緊急事態宣言再発令となり、今週予定していた久しぶりのモータースポーツ観戦(スーパー耐久)も中止に。航空祭は今年(来年度)も厳しいでしょうし、2021年も好きな撮影対象が難しい年になりそうですが、医療従事者の方々の奮闘を思えば、それくらいの我慢自重は問題ないですね。少し寂しいけど…

お出かけ自粛で近場のお散歩程度しかできない状況となれば、むしろ X-S10 を買った意味が増えるというものですが、メインシステムの重量級機材を振り回す機会が減ると、体力的な衰えが加速しそうで怖いです。

ちょっと前、1ヶ月ぶりくらいにゴーヨンと大型三脚を抱えて駐車場から撮影地まで10分弱歩いただけで、こんなに重かったっけ?と体力低下ぶりを感じたので、真面目に腕立て伏せと握力のためのハンググリップでもしなきゃ…です😓

5年ぶりの富士フイルム機 X-S10 を使い始めての雑感【1】ボディ、充電関連、全体の操作感編
5年ぶりの富士フイルム機 X-S10 を使い始めての雑感【2】再生画面、AE、WB、AF編

さて、X-S10 を使い始めての雑感 Part 3。購入から1ヶ月が経ったものの、手の内に入れたような感覚はまだまだですし、どうでもいい写真ばかり撮ってますが、そんな写真でも富士フイルム独特の絵づくりはやはり良いなぁ…と感じることが多く、心地よく使えています。

X-S10_03


で、購入から気づいた色々なことをメモしてきたのを書き並べている訳ですが、正直 X-S10 のことばかり書いてるのも飽きてきたので(笑)、少し時間が空いてしまいました。まぁ読む方も飽きてると思うんですよねぇ😑

そう思いつつ今回も気づいたこと、思ったことを記しておきます。今回は EVF や背面液晶、ボタン・ダイアル、設定メニューなど操作性まわりについて諸々と。



8.EVF・背面液晶

  • 1年ぶりの EVF、久しぶりの富士フイルム機で、最初は EVF 内のデフォルト情報量に圧倒された。とはいえ、富士フイルム機は EVF や背面液晶に表示する情報を細かく取捨選択できるのは◯。多少カスタマイズしたけれど、もう少しカメラに慣れてから見直す感じ。

  • EVF の画素数やファインダー倍率は、廉価機ということもあって特に不満を感じるほどではないが、アイポイントが低いのはメガネユーザーとして少々辛い

  • アイポイントが低いことを考えると、ファインダー倍率はこのくらいの方がまだ使いやすいのかも?とも思ったり。

  • EVF のタイムラグは普段使いでストレスを感じることはなく、動きが単純かつ速くない(民間機の離着陸とか一般道の車とか)動体ならば快適ではなくても十分使えるレベルで、廉価機と思えば不満ない。

  • とはいえ、動体をきっちり撮るなら多少の慣れが必要な程度のラグはあるし、動きの激しい(特に速度方向変化が激しい)スポーツは厳しい。ラグがほとんどないみたいなレビューを見たことがあるけど、さすがにそれは提灯持ちすぎ😩

  • ブースト設定をフレームレートにして有効にすると、多少 EVF の表示が滑らかになり(100fps だったっけ?)、動きの速いスポーツや車の流し撮りは気持ち追いやすくなるが、民間機の離発着くらいだとノーマルでも何とかなる分、劇的な差は感じず、という印象。(E-M1 Mark II の EVF リフレッシュレート変更は割と体感差があったけど、あれはあれで色々あったので…)

  • フレームレートのブースト設定は、むしろ普段使いで見やすさが増すというか、EVF 覗いている時の違和感が減って気持ち良さがちょいプラスって感じ。

  • いずれにせよ、どのブースト設定を使ってもレンズ振ってる時にピン甘が判るとかは無理だけど、廉価機にそこまで望むことはないので問題なし。

  • MF はミラーレス機に限定してたまにする程度だが、そんな、たまにするレベルの人間にとっては、EVF の画素数控えめ&ファインダー倍率低いこともあって、他社より明らかに低いフォーカスアシストの拡大倍率がもう一声欲しかった感。

