Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


カテゴリ: チラシの裏な日々

先週末で今年 2017年の Jリーグが終了し、本記事公開の日時の頃には年間表彰式「Jリーグ・アウォーズ」が行なわれているはずです。DAZN で中継されているでしょうが、今年は見る気が起きるはずもありません(´Д` )

おまけに例年ならまだ天皇杯が残っているはずですが、今年は早々に敗退して、久しぶりに12月上旬でサッカーシーズン終了になりました。来年はW杯がある関係でシーズンスタートが早いため、サッカー成分が欠けて欲求不満が溜まる期間は短いでしょうが、物足りなさは残ります。

GambaOsaka EmperorCup 20161224
(去年はクリスマスイブに横浜まで観に行って負けましたが、試合がないより1万倍マシ)


ともあれ、まずは川崎フロンターレ初優勝おめでとうございます。先週末は出張などで忙しくライブで見る余裕はありませんでしたが、逆転で初優勝初タイトルを勝ち取ったのは本当に良かったと思います。

鹿島の小憎らしいまでに大人びたサッカーとその強さを否定することはありませんが、今のフロンターレの攻撃的なサッカー、積極的なサッカーでタイトルを奪取できたことは、かつて、そういったサッカーの代名詞的なチームであったはずのガンバ大阪の一ファンとして、鹿島が優勝するよりも嬉しく思うのは止むを得ないでしょう :D

川崎フロンターレといえば、試合開催時の様々な、ここまで貪欲にやるか!?的なイベントが色々開催されることでも有名で、そういった多彩なイベントに対しては、外からは単純に興味深いイベントに見えてもファン、サポーターの中には「そんな余興に金かけるなら、チームをもっと強くせえや」という意見もきっとあったことでしょう。成績が伴わない中では、そういう声があるのは当然でもあります。

けれど、今回の優勝でクラブのあらゆる前向きな姿勢に疑問を挟む声もなくなるでしょうし、多様な努力で集客力も高まって、なおかつ結果を出したこれからはさらに一回り大きなクラブになるのかな、と思います。そもそも今年からの DAZN マネーにより、優勝で20億円以上の資金が転がり込んできますしね(羨ましい)

GambaOsaka vs KawasakiFrontale 20160429


いずれにせよ、結果も内容も伴ったリーグ優勝、勝つだけでなく見ていて楽しいサッカー、スタジアムへ初めて来た人でも魅力を感じられるサッカーでの優勝は本当に喜ばしく(攻撃だけでなく失点の少なさもリーグ3位の守備も良かったチームだけど)、それと同時に

今年のフロンターレの試合を見れば見るほど、対照的な今のガンバが辛い(ToT)


というのは偽らざる本音です。

川崎相手にシュート1本だけの現実。ガンバのDNA、未来は見えているか。 - Number Web

正直言って

どうしてこうなった┐(´д`)┌


以外の言葉が出てこない、そんな今シーズンでした。

続きを読む

気がつけば 2017年も残り1ヶ月と数日。晩秋もラストスパートに入って京阪神の紅葉も、もう残り香を楽しむ程度になりつつあります。

私自身、先月に上高地・新穂高ロープウェイへ行って山の紅葉を満喫した後は全くどこへも行けずじまい。今月は明野駐屯地航空祭、かさおかポルダーフェスティバル、岐阜基地航空祭とエアイベントが色々あったのと、お仕事関連もあって、紅葉を見に行く余裕がありませんでした。

新穂高ロープウェイ期間限定「サンセット・ロープウェイ」(と晩秋の上高地)【前編】
新穂高ロープウェイ期間限定「サンセット・ロープウェイ」【後編】

「今年はこのまま紅葉を観に行かずに終わりそうだなー」と思っていたのですが、連れ合いから光明寺の紅葉特別入山へ行きたい!と言われて、割と近所でもあるので合間を縫って、昨日の午後にチラッと行ってきました。

Komyoji20171127H

京都 総本山 光明寺

ぎりぎりまだ紅葉が楽しめる感じでしたので今週いっぱい持つかどうか?だと思いますが、来年以降行かれる人のこともあると思うので、軽く紹介しておこうと思います。


続きを読む

昨日は iPhone X の予約で色々あったみたいですけど、盛り上がってたんですかね?

