前回冒頭で書いたように、家族に基礎疾患持ち高齢者がいるだけでなく自分も昔の手術の関係で呼吸器系に弱点抱えているので、以前からできるだけ自重していましたが、緊急事態宣言発令となると、いよいよ外出は最小限になりました。

現地作業必須の仕事もなくなり、家族の通院付き添いと買い物だけになると、写真を撮ると言っても近所スナップくらい。そうなると、デジタル一眼レフしか持ってない、それも小さなカメラもレンズもない身としては、

買い物がてらとかのスナップ用には GR とか RX100 とかあったら良かったよなぁ


と、使わなくて手放したコンパクトデジカメのことを思ってしまい、さらには

初代 GR とか RX100 も3代目くらいまでなら中古が安いし、買い戻しても良いかも?


という悪魔の囁きが心の中に出てきてしまいます。

とは言え、この騒動が落ち着いて(何年後?)サッカーやモータースポーツ観戦ができるようになれば、近所スナップとか全くしなくなって使わなくなるのは確定的なので、自重を心に刻む次第でございます。このご時世、余分なものに使えるお金なんて無いですしねぇ😩


(大して使わなくてもこれらを買える余裕が欲しい…😓)


それはともかく、季節モノの“桜×ヒコーキ“を撮ろうとして「別に要らんと思ってたけど、やっぱりデジタル一眼レフ用の標準ズームが必要だわ」と思い直したのが先週。

どうせ買うなら桜が咲いているうちに…と思ったものの、なにせ当方にも仕事面で直撃している新型コロナウイルスの影響。僅かな予算でどうしたもんかと悩んで購入したのが、中古の AF-S 24-120mm f/4G ED VR。

AFS24-120f4G_5

Fマウントに戻って2年越しの標準(ズーム)レンズ購入【前編】 〜僅かな予算でどうするか?

中古で本レンズを選んだ理由、経緯は前編記事に書いたとおりですが、その記事の最後でも記したとおり、中古ですが外装もレンズ内も綺麗で、目につくような画質上の問題もなく良い買い物でした :-)

ただ、手元にレンズが届いた直後に緊急事態宣言が発令され、本来の目的であった桜×ヒコーキは一度だけ、それこそ試し撮りのレベルしか使えなかったのは残念でした(仕方なし)。

TediousDays20200407_01_9362


それでも病院付き添いの長い待ち時間(数時間)で近くの桜を撮ったりと、何回か使ってみた印象だと、

無難な評価をする人もいれば、微妙な評価、辛口の評価をする人も少なくないレンズで躊躇っていたけど、実際使ってみたら全然悪くないし、これだったらもっと早く手に入れておいても良かったなぁ
10年前発売のレンズということもあって、もっと凡庸かと思っていたけど、欠点はあっても思いの外、好印象かも


という感想。

仕様を考えても、予算5万円以内、被写体が飛行機(主に民間機)と思えばベストな選択だったと感じていますが、そのことも含めて、10年前発売の本レンズを少し使ってみた雑感を何点か記しておきます。



(1)繊細ではないけど私には十分な描写

本レンズの評価は割と様々で、高評価をする人も多い反面、厳し目の評価をする人も少なくない印象ですが、人の評価というのは各自が撮っている被写体や、それまで使ってきたレンズ、使っているレンズに大きく左右されますから結局自分次第ではあります。

で、私個人の第一印象ですが、

開放で使いたくないと感じるほど悪くなく F4 開放で使う気になるし、一絞り二絞りしたらグッと良くなりビシッと解像して十分使えるレンズじゃね?


って感じです。

もちろん、繊細な描写やボケが美しいとか、開放から周辺まで解像しまくりというような賛辞を与えたくなるほどの画質ではないのは素人目にも明らかですし、開放では四隅の描写はやや緩く、ワイド側は周辺減光も歪曲も多め、特に歪曲は RAW で歪曲補正を入れる前後では少々驚いたくらい。

TediousDays20200409_01_1550
(大して気にしない私でも判る歪み)

TediousDays20200409_02_1550
(Lr RAW 歪曲補正後)


ズームレンジ長めのレンズにありがちな「ワイド側から中間域までは良いけれど、テレ端側の描写は絞らないとイマイチ」というのは、本レンズでも全くその通りで、テレ側を多用する望遠馬鹿の私としてはそこは残念です。

ただ、5倍レンジの便利標準ズームというスペックと価格を考えれば十分に納得できる画質レベルだし、中古4万円強で買ったと考えれば全く不満はないです。

標準ズームというのはキットレンズと大三元クラス以外で文句言われないレンズの方が珍しいと思ってますし、ライバルレンズでもあったキヤノンの初代 EF24-105mm F4L IS USM を長く使っていた時の記憶からも、

この手の標準ズームならそこそこ画質だろうし、それで片ボケとかなくて素直に写ってくれれば問題ないわ


と割り切って購入したので、私の場合は期待外れとかネガティブな印象を持たなかったです。

(初代 EF24-105mm F4L IS USM を使っていた時の記憶からすると本レンズの方が便利さ画質とも若干好印象。ただ、同じ F4 シリーズでも 16-35mm F4 は EF の方が断然上で Fマウントの方は少々ガッカリしたけど…)

TediousDays20200406_01_1337


今の基準で単体新品を十数万円で買ったとすれば「こんなもんか…」という人がいるのも判りますし、私自身、客観的に見れば画質面では

凡庸とかではなく普通


という印象ですが、ズームレンジ長めの標準ズームですから、補正込み前提含めての妥協は必要でしょう。

私の場合、緻密な風景写真を撮るわけでもなく、ヒコーキ相手の適当お気楽写真な私ですから、これで十分です。特に、中古で4万円強にて買えた物としては上々と言えるかもです :-)