  • マニュアルフォーカスサポートもピーキング以外に2種類用意されていて、フィルムカメラライクなのは富士フイルムならでは。だけど、昔も今もピーキング以外は使いこなせず、今回も必要に応じてピーキングを、って感じになりそう😅
    (ピーキング以外の2種類を使って迅速にサクサクと合わせられる人を尊敬する。マジで)

  • ブースト設定を解像度優先にして有効にすると、ちょっぴり見やすくなる気はするけど、判別が難しかった小さな文字が判別できるようになる、なんてことはないので、気分の問題程度な印象…

  • しばらくブースト設定を常時オンにして使って、それでもバッテリーの保ちが自分の納得の範疇に収まることが判ったので、ブースト設定は EVF を覗いている時の気持ちよさを優先してフレームレート優先にして常時有効で使用中。



  • アイカップは後付けするものがあると思ってパッケージの中を探したくらい、ないに等しいアイカップ

  • 小型軽量化のためにアイカップも極小なのは止むを得ないが、交換できないからずっとこのままなのは少々残念なポイント。

  • 背面液晶は、X-S10 のコストダウンの皺寄せが一番行ったのだろう、と思っちゃうくらいには微妙。解像度はコスト的に仕方ないにしても、前回記事で書いたように、EVF と背面液晶で確認したものと実際の撮影画像との明るさや色の乖離が大きく、露出や色を積極的に変えていくカメラ、後からパソコンで現像ではなくカメラが出力する色をアピールするカメラとしてはもどかしい。

  • ぶっちゃけ、EVF の見え方は慣れれば問題ないレベルだけど、背面液晶は「いくら廉価機と言ってもちょっとねぇ」な印象。富士フイルム的には、文句あるなら自分で調整しろ、だろうけど、そういう問題じゃないような…
    (色のことを自ら喧伝する富士フイルム機だからこそ言いたくなるだけで、他社機ならこんなに言わない😓)

  • 素材の違いはあっても、せめて EVF と背面液晶の見え味をもう少し近づけて欲しい。

  • EVF と背面液晶(自動)切り替え時に表示内容が継続されるのは○
    (使い勝手を考えれば当たり前の動作だけど、EVF と背面液晶が切り替わる時に表示内容がリセットされるカメラもあるので…)

  • 情報表示拡大モードは老眼が入ってきた身としてはありがたい。EVF と背面液晶で個別設定できるのも嬉しい。背面液晶で使わせてもらってます😅

  • でも、背面液晶の情報表示拡大モードでバッテリー残量くらいは見えて欲しかったかも。(勘違いでした😅失礼しました)

  • 情報表示拡大モードにおける左右アイコンの表示設定は、それぞれの表示アイコンのオンオフだけで、他のカスタマイズ設定があれだけ細かくできるのに、ここだけはかなり限定されているのは不思議。別に悪いと言ってるわけではなく、単純にアレ?と思っただけだが…

  • 常時表示できるデジタル水準器がど真ん中なのは微妙。常時表示は水平だけだから画面下部でも良かった気がするけど、画面下部も色々表示物が多くて見づらいなら、もう少し線が薄くできても良かったような?

