先行するソニーからα1 が発売され、ニコンからは Z9 の開発発表もありました。となれば、次はニコンから RF マウントの EOS-1(EOS R1 じゃなく EOS-1R と思ってる)の開発発表のはず…

と誰もが思っていたところ、数日前から発表間近と急にリークされ始めた「EOS R3」。EOS Digital 時代になってから幾度も期待されながら復活しなかった「3」シリーズ!?フラッグシップ機 EOS-1 じゃなくて 3 なの??

などと半信半疑のところへ本日、キヤノンから正式に開発発表された EOS R3。

まさかの視線入力AF復活だから3なのか!


って感じでありました。

20世紀末、EOS-1V に先駆けて先進機能を搭載した EOS 3 でもエポックメイキングだった視線入力AF。それが20年ぶりくらいに復活するなら「3」型番も納得です。

EOSR3_Release

フルサイズミラーレスカメラ“EOS R3”を開発 高速・高感度・高信頼性によりユーザーの撮影領域を拡大 | キヤノングローバル
キヤノン:your EOS.|EOS R3 開発発表

ただ、EOS 3 と違うのは、EOS-1 シリーズと見間違うようなバッテリーグリップ一体型の大型ボディ。スペシャルサイトの記述を見ても「EOS-1D系と同等の防塵防滴性能」とありますし、秒30コマの連写などの性能を見ても、

これでフラッグシップ機、EOS-1じゃないんだ…


という驚きもあるくらい。

まぁ、キヤノン的には「まだこれではミラーレス時代のフラッグシップ機とは呼べない」ということでしょうし、EOS 3 → EOS 1V の時同様に、

EOS R3 で先進機能を搭載してフィードバックを得たフラッグシップ機 EOS-1R がこの先(1〜2年後に)出るんだろうなぁ


という印象もまた受けました。そういう意味では、湯水のようにお金がないと買い時は難しい気もします😅

ともあれ、画素数などは非公表であるものの、次のような仕様を出されると否が応にも期待は高まります。(ガワを見せただけのニコンとは期待度が違ってきてしまうのが、ユーザーとしては哀しい)



  • キヤノン初の裏面照射積層型CMOSセンサーによるAF/AE 追従の秒30コマ連写(おそらくα1、α9のような)電子シャッターによる像の歪みを大幅に抑制
  • AFにおける人物の頭部・瞳検出だけでなく胴体も検出しての追尾
  • 視線入力AF
  • EOS-1D 系と同等の防塵防滴性能
  • バッテリーグリップ一体型ボディ
  • iPhone/iPad との有線接続

いや〜、なんかワクワクしますねぇ。視線入力AF もどこまで実用的なのかは判りませんが、動体撮影をしていて測距点を迅速に変えたいことの多い人間としては、とりあえず試したい!使ってみたい!と思わせる機能ではあります。

これだけ長い間、視線入力機能を搭載せず、今になって復活させるのですから、20年前には色々あった弊害、不具合をそれなりに解決しての搭載でしょうから、ちょっと期待しちゃいます。

もちろん、α1、α9 レベルのローリングシャッター抑制も期待します。反面、積層型 CMOS センサーになることで高感度ノイズの増加もあるでしょうから、そこらへんの兼ね合いも興味深いところ。(α1 のデーターを見るかぎり、夜間スポーツに使える高感度画質じゃないし…)

あと、「人物の頭部・瞳検出だけでなく胴体も検出」というのも注目したいところ。スポーツ撮影においてこの点は重要で、頭認識が外れたらフォーカスが抜けるようでは被写体追尾は使えません。

やっぱり長年スポーツ撮影の経験が蓄積されているメーカーは違うよなぁ


と思ってしまいます。

あとは、チームスポーツにおいて複数人物が絡んでいた時、如何に最初に捉えていた人物から外れないようにしてくれるか、ですね。このあたりもソニーより知見が多い分、期待したいところ。

東京五輪が行われれば、そこで EOS R3 のβ機が大量に実戦テストされそうですし、ホント楽しみです。ただまぁ、EOS R3 がこれだと、この後の EOS-1R がホントどうなるんでしょうねぇ。あとはグローバルシャッター搭載くらいしか…

