Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


カテゴリ: デジタルカメラ・ビデオ

昨春の D500 とゴーヨンFL(AF-S 500mm f/4E FL ED VR)購入直後から「早いところ、1本くらいは望遠ズームが必要だよなぁ」と迷っていたのは以前何度も gdgd 書きました。

とりあえず望遠レンズをもう1本、と思うのだけど……
サンヨンからサンヨン
物欲展望 2019【後編】 〜今年買いたい、買わなきゃならないアレコレ

ゴーヨンの次は、サッカーのスタジアム観客席から撮影用にサンヨンPF (AF-S 300mm f/4E PF ED VR) を、マイクロフォーサーズのサンヨンを売って購入しました(ほぼ等価交換)が、「やっぱり望遠ズームを一本持っておかないと不便だよなぁ」と感じるわけで、SUPER GT 鈴鹿を前に AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR を購入しました。

という内容の草稿を去年5月に書いたにも関わらず、去年は結局望遠ズームレンズは買わずに終わりました。

というか、去年買ったレンズは最初に買ったゴーヨン FL と、直後に買ったサンヨンPF(と x1.4 テレコン)だけで終わってしまいました……

TediousDays20190117_05_0572
(D5 + AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR @スカイランドHARADA)


去年は仕事が忙しくてベースエアポートとも言える伊丹空港へ撮りに行くことが少なく、仕事のペースが多少マシになってからは航空祭とサーキット行きがメインになって民間機撮影の機会が少なかったため、あまり望遠ズームレンズの必要性を感じなかったせいもあります。(航空祭でも 100-400mm が1本あると便利なのは確かですが)

とはいえ、さすがにいつまでも “カメラボディ2台あるのに、レンズも2本しかない” というアホみたいな状況でいるわけにもいかず、

今年は Fマウントの望遠ズームも、標準域のレンズも、広角レンズも買うぞ


という決意はあるわけで、その第一弾として、廉価な望遠ズームレンズの AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR(以下 AF-P 70-300mm)を購入。



ヨドバシカメラのポイント還元率アップキャンペーンの間に買っとくか、というのが背中押しでありました(^_^;)。ここまで迷ったり、買わなかったりすると、そういうキッカケでもない限り、なかなか踏ん切りがつきませんからね……

(ニコン D6 発表と同時に、待望しているサンニッパのリニューアルがあったりすると、そちらを買うための貯金も始まっちゃいますから ^^;)

ちなみに、同じ AF-P 70-300mm には APS-C 専用の AF-P DX 70-300mm もありますが、こちらはフルサイズ対応。廉価ズームらしく開放F値はかなり控えめですが、その分小型軽量であることと値段にしては良好な画質、そして何と言っても店頭やショールームでの体感でも判る AF の爆速さが特長のレンズです。

AFP70-300A


さて、この記事は去年の5月に書いた草稿をベースにしているのですが、あの頃から

AF の速さ、純正ならではの精度と安心感で AF-P 70-300mm か、ゴーヨンとの併用で繋がりの良い&飛行機撮影にはベストマッチな 100-400mm を(ニコンにはないから)タムロン or シグマ製品で買うか、SPORTS VR がない古い AF-S 80-400mm を今さら買う気は無いけど中古なら有りか?


と迷っていたのが、結局8ヶ月続いたわけで、散々迷った挙句、AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR を最初のズームレンズ、最初の望遠ズームレンズに決めた理由を記しておきたいと思います。


続きを読む

本年も場末の独り言発散ブログにお付き合いいただきありがとうございます。今年も大晦日を迎えて最後の更新になりますが、2018年の “お買い物ベスト” 残り5製品を紹介していきたいと思います。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2018 【前編】6位〜10位
だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2018 【中編】次点その他各賞


続きを読む

昨日は、大阪でもたまに雪がちらつく中、皇后杯サッカーを見に行ってました。準決勝2試合、おまけに2試合目は延長戦で、朝から日が暮れた後まで、ずっと観客席は日陰で凍える寒さの中7時間以上も観戦、我ながらよくやるわ状態でした。(そして今日は酷い腰痛 ^^;)

4週間前に Jリーグが終わって2月末までサッカー観戦ができない中、サッカー成分の補充が必要でしたが、女子サッカーとはいえ満喫できました。生観戦じゃないと欲求不満が解消されませんからねぇ(^_^;)

