いやぁ、午前1時半過ぎまでは起きていた記憶があるんですけどねぇ、次に気がついたら既に3時を回っており、ちょうどオンライン発表会が終わったところでありました。SNS の timeline を見ても、終わった解散寝る〜というツイートが並んでおりました😅

リーク情報がほとんどなく、さらに今度は何をやってくるのか、本当に出るのかとワクワク感のあった昔のアップル発表会と異なり、リーク情報は1年以上前から飛び交い、特に新しいものが出る順当進化しかない発表会ですから、別に深夜まで起きて見る必要はないと言えば、ないんですけどね…

ただ、前日も前々日も、その前の日もずっと就寝時間は2時を回っていたのに昨日(今日未明)だけ…という気はするわけで。まぁ、おかげで寝不足 MAX で仮眠をとる暇もなかったので、寝落ちしたのは仕方ないんですが、だったら、もっと早くに寝て、寝不足解消すべきだったなぁ…と。

AppleEvent202109iPhone13


とまぁ、そんな独り言はともかくとして、アップル恒例、秋の iPhone 発表会。噂どおりの
  • iPhone 13 シリーズ
  • Apple Watch Series 7
  • 第6世代 iPad mini
  • 第9世代 iPad

の4つが発表され、しかしながら予想されていた AirPods 3 が発表されなかったのは意外でしたね。

ひとまず、遅ればせながらザッと発表された内容を見たかぎり、個人的には、

フルモデルチェンジのminiはもちろん
iPhoneはProのカメラが意外と進化で…


って感じです。悩みます。

先日、アップル発表会に向けた今秋のお買い物検討の記事を書いたわけですが、その時に感じていた「まー今回は mini 以外は買い換えたくならないかなー」と冷ややさよりは全体的に好印象です。ま、期待値が低かったせいとも言えますが。

たまらず即予約したくなるほどじゃないが
ちょっとソソられる進化はある


あたりは、順当進化で面白くないと言いつつ、アップルも抜け目ないなぁ、と思いますね。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max - Apple(日本)
iPhone 13とiPhone 13 mini - Apple(日本)
「iPhone 13」シリーズは何が進化した? iPhone 12シリーズとスペックを比較する - ITmedia Mobile
比較:「iPhone 13 Pro/Pro Max」がiPhone 12世代機から進化したのはどこか | Business Insider Japan
「iPhone 13/mini/Pro/Pro Max」はどこが違う? 大きさ・デザイン、カメラを細かくチェックしてみた - ケータイ Watch

Apple Watch Series 7 - Apple(日本)
表示が大きく明るくなった「Apple Watch Series 7」。自転車用新機能も - Impress Watch
画面領域が拡大し急速充電に対応! IP6Xの防じん性能を備えた「Apple Watch Series 7」登場 発売は秋 - ITmedia Mobile

iPad mini - Apple(日本)
10.2インチiPad - Apple(日本)
「iPad mini」がフルモデルチェンジ USB Type-Cポート搭載+5G対応で9月24日発売 - ITmedia Mobile
アップル新型iPad mini発表、USB-C・5G対応で「史上最大のアップグレード」 | Business Insider Japan
第9世代の「iPad」登場 A13 Bionic搭載、インカメラはセンターフレームに対応 - ITmedia PC USER
iPad(第9世代) / iPad mini(第6世代)を旧モデルと仕様比較。入門向けの無印、小さくても高性能なmini - Engadget 日本版

細かな発表内容については、上記の公式ページ、ニュース記事を参照してもらうとして、ここでは今回の iPhone / Apple Watch / iPad mini について

個人的に気になった点と
買う気にさせてくれたか否か


を記しておきたいと思います。



【1】iPhone 13 Pro のカメラが思いの外、進化していて心動く

先日のお買い物検討記事では「iPhone は画角の変化がなければ買い換える気がしないんだよなー」と言っていたのですが、

望遠カメラが77mm相当の中望遠に延長


されたことは、望遠馬鹿の私にとってちょっと大きなインパクトです。

広角、超広角、望遠の各カメラとも手ぶれ補正がセンサーシフト式になって強力になり、広角、超広角は
従来よりレンズが明るくなるというのは噂にもあったので全く驚かなかったのですが、まさか望遠レンズが長くなるとは。

「シネマティックモード」とか「フォトグラフスタイル」とか、そんなアップルとしての目玉機能より望遠カメラが中望遠画角になったことが嬉しいです。今までは望遠カメラと言いつつ、標準画角でしたからねぇ。Xperia 1 III のカメラを羨ましく思わなくても良くなりました☺️(向こうは100mm相当もあるけど)

AppleEvent202109iPhone13Pro2


個人的に iPhone カメラのデジタルズームは 1.5倍くらいなら見られなくもない、ギリ 2倍までなら縮小前提でOK、と判断していますが、画角が 77mm になったことで、1.5倍なら 110mm 程度、2倍なら 150mm の望遠レンズになるわけで、コレは大きいです。