RF400F2.8_Release

キヤノン:RF400mm F2.8 L IS USM|概要

本気の高速連写機を出すとなれば、必要になるのが大口径超望遠単焦点レンズ。こちらも RF 大砲レンズの第1弾として、ヨンニッパ(400mm F2.8)とロクヨン(600mm F4)が発表になりました。

EF マウントのヨンニッパ、ロクヨンがリニューアルされたばかりということもあって光学系は EF III型を踏襲、操作系も RFレンズには装備されているコントロールリングすらなく、やや間に合わせ感は否めませんが、光学系を一新するのは金がかかるので真に RF マウント最適化バージョンは7〜8年後くらいの II 型でしょう。

(人によってはコントロールリングやフィルターが使えるマウントアダプター経由の方が良いと思う人もいるでしょう)

もっとも、EF III型レンズがほぼ完璧なので実用上問題にはならないでしょうし、RF レンズということで通信系はマウントアダプター経由と比べて最適化されているので、AF で差が出ることもあるかもしれません。

お値段は、EF III型の初期プライスやソニー FE 同等レンズと同程度のお値段で、ヨンニッパが 160万円超、ロクヨンが 180万円超。EOS R3 と合わせたら 250万前後あたりでしょうか。いや〜、気が遠くなるお値段ですな😓

RF600F4_Release

キヤノン:RF600mm F4 L IS USM|概要
今後もキヤノンは大口径超望遠レンズをリリースするでしょうし、最近の噂では来年 400mm F4 DO の新設計 RF版、200-400mm F4 を 200-500mm F4 に延長して出すという話もあります。

個人的にはこの両レンズは今回の2本より興味ありますね。いま 500mm f/4E FL と 500mm f/5.6E PF を使っていますが、500mm f/5.6E PF は小型軽量で AF 速度も解像も満足しているものの、やはり暗いし、被写界深度に不満があります。

500mm f/5.6E PF を使う大きな理由は長い大砲レンズが使えない時のためですので、今の 400mm F4 DO II ですら長さは 500mm f/5.6E PF と同じですから(太さと重さは違うけど)、RF 最適化で 400mm F4 DO がより小型軽量になるなら使いたいですねぇ。

200-400mm F4 もテレ側 400mm だとちょっと短くて物欲は動きませんでしたが、500mm まで伸びるなら 500mm F4 代わりとしても使えて魅力的です。テレコン内蔵なら尚更。

まぁ、すぐに RF マウントへ移行する予定も懐具合もないので、EOS R3 や RF 超望遠レンズの揃い具合を見て移行時期は見定めたいと思います。もちろん、Z9 にも一応望みは捨ててないんですけどねぇ(期待薄)

RF100F2.8Macro_Release

キヤノン:your EOS.|RF 100mm F2.8 L MACRO IS USM 特長紹介ページ
キヤノン:RF100mm F2.8 L MACRO IS USM|概要

キヤノン伝統?の100mm マクロも RF マウントで一新。等倍マクロから 1.4倍マクロに倍率アップするだけでも驚きなのに、ボケ具合をコントロールできる「SA コントロール」まで装備。

ミラーレス機用のマクロレンズはどこも割とスタンダードなレンズばかりでしたので、キヤノンが真っ先に新機軸を打ち出してきたのは

昨今のキヤノンらしさ、RFレンズらしさ


全開という感じで、良いですね。お値段も全開ですが、ここまでやれば仕方ない気もします。(そのうち廉価マクロも揃えて欲しい気がしますが)

私自身は高価なマクロレンズを買うことはないでしょうが、過去に何度も書いているように、一眼レフ用レンズでは実現しなかったミラーレス時代ならではのレンズを揃えていくキヤノンの姿勢は好きですね。

愚直に一眼レフ時代にあったレンズをミラーレス機用にとことん高画質化して突き詰めていくメーカーも、それはそれで良いですが、自分の好みとしては(自分が買うにせよ買わないにせよ)今までにないレンズを企画していく方に惹かれますね。

キヤノンも RF マウント最初期は、RF レンズは新機軸を出してくるけどボディは…でしたが、去年の R5/R6 からはボディも素晴らしくなり、今回の R3 でレンズだけでなくボディもワクワク感のある製品を出してきて、今後が楽しみです。

ソニーのα1、キヤノン EOS R3 と目を惹く最上位クラスのカメラが出てきましたが、ニコン Z9 は果たしてこれらに引けを取らない魅力、時代の牽引力を持つカメラに仕上がるのでしょうか……