今月は忙しくて、デジタル一眼レフシステムは4週間前の柏レイソル戦アウェイ〜百里基地航空祭以来、全く触りもしていなかったので、ちょっとリハビリできたのも幸い。完全防寒にカイロ貼りまくっても寒すぎで、短時間しか撮る気になれませんでしたが……

EmpresssCup20181229


さて、前回は本年、2018年の “お買いものベスト” 第10位から第6位まで紹介しました。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2018 【前編】6位〜10位

今年のお買い物上位5製品を発表する前に、“お買いものベスト10” から漏れた次点の製品、ちょっと触れておきたい製品について記しておきます。


続きを読む

国内サッカーも、モータースポーツも、そして航空祭も全てシーズン終了となり、今年舞い戻ったデジタル一眼レフシステムを使う機会は減りました。伊丹空港へ撮影に通いたいのですが、オフシーズンは写真目的じゃないことを優先してやりたい気分が強くなります。

そうなると、デジタル一眼レフはしばしお休み、散歩・旅スナップ用として「レンズ交換式コンパクトデジカメ」として割り切ったマイクロフォーサーズ・システムの出番が多くなります。

TediousDays20181213_03_4936
(へっぽこ人間の山歩きにもこの軽量さはありがたい)


今秋、デジタル一眼レフを2台体制にしたことでマイクロフォーサーズでは動きもの撮影を完全に除外することができたため、所有マイクロフォーサーズ・レンズから 300mm F4 IS PRO に続いて 40-150mm F2.8 PRO も売却しました。

ですので、10月くらいから噂の小出しをしている E-M1 X がどんなに良いものであろうと、マイクロフォーサーズで望遠、超望遠の世界へ戻ることは(少なくとも当分は)できません。するつもりもないけど。たぶん。(E-M1 X の噂について書いていたら前置きで一記事になるくらい書いちゃったので、それをバッサリとカットしたのがこの記事です ^^;)

で、PRO レンズを次々手放していると書くと、

最近ニコンばかりだし、レンズ売ってマイクロフォーサーズは捨て気味なんだな


と思われるかもしれませんが、実はそんなことはなく、

自分のマイクロフォーサーズ・システムは
レンズ交換式コンパクトカメラに相応しく小型軽量化


というコンセプトでレンズを組み替えた次第。そもそも自分が望む本来のマイクロフォーサーズ・システムに変え始めたのが、この秋。

というわけで、40-150mm F2.8 PRO と MC-14(テレコン)の売却代金+αで買ったのが、この3本のレンズ↓


続きを読む

2ヶ月ほど前に購入して今秋の航空祭やサーキット使用でのメイン機になった、ニコンのフラッグシップ機 D5。

と言いたいところだけど、実際は D500 と半々か、航空祭では D500 の方がシャッター回数は多かった気がします。最近は機動飛行も色々な兼ね合いで高度が高めで展開されることが多く、晴れて低感度で撮れるなら APS-C の画角 1.5倍換算を優先しちゃいますね。

TediousDays20181118_04_6935


AF の精度速度も、晴天順光というか照度が落ちる条件や逆光でもなければ、航空祭の戦闘機相手でも取り立てて D500 と D5 で差を感じることはない印象です。むしろ D5 でテレコン入れるくらいなら D500 で、と思うことの方が多いです。

サッカー撮影では撮っていて D5 と D500 の AF の差を感じることもあります。正直言って D5 を使いたい。そのために D850 じゃなく D5 を選んだのだから、と思うのですが、サッカースタジアムでは周囲の方々の迷惑にならないよう小さなレンズで撮ることが多く、必然的に画角が稼げる D500 を使うことが多くなっています。

今後、D5 だけ、D5 メインで撮りそうなのはサーキットくらいでしょうか。他は適宜 D500 と使い分け、ということになりそうです。

TediousDays20181028_01_0050
(フルサイズで二重フェンス越しの撮影に強くなったのは嬉しい)


ともあれ、2ヶ月で8千回のシャッターは切って、本格的に使うであろう来シーズンに向けて色々備えることはあるのですが、その来シーズン開始の頃には D6 が発売されるような話を聞いていて、正直ちょっと複雑ではあります(´Д` )

来年 D6 発売なのは確実と思っていましたが、1月発表3月発売だとすると予想よりちょっと早かった(^_^;)。D5 最初の購入個体はメモリーカード書き込み周りでフリーズしまくってケチがついたことと合わせて、若干微妙に思うところはあります。