  • もっとも、性格同様すぐ真っ直ぐが取りきれない私としては、デジタル水準器が常時表示できないともっと困るから常時水準器表示があるだけで嬉しいのも事実。

  • かつて X-T1 を買って初めて EVF を覗いた時は、色々使ってきたミラーレス機の中で初めて「おぉ素晴らしい EVF」と少し感動した記憶があるが、さすがに5年経って同じ画素数&低い倍率の X-S10 の EVF では「廉価機だからこんなもんだよね」になってしまったけれど、よく考えれば「廉価機でもこれくらいの EVF が積める時代なんだ☺️」とも言える。

  • 色々買いたけど、X-S10 の EVF は廉価機として考えると(多少の不満点はあっても)十分納得、満足できるモノ

  • だが、背面液晶は設定情報確認用って感じ。

X-S10_06


9.ボタン・ダイアル類

  • 基本的に、富士フイルム現行機の各種ボタンのカスタマイズ性・柔軟性、機能割り当ての直交性は群を抜いている。ボタンによって割り当てられる機能が細々と違ってくるような理不尽かつ意味不明な制限もなく、本当に素晴らしい。(某メーカーと大違い!)

  • X-T1 の頃も随分とカスタマイズできるようになったが、今や圧倒されるくらい…。カスタマイズが最小限だった X-E1 の頃を思うと隔世の感がある。

  • かつて富士フイルム機ユーザーだったこともあり、富士フイルムの個別ダイアルによる独自インターフェースは嫌いじゃなく、今でもカメラで撮る楽しさを実現する一つの方法として良いと思っているけれど、それとは別に X-S10 の汎用3ダイアル方式は馴染みやすく、他社機との併用が楽なので個人的には歓迎。

  • 登場が予測されている GF の新機種も富士フイルム機伝統の操作性ではないという噂に、ネット上の批判を少なからず目にしたが、この先アナログ時代のノスタルジックな操作体系を好むユーザーが増えるとは思えないから、先々を思えば広く受け入れられる操作体系を採用するカメラを増やしていくのは良い判断だと思う。富士フイルムの一番魅力ある、広く訴求できるポイントはそこじゃないし。

  • ただ、汎用ダイアルが 3個あっても本来の個別ダイアル制の富士フイルム機と比べるとダイアルの絶対数が少なく、富士フイルムはボタン押し併用ダイアル操作を採用しないので、3個ではダイアル数が足りない場合がある

  • 前ダイアルが絞りまたはシャッタースピード、後ダイアルが露出補正というのは常道であり、なおかつ左肩のファンクションダイアルはデフォルトでフィルムシミュレーションというのも富士フイルム機の特徴を考えれば自然。他社機に慣れていても、Mモードを除けばデフォルトで違和感なく操作できる X-S10

  • 前ダイアルで絞り、後ダイアルでシャッタースピードを操作することになる Mモードでは露出補正のダイアルがなくなって操作体系がやや破綻する。個別ダイアル方式では有り得ない状況な分、汎用ダイアルの UI が未だ練りきれていない印象。

  • 前項の解決のため、左肩ファンクションダイアルには「デフォルト(Mモード時は露出補正)」という設定があるし、私も(やむを得ず)使っているが、モードによって操作内容が変わってしまうのは本来良くない。

  • Mモードで ISO AUTO なんか使うなよ、使わないだろ、昔はそんなことできなかった云々という話とはまた別の問題であり、今後富士フイルムがレトロチックな個別ダイアル式のカメラだけでなく汎用ダイアル機を増やす/続けるなら解決しなければならない課題だと思う。

  • 汎用ダイアル機では ISO 変更ダイアルがなく、富士フイルムは他社で普通にある「ボタン押し併用ダイアル操作」を採用しないため、ISO や測光モード変更などで、いちいちメニュー出して変更という手間と時間がかかる操作を強いられる。汎用ダイアル機にはそれに相応しい UI を、ポリシーを曲げてでもボタン押し併用ダイアル操作を採用して欲しい。



  • 十字ボタンかジョイスティックかの二者択一なら後者を選ぶ私なので、小型軽量化で限られたスペースに配置するモノを十字ボタンではなくジョイスティック(フォーカスレバー)を選択したのは歓迎。(十字ボタンより省スペースだしね)

  • だが、ジョイスティック(フォーカスレバー)が小さいのは止むを得ないとしても、動きが軽すぎ、またラフな操作だと思うように動かないことが多く、過去に使ってきた、この手の操作レバーでは一番使いづらい。(個人の好みもあるだろうけど、ちょっとねえ)

