Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

カテゴリ: チラシの裏な日々

今年も iPhone の発表会が明後日未明、日本時間で9月8日午前2時から行われます。

Apple Events - Keynote September 2016 - Apple

昔と違って今は Apple 自らライブ中継を行っているわけですが、スマートフォンも行き着くところまで行き着いている状態ですし、スティーブジョブズ存命時と違ってリーク情報だだ漏れな昨今ですから、iPhone の新型発表と言っても、昔のように何らワクワク感はありません。

と、ここ数年はそう思っていたのですが、今回の新しい iPhone に関しては
  • 本当に、おサイフケータイ対応になるのか?
  • とうとう公式に防滴 or 防水対応スマホになるのか?
  • イヤホン端子はマジでなくしてしまうのか?
  • イヤホン端子をなくすとしたら付属イヤホンは Lightning イヤホンなのか?
  • カメラ周りはどうなる?(Plus は二眼カメラに?ノーマルモデルも光学式手振れ補正内蔵?)

といったあたりは個人的にも注目していて、ここ数年よりはちょっと「今度の iPhone はどうなるんだろ?」感が高まっているのも事実です。(まぁイヤホン以外全部ハズレ、来年に期待という可能性もあるわけで)

それに加えて、

5s で満足、これ以上は特に望まないと思っていたけど
6s Plus に買い換えて、その思い込みが間違っていたことを実感


しただけに、

「もうスマホの進化なんてないし、どうでもええわー」
と斜に構えすぎるのもどうかな?


という反省があるので、2016年モデルの iPhone は近年にしては珍しく気になっていたりします。

そしてその、「もう iPhone も 5s レベルで十分だわー、これ以上はええわー」などと思っていた自分に、予想外の大きなインパクトを残して愛用している iPhone 6s Plusも、使い始めて半年が過ぎました。

「5s で満足だけどバッテリーがへたってきたし、iOS 9 でモッサリしたから、iPhone SE に買い換えるか…」と iPhone 買い換えを検討した結果、真逆のデカ iPhone 6s Plus を購入した理由は、6s Plus 使い始め当初に書きました。

4インチ iPhone 最高!の私がiPhone SEを買おうとして6s Plusにした、たった一つの哀しい理由
小さなiPhone 最高!の私がiPhone SEじゃなく6s Plusにした、哀しくない些細な幾つかの理由とその結果

大好きだった 4インチ端末である iPhone SE ではなく、デカい iPhone 6s Plus にしたのは、一重に寄る年波に勝てなかったことであり、他にも細かい理由はありますが、iPad を持ち出す頻度を減らして荷物軽量化ということも含めて、年齢が iPhone 6s Plus 購入に踏み切らせた、ということでした。

新しい iPhone が発表されたら iPhone 6s Plus について書くのも微妙になりますから、半年使ってきた iPhone 6s Plus に関する感想記事を総括する意味で、

「半年前に iPhone 6s Plus 購入に踏み切った理由と、その後使い始めた当初に色々感じたことについて、半年経った現在はどうなのか?」

ということを以下に列挙しておきたいと思います。


続きを読む

台風10号が東日本を襲っている本日、大阪は台風一過の秋晴れとも言える爽やかな日和になっています。一昨日の日曜日、鈴鹿サーキットでモータースポーツの夏を締めくくる「インターナショナル鈴鹿 1,000km SUPERGT 第6戦」が行われ、雨風にまみれて観戦、撮影していたので、今日みたいな日和であれば…と思わずにはいられません(>_<)

ただ、午前中の大雨でウェット路面だったのが、雨が止み、12時半のスタート前から強風で急速に路面は乾いていくわ、かと思えば、2時間に1度のペースで通り雨がザーッと降り、6時間のレースの最後まで優勝争い、表彰台争いをもつれさせて、エキサイティングなレースを楽しめた要因になったので、台風による変な天気が一概に辛かったとは言い難いところでしたけど…

20160828Suzuka1000km


さて、表題の本記事ですが、週末に投稿済みだと思っていたら、すっかり忘れていました。鈴鹿 1,000km のレース観戦へ意識が行きすぎて投稿を忘れていたようです(^_^;)

