ、運用上なかなか面倒な気がしますが)

そして、

これでお値段40万円というのは十分リーズナブル


ではないでしょうか。(バッテリーグリップで連写9コマ/秒を使おうと思うと、+10万円超だけど)

少なくとも、EOS 5D Mark IV の初値に比べれば全然説得力あるでしょう。長年キヤノンとトップシェアを争っていたニコンも海外でソニーに抜かれる市場が出てきましたから、起死回生の一台として、魅力ある価格を打ち出してきた感があります。


続きを読む

前回記事の冒頭で

当方の E-M1 Mark II は2回目の修理行き以降、千歳基地航空祭(+手持ち花火)を始め、酷暑の中を1ヶ月で9千枚近くシャッターを切っていますが、全く問題なく使えています。(中略)というわけで、E-M1 Mark II ボディの方は完全に正常状態に戻ったと判断できるので(以下略)

E-M1 Mark II の BLH-1 互換バッテリーは買えないけど USB 充電器を買ってみた

と書きましたが、そう書いた翌日にフリーズが再発しました _| ̄|○

EM1M2freeze20170819A


上記写真は、レンズをスタジアム座席下のコンクリートに向けていますが、EVF は芝生のピッチでフリーズした状態がそのままになっています。以前のフリーズ状態を説明した時の記事で見せた写真と同じ状態ですね。電源をオフしてもそのまま、バッテリー抜き差しをしないと復旧しないのも同じです。

フリーズ再発の E-M1 Mark II 修理入院【前編】
フリーズ再発の E-M1 Mark II 修理入院【後編】
オリンパスから返ってきたけどフリーズ発生が全く直ってなかった E-M1 Mark II 再度修理行き【前編】
オリンパスから返ってきたけどフリーズ発生が全く直ってなかった E-M1 Mark II 再度修理行き【後編】

過去の経緯は繰り返しませんので、興味ある方は上記記事をご参照ください。

1回目の修理以降もフリーズが立て続けに発生して「一体どこ直して検証したんや!?適当すぎやろ」となったわけですが、2回目の(見込み修理で)基板交換以降は全くフリーズしなくなり、千歳基地航空祭遠征などで4千枚程度撮影しても問題なかったので「解決したっぽい」と判断して、上記の最後の記事を書きました。

その後、修理から戻ってきて1ヶ月くらい経ちますが、昨日まで概ね9千枚前後撮影してきて、その撮影も飛行機、サッカーなどの動きモノでなく花火やらちょっとしたスナップやら色々な撮影で全く問題なかったので、前回記事冒頭でも完全に直った宣言をしたわけですが、その直後にコレです ┐(´д`)┌

今回は本当に直ったと思ったんですけどねぇ……(´Д`)ハァ

ちなみに昨日は2回フリーズしました。なんか、購入直後の古いファームウェアでフリーズが出ていたのを(ブログでコメントもらって)ファームウェア更新してから全くフリーズ皆無だったのが、1ヶ月半後からフリーズ連発するようになった時の最初の感じ(美保基地高航空祭の時)と似ていて、今後が非常に不安です。

ただ、今回のフリーズは従来の時と同じ現象でありながら、ちょっと違う点もありました。(あくまで昨日のフリーズだけの話ですが)

続きを読む

購入したのは随分と前なのですが(5月)、購入して試す前に E-M1 Mark II のフリーズ問題が発生したため、互換充電器を使ったことによる問題の切り分けが難しくなることを避けるため、ずっと使うのを控えていました。

しかし、当方の E-M1 Mark II は2回目の修理行き以降、千歳基地航空祭(+手持ち花火)を始め、酷暑の中を1ヶ月で9千枚近くシャッターを切っていますが、全く問題なく使えています。

オリンパスから返ってきたけどフリーズ発生が全く直ってなかった E-M1 Mark II 再度修理行き【後編】

というわけで、E-M1 Mark II ボディの方は完全に正常状態に戻ったと判断できるので、購入してから忘れられていた E-M1 Mark II のバッテリー「BLH-1」用の USB 充電器を試しています。秋の航空祭遠征に向けての準備です :-)

