Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


カテゴリ: デジタルカメラ・ビデオ

一番身近にいる人間からの「すっかりカメラに文句を言わなくなったね」という言葉が全てを表していて、以上終わり!なくらいのデジタル一眼レフに出戻っての1ヶ月です。

世の中、自分の嗜好に 100% フィットした量販商品なんてのは有りえないわけで、どこかで折り合い(妥協)をつけながら使うことになるわけですが、その妥協の少なさが満足度にも繋がります。

その観点から言えば、D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR は今までで 100% の満足度に最も近い機材と感じています。(レンズ的には EF300mm F2.8L IS II USM も同じくらい満足でしたが)

また、300mm f/4E PF ED VR(以下、サンヨンPF)も最初は購入の判断がつかなかったものの、借りて使う機会があって「やっぱりこれは今の自分の撮影環境に必要」と納得して購入することになりました。



この1ヶ月使ってきて、ちまちまと雑感メモを書き連ねているので、少々記しておきたいと思います。相変わらずまとまりのない適当雑感ですけど。

D500 については少し前に色々と書きましたし、ミラーレスとデジタル一眼レフの狭間で行き来している中での感想は後日触れることにして、まずは「サンヨンPF」こと AF-S 300mm f/4E PF ED VR から。


続きを読む

マウント移行や追加すると、手持ちのものを流用できるものが少なくて、カメラとレンズだけでなく、アレコレと必要な物品が多くて出費が嵩むのはよくあることです(^_^;)

マウント追加(移行)は周辺アイテムに金がかかるよ、どこまでも

文句を言いつつも、そして懐具合が寂しくなりつつも、徐々に必要なものは揃えて、現在悩み中なのは、ゴーヨンFL (AF-S 500mm f/4E FL ED VR) のアルカスイス規格レンズフット

雲台や一脚をアルカスイス規格ベースで組んでいる私としては、ゴーヨンのレンズフットをアルカスイス規格品に交換するのは必須です。

AFS540FL_LensFoot1


純正レンズフットのままアルカスイス規格のプレートを噛ませる手段はありますが、剛性やリスクを考えると、できるだけ積み重ねは避けたい。それにレンズフットに1枚プレートを噛ませれば、大きなスペースを必要とするレンズに余計な厚みが加わってしまいます。

おまけに、うっかりレンズフットからアルカスイス用プレートを外したまま持って行って、いざ一脚を付けようとしたらアルカスイスプレートがなく、結局一脚からアルカスイス互換クランプを外して、クルクル一脚を回して止めることになります。

AFS540FL_LensFoot2
(既に2回くらいやらかしてるんですけどね ^^;)


ニコンとキヤノンの大型レンズ向けの交換用レンズフットは、結構多くのところから発売されています。RRS, Kirk, Markins, BENRO といった(その筋では)メジャーなところから、聞いたことのない中華ブランドや日本の町工場的な製品まで意外と出ています。

ただ、

対応レンズにゴーヨンFLが明記されていない


ものがほとんどで、本当にちゃんと使えるのかどうかが判らない。製品によってはレンズフード逆挿しへの干渉も気になります。

3kg 以上のレンズを支える台座ですから、ほんの少しでも合わない、無理やり使うような製品は買いたくありませんし、使いたくありません。(一脚、三脚使用時だけでなく、持ち運び時にレンズフットを手に持つことも多いですから)

なので、メーカーに問い合わせしたりしてみましたが、なかなか悩ましい状況です。


続きを読む

レビューというわけではなく、十数年ぶりにニコンの一眼レフへ戻ってきた際の戸惑いなども含めて、D500 を使って半月〜1ヶ月間で気づいたことを幾つか記してきました。

今さら D500 をレビューするつもりはないけれど、十数年ぶりで気づいたことを書いてみる【前編】
今さら D500 をレビューするつもりはないけれど、十数年ぶりで気づいたことを書いてみる【中編】
今さら D500 をレビューするつもりはないけれど、十数年ぶりで気づいたことを書いてみる【後編】

