ちょうど1年前、アップルから M2 Pro / Max 搭載の MacBook Pro が発売されました。PC としては画期的な電力パフォーマンスで注目を浴びた M1 シリーズの M1 Pro/Max 搭載モデルとしてフルモデルチェンジしてから1年と3ヶ月。妥当なモデルチェンジサイクルでしたが、マイナーチェンジ感は否めませんでした。

M2MaxMacBookPro07


私自身、Mac 新世代機のファーストモデル M1 MacBook Air を購入して一部作業を除き満足していたため、MacBook Pro へステップアップ、というか戻るのも今年 2024年になってから出てくるであろう M3 Pro / Max あたりを予定していました。

ところが、M1 MacBook Air を発売時から1年半使ってきて 90%以上満足していた中で、唯一ストレスを感じていた高画素ミラーレス機の RAW 現像速度。というか、RAW 撮影画像の等倍チェックも含めた取捨選択時の等倍表示切り替えレスポンスの遅さ。

数十、数百枚程度なら全くともかく、毎週のように数千枚を取捨選択するのに M1 MacBook Air だと高画素 Z9 の RAW 相手では厳しく、数千枚の高画素 RAW を迅速に処理できるマシンパワーを求めて、そして買うなら Jリーグシーズンが開幕する前に、ということで購入したのが1年前。

出費が出費を呼ぶ事態(Z9 なんかを買ってしまったばかりに…)に対する愚痴を含めて、購入理由については1年前の記事でも諸々垂れ流しましたが、ホントあの時点で写真撮影、少なくともスポーツ撮影を止めていれば、今でも M1 MacBook Air を心地よく使っていたでしょう…今は Air のボディ形状も変わってしまって残念…



ま、そんなわけで、M3 世代で購入予定が衝動的に M2 Pro …の予定が、どうせ大枚叩くならと M2 Max を奢って購入した M2 Max MacBook Pro ですが、昨年のお買い物ベストの第1位に挙げたくらいには満足しています。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2023 【後編】5位〜1位

今年になってから出ると思った M3 世代の MacBook Pro が、M2 Pro/Max MacBook Pro から10ヶ月、まさか同年中に出るとは思っていなくて、流石にちょっとショックでした(従来は下位チップ搭載機から順次上位展開していたのに M3 では MacBook Pro から、でした)。

ただ、M3 Pro / Max 搭載機が結構値上がりしていて、きっと現行モデルだと M3 Max 搭載機は買えず M3 Pro しか買えなかったと思うので、それを考えると「買える範囲での性能は新モデルだからといって、そんなに上昇していない」と自分を納得させています😅



そんな1年前に購入した M2 Max MacBook Pro ですが、元々の目的だった「デジタルカメラで撮影した数千枚クラスの高画素 RAW 画像を迅速に処理、取捨選択、調整、現像する」ことに対しては、概ね満足しています。

4,500万画素の Z9 RAW 画像を1秒にも満たない一瞬の待ちもなしに処理できる、というほどのレスポンスは無理ですが(内蔵 SSD がストライピングセットでないと難しい気が?)、実用的な速度、使う気になるレスポンスで大量の高画素 RAW 画像を処理することができました。

昨年1年間、ガンバ大阪のホームゲームを毎試合撮影して、試合から1週間(次の週末まで)の余暇時間に 3〜5千枚程度の RAW 写真の取捨選択、ピックアップした数百枚を調整、現像するところまで行うことができましたから、購入した目的は(100% の満足とは言わないまでも)達成しています。

その他航空祭やらモータースポーツやらの写真整理だけでなく、ちょこちょこ動画編集もしていましたがシンプルな 4K 動画編集も軽々なので(M1 MacBook Air の時も全く重くなかったけど)、やはりマシンパワーはナンボあっても良いものです。なにより

これだけパワフルでも発熱も最小限
ファンもせいぜいほんのり回る程度


であり、パワーがありながら低発熱というのは日常使いにホント重要なポイントだと思っています。

(ファンレスの MacBook Air のように無音ではないですが、その分、大量 RAW 現像時のサーマルスロットリングがないし、ファンも静かなので許容範囲)

M2MaxMacBookPro54


とまぁ、1年前に買った M2 Max MacBook Pro、性能に対しては概ね期待どおりで満足、性能に対する静粛性、低発熱性は完全に満足。目立たないけど MacBook Pro の伝統であるディスプレイの質とスピーカーの良さにも満足。

そして購入から1年間の使用頻度も含めた

買ってよかった度は100%文句なし


な訳ですが、それでも

購入時に失敗したと今も思うことが一つ
購入時から今まで、この先も絶対許せないことが一つ


あります。


まず、「購入時に失敗したと今も思うこと」は

内蔵SSDを2TBにせず1TBにしたこと


これは届いて使い始めて数日後から今の今まで、そしてこの先も後悔と反省をしながら使うことになるでしょう。過去にも書きましたが、未だにグチグチ思っています。

過去、デスクトップ機も含めてずっと内蔵 SSD は 1TB でやってこれましたし、アップル製品のストレージ増量カスタマイズは iPhone も Mac も馬鹿みたいに高いので怯んだのは事実。既に購入金額は50万円でしたから、これ以上は…と思ったのもやむを得ないでしょう😓

