先週末にJリーグも最終節を迎え、(おそらく国内クラブで最も)コロナ禍に振り回されたガンバ大阪の 2021シーズンが終了すると同時に、当方のサッカー観戦シーズンも終わり、物足りなくも、どこか安寧の日々を送れる季節となりました。

また、今週は SUPER FORMULA 合同テストが鈴鹿サーキットで行われ、まとまった時間が取れず、最終セッションをちょっとだけ見に行くのが精一杯でしたが、師走の SF テスト見学で、サッカー観戦シーズンに続いてモータースポーツ観戦シーズンも〆るのは毎年恒例であり、年末へまた一歩な気分です。

Z9_Reserved1


で、そうこうしているうちに、気づいたらニコンのフラッグシップ・ミラーレス機 Z9 の発売日が発表になっていました。

「Z 9」と関連製品の発売日決定および製品お届けに関するお知らせ | ニコンイメージング

昨今のカメラ新製品の例に漏れず、納期遅延の案内も同時にされており、当方も予約開始日の予約開始時間と同時にヨドバシカメラで予約を入れましたが、どれくらいで入荷してくるやらであります。

ともあれ、予約開始直後から Z9 の予約数が大変多くなっているらしいことに対し、無邪気にスゲースゲーと騒いでる少々オツムの弱い人たちを少なからず見かけましたが、お子ちゃまならともかく真っ当な大人なら、特にニコンユーザーで今後も使っていきたいと思う人なら、喜ぶより販売機会損失を杞憂するところなのに不思議現象でしたね。



信者目線だと「待たされても待たされても待つわ」としか考えられないのでしょうが、来年は冬季五輪、サッカーW杯とビッグイベントが目白押し。プロ市場の需要に応えられないようでは、海外メディアなど大口ユーザーの他社流出を Z9 で食い止める目論見も崩れてしまいます。

特に今のニコンは市場のリーダーではなく、遅れを挽回しなければならない立場。Z9 をしっかり売って、しっかり繋ぎ止めて、利益率の高い Z レンズの販売に繋げ、しっかり利益を回収しないと、ライバルと比べて企業体力も低いのですから将来の開発にも影響してしまいます。

そういうことを考えれば、Z9 の予約が凄くて納期が相当かかるらしい、なんてことは無邪気に喜ぶどころか、心配するところです。Z9 を買わない人でも、今後もニコンを使っていこうとする人なら尚更。

Z9_Reserved2


さらに言えば、Z9 にこれだけ注文が多くなったのは、ライバル社と異なり如何に今まで出してきた中級機が期待に応えられず需要を満たせなかったか、の反動でもありますから、その点でも無邪気に喜んでる場合ではないと思うんですよね。

先日、ヨドバシの店員さんとも話していたのですが、EOS R3 あたりは R5 / R6 と比較検討したり、R6 を持っているからじっくり考える、今すぐ手に入る、そして価格差で R6 で妥協する層も多いそうで、逆に言えば「妥協できる」中級機があること、フラッグシップ級を買うか諦めるかの二択ではないことは、ユーザーにとって悪いことではありません。

本来なら Z6 / Z7 シリーズで一定の需要を吸収し、フラッグシップ機が出ても様子見したり、時間が経ってから検討する、といった緩衝材が機能するべきだったのに、Z6 / Z7 はデジタル一眼レフから移行できなかったから Z9 しかない!という人が多い、それで Z9 に予約が集中したことは決して良いことではありません。

(Z9 のサブ機に適した中級機が存在しない、Z9 のサブ機が少なくとも当面 Z9 でしかない、という問題点もありますし)

SNS などでは、フラッグシップ機を平気で買うようなインフルエンサー/リードカスタマー層の声が大きいものの、本来フラッグシップ機の需要は中級機以下に比べれば一桁(もしくはそれ以上)小さいものです。

しっかり手当てして台数と利益を上げる層は別にあるべきことを考えれば、Z9 に需要が偏るのも(短期的はともかく中期的には)好ましいとは言えないように思います。人口と同じく購買層のピラミッドは三角形になってこそですから。(Z50 や Zfc でボトムを手当しているのでしょうが)

Z9_Reserved3
(予約開始日の10時にはZ9目当ての人が結構居ました)


ま、いずれにせよ、当方にとっては「国内随一なヨドバシカメラの調達力が試される」ところに期待するしかありませんが、AF-S 500mm f/5.6E ED PF で延々7ヶ月以上待たされた記憶もまだ薄れてないので、発売日に自分へのクリスマスプレゼントができるなどとは思っておりません。

できれば、来年1月半ば〜後半くらいまでに手元に来てくれれば、去年はコロナ禍で行けなかったガンバ大阪・沖縄キャンプで試して(見学可能なら)、昼間だけでも使い物になるかどうか確認でき、シーズン前に Z9 を使っていくかどうかの判断ができるので有り難いところですけどねぇ。

沖縄に持っていって試せるなら、ガンバ大阪の練習や試合がない時間はヒコーキを撮ってるので、そちらでも確認できます。ヒコーキくらいで AF 能力を測れるレベルのカメラではないですが、高画素機ゆえに D5 と比べて高感度画質がどこまで厳しいか、夜間撮影時の AF-C 性能も含めて確認しておきたいことは多いですからね。

ただ、私の場合 Z レンズを1本も持ってない&即納可能な適当な Z レンズもほとんどない状況ですから、

たとえ Z9 が来ても FTZ II も来ないと使えない


ので、そのあたりもどうなるんですかねぇ。セットで来てもらわないとねぇ…

とはいえ、とりあえず五輪需要を満たすのが先でしょうから、待たされるのは待たされるんだろうなぁ、と思いながらの発売日決定のニュースを知った話でした。

本来、「Z9 の発売日も決まったことだし、Z9 について思うことを書いておくか」という内容の記事だったはずなのですが、戯言を書き連ねていたら長くなってしまったので、それについては次回にでも(たぶん)