例によって記事を書いてる時点と公開のタイムラグがあるので、以前より慣れてきた点もあったりしますし、自分の印象が間違っていたりする点については、予約投稿かけてから公開時までに追加修正したりしていますが、大体の内容は書いてる時点でのリアルタイムの心情だったりします。

とりあえず、一番慣れない問題の「マウントの回転方向」については、レンズを回すのではなくカメラボディ側を回すようにして、すぐ逆側に回しがちな癖を矯正しようとしています。(それが良いのか悪いのかは判らないけど)

キヤノンに限らず他のメーカーも含めて概ね同じ方向の回転で幾年月でしたから、違和感を消すには数カ月から半年単位で時間はかかるでしょう。仕方ありません。

(ズームリングなどの回転方向が逆なのは、パナソニックやタムロンなどで経験しているので、違和感があっても慣れるのは難しくないはず。オリンパス機との併用で戸惑いは続くだろうけど)

D500_540FL23


で、今回は「番外編」というのも変ですが、D500 ボディそのもの以外の点について、十数年ぶりのニコン一眼レフで色々感じたことを記しておこうと思います。

続きを読む

仕事の都合で鈴鹿 2x4 も SUPER GT Rd.2 富士もキャンセルして宝の持ち腐れになっていたゴーヨン(500mm f/4E FL)。さすがにマズいと思って、仕事の合間を縫って日帰りで岩国フレンドリーシップ(岩国FD)へ行って試し撃ちをしてきたり、出張仕事ついでに平日ナイターで閑散とした山奥のスタジアムで、周りに誰もいない中でサッカー撮りしてみたりしている昨今です。

D500_540FL18
(アジア初のF-35 L3デモ途中、カッ飛んでいきながら観衆の方を見るパイロット)


2年ぶりの岩国 FD では現システムの航空祭デビュー、ゴーヨン手持ち振り回しデビューでしたが、この1年間ミラーレス軽量システムで身体が鈍ったのを自覚したとおり、速攻で腕も肩もヘロヘロになり、翌日はがっつり筋肉痛でした(>_<)

おまけに、激混みセキュリティを通過して11時前に岩国基地エプロンへ辿り着き、D500 + ゴーヨン買って一発目の展示飛行が PACAF F-16 のデモフライトというのは「リハビリ一発目に、それは厳しいやろ…」という感じでしたね。判る人には判ると思いますが(^_^;)

D500_540FL_shootingMiss
(使い始めていきなりのハイスピードパスで、安定の鼻切れカット >_<)


現システムは今から慣れていって秋シーズンからが本番のつもりですが、1年間のブランクがあった自分の現状を知るためにも若干強行軍ながら行ってきて良かったですね。(日帰り岩国FD については、どれくらいの時間がかかったかを別途記す予定)

いずれにせよ、とりあえず筋トレしなきゃなあ、と思う結果ではありました(^_^;)

D500_540FL25
(なかなか豪華な空中給油展示でしたね)


さて、1年ぶりにデジタル一眼レフに復帰して、さらにニコンのデジタル一眼レフには十数年ぶりなのでアレコレ戸惑いつつ慣れていっている中での気づきや思ったことを記してみる3回目、最後です。

今さら D500 をレビューするつもりはないけれど、十数年ぶりで気づいたことを書いてみる【前編】
今さら D500 をレビューするつもりはないけれど、十数年ぶりで気づいたことを書いてみる【中編】

まぁ戯言の内容ですが、使い続けていく中で思惑とは違うところもあったりして、どれくらいニコン流儀にハマるべきかも含めて悩みながらやっております(^-^)

続きを読む

ゴールデンウィークも過ぎ去って…と言いながら、本記事はゴールデンウィークが始まる頃に書いてます。ゴールデンウィーク明けたら、ブログ記事をアレコレ書いてる暇は当分ないので、後日気がついたところだけ修正しつつ予約投稿です。すいません。