と他人事なのは、私めは秋の長雨と台風で紅葉の日光へ行けなかった鬱憤を、台風と台風の合間の、つかの間の晴れのさなかに昇華すべく、昨日は日帰りで北アルプス界隈へ紅葉ドライブへ行ってきて、都会の喧噪ともネットの喧噪ともおさらばしておりました。

Driving20171027


最近ドライブもあまりできていなかったし(仕事で長距離乗ったり、飛行機を撮りに行くとかはドライブのうちに入らない)、ああいう自然の中でリフレッシュしていると、ガジェットネタみたいなのはどうでもよくなりますね(^_^;)

というか、カメラを持ち歩く、撮影することに、つくづく再考することの多い昨今ではありますが……(録れてるはずのものが撮れてなくて怒り心頭だったりしたけど、逆にカメラの買い換え欲は更に低下したり -_-;)

もっとも、帰ってきて平常生活に戻るとアレコレ思うことはありますが、先日アップルから「iPhone X 発売当日アップルストアで売るよ」というリリースが出ていましたので、久しぶりに iPhone 購入者の徹夜行列ができるのかな?超品薄という噂なのに当日ほんまに買えるのかな?なんて思ってしまいます。

iPhone Xは世界の55を超える国と地域で提供され、11月3日(金)午前8時より(現地時刻)よりApple Storeでの販売を開始する予定です。ほとんどの店舗では、予約注文なしで早めに来店されるお客様に対してiPhone Xをご用意します。

iPhone X、10月27日(金)より予約注文がスタート - Apple (日本)

ま、そんな iPhone X はともかくとして、前回で近年自分の中でも使う場面が狭まっていた7インチ・タブレット Nexus 7 (2013) を最近見直した、という記事を書きました。

最近 7インチ・タブレットの良さを見直した 〜モバイル含めて常用アイテムに復活

徐々に老眼入り始めたために寝モバ(ベッドサイド利用)以外は、文字サイズに余裕のある 10インチクラスの iPad Air 2 を使うことばかりになっていたのですが、久しぶりに Nexus 7 を持ち出してみると、

狭いパーソナルスペースで気兼ねなく利用できるのは良いね


と改めて 7インチ・タブレットの良さを実感した次第。LTE バージョンの Nexus 7 (2013) ですから、元々持ち出してナンボでありますしね。(テザリングはできるだけ避けたい派)

ウェブブラウズや SNS、電子書籍を読む場合にはサイズに余裕のある大型タブレットの方が楽なのは事実ですが、いまの自分のオメメに合わせてフォントサイズなどを適切に設定すれば、特に問題なく使えるのを忘れていました(^_^;)

Nexus7atMcD


前回記事で書いたとおり、まだストレスを感じるほどモッサリでもないので、改めて実戦復帰、第一線で活躍するようになった Nexus 7 (2013) ですが、なんと言っても

4年以上も使っていると故障が怖い


のも事実。正直言って、いつ壊れてもおかしくない、と言えます。

今でも、タッチセンサーの反応が時々おかしくなること(スリープのオンオフで治る)や、突然「SIM が取り外されました」というアラートが出ることもある(再起動で治る)ような、経年劣化的な現象はあります。使うのに大きく支障が出るようなことはありませんが、不安です。

ところが、スマートフォンが大画面化してきたせいか、7インチクラスの小型タブレットはすっかりマイナー機種化していて、新機種もロクに出なくなってしまいました。

気が付けば

Nexus 7 (2013) が壊れても
買い換えるのに相応しいデバイスが見あたらない


のですよね……


続きを読む

いやー、昨日から今日にかけての台風21号は、なかなか凄まじい風でしたねえ。進路から離れた大阪北部も暴風雨圏内で夜中は暴風吹き荒れ、物置の屋根が壊れて昨晩から今朝にかけて応急措置していて大変でした。大したことではなかったですが、台風で初めて物的被害に遭いました(>_<)

さて、一週間ほど前の出張移動車中で暇つぶし的に、買い換え・買い増しの購入判断の材料を自分の中で整理できたらなー、という感じで書き始めた記事は、以下のパソコンとスマホでした。

安定の買い替えか、コストパフォーマンスの乗り換えか 〜次に買うべきモノを悩む1:次のパソコン
iPhone を買い換えるか否かで Android の買い替え方針も変わる 〜次に買うべきモノを悩む2:次のスマホ【前編】
もし今 iPhone を買い換えるとしたら……どれ? 〜次に買うべきモノを悩む3:次のスマホ【後編】

もう一つ「次」を予定しているのはカメラであり、動体相手の撮影カメラとしては E-M1 Mark II に見切りをつけているので、デジタル一眼レフに戻るのは、とっくの昔、E-M1 Mark II を使い始めて半月くらいには規定路線になっているのですけれども、じゃあ、いつ、何を、どんなシステムで、という点ではまだ結論を出していない(購入していない)現状であります。

