始からあちこちで大変なことが起きた 2024年の正月。悪いことは最初に済ませて後は良い方向に変わっていくだけと信じたい年始明けでありました。

改めてこの度、能登大地震および羽田空港航空機事故によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


また、本年からは別途運用していた写真雑記ブログを本ブログに統合して、従来どおりの通常記事と日記的記事が混在することとなり、観る方には面倒くさいかもしれませんが、インターネットの片隅で蠢くだけの場末ブログですので瑣末な問題だと開き直って運用していきたいと思っております。ご了承ください。

Apple iPhone 14 Plus 128GB


さて、アップルストアが一年で唯一回、ギフトコードバックという形で安売りするのが 1月2〜3日の初売りセール。このところは先着で、その年の干支が描かれた AirTag もプレゼントされています。

iPhone14Plus03
(今年は龍柄のAirTagらしい。まだ開けてないけど)


ただ、セールとはいえ、新製品が発売してさほど時間が経ってない頃からディスカウントの DM がやってくる Google Pixel と違って、アップルは初売りセールをやっても対象は旧モデルなどであり、前年発売の新製品は概ね対象外。

今年の初売りセールで言えば iPhone 15 シリーズや M3 Pro/Max MacBook Pro は対象外。まぁ黙ってても売れるものをセールにする必要はないですし、何より新製品の価値を自ら落とす必要はないですから、別におかしくはない話です。

買う方としてはセール対象が旧来品ばかりで微妙に思うこともありますが、その反面、ほぼ安売りをやらない分だけ中古での価値が下がりにくく、リセールバリューの高さを保ってくれるのも事実。そして下取りに出すなら、それがある意味の割引とも言えます。

今回、5年前の iPhone XR 64GB を下取りに出したわけですが、アップルの公式下取りだけでなく某ショップ買取りも2万円。

iPhone XR Lineup
(懐かしの iPhone XR)


綺麗に使ってきたとはいえ、5年前に84,800円で発売された端末(画面が有機ELではなく液晶の時代ですから)に 2万円をつけてくれるなんて iPhone ならでは。Android 端末を売る時と比較してリセール価格の下がりにくさは安売りしないが故、と思えば割引して売らないのも納得させられてしまいます。

とはいえ、私個人のように「買うなら最新の製品を」と考えるタイプだと、新製品は対象外の初売りセールは基本的にどうでも良いスルー対象なわけですが、ここ数年は初売りセールに何かしら買っています。

去年の初売りセールでは「今後もう期待できないであろう小型 iPhone」である iPhone 13 mini を購入しました。頻繁に使っているわけではありませんが、手に収まる mini のサイズ感は(12 mini と合わせて)唯一無二。昨年末のお買いものベスト記事でも取り上げたように、買って良かったと思っています。

Apple iPhone 14 Plus 128GB 2


そして今年の Apple 初売りセールで購入したのは iPhone 14 Plus。

私が iPhone 15 Pro Max に買い替えるまで使っていた 13 Pro は連れ合いに譲りましたが、こちらは長年 iPhone XR を使ってきた(それで問題なかった)年老いた親の端末買い替えです。

ただ、今回の買い替えでは XR の正当後継とも言える無印モデルではなく Plus。そして最新の iPhone 15 Plus ではなく、1世代前の 14 Plus にしました。

それらは理由があってのことで、初売りセールで安くなっているから 14 というわけではなく、14 Plus を買うことに決めたので初売りセールまで買うのを待っていた、という形でした。

だいたい最新モデルを選ぶ私が家族用とはいえ、敢えて 14 Plus を選んだ理由を、先月友人からちょっと聞かれたことも含めて少し記しておきます。


まず、今回、家族が使っていた iPhone XR を買い替えることにした理由は、
  • 昨秋リリースの iOS 17 で対応機種の一番古いのが XS/XR になり、今秋の iOS 18 では対応機種から外れる可能性が高くなった