  • ジョイスティックのレバーを倒して戻した後、妙な慣性がついていて行き過ぎてしまうこと、思わぬレバークリック動作が多い。

  • 他社機のジョイスティックと比べると、あまりにも小さく軽すぎたため、パッケージを開けた直後の最初のセットアップで思わず誤操作して、意図しない言語になってしまい、リセットして初期設定をやり直すのに苦労したので、どうしても印象が悪いまま😓
    X-S10_17

  • このフォーカスレバーの操作性はフォーカスエリアの操作の多い動体撮影では誤操作がストレスになるし、静止体相手だと十字ボタンの方がまだ誤操作は少なかったかもなー、と思う悩ましさがある。(それでもジョイスティック選択を支持したいけど)

  • 再生画面やレーティング設定モード、スマホ画像転送予約モードのコマ移動や拡大縮小、さらにはメニュー操作など、本来前後ダイアルで行うものも含めて、実際にはフォーカスレバーの左右&押し込みの方が便利で、撮影時だけでなく再生時その他でもフォーカスレバーが活躍しっぱなしなので、この華奢なレバーの耐久性が心配😓



  • 各種ボタンが小さく感触も微妙なのは小型軽量な廉価機ゆえ仕方ないと思うが、シャッターボタンの感触だけはもう少し何とかならなかったのかなぁ…という思いは、購入前から今なお思う。

  • 半押しの感触も微妙だが、全押しまでのストローク、押し込み感触がちょっと残念すぎる。廉価機でスペック満載だから、このあたりは我慢の範疇だとは思うけど…けど…他が良いだけに画竜点睛を欠いた印象。一番重要な部分だしね。

  • クイックメニュー表示の Qボタンがシャッターボタン押す状態でアクセスできる上面へ移動となったのは個人的には歓迎。小型化で背面スペースに余裕がなく変更されたのだろうけど、ホールディングしたまま人差し指で使えて、とても良い。(後述するように割り当てられる機能がもっとあれば最高だった)

  • ただし、同じようなボタンサイズの Qボタンと録画ボタンが隣同士なのはいささか紛らわしく(何度も誤操作している)、どちらかのボタンに判りやすい印があれば良かった。

  • とはいえ、豊富なボタンカスタマイズのおかげで録画ボタンは殺せるし、誤操作が最小限となる他の機能に割り当てられることも可能なので、特に問題にはなっていない。

  • Fn ボタンが EVF のすぐ傍にあって、ファインダー覗きながら操作するのは不可能だけど、小型軽量化による苦肉の策なのだろうし、たとえ苦肉の策でも、ボタン・ダイアルは1つでも無いより有ったほうが良いので、ありがたい。(パフォーマンスモード切り替えを割り当ててます)

  • 前面にフォーカスモード切り替えレバーがないものの、Qメニューやマイメニューに登録しておくことができるので特に不便は感じない。迅速な切り替えが必要ならモードダイアルのカスタムに割り当てておけば問題ない(私は C4に、万が一の AF-C 動体撮影用設定を割り当てている)

  • 前面に何か付けられる余裕があったとすれば、フォーカスモード切り替えレバーより上位機にあるようなグリップ側の Fn2 ボタンが欲しかったかな。ま、小型軽量化が最優先だから前面にボタンが無くても問題なし。

  • とことん親指 AF に慣れきっている私だが、X-S10 では動体撮影を積極的に行わず AF-S メインなので、AF-ON ボタンを他の機能に割り当てた。AF-ON ボタンも他のボタン同様、フレキシブルに多彩な機能を割り当てられるのは素晴らしい。

  • タッチファンクションという操作機能を初めて使ったが、想像してたより使えそうで、試してすぐオフにするつもりがカスタマイズして有効にしたまま。問題は、滅多に背面液晶見て撮らないので次に操作する時に覚えているかどうか…😅