おかげで元々が与太雑談記事なのに、さらに話題の時期を外した感になりましたが、そうこうしているうちに今朝、Apple が噂どおりの 9月7日に発表会を行う際の生中継ページを公開しました。

Apple Events - Keynote September 2016 - Apple

もちろん、次期 iPhoneの発表が行われるのは確定的でありますが、少し前から、その次期 iPhone で「おサイフケータイ」が使えるようになる、という話がネットを賑わしています。

半月ほど前、石川温氏の有料メルマガで、氏がかなりの断言風味で述べていたことがキッカケで噂が巻き起こりましたが、同じ趣旨の内容の記事が先週、日経オンライン紙上でも掲載されました。

iPhoneにフェリカ 「おサイフ」に現実味:日本経済新聞

厳密には次期 iPhone に載るかも?と言われているのは、従来のガラケーや国産スマホに搭載されているおサイフケータイの規格「Felica」とは違うのですが、以下の経緯で、次期 iPhone におサイフケータイが使えるようになるかも?ということです。


続きを読む

最初に言っておかなきゃならないことですが、当方、映画マニアどころか映画ファンでもなく、映画館で映画を見るのは年に4〜5本程度の“スーパーライトユーザー”であり、dTV や Amazon プライムビデオで見る映画を含めても年間30〜40本くらいですから、映画に対して特に何か言えるほどの知識も経験もありません。

そういった“スーパーライトユーザー”ですから、劇場で見る映画といえば、どちらかというとハリウッド大作と呼ばれるものに偏っている傾向は否めませんし、そもそも邦画を見る気になることなんて数年に一度あるかないか。いや、ない。

今回「シン・ゴジラ」を某所イオンシネマで見たのですが、本編始まるまでに予告編を20分近くも見せられ、十数本どれもこれも興味を惹かないツマラなさそうなものばかりで帰りたくなっただけでなく、その6割くらいだった邦画の予告編を見るたびに、

なんでこんなの映画化するの?金払って見に行く人、そんなにいるの?こんな内容2時間ドラマで良くね?


とか本気で思うくらいには偏見で凝り固まっている私なので(お気に入りの役者も好きな女優がいるわけでもないし)、元々「シン・ゴジラ」を見に行くつもりもありませんでした。

過去に「ゴジラ」を劇場で観に行ったこともあるし、テレビやオンデマンド系でも何作品か見たことはありますが、また今さら劇場で金出して「ゴジラ」なんてねえ…と思っていました。

もっと言うと庵野秀明作品、っていうか、実質エヴァンゲリオンは世間で評価されてるほど凄いと思えなくて(リアルタイムでエヴァもカレカノも見てたクチですが)、嫌いじゃないけど絶賛したくなる人間ではなかったので、庵野秀明作品だからと言って観に行く動機には成りえませんでした。



そんな否定要素、観に行かない条件全開の私でしたが、先週末の「シン・ゴジラ」公開初日から Twitter の timeline を見ていると、チラホラ観に行っている人がいて、ほぼ全員が「良かった!」と褒めているし、ネタバレしたくないけど語りたい感がツイートに出ていました。

そして土日になると、公開初日の評価が口コミで流れていたせいか、多くのフォロワーさんが観に行っていて、やっぱり高評価ばかり。それも過去のゴジラにはない描き方への評価ばかりでしたので、「これは一度見ておくか…」と。

そして早速、観に行った今言えるのは、

観に行って良かった、もう一度観に行っても良いくらい


と。いや〜、前述のような私が邦画でこんなことを思ったのは、いつ以来でしょうか。

ネタバレする気はないですが、とりあえず思うのは…


続きを読む

一ヶ月ほど前にクラウドメモサービスの雄「Evernote」が有料プランの値上げを発表し、同時に無料版の利用制限を引き上げて利用端末2台まで、となりました。

Evernote の価格プランの改定について - Evernote日本語版ブログ

「Evernote を使えばこんなに便利!」「できる人は Evernote をこんなに活用している!」なんていう記事がメディアでも個人ブログでも雨後の筍のように氾濫しましたが、結局パワフルに使っている人は少数なのでしょう。