もっとも、D6 が来年3月発売かも?という噂を事前に聞いていても今秋購入を控えたかというと、多分買ってただろうと思うわけで、結局は

必要な時が買い時


なわけで、これはもう巡り合わせですから仕方ありません。

ただ、D6 がどういうスペックで来るのか?だけは興味津々ですけどね……。露出込みのコマ速をライバル EOS-1D X Mark II に追いつく秒 14コマに上げてくるだけの D5S 的な仕様だったら心穏やかでいられますが、高感度画質が同程度で2,800万画素くらいまで高画素化されたり、フラッグシップ機の恒例を外して Wi-Fi / Bluetooth 標準搭載だったりすると、ちょっと動揺するかもです(笑)


(モデル末期で結構リーズナブルな価格に)


ま、D6 のことはさておき、先日はこのタイミングで敢えて D5 を買った理由を記しました。

もうすぐ D6 が発表されるかもだから、今さら D5 を買った理由について書いとくか 〜これが最後のデジタル一眼レフ購入…か?

底辺ド素人の私ごときがプロ向け機材について、あーだこーだ言う資格もないですが、一応、底辺ド素人として感じたところを自分の備忘録も含めて少々記しておきたいと思います。


続きを読む

2ヶ月ほど前に買っていました、ニコンのフラッグシップ機 D5。


(モデル末期で結構リーズナブルな価格に)


最初に買った個体が調子悪くて芦屋基地航空祭へは持って行けなかったのですが、ガンバ大阪のマリノス戦、エアフェスタ八尾あたりで試し撮りを始めて、SUPER FORMULA 最終戦、岐阜基地航空祭、そして先週末の百里基地航空祭と使ってきました。

(最初の購入個体はメモリーカード書き込み周りでフリーズしまくって、結局は初期不良交換という嫌な始まり方でした…)

ぶっちゃけ、まだ使いこなせているとは言い難い状態なのですが、D6 が年始早々の CES で発表されるという噂も出てきていますので、年を跨ぐ前に、敢えてこのタイミングで D5 を買った理由あたりなんぞを、使う前使ってみた後の感想込みで、ちまちまと書いておきます。

D5_01
(同時にXQD 120GBをもう1枚追加。300GBあれば3日間程度の遠征は十分)


D5 を買うかどうかは別にして、デジタル一眼レフに戻ってきてから早いところフルサイズ機も買わなきゃ、という思いはずっとありました。D500 だけでは何かと不便だし、EOS 時代と同じく

フルサイズ機と APS-C 機を適宜使い分けたい
少なくともデジタル一眼レフ2台体制にしたい


という思いは募るばかり。

E-M1 Mark II はスナップカメラとして、レンズ交換式コンパクト機として使ってる分には文句ないけれど、ヒコーキ撮りのサブ機としては信頼を置くのは難しく、超望遠撮影は止めて 40-150mm F2.8 PRO 程度でも「おい、なんでこのシーンで AF 外すねん」ということも多々ありましたから……

幸いなことに?ニコンのミラーレス機 Z7 / Z6 は何度ニコンのショールームその他で触っても「ファインダーの見え方は良いね」と思うだけで全く心動かなかったので、デジタル一眼レフ2台体制への復帰は、以下の4択に絞られました。


続きを読む

iPad Air 2 を 4年も使い続け、コレは!と思える新世代 iPad を待ち続けて買ったわけですから、今回の iPad Pro の買い物には高い金を払った分は納得しています。そして、実際に2日間使ってみて、

価格とメモリをケチった以外は文句のつけようがない


デバイスだと感じてます。

とはいえ、この馬鹿高い値段に対して納得できる購入理由がなければならないわけですが、私にとってその理由の一つが、今回の iPad Pro から lightning 端子に代わって採用された USB-C 端子。

Lightning 端子時代までは SD カード以外のメモリーカードを読み込むのはアレコレ手間暇かかって、それでも不安定で苦労したけど、USB-C 端子になったら今度こそ安定して CF や XQD カードを読み込めるようになるかな?


という期待があったわけです。

歴代 iPad を買うたび、「出先、旅先でカメラ撮影画像を iPad に取り込んで取捨選択&仮現像して自宅に戻ってからの作業を軽減する」というメソッドを試行錯誤していたわけですが、メモリーカード取り込みまわりの面倒くささに結局諦めていたので、USB-C 端子採用で今度こそという思いなのです。

今は泊まりの撮影旅行時には Windows ノートPC を持って行ってますが、やはり少しでも軽い方がいいですからね!(iPad Pro はディスプレイの色域が殆どのノートパソコンよりしっかりしていますし)

そんなわけで、新型 iPad Pro を買ったユーザーがみんな行なっているであろう

iPad Pro の USB-C は、どんなデバイスに接続できるか?