  • 絞りダイアルのある XF レンズで絞りダイアルまたはスイッチが A 以外だと、カメラの前ダイアルの絞り変更が効かないのは昔から変わらないわけだが、XC レンズと併用していると戸惑わないためにも XF レンズ側は A 固定になってしまい…仕方ないけど、ちょっと勿体ない気分😓
    (富士フイルムもポリシー貫くなら、XC レンズにも絞り値刻印なし、クリック感なしでいいから絞りリング付ければ良かったのにねぇ)

X-S10_05


10.メニューまわり(特に設定関連)

  • 設定メニューのカスタマイズ項目がこんなに増えてたんやなぁ、X-T1 の時もファームウェア・アップデートでだいぶ増えていたけど、多すぎて最初は圧倒された。もちろん、印象は良い。というか、X-E1 / E2 の頃にはロクにカスタマイズできずに文句言っていたので…😅

  • 最後に使ったメニュー項目を覚えてくれるのは良いのだが(使い勝手を考えれば当然)、何故セットアップメニューの項目を使った時はメニュー位置を記憶しないのか?意味が分からない。(注記:マイメニュー未設定の時)

  • おかげで、使い始めに色々なセットアップ項目を変えて確認を繰り返していた時、毎回メニューは先頭からセットアップを選び直して階層を下っていく不毛なことを何十回も行う羽目になった。

  • ショートカットメニューとして「Qメニュー」と「マイメニュー」の2つが用意されていて、それぞれ結構なカスタマイズが可能なのは素晴らしい。使いこなすまで時間がかかるとしても、ボタンカスタマイズを含めた3つのカスタマイズで、多機能さと迅速な機能アクセスが両立できている👏

  • けれど、マイメニューの設定はセットアップ→基本設定で、クイックメニューの設定がセットアップ→操作ボタン・ダイアル設定、とバラバラな場所にあるのは違和感しかない。

  • Qメニューにしろ、マイメニューにしろ、撮影に関する設定項目の多くを割り当てられるようになっているのに、セットアップメニューにある項目は殆ど割り当てられないのは謎だし、もどかしい。ブースト設定のオンオフや切り替え、スマホ転送関連の設定(自動転送や3M圧縮転送のオンオフ)などはマイメニューくらいには割り当てられても問題ないと思うんだけど、何故…?

  • ブーストのオンオフ/切り替えはボタンカスタマイズでは割り当て可能なのに、Qメニューにもマイメニューにも割り当てられない、という謎基準がチラホラあるから余計に気になるわけで。

  • マナーモード的サウンドオンオフのショートカット割り当てはQメニューだけで、音量設定がマイメニューに割り当てられないのでサウンドオンオフをマイメニューでできないのも謎。

  • トーンカーブ(ハイライトトーン、シャドウトーン)の設定でハイライト側は+/ーの調整が自然な方向だが、シャドウ側の調整は+/ーの調整方向が普通の人間の感覚とは逆になっている(+でアンダー側、ーで暗部持ち上げ側)。意図するところは判るが、原理原則より人間の扱いやすい自然な形にするのがユーザーインターフェースというもので、それを無視してこだわるのは狂ってる。せめてリバース設定を付けるべき。

  • 使い始めの頃、画面のフレーミングガイドを設定しても全く表示されず、画面レイアウトの設定でガイドを有効にしないといけないのは罠だった…

X-S10Testshot_1552


アレコレたくさん書き連ねましたが、購入直後から半月ほどを中心に気づいたことをメモっていたら結構な分量になってしまいました😅

慣れてくるにつれ、これは仕方ないか、それはまぁいいか、と思うこともあって削った点も少なくなかったのですが、これは慣れるのは無理、納得できない、慣れると逆に弊害が多すぎるなんて思うところは書かせてもらいました。

次回は X-S10 に関する雑感の最後として、メディア、ワイヤレスその他諸々について感じたことをまとめるつもりではいますが、ワイヤレス周りは酷すぎてスキップするかも……