超小型な外付け SSD思いのほか愛用してるスタンド内蔵 iPhone ケースもはや足踏み空気入れに戻れない電動空気入れ極薄軽量モバイルバッテリーに続く、今年買って便利に使っているモノ紹介第5弾は Black Friday セール値下げ対象にはなっていない日用品というか生活用品ですが、比較的多くの人に勧められる一品…かもしれません。



前回の超薄型軽量モバイルバッテリーに続き、またまた超小型で気に入っている製品ですが、端的に言えば、

極小に折りたためる敷物


であり、2人分の薄手防水シートが手の中にすっぽり収まるまで小さくできて、カバンの隅に入れても邪魔にならない商品。

それだけだと珍しくはないですが、敢えて紹介するほどのお勧めポイントは

極小に畳みやすい工夫のある敷物


であること。小さく綺麗に畳むとか紐を小さく縛るとか、その手の指先細々な作業は苦手な私も上手く小さく畳められることが、自分的にはとてもヒットでした。

MatadorPocketBlanketMini02


色々なモノで、コンパクトに収納できますよ〜、という製品は多いですけど、「一度広げたら畳むのが大変」「小さくして収納の袋やボックスに入れるのに苦労する」「広げたら畳み方が判らなくなった」という商品が少なくないですが、本製品はそこをちゃんと考えて作られていて、とっても好感が持てた次第。

もちろん事前にネットのどこかで評判をチラ見して、ダメ元で買ってみたのですけど、こりゃ良い感じだと思ったので、Black Friday セール関係なく紹介しておきます。

ちなみに、Amazon の説明にはポケット「毛布」などと書いてありますが、決して毛布ではなく薄手ナイロンの敷物です(blanket を訳せばそうなりますが…)。

以下、本製品の「2人分の敷物が、どれくらい小さくなるか」と「小さく畳む時に困らない工夫」の2点を示しておきます。



1.広げたサイズ、畳んだサイズ

まず広げたサイズは公称値 110×70cm。実際に使ってみたところを見せると、

MatadorPocketBlanketMini06


シートの上に載せてあるのは 25L クラスの中型バックパック。もう一回り大きな製品と比べて「ミニ」と名付けられていますが、お尻を本製品の上に載せて汚れないようにし、足を投げ出して座る体制で2人まで行けるくらいのサイズ(ギリ3人?)。

1人で使うなら靴を脱いで敷物の上で胡座をかくなり、横坐りしてリラックスできるサイズ。なんなら寝転がって頭から腰くらいまではカバーできるでしょうか。

MatadorPocketBlanketMini12


そして、このサイズのシートを畳んだ収納サイズが、公称値で 7.6×4.0×2.0cm。

これがどれくらい小さいのか、分かりやすく比較できるものを探してみたのですが適当なものが見当たらず、思いつくのは「赤ちゃんが手を握りしめた時のサイズより少し小さいくらい」でしょうか。分かりづらいですね…

MatadorPocketBlanketMini04

MatadorPocketBlanketMini05


iPhone 13 mini や AirPods Pro と比較してみましたが、うーん分かりやすいかどうか…。とにかく2人が座れる敷物を畳んだサイズとしては相当に小さく、カバンの隅に転がしても邪魔にならないサイズなのは間違いありません。

ちなみに、生地はペラペラ、極薄のナイロンシートですから地面の凹凸はそのままですが、一応防水仕様を称しているくらいなので、地面がちょっと湿気てる程度なら本製品を敷いて座っていてもお尻が湿気ることなく使えました。防水仕様とはいえ、グチョグチョに濡れてる地面には向かないと思いますが。


2.極小に折りたたむための工夫

2人分が腰を下ろせるくらいの敷物を手のひらにすっぽり収めて手で隠せるくらいの収納サイズまで小さくするのは、いくら薄手素材と言っても結構難儀なはずですが、本製品のアイデアとして、

小さく折りたたむためのガイドとして
折り目のところに縫い目を付けてある


そういった工夫がされています。

具体的には↓以下のとおり。

MatadorPocketBlanketMini11
(先の広げた際の写真を一部拡大すると縫い目が)

MatadorPocketBlanketMini09
(シート全体図)

MatadorPocketBlanketMini10


折りたたむ時に、この縫い目に沿って折り畳んでいくわけです。最初に2分の1、さらに2分の1、もっと2分の1、もっともっと2分の1……

普通に折りたたむ時もそうするわけですが、なかなかピッタリ半分のところで折れなかったりして少しずつズレてしまうと、収納サイズが買ってきた時のような極小サイズにならず、収納袋に入らなくてやり直し…なんてことが発生してしまいます。

丁寧に慎重に、手先が器用な人なら、そんなことはないかもしれませんが、大雑把で面倒くさがりで、手先の不器用さは小学校の先生からのお墨付きなくらいの私には、なかなか難儀する話なのです。

ところが、こうやって折り目のところに縫い目のガイドがあると、完璧とは言わないまでしっかり折りたためます。何よりも畳むときに迷わないから手間暇、時間もかからない

「さて、帰ろうか」という時に、敷物を畳むのに時間がかかってはイラッとするばかり。それが(ある程度)解消されるだけでも、2〜3千円出して良かったかも、と思うわけです😅この工夫がなければ、少々割高に感じると思いますけど。

MatadorPocketBlanketMini07
(敷物本体から収納袋は着脱可能)


最初から「どこか芝生の上でランチ広げて食べよう」という心づもりならレジャーシートなり、百均などで売ってる折りたたみシートをバッグに入れて持って行くと思いますが、「今日はどこも混んでいて食べるところないね、だったらコンビニで何か買って外で食べようか」なんて時は、ふつうシート類は持っていないでしょうから、座るところを探すのも大変かもしれません。

そんな時こいつをバッグに忍ばせておけば、解決(するかもしれません)。

前回紹介の超薄型軽量モバイルバッテリーと同様、

念のためにバッグの片隅に入れておけるサイズ
入れっぱなしにしても嵩張らない


そういう類の製品です。「おー、便利かもねー、いいかもね」と思ってくれる人がどれだけいるかは判りませんが、私は気に入ってます。

MatadorPocketBlanketMini01


あと、風を通さない極薄ナイロンシートですから、念のためにカバンの中に忍ばせておくことで、

思ったより寒い時の膝掛け代わり


になったりします。まぁ、室内で使うとちょっと悪目立ちしますが、屋外のイベントなどには良いように思います。そういう「念のため」にも兼用できます👍

なお、本製品「ミニ」より一回り大きな製品(下記製品右)もありますが、収納サイズもグッと大きくなるので、使い方にもよりますが、念のために入れとく、入れっぱなしにしておくならば負担負荷のない「ミニ」を勧めたいところです。

マジ激小!!Type A端子だけが惜しい、指の爪サイズで挿しっぱなし向けの超小型SSD、バッファロー SSD-PSTU3A
買ってみたら思いのほか愛用中、背面カメラの保護枠がスタンドになる ESRのMagSafe対応スタンド内蔵iPhoneケース
夏場に自転車の空気入れがダルくなったので買ってみたら手放せなくなった電動空気入れ、その名も KUUKIIRE
「念のため持っていくか」に最適、容量最小限だけど極薄5.5mm!&軽量なTNTORモバイルバッテリー WT-H230P