というか、お金の算段もあるのですけれども、とりあえず10月まで来てしまったのと、次期購入機種本命(今のところ)の D850 の品不足が続いていることもあって、

サッカーの方はガンバ大阪は既にシーズン終了みたいな状態だし、モータースポーツも今週末の SUPER FORMULA 最終戦が中止になってもう撮りに行くこともないだろうし(SUPER GT 最終戦へ行きたいけど)、航空祭も今年行けるのはあと岐阜基地航空祭くらいだしなー


と思うと、

次のカメラは来年、来シーズン前でいいか


と、すっかり「今すぐ購入テンション」は落ちてしまっています。

D850_Release1


1ヶ月前のガンバ大阪の試合で、目の前で決定的な、きっともう二度と撮ることはできないシーンの直前に E-M1 Mark II がフリーズしやがってシャッターチャンスを逃した時には、

もう限界だ!と思い続けても使ってきたけど、今度こそ我慢の限界超えた!いますぐ D850 予約したる!パソコンとスマホ買い替え資金を全部カメラに注ぎ込むわ


と思ったのですけど、今すぐ D850 が買えるわけでないという状況が過ぎていくうちに、ひとまずテンションは下がりました(^_^;)



ちなみに、誤解のないように言っておきますけど、今のところ主力カメラをデジタル一眼レフに戻しても E-M1 Mark II と周辺レンズ群を売るつもりはないです。良レンズだけど期待したほどではなかった 300mm F4 IS PRO は懐事情によって売却するかもですが、他のレンズは持っておきたいな、と思っています。

動体相手の AF も使い勝手もダメだし、数字上のスペックを詰め込みすぎて明らかに処理能力が足りてないシーンが多発してるのを見ていると、

よほど OS の根本から作り直してスループット改善しない限り、今後のファームウェア・アップデートで高速動体・不規則動体相手に大きな改善は期待できないだろうなぁ


と判断していますが(未だに時々フリーズするのとメモリーカード書き込み中に再生できないアホ仕様くらい何とかして欲しいですけど)、動体を撮らない、高感度が必要なシーンで撮らないなら本当に良いカメラですからね。それだけだと無駄に高いカメラな気もしますが X-)

いずれにせよ、「D850 あたりを基本ラインに来年のシーズン開幕頃には次のカメラを…」とは思っているのですが、色々迷うところはあります。まぁ戯れ言ばかりですけどね。

続きを読む

先日のドコモ秋冬モデル発表会で一際注目を集めた「M」。

M Z-01K | 製品 | NTTドコモ

MNP 競争の防戦に必死だったドコモも、こんなキワモノなモデルを出せるくらいに余裕が出てきたのだなあ、と思える発表でした。総務省による端末安売り禁止令さまさまですわね。(総務省というより有識者とやらがメディア巻き込んで騒いだためだけど)

売れるかどうかは別にして、スマホのプロセッサパワーも通常用途では過剰なくらいになり、Android OS がマルチアプリ利用可能になったタイミングで出してきたのは良かった気がします。モッサリ君で2画面を活かせるアプリも殆どなかった MEDIAS W の亡霊もこれで成仏することでしょう :-)

個人的には YotaPhone みたいに2画面のうち1画面が Kindle のような電子インク端末なら、Android 端末の買い替えを発売まで待って10万まで出したと思いますが、2画面とも液晶画面だと残念ながら私の琴線には響かないですね。(目的が違うし)

YotaPhone も香港の会社に買収されて YotaPhone 3 は今までより安くなるみたいなので、どこかが輸入して日本の技適を通してくれないですかねえ。M 対抗で、au がさらにキワモノの YotaPhone 3 を…なんてのは妄想にすぎませんですね、ハイ。

YotaPhone2
(YotaPhone 2)


さて、出張移動車中の暇つぶし的に与太記事を書きつつ、買い換え・買い増しの購入判断の材料を自分の中で整理できたらなー、という話パート2の「スマートフォン買い替え」の話の続きです。

iPhone を買い換えるか否かで Android の買い替え方針も変わる 〜次に買うべきモノを悩む2:次のスマホ【前編】

サブの Android 機を早急に買い換えたいが、iPhone を買い換えて Android で使っている「おサイフケータイ」機能の役割を移すかどうかで、次に買う Android 機の選択肢も変わってくる、という話でした。
  1. おサイフケータイ機能を Android のまま継続して、iPhone は 6s Plus でも不満ないからそのままに、おサイフケータイ機能付き Android だけを買い換える(安上がり)

  2. iPhone を買い換えておサイフケータイ機能(Suica)を iPhone に移して、Android はおサイフケータイ機能のないコスパの良い端末に買い換える

このどちらにすべきか?去年時点では「iPhone の Suica はモバイル Suica と違って東海道・山陽新幹線のエクスプレス予約の EX-IC 代わりにならない」ことがネックで前者の方向で行く予定だったのですが、先日 iPhone 上の Suica も EX-IC 代わりになることが発表されて悩みは深くなったわけです X-)

ようやく iPhone で東海道・山陽新幹線 EX-IC(エクスプレス予約)乗車が可能に!

