Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


カテゴリ: チラシの裏な日々

出張移動車中の暇つぶし的に与太記事を書きつつ、買い換え・買い増しの購入判断の材料を自分の中で整理できたらなー、という話パート2は、スマートフォン。

新しい iPhone、特に新世代の iPhone X が発表されてから「iPhone X 買うんでしょ?」と言われることが何度もあって、昨晩も言われましたけれど(^_^;)、毎年予約開始時間にヨドに並んで予約&発売日朝購入していたような熱意は、もうスマホに持てないのも事実。

ホイホイ銭が出せるわけでもない人間にとって10万円を軽く越えるスマホってのも微妙な思いがあるけれど、それ以上に長年のアップルユーザーなら経験したことがあるであろう、

ユーザーが金出してβテストやるみたいな状態


になった過去を思い出すと、iPhone X にもその可能性を感じなくもないので、なかなか悩ましいところです。それに今は高価でも、2世代もすれば X シリーズがメインストリームに降りてくるだろうことを考えると尚更。

ま、敬虔な信者はそんなこと気にしないだろうし、新しい刺激があって飛び込んでいけるモノがあるなら私も厭わないのですけれど、iPhone としては新しくてもスマホ全体として新しいモノも組み合わせも特にないですからねぇ。

と言いながら、魅力を感じる点もあるのは事実です。カメラの望遠レンズが明るくなって手ぶれ補正付きになったことも魅力ですし、また Plus モデルユーザーとしては

「Plus の大画面は手放せないけど Plus は手に余るんだよね」

という欠点を解消するモデルでもありますから、その一点だけでも魅力ではあります。(ノーマルモデルと Plus モデルの中間でありながら、画面サイズは Plus 以上ですから)

ThinkSmartphone201710A


ただ、個人的には新しい iPhone よりも、もっと切実なことがあって、「おサイフケータイ用にサブで使っている Android 機のバッテリーがかなりヤバい状態なので早急に買い換えたい」ということ。

ところが、

サブの Android 機を早急に買い換えたいが、iPhone を買い換えて Android で使っている「おサイフケータイ」機能の役割を移すかどうかで、次に買う Android 機の選択肢も変わってくる


という問題が絡んできて悩ましいのです。

これには、

Android 機はサブだから廉価端末で良いのだけど、おサイフケータイ機能のないグローバル端末は3万円くらいでも毎年どんどん進化しているのに対して、おサイフケータイ機能付きの国内専用端末は最近ほとんど進化してなくて、同じ価格帯のグローバルモデルに対して相当スペックが劣ってしまっている


このような理由もあって、
  1. おサイフケータイを Android のまま残す
    (iPhone はそのままに、おサイフケータイ機能付き Android を買い換える)

  2. iPhone を買い換えて Suica を iPhone に移す
    (Android はおサイフケータイ機能のないコスパの良い端末に買い換える)

このどちらにすべきか去年から悩んでいて、去年時点では一度前者で結論が出たのですが、Android 機を買い替えないまま一年経って、状況が変わって悩みは深くなりました(>_<)


続きを読む

最近は昔みたいに物欲限りなく的なこともなくなり(?)、このブログも物欲消化記事はすっかり減りましたけれど、そろそろ買い換え、買い増しを検討しなければならないものが色々と溜まってきて、お金の算段も含めて悩ましくなってきました。

予め断っておきますが、出張移動車中の暇つぶし的に書いた与太記事であり、記事を書きつつ購入判断の材料を自分の中で整理できたらなー、というところです :-)


続きを読む

今夜は Def Tech のライブにお呼ばれして行くところですが(いつも有難うございます!)、作業を早めに片付けて、難波へ行く前に本町で写真展を2つ観に行ってきました。

SKY GRAFFITI 2017 & 彩鉄図鑑


一つは、毎年行ってる日本航空写真家協会 JAAP 写真展「SKY GRAFFITI 2017」。富士フイルムフォトサロン大阪で、明後日12日木曜日まで開催されています。(最終日は14時まで、それ以外は19時まで)

もう一つは、鉄道写真家として有名な広田泉氏の写真展「彩鉄図鑑」。オリンパスギャラリー大阪で、19日まで開催されています。(最終日は15時まで、それ以外は18時まで。日祝日休館)