(2)逆光耐性、手ぶれ補正、AF

本レンズ購入の理由の一つともなったナノクリスタルコート。そのおかげもあってか、逆光耐性は満足できると数回の撮影で感じてます。

もちろん、ナノクリ採用だからといって全ての条件でゴーストやフレアが皆無というわけではないですが、ド逆光の場面でもコントラストがある程度確保されているなど、信頼して撮れる印象です。

TediousDays20200406_03_1375


手ぶれ補正の効きについては、さほど強力ではない、それなりの印象。AF-P 70-300mm や AF-S 500mm f/5.6E PF のような、ここ数年のレンズに比べると明らかに弱いです。

広角から中望遠くらいまでで手振れ補正が弱いと感じることはないですが、手ブレ大王の私としてはテレ端側は気をつける必要があるかな、と。

また、ACTIVE モードはあっても SPORTS モードのない頃の VR なので、あまり振り回す用途には向いていませんね。(広角や標準レンズで振り回すなんて、かなり限られた撮影ポイントでしかないですが)

AF 速度については、爆速というほどではないですが十分に速く、民間機相手では全く問題ないです(D5, D500 使用)。


(3)テレ端120mmは便利😁

前編記事で書いたように、本レンズ購入の目的は飛行機(民間機)撮影で引きの絵を撮りたいがため。70-300mm のワイド端 70mm では引きが足りず、かと言って APS-C + 16-35mm のテレ端 52mm 相当では寄れなさすぎ。

飛行機の離陸では飛ぶ経路に毎回ズレがありますから、ある程度ズームレンジに余裕がある方が良いですし、自分がよく行く伊丹空港での立ち位置を考えても 〜70mm や 〜85mm より 〜120mm までテレ側があるのは、使ってみて正解でした :-)

また APS-C 機で使って 36〜180mm の画角となれば標準ズームと 70-200mm を一本で賄えるようなところもあり、広角が不要ならば、かなり“コレ一本”感が出るのも良いですね。まさに便利ズーム。

TediousDays20200407_03_9408


伊丹スカイパークから RWY32L の離着陸機を撮る場合、機体だけだと B777-300 の 90mm くらいから B737-800 の 150mm 前後、100席未満の機体だと 200mm と幅があるわけで、普段だと 70-200, 70-300 一本で行けるのですが、桜絡みの引きショットと並行して撮りたい場合には、APS-C と本レンズの組み合わせでコレ一本になりました。

望遠馬鹿の私としては 24-70mm や 24-85mm のレンズだと常に望遠ズームを持ち歩きたくなるでしょうが、120mm まである本レンズなら場合によって望遠ズームを持ち歩かずに済むこともありそうだと感じてます(同時に 500mm を持ち歩く時など)。

AFS24-120f4G_6


また、本レンズ購入理由でも書いたとおり、将来もし 100-400mm を買った場合には -70mm や -85mm のレンズと違って繋がりが良いこともありますし、今でも D5 + 24-120mm f/4G と D500 + 70-300mm E の組み合わせなら、ちょうど良い塩梅の画角ペアになります(上記写真)。

そういうこともあって、テレ端 100mm 超の標準ズームレンズはやっぱり便利だなぁ、と感じています。


(4)自重で鏡胴が伸びる、リアキャップが旧タイプ

本レンズはズームで鏡胴が伸びるタイプのレンズですが、じっといればレンズを下向けても鏡胴がだらしなくすぐ伸びてしまうようなことはありません。

が、首からぶら下げたり手に持って歩くなど振動を与えてしまうと、鏡胴がビヨーンと伸びてしまいます。これは致し方ないので特に文句はありませんが、ズームロックは欲しかったかな、と思いますね。些細なことと言えば些細ですが。

TediousDays20200409_05_1579


また、最近の Fマウントレンズ付属のリアキャップは LF-4 ですが、古いレンズでは LF-1 で、中古で買ったせいか、本レンズのリアキャップには LF-1 が付いてきました。

AFS24-120f4G_7A

AFS24-120f4G_7B


最初からそうだったのか、売却した人が LF-1 を付けて売ったのか判りませんが、

リアキャップ LF-1 は締まりが緩くなることが多くて、また LF-4 を買わなきゃ…


というのはあります。去年、中古で購入した AF-S 16-35mm f/4G ED VR も同じだったんですよね…仕方ないですけど(´・ω・`)


TediousDays20200407_05_9489


というわけで、1週間も使ってない段階での AF-S 24-120mm f/4G ED VR(中古購入)の雑感、ファーストインプレを記しました。

「F4 通しとしてはズームレンジ長め」以外にはあまり特徴のないが故に、高く評価しない人がいるのも判るけど、決して悪いレンズじゃないどころか、普通は普通でも「普通に良い」レンズだというのが、私が何度か使ってみた段階での感想でした。中古とは言え、4万円強で状態の良いものを買ったこともプラス評価です。

10年前のレンズということで中古玉は豊富、相場も4万円台と性能からすればかなり割安ですから狙い目かもしれません。D750 のキットレンズだったこともあってか、レンズキット崩れであまり使われていないレンズも少なくないかと思います。

中古玉はリスクがあるので安易に薦められるものではないですが、私個人としては今回は大正解だったな、と思います。

もちろん、5倍ズームでやや古めの設計なレンズですから画質面で過大な期待は禁物ですが、程々に良好な画質で広いズームレンジを持つ、まこと便利な標準ズームレンズですね :-)