  • 最新 iOS の対応機種から外れるとリセールバリューもガクッと下がるので、その前に買い替えて売却しておきたかった

この2点と、そしてもう一つ、親の年齢も80歳を超えてきて

目がかなり悪くなったため
少しでも文字が大きく表示できるPlus


を使わせてあげたい、というのが今回の買い替えの最大理由。ですので、XR の後継である無印ではなく大画面の Plus モデルを選択した次第。

iPhone XR と同時発表された上位機 XS には XS Max という大画面モデルが復活し、今の 15 Pro Max への系譜となるわけですが、当時の私は「Max なんてデカすぎ、イラね」と思っていましたし、当時私のお古である iPhone 6s Plus を使っていた親も「ちょっと大きすぎるのが嫌」と言っていたので、XS Max という選択肢はありませんでした。ってか、XR はまだ一括0円で手に入れられた記憶が…😅

iPhone14Plus02
(15でなくなった (Product) RED が14では選べる)


そんな Max 否定派だった私も、15 Pro Max の望遠カメラに惹かれて「今回は試しに Max 買ってみるか」と購入したら

デカくて嵩張るけど、老眼er には大画面はメリットの方がずっと大きいわ…


と見直すことになったのは、過去記事で何度も書いたとおり。

iPhone 15 Pro Max を使い始めて3ヶ月、改めての感想

自分が大画面スマホの良さ、デメリットより大きなメリットを実感したからこそ、今回の年老いた親の端末を買い替えてやることに繋がりました。私以上に目が悪いというか、年齢的にも随分と視力が失われている身ですから、少しでも大きな画面の方が…と思った次第。

もっとも、「もっと大きな画面の iPhone に買い替えよう?」と言った当初は、「これ以上大きいのはポケットに入らないから嫌」「これ以上重くなるのは嫌」と拒否反応が強かったのですが、さすがに日常生活でも不自由する目の悪さですので、少しでも見やすくなることには抗えなかったようです☺️

TediousDay20240106
(今年も眼病平癒の神仏に祈ってきました…)


いずれにしても、発売から5年、家族が使い始めてからでも4年が経つので、いくらスマホらしい使い方をほとんどしない/できない年老いた家族が使うため特に性能を必要としないとしても、買い替える時期として妥当だろうということもありました。

使っている機能は、家族間の電話や LINE、天気予報、ごく稀に Youtube なんぞも見ることはあっても、あとは昔ながらのパズルゲームくらい。ですから、性能的には今すぐ買い替える必要もなかったのですが、先にも書いたように、残念ながらスマホには「アップデート期間」という寿命もありますからねえ。

ちなみに、本人はカメラ機能を全く使っていないので、そうなると重いだけの Pro Max は最初から out of 眼中であります。というか 15 Pro Max を自分のと合わせて2台買うのは懐的に厳しすぎます😅

iPhone14Plus01


そして 15 Plus ではなく 14 Plus を選択した理由ですが、これはもう

Lightning端子のままで何も問題もない


からであり、むしろ

Lightning端子のままの方が良い


からでもあります。

前述のように iPhone を使っているとはいえ、その利用形態はガラケー+α。外部端子には充電ケーブル以外の何かを接続するようなこともないし、たまに使っている本人用 iPad も Lightning 端子時代の iPad。

ですから、USB-C 端子の iPhone に買い替えて、

iPhone はこっちのケーブルで充電ね、iPad はこっちの、以前のケーブルで充電してね


なんていうのは(一部を除く)お年寄りやデジタルガジェットが苦手な人には全く不向きな、たいていの場合はややこしく感じて嫌がるパターンになります。

こういうのは過去の仕事の経験上からも、

できるだけ今まで通りが一番


であり、

興味を持っていない人に対しては
必要以上に変えないことが重要


で、それが対象者の満足度に繋がります。

変化は最小限、もしくは少しずつ変えて慣れてもらう必要があるわけで、今回は Plus にして端末のサイズや重さも変わるし、ちょっと使った感じも変わるので、まずはそこに集中してもらうことが肝要。「判ってる」(気になっている)人間のお節介、過剰な親切は、むしろ害悪です。

iPhone14Plus04
(15 Pro Max と 14 Plus)


家族の話とは別件ですが、先月 iPhone 11 から 14 に買い替えた知人と会った際、

iPhone 14 にした、って息子に LINE したら「15 にした方が良かったのに」とか言われたんだけど失敗した?USB-C とかというヤツの方が良かった?