周りを見てもキャンペーンがらみではなく自分でお金を払って Evernote の有料プランを使っている人は2人いますが、うち1人は今回の値上げで有料ユーザーを止めて無料版を使いつつ代替策を探すそうです。

ちなみに発表直後には値上げ対策として、割安になったソースネクストのパッケージ版「Evernote プレミアムパック」を購入するという手段もありましたが、早々に売り切れ、そしてすぐに販売終了になってしまいました。



かく言う私も Evernote の有料プランユーザーになったことは数年ありましたが、docomo 端末契約のおまけなど何かとサービスで付いてきたもので、それらの間も含めて Evernote をガシガシ使いまくったことはなく、当然自分でお金を払って有料プランに加入したこともありません。

そして、Evernote の便利さは使っていて私も十分感じていたものの、ここ1年くらいはもう全く使わなくなってしまいました。その理由は

メモアプリにしては重くなりすぎ


ということ。

これはひとそれぞれ印象が違うと思いますが、軽くレスポンスの良いメモアプリが好きな私としては、初期の頃はともかくどんどん機能が増えて便利なことも増えた分、もっさり感が気になってきて使わなくなってしまいました。テキストメモとしても、テキスト分量が多いと動作が鈍くなるのは厳しかったですね。

だからと言って Evernote ほどの多機能メモアプリをそのまま代替できるアプリ、サービスもないのは事実で、結局自分の使い方を考えて、どこか妥協するか、もしくは複数サービスに割り振るか、的なことになります。

一般的に Evernote 代替のメモアプリというと、以下のアプリがメジャーどころでしょうか。

続きを読む

今年は2年に1度開催される Photokina が9月にありますので、これから夏の終わりに向けて各社精力的な新機種が次々と発表されるのでしょうが、その第一弾と言うべき形で富士フイルムのダブルフラッグシップの一つ、X-Tシリーズの新機種 X-T2 が発表されました。

X-T2 | FUJIFILM X
X-T2_1


本日はシグマのミラーレス機 SD Quattro の発売日でもあり、先日はハッセルブラッドもミラーレス中判カメラを発表し、キヤノン、 ニコン、ペンタックス・リコーを除いてはすっかりミラーレス機ばかりとなったレンズ交換式デジタルカメラ。

2年前に富士フイルム Xマウント一式を始め、手持ちのミラーレスシステムを全て処分してデジタル一眼レフに舞い戻った身としては、ミラーレスの新機種には興味ありつつもほぼ完全にスルーして、周囲に購入した人がいれば少し試させてもらってるくらいの昨今。

ですが、手放したとは言え、やはり富士フイルム Xマウントシステムは嫌になって手放したというわけではないので、今でも各社ミラーレスシステムの中では唯一気になる存在であります。

X-T2_4
(XF14mmF2.8R もコンパクトで良い超広角レンズだったなあ)


富士フイルム的にはレンズロードマップの達成が一段落を迎えたせいか、今年はボディの年として、ダブルフラッグシップの X-Pro2 に続いて X-T2 を発表して世代交代完了、

富士フイルム X システムも第二ステージへ


というところでしょう。噂されるデジタル中判システムのことはありますが、

「今後 Xシステムが、富士フイルムがどういう方向性で行くのか」

というのは興味ありますし、X-T2 のウェブサイトを始め、久しぶりに富士フイルム X シリーズ・レンズのウェブをじっくり見ていると「うーん、どうするんだろ?」と思うところもあります。

まず、今回発表された X-T2 の特長、特に X-T1 からの新機能面を挙げると以下のようになります。


続きを読む

先日、「小さな iPhone では敬遠していたけど、大画面の 6s Plusに替えてヤル気になった幾つかのこと」と題して、ファブレットとも俗称される大画面スマホに変えたことで、(元々好みだった)小さなスマホではやる気にならなかった作業をやり始めたことを書きました。