また、どう足掻いても増設不可能なメモリと違ってストレージは外付けでカバー可能、Thunderbolt 接続の SSD なら速度的にもストレスを感じないから…

という言い訳を1年前にも書いていたと思いますが、購入目的である Z9 の高画素 RAW ファイル(4,500万画素)を大量に処理することとなれば従来の D5 の RAW ファイル(2,000万画素)よりずっと容量は食いますし、動画編集もするようになりましたので、思った以上に SSD は圧迫されました。



自宅では Thunderbolt 接続の 2TB SSD を常時繋げている他、昨年紹介した超小型 SSD を挿したままにしておいたり、特に使い道がなくなっていた外付け 1TB SSD 2製品も動画編集用、バックアップ用途などで使っていて、

こんなにアレコレ外付け SSD をさしてるなら内蔵 SSD を増量しとけよ…ボケカスなオレ…orz


と自宅で MacBook Pro にブラ下がってる幾つもの SSD を見るたびに落ち込み、反省し、後悔しています😮‍💨

(外付け SSD / HDD 類は Thunderbolt ハブにぶら下がってるので、MacBook Pro との接続は何個あってもケーブル1本で済むのですが、デスクトップに何個もストレージアイコンが並ぶのは嫌ですね…)

メモリは Lightroom Classic や Photoshop での処理時の使い方を各種観測値で見るかぎり 32GB めいっぱい使われることはないのですが、16GB 以上を処理に使っていることは多いので、内蔵メモリを 16→32GB にアップグレードして間違いなかったと思っています。

それを何故ストレージにも…という後悔と反省はあるのですが、ホント、アップルのストレージ増量ぼったくり価格が全て悪いんですよね…orz

さすがに 50万円クラスのパソコンをポンポン買い替えるのは無理であり、今後まだ当分、何年かは使うつもりでいるので、それを思うと後悔と反省は尾を引きそうです😢

M2MaxMacBookPro08


さて、ストレージ容量カスタマイズに対する後悔はともかく、何度も書いているように、ほぼ満足している M2 Max MacBook Pro ですが、一つだけどうしても許せないことがあります。

パソコンにまでノッチ付けんな💢
この💩カス野郎が👊😡


これは今でも声を大にして言いたい。許容しちゃってるユーザーが多くて不思議すぎる。

Mac が、MacBook シリーズがお洒落かどうか、デザイン的に洗練されているかどうかは人それぞれの見方で正直どうでもいいけど、とはいえ、国内メーカー PC に多い(多かった)野暮ったさには無縁であり、それもあって値段の高さにブランド料だけでなくデザイン性もあると、長年のユーザーとしては許容?してきました。

だからこそ言いたい、

ノッチなんぞをパソコンに埋め込んで
デザインどうこうとか片腹痛いわ


と。どこぞの信者ライターみたいに痘痕も靨みたいに思える人は別でしょうが、ホントこれはない。マジで、ない。1年経っても、ない。

Safari その他のアプリを開いて、画面のド中央上に黒いノッチが見えるたびに萎える。超目立つから萎える。

おまけに、フルスクリーンで開いているアプリを切り替える際、ノッチ対応アプリとそうじゃないアプリでメニューバーの位置が上下するのも目障りだし、ダサい。よくまぁ、こんなもんに OK 出したよなぁ…と1年を経ってもウンザリしますね。

M2MaxMacBookPro09


元々サイズが小さく、ボディを極限まで小さくしたいスマホ (iPhone) ならまだ許せます。仕方ないこと。ダイナミックアイランドみたいな誤魔化す手段を前面に出して格好良さアピール?をするのは違うやろ、とは思うけど、技術の進化を待つまでの妥協としてのノッチは止むを得ないところ。

けれど、パソコンにまでノッチはないやろ…他社に負けないくらい狭額縁にしたいからと言って、こんなダサい、そして目障りなモノをつけるとか、本当にどうかしてるよなぁ、と1年間ずっと思い続けています。

Jobs が生きていたらこんなダサダサ仕様は許されなかったはずなのに…と思うものの、Jobs も欠点をアレコレ上手いこと言い繕って画期的なものに見せかけることはありましたから、必ずしも Jobs がいたら…とは言えませんが、それでもそう思いたくなるくらい納得できないノッチ。

ま、自宅で使ってる際は内蔵ディスプレイは閉じて外部ディスプレイ接続だからノッチを気にすることはないのですけど、とはいえ持ち出し頻度は高いので日々鬱陶しさを感じますからねえ…

M3Max_MacBookPro_notch


とりあえず購入から毎日「ノッチを Mac に付けた奴はマジでクソやな」と思い続けているので、発売から1年を記念して、迸るその想いを吐き出すためだけに本記事を書きました。クソ、クソ言うて下品な記事になって申し訳ないですが(今さら)、文句はノッチを付けた、許可した人たちへ向けていたければ幸いです。

次にいつ買い換えるかは判りませんが、とりあえず言えることは

次の買い替えはノッチがなくなってから


ということだけは決心しています。まぁ久しぶりにパソコンに50万円もかけたので、壊れるまで使う所存でいますけどね…