どちらも東京では既に開催済みですが、大阪で開催されて観に行って良かったので、僭越ながら場末ブログでも紹介しておきたいと思います。


続きを読む

お盆真っ盛り、盛夏真っ只中の週末ですが、皆さまいかがお過ごしのことでしょうか。当方、今年のお盆は何かと忙しいため、ガンバ大阪のホームゲーム観戦以外は出かけられる余裕もなく、昨日今日と八尾空港に珍しいものが来ているにも関わらず、指を加えて Timeline に上がる写真を眺めているだけの有様です(>_<)

そんなお盆ウィークに入る直前、「世界報道写真展2017」を観に行ってきました。

SekaiHodoShashinten2017B


私自身さほど熱心に写真展の類いを見てまわる人ではないのですが、キヤノンやニコン、富士フイルムなどのカメラメーカー系ギャラリーでの写真展を中心に、ちょこちょこ見てはいます。(見たからといって自分の身になってるかどうかは別にして)

また、JRPA 展や日本大判写真展のように、できるだけ毎年観に行こうと思っている写真展もあり、世界報道写真展もその一つ。

ただ、毎年観に行ってると言っても、世界報道写真展は有料の写真展ということもあって、去年みたく「ここ数年は観に行ってもそんなに感銘も受けた感じはないし、今年はやめとくか」みたいなこともあるのですが、今年は2年ぶりに行ってきましたし、インパクトはあったかな、と思います。


続きを読む

今月から郵便はがきなどの料金が値上げされました。先日、ウチの家族が郵便物と一緒に入っていた「郵便はがき値上げのお知らせ」チラシにビックリしていました。

2017年6月1日(木)から郵便はがきの料金等を変更させていただきます。 - 日本郵便

郵便はがきは値上げするけど年賀状だけは値段が変わらない、と言うのもアレですが、いっそ年賀状も値上げして、いい加減バイトに至るまでの郵便関係者にノルマと言う押し売りをするのも止めればいいのに、と思いますが、どうなんでしょうね。色々と問題になっている昨今、そろそろ槍玉に挙げられそうなもんですが。

OsakaExpwyPriceHike03


さて、今月は関西でもう一つ大きな値上げがあります。大阪圏の高速道路、

阪神高速、近畿道、阪和道、第二京阪、西名阪道の料金が改訂


されるのも、まだまだ周知されていないようで、残り一ヶ月になって CM もしたり、ウェブ広告でも見かけるようになったのですが、周囲の友人でもまだ何人も知りませんでした。

近畿圏の新たな高速道路料金 | NEXCO西日本 お出かけ情報
新料金 | 阪神高速新料金制度

料金体系統一/新料金制度、車種区分変更というのを前面に出していますが、

新たな料金体系というお題目だけど、実質値上げ


です。

短い距離では安くなります、という点を推してくるのは常套手段ですが、「高速道路を使わなくてもええか」と思うような短い距離ならともかく、そこそこの距離を乗れば値上げになるように設定されていて、特に

近畿道や阪神高速は長く乗れば従来の1.5倍!


になるので、通る区間によってはかなり値上げ率です。

OsakaExpwyPriceHike01
(阪神高速の告知では車種区分変更を全面に出してましたが…)


数年前に首都圏で行われたのと同様のことが大阪圏でも行われるわけですが、首都圏の「都心に入っても首都高経由でも、圏央道で迂回しても料金は同じ」という判りやすさと比べると、こちらはちょっと恣意的というか、疑問点も多く感じられる料金制度です。

今回の改正の詳細は先の NEXCO 西日本、阪神高速道路のウェブページおよび、そこにある PDF 資料をみてもらうとして、大阪エリアでのポイントをまとめると、以下のとおりです。(普通車 ETC の場合)

続きを読む

先週、シグマさんから季刊の小冊子「SEIN」(ザイン)がまた届きました。

SIGMA_SIEN1


今号で12号、創刊から3年になるこの小冊子、創刊号からずっと送っていただいていますし、愛読しています。

掲載されている写真や写真家さんの傾向は普段の自分の被写体とは全く違う方向なのですが、逆にそういった写真に自ら足を運んで接する機会が少ないだけに、じっくり目を通したくなります。