というのを、手持ちのデバイスで幾つか試してみました。



なお、USB-C ではない従来の USB Type-A 端子で利用するデバイスやケーブルについては、アップル純正の USB-C → USB 変換ケーブルではなく、Amazon で買った安物の USB-C → USB-A 変換アダプター(上記参照)を使っています。一応、念の為。


続きを読む

重量級レンズを支えるレンズフットなのに、プレートと台座を分離させることでフレキシブルな調整を可能にした Markins のニコン大口径レンズ用レンズフット LU-15。



国内発売発表時のニュース記事を読んだときは「いや、こんな剛性に不安を感じるギミック要らんわ」と思ったのですが、発売後にヨドバシに在庫が1個だけあるのを知ってしまい、思わず人柱?になってしまったわけです。

この LU-15 のギミック、利便性については前々回記事で説明しましたので、機能性についてはそちらを参照してください。

アルカスイス互換&フレキシブルな装着が可能な、ニコン大口径レンズ用レンズフット「マーキンス LU-15」購入

Markins_LU15_02


フレキシブルな調整を可能にしたギミックはプレートと台座を分離させたことですが、

便利な面はあるけど、重量級レンズ用のレンズフットのプレートと台座を分離させるのは利点より剛性への不安の方強いのでは?


という発表時の不安は、ぶっちゃけ、使い始めた今も完全に拭い去れるものではありません。

が、近所での満月撮影と先日の SUPER FORMULA 最終戦@鈴鹿サーキットの2回のみながら使ってみた印象を言えば、

気を付ける点もあるけど、まずもって問題ない


という印象。

Markins_LU15_27


メーカーが、雲台その他で定評を受けている Markins がしっかり検証して製品化したのですから当たり前といえば当たり前ですが、今までにない構造、ギミックのレンズフットへの不安は確実にあって、不安が消えないなら Kirk のレンズフットを買うことも考えていましたが、実際に使ってみて現時点では、

これなら大丈夫かなぁ…


という結論でした。(理由は後述)

もっと言えば、通常の(台座部とプレート部が分離しない)レンズフットに比べれば剛性その他に不利があるだろうとしても、

純正レンズフットの下にプレートを装着するよりは断然安心


と感じられますので、アルカスイス互換の雲台その他を使う身としては、少なくとも純正レンズフットから交換した価値はありました。


続きを読む

昨日は SUPER FORMULA 最終戦および日本初開催の WTCR を鈴鹿サーキットへ観に行ったのですが、いや〜 SUPER FORMULA の激闘は感動モノでした。優勝および年間チャンピオンの行方が1秒なかったレースは、目の前で観ながら鳥肌が立ちました。

TediousDays20181028_01_2114
(逆転チャンピオンへ夕暮れの最終コーナーを駆け下る山本尚貴選手)


今年のモータースポーツ観戦は、今夏から始まった鈴鹿10時間レースのチケットを買っていたのに仕事が忙しすぎて断念したり、先週の SUPER GT オートポリス開催が日程変更になって行けなくなったり、と残念でしたが、シーズン最後に感動するレースを目の前で観られて幸せでした :-)

さて、昨日の鈴鹿サーキットでは前回ブログ記事に載せた、部品注文して取り寄せたニコン大口径レンズ用のドロップインフィルターホルダーに ND フィルターを装着して早速 AF-S 500mm f/4E FL ED VR(以下ゴーヨンFL)に使っていました。

ニコンの大口径レンズ用ドロップインフィルターホルダーが売られていないので部品注文してみた 〜迅速なフィルター交換のために

やはり外でレンズのど真ん中を開けてドロップインフィルターを交換するには、予めフィルターを装着したドロップインフィルターホルダーを用意して一瞬で差し替えることができないと怖いですからね。これで少しは安心です。

TediousDays20181028_01_0587
(日本初開催のWTCR。WTCCから受け継ぐゴチャゴチャ感が良いね)


そして昨日はもう一つ、ゴーヨンFL に新しいアイテムを装着していました。マーキンスから新しく発売されたアルカスイス互換のレンズフット「LU-15」です。



以前、ゴーヨンFL を購入してあまり時間が経ってない時に、ゴーヨンFL のレンズフットをアルカスイス互換のものに交換しようと思って、Markins の日本代理店である Trinple に問い合わせたことがありました。