小さなiPhoneでは敬遠していたけど、大画面の6s Plusに替えてヤル気になった幾つかのこと【前編】電子書籍、動画編集etc.
小さなiPhoneでは敬遠していたけど、大画面の6s Plusに替えてヤル気になった幾つかのこと【中編】外部キーボードを組み合わせての作業
小さなiPhoneでは敬遠していたけど、大画面の6s Plusに替えてヤル気になった幾つかのこと【後編】写真取捨選択のための Lightroom mobile

この中で、従来タブレット(iPad)だけでしか作業してこなかった、外部キーボードを組み合わせての作業を iPhone 6s Plus でも行うようになったことを書いたのですが、それとともにちょっと困っているというか、悩んでいることが一つ。

iPhone 6s Plus + 外部キーボードを机の上ではなく
膝上でタイプしたい時の最適なスタイル、キーボードが見つからない


ということ。他愛もないことですが、「どこでも、ちょっとした車内の移動時間でもタイプしたい」時はあるので、割と真剣に悩んでいます。

「iPhone 6s Plus +外部キーボード」という組み合わせを使う時は、ノートパソコンどころか iPad すら持ち歩かない状況ですから、iPhone と組み合わせる外部キーボードもコンパクトに収まるものが絶対条件です。デカいキーボードを持ち歩くなら、何のためにスマホだけでやってるのか意味がなくなります。

また、iPhone 6s Plus を置いてタイプするのですから、スマホ用のスタンドも必要になりますし、膝上で使うならキーボードともども安定させる必要があります。

が、これを満たすモノというのが見つからない。


続きを読む

5.5インチの大きな液晶画面の iPhone 6s Plus に買い換えて3ヶ月。老眼の始まりを自覚して大画面スマートフォンへ買い換えたですが、思いの外、大画面効果があることを再三書いてきました。

前回はその “大画面効果” で、従来の小さな 4インチ台の画面のスマホではする気にならなかったけど 6s Plus にしてから行っていることのうち、電子書籍を読んだり、動画の簡単な編集作業を行うようになったあたりについて述べました。

小さなiPhoneでは敬遠していたけど、大画面の6s Plusに替えてヤル気になった幾つかのこと【前編】電子書籍、動画編集etc.

今回は、従来 iPad で行っていた「外部キーボードを使った作業」を iPhone 6s Plus でも行うようになった理由、iPad での作業との違い、について少々述べておきます。


続きを読む

先週の記事で「iPhone 6s Plus のような大画面スマホを実際に使ってみて、スマホの大画面化で(小型)タブレットが売れなくなったのも実感できたわ」という話を書きました。

iPhone 6s Plusをしばらく使ってきて「スマホが大型化してタブレットが売れなくなるのも判るわ」と実感する昨今

上記記事では「5.5インチの大画面スマホにしたことで、使い方が広がった」と書きました。例として、
  • 写真を見せる、地図を示して説明するといった時に、タブレットを出さずスマホで良いかと思える画面サイズ
  • カーナビとして実用的に使える画面サイズ&大きすぎない適度なサイズ
  • 電子書籍で文庫本を読む感覚にちょうど良い感じ

ということを挙げました。

また、

画面がここまでデカくなるとタブレットでなくても
スマホでもやろうと思えることが増えた


ということも実際あって、実際に
  • 外部キーボードを使ったテキスト入力系の作業
  • Lightoom mobile を使った画像取捨選択やパソコンでの編集作業の事前処理
  • iPhone で撮影した動画の簡単な編集作業(iMovie)

といった作業も、やっとこの画面サイズになってやる気になったかな、というのがあります。

今回はそのあたりについて具体的に少々。


続きを読む

WWDC 基調講演も終わって Apple 関連の次期 OS が概ね明らかになったのですが、改めて

今の IT メジャー企業で最も保守的なうちの一つがアップル


というのを露呈した感が十分出ていました。同時期の E3 の方が VR タイトル始め、興味惹かれるものが多い印象。

もちろん、VR やら何やらの業界トレンドを追えば良いというものではないですが、とにかく新しいものが何も無さすぎでした。もうワクワク感とかいう言葉を使うのはアップル宣伝某ライターくらいしかいないでしょう :-P