随分撮れる画角が広がって
これでカメラ要らずにまた拍車が


と思いますね。

完全にレンズ交換式カメラのキットレンズの画角レンジを超えただけでなく、今回の 13 Pro は

マクロ撮影も可能


になったので、色々と違う部分はあるとはいえ、単純に撮れる画角、撮れるモノを考えたら、スマホはレンズ交換式デジカメのレンズ数本分になってきて、わざわざカメラ買う人はまた減るなぁ、と思いますね。

AppleEvent202109iPhone13Pro3


そのマクロ撮影に関しても

Androidスマホにありがちな、ショボい画素数で寄れるだけのダメ画質なマクロ専用カメラではなく、通常カメラでしっかり寄れる

というのは素晴らしいです。多くの Android スマホの糞マクロカメラとは同じにして欲しくないレベルですね。やるならコレです。

ということで、正直なところ、

予想外のProカメラ機能の進化で
欲しい気持ちが出てきてしまった…


のも事実。Apple Store で iPhone 11 Pro (256GB) の下取りが 45,000円、iPhone 13 Pro (256GB) との差額は約9万円。うーん……

(128GB モデルでも十分やりくりできるのですが、気がつけば 11 Pro のストレージ 256GB の半分以上使ってますし、何より iPhone 13 Pro では 128GB モデルだけ動画撮影制限があることから、128GB モデルのストレージだけスペックが低い可能性が高いですからねぇ)

ただまぁ、冷静に考えると、

指紋認証が復活しなかった


ですし、デュアル eSIM には対応したけど、噂されていた日本国内の 5G ミリ波には非対応のまま

カメラは進化したけれど
それ以外の部分は微妙


って感じるところもあります。AI 処理の進化やらバッテリー駆動時間の延長はありますけど、その反面、iPhone 13 シリーズは全端末とも 12 より厚く重くなったのは大きなマイナス。(厚みは増えても iPhone 11 Pro より薄いんですが)

バッテリー増量に対応してワイヤレス充電速度が速くなる、という噂もありましたが、そんなこともなく。

いずれにしても、いくらカメラを大型化して、バッテリーを増量したとはいえ、

MaxでもないProが200g超


は萎えますわ。重すぎ。

というわけで、今のところは

やっぱり今回は我慢してスルーが85%


って感じです。

Touch ID が復活していたら間違いなく予約していただろうけど、今回の 13 Pro はカメラの進化は魅力だけど、カメラだけ進化して残りの進化に乏しく、マイナス点も出てきているので、

iPhone 14 Pro は今回期待されながら進化しなかった部分が進化して、不足なく、満足して乗り換えられることに1年間期待するしか


という方向ですね。さすがに来年は丸3年経つので買い替えるしかないですから…まぁ億が一くらいで、Lightning 端子が USB-C になる可能性もあるし。期待はしない、できない。

と言いながら、衝動的に 13 に買い替える可能性はなくはないですけど、今のところはその方向です。たぶん。きっと。おそらく。


【2】無印/miniへの買い替えを考えている人は「12」もあり

iPhone 13 シリーズでは Pro 系統のカメラが大幅強化されたり、そのための処理強化のせいか、同じ A15 チップでも GPU が1個多い上位版が搭載されているなど、変化は意外と多くありました。それでいて、お値段アップも最小限。

ところが、13 無印/mini の方は性能アップ、バッテリー増量など細かい改良だけの、本当にマイナーチェンジになっています。もちろん、13 ならではのソフトウェア的機能が増えていて、新しい方が良いのは間違いないのですが、Pro と比べると変化は少ない。

また、iPhone 13 無印/mini ではストレージ 64GB モデルがなくなって、全モデル 128GB 以上になりましたので、一番安いモデルを買いたい人にとっては、その分もお値段アップになります。

ということで、

無印/mini に買い替え検討の人は
13ではなく安くなった12を選ぶのもアリ


だと思います。特にストレージ 64GB で良いから安く買いたい、という人には 12 にするのがオススメ。

もちろん、「どうせ買うなら最新のが良い!」という人は別ですが、無印/mini へ買い換える人ならそこまで最新機能に拘らないと思いますので…

AppleEvent202109iPhone12


今回 iPhone XR の併売が終わって、iPhone 11 / 12 / 12 mini が(少し)値下げして売られていますが、今の iPhone は 12 世代から(デザインも含め)少し変わった感もありますし、12 は新しい 13 より薄く軽いのも魅力

個人的に

iPhone 12 世代は名機


だと思っていますので、そちらを選ぶのもアリだと思います。

ま、ストレージ 64GB ではなく 128GB 以上のモデルを買うなら、13 との価格差はそう大きくないので 13 を買えば良いと思いますが…


【3】全部新色は良いけど中身は画面拡大だけの Apple Watch 7

Apple Watch Series 7 の方は噂どおり、

画面拡大だけでヘルスケア新機能はなし


という内容でした。中身のチップセットも Series 6 と同じなので iPhone/iPad のモデルチェンジと異なり、処理速度も据え置き

その画面拡大のサイズ感も比較写真を見ると、

AppleEvent202109AppleWatch2


思ったよりも差がないというか、少なくとも Series 3 → 4 の時ほどのインパクトはないので、画面サイズの大きさで欲しくなる感じはないですね。

ただ、画面拡大のサイズは微妙ながら

AppleEvent202109AppleWatch5


今回の Series 7 から文字入力に QWERTY キーボードが使えるのはかなり魅力的!です。というか、QWERTY キーボードが使えるなら(もっと文字数の少ない)日本語テンキー入力にも対応してくれよ、と思いますけど。