マーキンスの雲台が2台あるのでレンズフットもマーキンスにしようかと思って問い合わせたものの、ゴーヨンFL 用というのはなく、1つ使える製品はあるけどフードの逆さ刺しと干渉しちゃうよ、という話でした。

ゴーヨン FL のアルカスイス規格レンズフットを悩む : Tedious Days More×3

その時には「本国では来月くらいを目途に作るらしい」ということもお聞きしたので、それを待つか、それとも RSS の製品を B&H で買うか、Kirk の製品をスタジオ jin で買うか、という選択肢になっていました。

LCF-18 for Nikon AF-S 500mm & 600mm f/4E FL ED VR lenses
スタジオJin / 【KIRK】Nikonトールタイプレンズフット LP-63SG

その後、私自身が仕事に忙殺されまくって、3カ月でゴーヨン持って撮影に行けたのが千歳基地航空祭だけ、全く一脚・三脚を使う状況になく、ゴーヨンFL のレンズフットのこともすっかり忘却の彼方でありました。

そんなところに今月、トリンプルからマーキンスのニコン望遠レンズ向けレンズフットが発売、というニュースが。

800mmや600mmも支える ニコン望遠レンズのための三脚座 - デジカメ Watch
マーキンス LU-15 ニコン用 レンズフット | 株式会社トリンプル

翌月には出るようなことを言っていた Markins のレンズフットが今ごろ発売になったのか〜、と思いつつ記事を読むと、

プレート部には段差が設けられており、カラム(取り付け方向の変更が可能)の位置を調節することで、レンズごとに異なる重心やフードとの干渉を避けることができる。前後の長さや高さの調節にも対応する。


とあります。台座の部分(カラム部)とプレートが分離していて、色々調節可能らしい。

Markins_LU15_02


うーん、便利そうなギミックかもしれないけど絶対必要なものでもないし(バランス調整は一脚三脚装着側でできる)、そもそも

重量級レンズのレンズフットは剛性第一安全第一なのに、そんなギミック付けて大丈夫かなぁ?


というのが第一印象。レンズフットを交換して使った経験のある人なら、誰しもまずそう思うのではないでしょうか。

ぶっちゃけ

マーキンスもこんな不安になるギミックなしの普通ので良かったのに…


というのが本音で、EF レンズ時代に愛用していた Kirk のレンズフットにしようと思ったのですが、

ふとヨドバシ.comを見たら1個だけ在庫があった


ので、思わず人柱覚悟で購入しました(^_^;)

また、お前は直感で微妙なモノに突っ込んでいくのか


というパターンですが、2回に分けて簡単な使用レポートをば。


続きを読む

【2018/11/4 追記訂正】キヤノンのレンズ付属ドロップインフィルターホルダーの内容を忘れており、コメントでご指摘いただいたので一部内容を修正しました。

ニコンでもキヤノンでもその他でも、大口径の望遠〜超望遠レンズ(200mm F2, 300mm F2.8 以上のレンズ)でフィルターを利用する際は、レンズ鏡胴の途中に(根元の方に)あるドロップインフィルターホルダーを使う仕組みになっています。

NikonDropInFilterHolder4
(つまみを捻って持ち上げるだけでホルダーは取れる)


ドロップインフィルターを使おうとすると、見ての通り、レンズのど真ん中を開けてフィルター交換することになるので、ホコリなどの混入を考えると頻繁な利用は躊躇われるのですが、モータースポーツ撮影の晴天時流し撮りなど ND フィルターを使わざるを得ない場合もあります。(特にフェンス越し)

そして、半年前からニコンの長玉を使い始めて知ったのですが、

ニコンではドロップインフィルターホルダーが売られていない


ことを知りました。


(現行大口径レンズII型と今年発売のIII型でホルダーは別製品)


ドロップインフィルターホルダーが別に売られていないと、最初からレンズに付いているプロテクトフィルター付きドロップインフィルターホルダーを取り外して ND フィルターなどを付けることになります。

が、それではフィルターの脱着に手間がかかるし、その間にレンズにホコリが入りやすいよ…と思うわけです。

NikonDropInFilterHolder6
(大口径レンズに最初から装着されているドロップインフィルターホルダー)

NikonDropInFilterHolder7
(判りづらいが最初からプロテクトフィルターが装着されている)


外部から操作が必要なPL フィルターを除き、ドロップインフィルターホルダーのオプションを買わなくてもフィルターを使えるのは良いのですが、実際に使うとなると、そう単純な話にはなりません。

続きを読む

このページのトップヘ