こうなると今秋登場の iPhone 7 も特に新味がなさそうな気配が強くなってきて、さらに薄くなってイヤホンジャック廃止とか Plus モデルではデュアルレンズだとか言われていますが、どうなってしまうんでしょうか…

半年遅れで iPhone 6s Plus に買い換えた私は当面 6s Plus で行く予定ですが(来年の iPhone 10周年記念モデルには期待)、iPhone 7 でイヤホンジャックが廃止されるという噂が出てきたのも 6s への背中押しの一因だったことは否めません。

さらに薄くなるのはいいかもしれませんが、以前 iPad Air から Air 2 に買い換えた時に「この薄さは(表面積に比べて)むしろ怖いくらいの薄さ」と感じたので、これ以上薄くなるのもどうかと思うんですよね。

ジーンズの尻ポケに入れる派としては、Plus モデルのサイズでこれ以上薄くなると座ったときに割れそうで…冗談じゃなくホントに。(6s Plus でも気を使います ^^;)

iPhone6sPlus04


ともあれ、3ヶ月前に iPhone 5s から iPhone 6s Plus に買い換えて、いま出回ってるスマートフォンでも一番小さな 4インチ液晶から、大きめ画面の(iPhone では最も大きな)5.5インチ液晶のスマホに切り替えたわけですが、その点の善し悪しについては、購入直後から散々書いてきました。

小さなスマホ好きが敢えてデカい iPhone 6s Plus に買い換えて2ヶ月【想定どおり編】
小さなスマホ好きが敢えてデカい iPhone 6s Plus に買い換えて2ヶ月【思惑どおりに行ってない編】

時間が経ってもこのあたりは変わらないのですが、上記記事などで触れたとおり

画面がここまでデカくなると(元々の目的であった)老眼に優しくなるだけでなく、タブレットじゃなくスマホでもやろうと思えることが増えた


ということはあります。

元々買い換えるキッカケになった iPhone SE ではなく 6s シリーズにしようと決断したこと、さらに Plus じゃないノーマル 6s ではなく 6s Plus にしたのは老眼が主な理由でしたが、後者に関してはノーマル 6s と同じ 4.7インチ液晶端末をサブ機 Android で使っているので、

「4.7インチ液晶端末では従来と使い方が大きく変わらないだろう、変化を求めるなら 5.5インチ液晶の Plus にしよう」

という判断でした。そして手に余るのを覚悟で 6s Plus を思い切ったわけですが、想像していたとおり、いや想像以上に

5.5インチという大きな液晶のスマホになると
使い方も少し広がってくるなあ


と実感しまくっています。スマホとして使い方が変わるのではなく、使い方が広がる、という印象です。

具体的にどういった点に「使い方が広がる」のかと言うと…


続きを読む

今週は恒例の WWDC 開催週。WWDC 基調講演は、新型 iPhone 発表と並ぶ、アップル最大の年間イベントと言っても良いでしょう。

とはいえ、スマートフォンも(タブレットも)すっかりパソコンと同じく新味に乏しいカテゴリーになってしまい、以前とは違ってワクワク感はほとんどなく、午前2時からの基調講演を必ず見ようというテンションも今は昔です。

また、以前と違って WWDC で新型 iPhone を発表することはなく、iOS や Mac 向け OS X の次期バージョンの話が中心になる昨今になっています。(開発者向けイベントですから本来の姿ですけど)

それでも自分がメインで使っているものに大きく関わるものですから、OS X にしろ、iOS にしろ、やはり気になります。

Windows も Android も使っていますけど、特に Android 端末は Google 端末を除いて OS のメジャーアップデートなんて 1回あればラッキーなくらいですから、

「Google が Android 新バージョン発表?どうせ、ウチの端末には関係ないね」

となりがちなので、それを思えば

iPhone、iPad は新OS の楽しみがあるだけマシ


なのかも良いかもしれません。まぁ、古い端末にとって新 OS は動作が重くなる可能性があるので良いことばかりではないですけど(^_^;)


続きを読む

このページのトップヘ