この小冊子「SEIN」は過去、シグマのカメラを1台以上かレンズ2本以上購入してユーザー登録した方へ、年に4回、送ってきてくれます。私の場合、新品で購入したカメラ2台、レンズ1本を購入登録したこともあって送り続けてもらっています。

ただ、

最近全然シグマ製品買ってないのに
何年も無料で送ってもらって申し訳ないな…


と、最近 SIEN が届くたびに恐縮してしまいます(^_^;)

これで別に目も通してなければ送付不要の連絡をするのですが、来るたびにちゃんと読んでいて、新しいのが来ると以前の号を見返す時もあったりしますからね…

続きを読む

今月ほとんどそれで埋め尽くされている E-M1 Mark II に関する記事も、それ以外のネタも溜まっていて、思いついて書いた草稿やメモを書き散らかしている割にはまとめられずにいます。

前回記事でも書いたとおり、E-M1 Mark II 購入から3週間あまりで試し撮りだの何だのと 1万8千枚近く撮影してしまいましたが、昨晩また、ダメなのを分かっていながら懲りもせず、またナイトゲームのサッカー(Jリーグ)を撮って、正味ぴったり3週間で2万枚撮影となりました。撮りすぎにもほどがありますね😓

(従来からモータースポーツや航空祭があって、そしてサッカーのホームゲームが多い時には、1万枚を余裕で超える月も珍しくなかったですけれども)

なわけで、ブログ記事を書いてるより溜まりすぎた写真整理を優先する週末です。天気良いのですけど、今日は撮影に行くのも自重して、仕事と家庭の雑務と写真整理。明日は SUPER FORMULA か競馬を撮りに行きたいのですが…

ちなみに E-M1 Mark II でナイトゲームのJリーグを撮るのは購入前から不可能なのが判っていましたし、2週間前のゲームで撮ってみて自らの基準に達するクオリティが一枚もなく、泣く泣く1試合分の撮影画像を全部 go trash したのはトラウマものでしたけど、昨晩のゲームは普段控えのメンバーがスタメンだったのと、色々試したいこともあって再チャレンジ。そして撃沈(>_<)

写真の不出来をカメラのせいにするのは恥ずべきことですが、これに関してはカメラもしくはレンズの問題でしかなく、何度か書いている

AF云々以前に高感度画質もダメで明るい超望遠レンズもないマイクロフォーサーズでは、ナイトゲームでは光量を確保できない


ことについて説明しようと思ったのですが、妙に長くなりそうなのと(具体例写真をどうするかの問題もある)、何度書きかけても毒がありすぎる文章になって、どうしたもんかと思っていたりします(笑)

EM1M2sample33


サッカー撮りの話はともかくとして、ちょうど桜の季節に E-M1 Mark II を購入したので、ドライブがてら、なんちゃって桜撮りしていましたが、

さすがにパンケーキズームだと辛い


です。撮った時から感じていたけど、後日写真をパソコンで取り込んで見るたびに

ああ、どうせ撮るなら、ちゃんとしたレンズで撮りたかった…


と思うばかりです。


続きを読む

オリンパス OM-D E-M1 Mark II 。良くも悪くもネタは豊富にあるカメラであり、カメラ関連メディアやライターカメラマンが提灯掲げて褒め倒すような良いところもあれば、何かとツッコミどころも多いカメラなので、ブログネタという点では良いかもしれませんが、段々書くのが面倒になってきたというか


コレ細かいところ突っ込んでたら切りがないよなぁ…


と云う気がしてきたのも事実(^_^;)

キヤノンのデジタル一眼レフとかコンパクトカメラは基本的にソツがなくて、特に従来機ユーザーだと何も考えずに使えて色や操作性の癖も変わらず、AFの挙動も延長線上なので、数記事書くと、あとはネタをひねり出す方向なのだけど、E-M1 Mark II は撮れば撮るほど色々出てくる(-_-)

もちろん、メインシステムを切り替えた、ということによる大きな差はあって、そこで感じることは色々あることは多いのも事実です。ただ、撮影しながら気づいたことは逐一メモをしていて、

E-M1 Mark IIに関する気づきメモも多くなりすぎて整理しきれん


状態で、ちょっと億劫になってきたという状態だったりします(^_^;)