D500_340PF4


ということで、1年ぶりにデジタル一眼レフへ復帰して D500 を手にして、十数年ぶりにニコンのデジタル一眼レフへ戻ってのちょっとした感想の続き。仕事の気分転換に書いてるヨタ記事です。D500 も発表されてもうすぐ2年、今さらの話ですけど。

今さら D500 をレビューするつもりはないけれど、十数年ぶりで気づいたことを書いてみる【前編】

前編では『ニコンとキヤノンでは回転方向あらゆる逆問題』の戸惑いを中心に書いたわけですが、今回は各部各所、使っていて思ったところをちまちま書いてみます。

長くニコンを使っている人にとっては「なんでそんなところに疑問や不満が?」と思うところはあると思いますが、そこはまぁ余所者が入り込んできた瞬間の印象なので、一つご容赦を。

また、使い始めた初心者なので、ちゃんと調べ切れていないこと、誤認があればご指摘いただければ幸いです。
続きを読む

ゴールデンウィークも今日で終わりですね……と言っても、私の場合、ゴールデンも何もなくて仕事メインだったし、そもそもゴールデンウィーク明けに一山ある仕事に向かって胃が痛くなっているだけのウィークでしたけど。

さて、D500 を購入して3週間くらい経ちましたか。実のところ、最初の数日間は D500 ボディがあるだけで、ゴーヨン入荷を待ちながら、しばらくしてから借り物のサンヨンだけを使っていた、なんてこともありました。

もう少し早くゴーヨンが来てくれれば、SUPER GT 鈴鹿公式テストに間に合ったのですが、レンズもなく D500 ボディだけではどうにもならずでした。テストでみっちり4時間使って慣れたかったのですけどねー。

D500_01


とにかく、昔ニコンのデジタル一眼レフを使っていた、数年前まで Nikon 1 を使っていたと言っても、現行世代の操作まわり、メニューまわりは初めてであり、ユーザーインターフェースやら流儀?に慣れるのにはいささか苦労しています。

ようやく少しは馴染んできた、とまでは言えないまでも、操作一つ一つについて考えることなく指が勝手に動いてくれるようになりつつある段階でしょうか。


続きを読む

前回記事で記したとおり、ゴーヨン購入にあたって太くて硬い♡大型カーボン一脚 SURUI P-424 を購入しました。

SURUI カーボン一脚 P-424 【前編】 〜リーズナブルなのに太くて硬い♡

SURUI のカーボン一脚はコストパフォーマンスが良いことで評判ですが、特に人気なのが 6段カーボン一脚の P-326。



私自身、5年以上 SURUI P-326 を愛用してきましたし(今後も P-424 と併用していくつもり)、サンニッパで使うには力不足、剛性不足だと判っていても、

軽量さと縮長が短くバッグへの収まりやすさは絶大


なので、ついつい使ってきてしまったくらいです。

公共交通機関で移動する時には最適の一脚と思っていますし、値段も安いので

大型レンズを使わないなら、一脚はとりあえずコレ


と自信を持っている愛用の一品です。

P326_01
(アルカスイス互換クランプ装着して使っている状態)


そんな 6段カーボン一脚の P-326 の良さを挙げると、以下の点になるでしょうか。


続きを読む

デジタル一眼レフに復帰してマウントを追加したことで色々出費続きなわけですが、レンズもゴーヨンという 3kg 超の重量級レンズを購入したため、あれこれ買い替え、買い増しが必要になっています。カメラとレンズ買えば終わり、ではないのが辛いところ。

カメラバッグなどサンニッパ所有時代のアイテムを流用できるものもあるのですが、サードパーティ製のフロントレンズキャップやレンズフットのような専用品が必要なものもありますし、

サンニッパではギリギリ使っていたけど、ゴーヨンの重さ・長さでは無理!