そして、残念なことに噂とは異なり、バッテリーまわりは

充電速度が少し速くなっただけで
バッテリー駆動時間は変わらず


というのもガッカリポイント。(速い充電速度のためにはUSB-Cの充電器が必要)

今回の Apple Watch 7 の発表内容を見て良いと思ったのは、

アルミニウムモデルは新色5色


というくらいですね。PRODUCTION RED 以外は渋い色合いで好きです。

AppleEvent202109AppleWatch1


所有しているのは Series 4 ですし、特に Series 5 から採用された常時点灯ディスプレイは魅力を感じているので、そろそろ買い換えたいのですが、これだとどうですかねぇ。

Series 7 で妥協して来年 Series 8 で新しいヘルスケア機能、血圧測定とか血糖値測定とか入ったらまた買い換えないといけなくなるし、

画面拡大以外の進化がなさすぎ


となると、やっぱり Apple Watch も Series 8 待ちが正解でしょうかねえ。

Apple Watch を使ってみたい(本当に使い続けるかどうかは不明)と言ってる家族がいるので、Series 7 を買って、いま使ってるのを譲ってお試ししてもらうことは考えていたんですけどね。Series 4 GPS アルミニウムは下取りしても7千円ですから、下取りに出したくもないですし。

とりあえず、iPhone / iPad と異なり、Apple Watch Series 7 は発売がまだ先のようですから、しばし考える猶予はあるので、家族ともう一度話しながら検討ですね。


【4】全部入りフルモデルチェンジ iPad mini

ホームボタンが廃止されてオールスクリーン化、端末サイズはちょっぴり小さくなりつつ画面サイズはアップ、現行 Air と同じくスリープボタン一体型 Touch ID に、Apple Pencil は第2世代対応、Cellular モデルは 5G 対応…と、そこまでは噂情報どおりで予想もできたわけですが、

チップは最新のA15採用で
コネクタはPro同様のUSB-Cに


となり、さらにスピーカーもステレオ化されて、

今回のminiは間違いなく買い!


という印象。大満足の、長く使える iPad mini であることは間違いなし。値段もまずまず。

AppleEvent202109iPadmini1


とにかくホームボタンを廃止して、ディスプレイサイズが拡大したにも関わらず、ちょい小さく、そして軽くなったこと。8.3インチ画面で Cellular モデルでも 300g を割ってきたのは良いですね。

でもって USB-C 端子になったのは、本当に有難い。これで買う気にさせてくれます。まだ iPhone は Lightning のままですけど、Pro を使っていて充電以外でのデバイス接続がかなり便利なことは実感していますから。

AppleEvent202109iPadmini2
(左:第6世代iPad mini、右:第5世代)


というわけで、個人的にも

mini としては、ほぼ文句なし


でありますが、即予約へ行けないのは、私個人が過去に iPad mini を長く使ったことがない、いずれも稼働率が低かった、という躊躇い。画面が 8.3 インチとデカくなったので、使い方も変わってくるかなぁ?と思うのですけど。

とりあえず iPhone 13 シリーズと違って、もう今日から予約開始なので、あまり悩んでる暇はない、というか、こういうのは予約して発売日に手に入れてナンボ。発売日に買わなきゃ、買うテンションは5割減の私なので😅

AppleEvent202109iPadmini3


というわけで、寝落ちして発表会はリアルタイムで観られなかったので、昼間ちょっと合間合間に公式ページやニュースで情報を得て、本記事は自分なりの検討のためにまとめたようなものです。

ちなみに、第9世代 iPad は搭載チップが1世代更新され、最小ストレージが 32→64GB になったくらいの超マイナーチェンジですから、特に触れる要素もなく。

いずれにしても本記事を書きつつ検討していた結果は、今のところ、ですけど、
  • iPhone 13 Pro はカメラの進化が魅力で少し心が動くが、カメラ以外の進歩があまりにも足りないのでスルーする方向の気持ちが8割以上

  • Apple Watch 7 も画面大型化以外の進化がなく、その画面大型化も思っていたほどじゃなさそうなので、やっぱりスルーする方向だけど、家族絡みのこともあるので発売まで要検討

  • 新型 iPad mini は、どこまで使うか自信はないが、今回のリニューアル内容が素晴らしいので買う方向

って感じですね。まだ決定ではないですけれど、iPad mini だけは買うかなぁ、っていう心境であります。


(miniは純正カバーがSmart CoverじゃなくFolioなのが×)