Android 端末は2年くらい前から買い換えようと思いつつも、なかなか買い換えられなかった理由は、

安い SIM ロックフリー Android 機は、グローバルモデルが着実に進化し続けているのに対して、おサイフケータイ付き国内専用モデルは進化が止まっていて今ひとつ買う気になれない


ことでした。ですから、エクスプレス予約の問題が解決した今、
  1. Android のおサイフケータイ機能を iPhone で置き換える
  2. サブの Android 機はおサイフケータイ機能付きにこだわらずコストパフォーマンスの良い機種を選ぶ

多少コストがかかっても、この方が満足感が大きくて今後長く不満なく使えそうだと判断しています。

ただ、こうなると問題は、どの iPhone (Plus) を買うか?なんですよねぇ……。頭を整理するために、ザッと個人的な各 iPhone 購入のメリット、デメリットをまとめてみると、


続きを読む

出張移動車中の暇つぶし的に与太記事を書きつつ、買い換え・買い増しの購入判断の材料を自分の中で整理できたらなー、という話パート2は、スマートフォン。

新しい iPhone、特に新世代の iPhone X が発表されてから「iPhone X 買うんでしょ?」と言われることが何度もあって、昨晩も言われましたけれど(^_^;)、毎年予約開始時間にヨドに並んで予約&発売日朝購入していたような熱意は、もうスマホに持てないのも事実。

ホイホイ銭が出せるわけでもない人間にとって10万円を軽く越えるスマホってのも微妙な思いがあるけれど、それ以上に長年のアップルユーザーなら経験したことがあるであろう、

ユーザーが金出してβテストやるみたいな状態


になった過去を思い出すと、iPhone X にもその可能性を感じなくもないので、なかなか悩ましいところです。それに今は高価でも、2世代もすれば X シリーズがメインストリームに降りてくるだろうことを考えると尚更。

ま、敬虔な信者はそんなこと気にしないだろうし、新しい刺激があって飛び込んでいけるモノがあるなら私も厭わないのですけれど、iPhone としては新しくてもスマホ全体として新しいモノも組み合わせも特にないですからねぇ。

と言いながら、魅力を感じる点もあるのは事実です。カメラの望遠レンズが明るくなって手ぶれ補正付きになったことも魅力ですし、また Plus モデルユーザーとしては

「Plus の大画面は手放せないけど Plus は手に余るんだよね」

という欠点を解消するモデルでもありますから、その一点だけでも魅力ではあります。(ノーマルモデルと Plus モデルの中間でありながら、画面サイズは Plus 以上ですから)

ThinkSmartphone201710A


ただ、個人的には新しい iPhone よりも、もっと切実なことがあって、「おサイフケータイ用にサブで使っている Android 機のバッテリーがかなりヤバい状態なので早急に買い換えたい」ということ。

ところが、

サブの Android 機を早急に買い換えたいが、iPhone を買い換えて Android で使っている「おサイフケータイ」機能の役割を移すかどうかで、次に買う Android 機の選択肢も変わってくる


という問題が絡んできて悩ましいのです。

これには、

Android 機はサブだから廉価端末で良いのだけど、おサイフケータイ機能のないグローバル端末は3万円くらいでも毎年どんどん進化しているのに対して、おサイフケータイ機能付きの国内専用端末は最近ほとんど進化してなくて、同じ価格帯のグローバルモデルに対して相当スペックが劣ってしまっている


このような理由もあって、
  1. おサイフケータイを Android のまま残す
    (iPhone はそのままに、おサイフケータイ機能付き Android を買い換える)

  2. iPhone を買い換えて Suica を iPhone に移す
    (Android はおサイフケータイ機能のないコスパの良い端末に買い換える)

このどちらにすべきか去年から悩んでいて、去年時点では一度前者で結論が出たのですが、Android 機を買い替えないまま一年経って、状況が変わって悩みは深くなりました(>_<)


続きを読む

最近は昔みたいに物欲限りなく的なこともなくなり(?)、このブログも物欲消化記事はすっかり減りましたけれど、そろそろ買い換え、買い増しを検討しなければならないものが色々と溜まってきて、お金の算段も含めて悩ましくなってきました。

