TediousPhoto20240525

雨は降っていないが天気は下り坂の日。
日は翳っているので予報ほど気温は高くなっていなかったが湿度は高め、
湖側から大津港、背後の逢坂山を眺めてもモヤっとした感じが伝わってくる。
梅雨という季節が近いことを実感させられてウンザリ。

この日は久しぶりに XF60mm マクロを持ち出した。
初期の X マウントユーザーだった頃、まず X-E1 と XF18-55mmF2.8-4 のレンズキットを購入し、
すぐに名玉(?) XF35mmF1.4 R を購入したのち、3本目のレンズとしてコレを買った。

XF14mmF2.8 か初代 XF23mmF1.4 を予約購入するまで、長らくその3本でこなしていたので
個人的には思い入れのあるレンズ。
だったので、2年半前に Xマウントへ戻ってきた際に書い直した。
(さすがに今さら高くなった新品で買う気は起こらなかったので友人に売ってもらった)

もっとも、思い入れがあると言っても、描写が凄く良いとか、すごく気に入った、ではない。
Xマウント初期の頃、X-E1 とか X-E2 で使う本レンズは本当に鈍重で、
恐ろしく AF は遅く、それでいて合わなかった。
MF レンズならまぁ自分でフォーカス合わせることも楽しみの一つかもしれないが、
AF レンズのくせになかなか合わないし、ちょっと条件が難しいと諦めるのには閉口した。

短気な私はイライラしまくった…と言いたいところだが、
当時もお気楽サブ機だったからそこまでストレスを溜めることなく、
おまけに X マウントにレンズが全然ない頃で唯一の中望遠単焦点だったから
多少のことはあっても頑張って使っていた記憶がある。

そして、X-E2 に続いて予約購入した X-T1 で使うと鈍重さがそこそこマシになり、
X-T1 のファームウェア・アップデートで「まぁまぁ普通に使える」ようになった。
X-S10 で X マウントに戻ってきて買い戻して使ってみたら、
決して速い AF ではないが、普段使いに困るようなことは皆無。
X-E1 で使い始めた頃のアレは何だったんだ…と、今でも思う。
富士フイルムの進化を実感させられる。


買い戻した時から「そんなに使わないだろうなー」と思っていたが、
やっぱり使用頻度は低く、去年は10回も使ってない、はず。
ほぼ単焦点ばかり使うお気楽カメラの X マウントだし、基本的には望遠馬鹿なので、
もうちょっと中望遠を使っていくかと思ったが、付けっ放しには少々長く、
お気楽お散歩カメラだとレンズ交換も億劫になって出番が少ない。

ので、ちょっとお買い物の資金造りに下取りに出そうかな…
と今年初めあたりから思っていたのだけど、
「買い取り、下取りに出す前に、もう一度使っておこう」
と思って使ってみると、画角的にも描写的にも手放すのがもったいなくなる。
このところ NOKTON ばかり使っていたせいか、
絞っているとはいえ、こんなにパキパキだったかな?なんて思っちゃう。

いやね、写りが超絶に良いとかじゃないんだけど、
もう一度この画角のレンズを買おうとしても今は XF レンズがどれも馬鹿高い。
まー、どうするかねー、ほんと。
湯水のようにお金があれば、防湿庫に入りきれなくなるまでは溜め込めるんだけど、
そういうわけにもいかないし…(´・ω・`)

(X-S10 + XF60mmF2.4 R Macro)