というものもあります。その一つが、一脚。(三脚は GITZO GT4542LS がメインなので大丈夫かと)

今回購入したのが、コレ↓ SURUI P-424。



決して GITZO の同クラスのカーボン一脚が買えなかったからでは……ありますけど(懐具合には限りがある >_<)、SURUI のカーボン一脚は P-326 を 5年くらい使ってきて信頼できるものだと判断しているので、

安価だけど不安のない一脚


と思って購入しましたし、実際そうでした。(公称スペックに嘘があったけど良評価は変わりません)


続きを読む

以前も少し書きましたが、ニコンのゴーヨン (AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR) を購入して最初に思ったのが、

ニコン純正のかぶせ式レンズキャップ、端からニコン大砲ユーザーのを見ていて知っていたけど、実際に自分が使うとなると嵩張るし、脱着が微妙に面倒だし、微妙だなー


と。こんなヤツですね↓

AquaTechSoftCap03Nikon

かぶせ式レンズキャップ(AF-S 500mm f/4E FL ED VR用) | アクセサリー | ニコンイメージング

キヤノンの大型レンズも昔はこんな感じでしたが、現行 II 型にリニューアルされた時、かぶせ式フロントキャップが短く小さくなりました↓

AquaTechSoftCap04Canon


ニコンの方が逆挿ししたレンズフードまで覆うサイズがあるので保護という点では良いのは判りますが、実用面ではキヤノンのかぶせ式キャップの方が便利。脱着も迅速かつスマートで、嵩張らない。

ぶっちゃけ、フロントレンズキャップなんてレンズ面が保護されていれば良いわけで、フードまで覆う必要なんてないと思う人です、私は。レンズは飾る品ではなく道具ですから、実用性・利便性第一。(カメラやレンズを眺めるものとして集める人を否定はしませんけど)

そう思う私は、ゴーヨンを段ボールや(大型レンズにありがちな)豪華なケースから取り出してすぐに、

サードパーティのレンズキャップを買おう!


そう決意して、今回購入したのが、コレ↓

続きを読む

このところずっと書いてきているように、先週デジタル一眼レフに復帰して Fマウントを追加したわけですが、D500 とともに購入したレンズが AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR。いわゆる “ゴーヨン” と呼ばれるレンズです。


(各社ゴーヨン、他にシグマから廉価なゴーヨンも発売された)


俗に “大砲” と言われる大型レンズの一つであり、軟弱かつ虚弱体質な私には不相応なレンズですが、一度大病して人生どれだけ残ってるんだろ?と思うことがあってから、機会があれば多少無理してでも逃さないようにしよう、というのは自分の中にあるので、まぁとりあえず頑張ってみます(^-^)

ともあれ、こういった大型レンズを使うとなると、まず最初に悩むのがカメラバッグ。ちょっとやそっとのバッグでは入りませんので、その手のレンズを持ってる人向けのバッグになります。

大砲レンズを使い慣れた方々の中には、レンズが重い分できるだけ計量化すべく、カメラバッグを使わず薄手軽量のバッグを使われる人も少なくないようですが、私は大型レンズ初心者ですので、当分はカメラバッグを使う予定です。

AFS540FL1
(外箱が真っ当なサイズで助かりました。キヤノンはビビるデカさの外箱だったので…)


大型レンズ用バッグを発売しているメーカーは幾つかありますが、私が愛用しているのは thinkTANKphoto。大きなレンズを使っている人には定番ですね。

thinkTANKphoto のカメラバッグは既に幾つか持っていますが、ゴーヨンが入るクラスの大きなバッグで持っているのは3種類。
  1. グラス・リモ / Glass Limo
  2. エアポート・コミューター / Airport Commuter
  3. エアポート・インターナショナル・LE・クラシック / Airport International (LE Classic)

この3種類のバッグです。これにゴーヨンを入れた状態を以下に示しておきます。これからカメラバッグの購入を検討している人、大型レンズの購入を検討している人に少しでも参考になれば幸いです。

なお、 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR のサイズは φ140mm × 長さ 387mm ですが、ニコンの純正フードがかなり嵩張るので、半径も長さももう少し+αが必要です。

続きを読む

このページのトップヘ