購入した BLH-1 用 USB 充電器は ROWA 扱いのコレ↓



新しいバッテリーのせいか、互換バッテリーも USB 充電器もなかなか出てこなくて、やっと出てきたのが春頃。ROWA 扱いだったら、昔から幾つか買ってたので不安も少ないし、購入当時は互換バッテリーと抱き合わせセットじゃない USB 充電器がコレともう一つだけだったので、コレを選びました。

互換バッテリーについては購入せず、USB 充電器のみです。BLH-1 の互換バッテリーは
Smatree バッテリーはSmatree充電器とのみ互換性があり、オリジナルとサードパーテイーの充電器に合わないです。電源残量詳細のパーセント表示がありませんが液晶で大体電量が分かります。

という表記があったりして、どの互換バッテリーも
  • 純正充電器での充電不可
  • E-M1 Mark II で残量%表示が出ない(バッテリー交換表示が出ることもある)

という個人的には全く使う気になれない制約がついているので、非常用とか予備としても買っていませんし、今後も買うことはないでしょう。

まぁ「互換バッテリーが怖いなら互換充電器も怖いやろっ!」 というツッコミが入りそうなのは重々承知ですが、USB 充電器は EOS 時代からちょくちょく使ってきて、トラブルらしいトラブルを経験していないので、非常用、予備用途なら、という判断です :-)


続きを読む

お盆真っ盛り、盛夏真っ只中の週末ですが、皆さまいかがお過ごしのことでしょうか。当方、今年のお盆は何かと忙しいため、ガンバ大阪のホームゲーム観戦以外は出かけられる余裕もなく、昨日今日と八尾空港に珍しいものが来ているにも関わらず、指を加えて Timeline に上がる写真を眺めているだけの有様です(>_<)

そんなお盆ウィークに入る直前、「世界報道写真展2017」を観に行ってきました。

SekaiHodoShashinten2017B


私自身さほど熱心に写真展の類いを見てまわる人ではないのですが、キヤノンやニコン、富士フイルムなどのカメラメーカー系ギャラリーでの写真展を中心に、ちょこちょこ見てはいます。(見たからといって自分の身になってるかどうかは別にして)

また、JRPA 展や日本大判写真展のように、できるだけ毎年観に行こうと思っている写真展もあり、世界報道写真展もその一つ。

ただ、毎年観に行ってると言っても、世界報道写真展は有料の写真展ということもあって、去年みたく「ここ数年は観に行ってもそんなに感銘も受けた感じはないし、今年はやめとくか」みたいなこともあるのですが、今年は2年ぶりに行ってきましたし、インパクトはあったかな、と思います。


続きを読む

12-40mm F2.8 PRO、40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO という3本の M.ZUIKO PRO レンズを4ヶ月ほど使ってきた雑感2回目です。

3本の M.Zuiko PRO レンズ雑感 〜12-40mm F2.8、40-150mm F2.8、300mm F4 IS〜 【前編】

前回書いたように、3本の PRO レンズのうち、12-40mm F2.8 PRO、40-150mm F2.8 PRO については、描写最高とまでは言わないけれどコストパフォーマンスは最高であり、40-150mm F2.8 PRO で少し絞りたくなる時があるものの、基本的には開放から文句なく、マイクロフォーサーズの高感度の弱さを補ってくれる素晴らしいズーム2本だと思っています。

反面、300mm F4 IS PRO の方はそれなりに良レンズだけど、センサーサイズの小さなマイクロフォーサーズ用にも関わらず、フルサイズ用サンヨンよりデカい、重い、遥かに高い、の割には……で期待したほどではなかった、コスパ的には微妙というのが個人的な感想です。



前回、大きく分けて4つ思っていることがある、と書いて、そのうち 2つについて述べましたが、今回は残り2つ。

今回はフードや三脚座について。12-40mm F2.8 PRO はノーマルなモノで特に言うことはないのですが、40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO については使う前と使ってみてからの感想がだいぶ違いました。


続きを読む

このページのトップヘ