予め断っておきますが、出張移動車中の暇つぶし的に書いた与太記事であり、記事を書きつつ購入判断の材料を自分の中で整理できたらなー、というところです :-)


続きを読む

今夜は Def Tech のライブにお呼ばれして行くところですが(いつも有難うございます!)、作業を早めに片付けて、難波へ行く前に本町で写真展を2つ観に行ってきました。

SKY GRAFFITI 2017 & 彩鉄図鑑


一つは、毎年行ってる日本航空写真家協会 JAAP 写真展「SKY GRAFFITI 2017」。富士フイルムフォトサロン大阪で、明後日12日木曜日まで開催されています。(最終日は14時まで、それ以外は19時まで)

もう一つは、鉄道写真家として有名な広田泉氏の写真展「彩鉄図鑑」。オリンパスギャラリー大阪で、19日まで開催されています。(最終日は15時まで、それ以外は18時まで。日祝日休館)

どちらも東京では既に開催済みですが、大阪で開催されて観に行って良かったので、僭越ながら場末ブログでも紹介しておきたいと思います。


続きを読む

お盆真っ盛り、盛夏真っ只中の週末ですが、皆さまいかがお過ごしのことでしょうか。当方、今年のお盆は何かと忙しいため、ガンバ大阪のホームゲーム観戦以外は出かけられる余裕もなく、昨日今日と八尾空港に珍しいものが来ているにも関わらず、指を加えて Timeline に上がる写真を眺めているだけの有様です(>_<)

そんなお盆ウィークに入る直前、「世界報道写真展2017」を観に行ってきました。

SekaiHodoShashinten2017B


私自身さほど熱心に写真展の類いを見てまわる人ではないのですが、キヤノンやニコン、富士フイルムなどのカメラメーカー系ギャラリーでの写真展を中心に、ちょこちょこ見てはいます。(見たからといって自分の身になってるかどうかは別にして)

また、JRPA 展や日本大判写真展のように、できるだけ毎年観に行こうと思っている写真展もあり、世界報道写真展もその一つ。

ただ、毎年観に行ってると言っても、世界報道写真展は有料の写真展ということもあって、去年みたく「ここ数年は観に行ってもそんなに感銘も受けた感じはないし、今年はやめとくか」みたいなこともあるのですが、今年は2年ぶりに行ってきましたし、インパクトはあったかな、と思います。


続きを読む

今月から郵便はがきなどの料金が値上げされました。先日、ウチの家族が郵便物と一緒に入っていた「郵便はがき値上げのお知らせ」チラシにビックリしていました。

2017年6月1日(木)から郵便はがきの料金等を変更させていただきます。 - 日本郵便

郵便はがきは値上げするけど年賀状だけは値段が変わらない、と言うのもアレですが、いっそ年賀状も値上げして、いい加減バイトに至るまでの郵便関係者にノルマと言う押し売りをするのも止めればいいのに、と思いますが、どうなんでしょうね。色々と問題になっている昨今、そろそろ槍玉に挙げられそうなもんですが。

OsakaExpwyPriceHike03


さて、今月は関西でもう一つ大きな値上げがあります。大阪圏の高速道路、

阪神高速、近畿道、阪和道、第二京阪、西名阪道の料金が改訂


されるのも、まだまだ周知されていないようで、残り一ヶ月になって CM もしたり、ウェブ広告でも見かけるようになったのですが、周囲の友人でもまだ何人も知りませんでした。

近畿圏の新たな高速道路料金 | NEXCO西日本 お出かけ情報
新料金 | 阪神高速新料金制度

料金体系統一/新料金制度、車種区分変更というのを前面に出していますが、

新たな料金体系というお題目だけど、実質値上げ


です。

短い距離では安くなります、という点を推してくるのは常套手段ですが、「高速道路を使わなくてもええか」と思うような短い距離ならともかく、そこそこの距離を乗れば値上げになるように設定されていて、特に

近畿道や阪神高速は長く乗れば従来の1.5倍!


になるので、通る区間によってはかなり値上げ率です。

OsakaExpwyPriceHike01
(阪神高速の告知では車種区分変更を全面に出してましたが…)


数年前に首都圏で行われたのと同様のことが大阪圏でも行われるわけですが、首都圏の「都心に入っても首都高経由でも、圏央道で迂回しても料金は同じ」という判りやすさと比べると、こちらはちょっと恣意的というか、疑問点も多く感じられる料金制度です。

今回の改正の詳細は先の NEXCO 西日本、阪神高速道路のウェブページおよび、そこにある PDF 資料をみてもらうとして、大阪エリアでのポイントをまとめると、以下のとおりです。(普通車 ETC の場合)

続きを読む

このページのトップヘ