なんて聞かれたものの、その人は他に USB-C 充電のスマホやタブレットを持ってるわけでもないし、デジカメも最近は全く使っていない、ケーブル挿すのは充電だけ、という人なので、別に Lightning 端子で全く問題なし。

そもそもキャリアの2年後返却前提で月々千円程度の負担で iPhone 14 にしたのですからお得なだけ、2年後には間違いなく USB-C 端子の iPhone に買い替えることになるので全く問題ないのですけど、USB-C 端子の iPhone が出て殊更取り上げられると誤解を感じる人もいるようで、何だかなーと思った次第。

USB-C 端子になって嬉しい、有難い、他のデバイスと充電が共通化できる、絶対 USB-C の方が良い。なんてのは、それにメリットがある人間の言い分であって、世の中の多くを占める「スマホしか使っていない」人たちにとっては「必ずしも USB-C 端子の iPhone が今のベストとは限らない」のですけどね…2年後に買い替えるなら尚更。

iPhone14Plus05

iPhone14Plus06
(本体の厚みは大差ないが、カメラの出っ張りの差は…)


そんなわけで、Plus に買い替えた親の iPhone ですが、まだ本人は慣れていないのかブツクサ言う時はありますけど、従来の 6.1インチより一回り大きな画面の見やすさは実感しているようで、納得してくれるでしょう。

あと、今回の iPhone 買い替えにあたっては、昨夏 iOS 17 が発表された時に、「iPhone のらくらくホン化」として話題になった「アシスティブアクセス」 (Assistive Access) を導入しようかと考えました。

視力が失われつつある、スマホ利用も最小限+α、操作も最低限のこと以上は覚束ない、年老いた家族にはピッタリの機能じゃないか!?


と期待していて、iPhone 14 Plus に買い替えて、しばらくして慣れてもらってから提案導入しようかな、と思っていました。

が、昨年末から自分の iPhone で試したところ、

アシスティブアクセスのコンセプトは◎👏
だけど痒いところに手が届かず
今後の改良に期待して導入見送り


というのが、今の結論。

具体的に「これはちょっと厳しい」と思ったのは、以下の点。
  • 電話アプリで電話を掛けられる人、電話番号を制限するのは良いとしても、電話アプリじゃなく連絡先アプリから選んだ電話番号にも一切電話できないのはちょっと制約が厳しすぎる。
    (設定で電話アプリの番号入力を許可して、連絡先から電話番号をコピーして…というのはできるけど、アシスティブアクセスを使うような人にやらせるのは現実的じゃない)

  • 作成したショートカットがメニューに追加できない。こちらが複数手順でやることを簡単にしてもらえるように作ったショートカットがアシスティブアクセスで使えないなら、逆に覚えることが増えてしまって本末転倒。
    (ホーム画面にウィジェットで目立つように置けることを考えると、ショートカットでやらせるとはアシスティブアクセスで逆に使いづらくなる)

  • アシスティブアクセスに対応していないアプリは、アプリが利用できる画面領域が狭くなる分、逆に使いづらくなる

他にも細々としたところはありますが、これらの点はちょっと何とかして欲しいなぁ、せっかくコンセプトは良くてもこのままでは使えないなぁ、と思ったところです。

自由度を広げることはアシスティブアクセスのコンセプトに反するところもあるだろうとは思いますが、設定である程度自由が利けるようにはして欲しいところ。設定の判りづらさの改善も含めて、今後に期待したいです。マジで。