EM1M2_24


また、動体に対する AF や操作性の問題や、サッカー撮影における困難の理由(E-M1 Mark II と言うよりマイクロフォーサーズシステム全体の)とか後で書くと言いながら書けていない話もありますが、何度か条件を変えて撮影したり、これまでの撮影で感じた疑問点を確認してから書きたいと思っているので、もう少し先になります。

民間機の離着陸を空港へ試し撮り行くくらいならともかく、モータースポーツにせよ、サッカーにせよ、確認したいと思っても機会は限られていますので。(主目的の一つである航空祭は E-M1 Mark II 購入後まだありませんし、今年はガンバ大阪のゲームと日程が重なりまくっていて、いつ行けるやら…)

自分の疑問点を他に同じように思っている人、疑義を感じている人がいないか、何か解決策でもあるのか、といったところもネットを探って調べてみて確認したいのですが、なかなか手が回れず見ることができてません。昔みたいに掲示板の類を見ることもなくなって年月が経ちますしね…

ただ、明らかに「これはどうなんやろ?コレ本当に仕様なの?作ってる人は動き物を本気で撮ったことあるの?」と思う点は幾つかあるので、それについては遠くないうちに書くつもりではいますが…たくさん書いたメモを整理するのが面倒で(>_<)

EM1M2sample39


それに、こんなブログ記事書いているのに説得力無いと思いますが、カメラのことについてグダグダと書いてるより撮影している方がずっと楽しいわけで(本当だよ ^^;)、いくら E-M1 Mark II に色々言いたいことがあるとはいえ、撮ってる方が前向きなのは当たり前の話です。

まぁ撮った後に「帰って写真を見るのが楽しみ」になるより「帰って取り込んだ写真を見るのが怖い」というのがまだ本音のカメラですけど、いずれにせよ、試し撮りだの、花見だの、サッカー帰りの寄り道だのと言いつつ、このところ撮影枚数が多くて

ブログ書いてるより写真整理しろ>自分


という感じになってきました。ブログ書くのは一種の気分転換みたいなものなので別腹なんですけど、時間という点では同じですからね。


続きを読む

【追記 4/1】本セールは既に終了済みです。またプライム会員向けセールがあれば、同じように安くなることはあると思います。【追記終わり】

本ブログでも購入からその後の活用?に至るまでアレコレと書いてきた「キャプテンスタッグの激安20インチ折りたたみ自転車」が、Amazon プライム会員向け春のタイムセール祭りで本日 3月31日限定で 9,750円!になっています。



プライム会員向けセールなので、Amazon プライム会員なら上記リンク先から該当ページで飛んでいくと、13,000円ではなく 9,750円で表示されます。(3月31日限り)

この商品のセール向け価格は限定数販売ではないので今日 3/31 中であれば買えると思いますが、発送は注文順ですので、注文数が多い場合には商品到着までしばらくかかると思います。私も2週間ほど待ちました。

私が購入した時と違って、色が10色揃っているので、好みの色が選べて良いかと思います。私のはホワイトですが、どうせながらブルーが欲しかったなあ…



参考になるかどうかは判りませんが、この激安折りたたみ自転車を買ってからの記事は以下のとおりです。


続きを読む

「そんなの昔からや」という声も聞こえてきそうですが、個人的にはこうやってブログで言いたくなるほどのことはありませんでした。

たまに「おいおい、これは…」ということはあっても、たまにであって、そうそう怒りたくなるようなこと、何度も続くことはありませんでした。

しかし、どうも最近は違う。

何を送ってきても、段ボール箱の中で商品がコロコロと
転がるくらいに適当な梱包になっている


と思わざるを得ない。

以前のように、たまたまのことなら、「仕方ない、こういうこともあるさ」と我慢もするけど、このところ3回連続で Amazon 段ボール箱を宅急便屋さんから受け取った瞬間、商品がコロコロといってるような梱包┐(´д`)┌

それでも壊れ物でなければ不満をブログでわざわざブチまけることもなく、せいぜい Twitter で bit の海に放流するのみだけど、レンズでも箱の中をガタガタと動くような梱包だと、さすがに精密機器製品は買う気をなくさせます。


続きを読む

このページのトップヘ