新型コロナウイルスで世の中一変であり、当方も仕事にプライベートに影響甚大です。色々思うところは多いですが、メディアでも SNS でも脊髄反射で文句ばかり言う人が多くて、お上のやり方以上に閉口な昨今であります(´Д`)

ま、それはともかく、今年早々に購入した OPPO Reno A。

SIM ロックフリー機の最激戦区である3万円台で、周りのミドルクラス端末より一段高い能力を持つチップに、1クラス上の端末と同じ余裕あるメモリ容量 (6GB)。それでいて防水、おサイフケータイという国内向けの機能もしっかり搭載。



コストパフォーマンスという点では今冬最高の一台だったのは間違いないところだと思いますし、私自身、

3ヶ月近く使っても満足度は高い


です。9割満足していると言っても良いです。

Android をメイン端末にしていた一時期を除いて、だいたい Android 端末は予備的な位置付けのサブ機でしたので日常的に使うことはあまりなく、2つ目の電話回線用端末、Android 環境の確認用端末だったのですが、今回の OPPO Reno A は日常的に使ってます。

特に新型コロナウイルスでマスクを常用することが必須となって、

マスク常用で顔認証が使えないから
一昔前の指紋認証機が重宝する


というのはありますね。まぁ、OPPO Reno A の指紋認証は反応鈍くて少々ストレス溜まりますが…

それより重宝しているのが、

お風呂端末


としてです(^-^)

OPPORenoA28


長風呂するのは秋〜春の間だけですが、そのお供に防水端末を選んで良かった、と思いますね。Kindle Whitepaper の代わりに持ち込むと Youtube などの動画や SNS を観てしまって読書の時間が減るのが難点ですが…

iPhone 11 Pro も防水端末ですが、湿度100%の風呂場というのは(どの端末でも)動作保証外であり、馬鹿高い iPhone 11 Pro をお風呂端末として使って故障させたら高い修理代に泣く羽目になるので躊躇いますが、その点、廉価な OPPO Reno A だと

安い端末だし、多少無茶して万が一のことがあっても許容範囲内だわ


と思える気楽さがあります。十数万円の端末と3万円台の端末では、そこは全然違います。

そういう意味では、

Reno Aはケースなし、裸で使ってます


まぁ、ケースの選択肢が少なくロクなケースがないことも理由ですが、裸で使って何かあっても我慢できるくらいの価格が一番の理由ではあります。せっかくの薄い端末を分厚くさせることもないので一石二鳥?です。

OPPORenoA06
(風呂使用時にケースを脱着するのが面倒なのも理由 ^^;)


いずれにせよ、今回 OPPO Reno A を使っていて、

ハイエンド機 (iPhone) の性能が欲しい場面は限られるし、コストパフォーマンス考えたら高性能化が進んだミドルレンジの Android で概ね十分だよなぁ


と強く思う3ヶ月でもありました。

(もっともメイン機では数字スペックだけじゃないカメラ機能画質は最上位クラスのものを求めるので必然的にハイエンド機になりますし、幾つかの iOS にしかないアプリや自分のワークフロー的に iPhone の方が適しているのは変わりませんが)

ただ、OPPO Reno A に 9割満足しているのは事実ですが、残る1割というか、たった一つの欠点だけが割と喉に骨が引っ掛かったような状態になっていて、

凄く良いけど、凄く残念


という思いが強くあり、ひとこと言いたくて本記事を書いています。



この3カ月 OPPO Reno A を使ってきて不満点は幾つかあって、先に書いた指紋認証のレスポンスの悪さも微妙ですが、個人的にそれ以上に気になっているのは

サウンド周りがイマイチで辛い


これです。

このクラスの端末では一番大きい画面サイズで有機FLを奢っていて、解像度もクオリティもまずまず良い動画向き端末なのに、スピーカー含めて音まわりがイマイチで残念


OPPO Reno A に感じる残念感は、この点に尽きます。値段が値段なので、どこかで妥協が入るのは致し方ないですが、多くの部分で値段以上なモノを提供してくれただけに、画竜点睛を欠く感はあります。

OPPORenoA11


今回の Android スマホ選びでは「メイン機の iPhone 11 Pro に無いもの」を念頭に、FHD 以上の解像度を持ってできるだけ大画面というのが条件で、OPPO Reno A はその条件にピッタリでした。この価格帯で有機EL採用の大画面は、十分満足しています。

実際 5.8インチの iPhone 11 Pro と比べても動画を見る時の印象は違っていて、大画面の良さを実感できます(写真だと解像度が高くて画面のクオリティが高い iPhone の方が多少小さくても明らかに良いけど)。

出先で頻繁に出し入れするメイン端末は手に収まるサイズ、胸ポケット、尻ポケットに収まるサイズが良いけど、バッグに入れているサブ機ならサイズを問わないし、少しでも大画面の端末が良いなぁ〜と実感しています。

ですから、できれば動画視聴は OPPO Reno A で観たいのですが、

音が悪い、音量も貧弱、音が割れやすい」


というサウンド出力まわりのチープさのため、徐々に OPPO Reno A で動画を観る頻度が下がってしまいました。せっかくの大画面も魅力半減…とまではいかないけど、魅力3分の2くらいです。

OPPORenoA13


誤解のないように補足しておくと、

映画など完全に調整された動画ならOK


です。(とりあえず聴けるというレベルで)

ただ、Youtube など個人のアップロードする動画が幅を利かせる今の時代、マスタリングエンジニアがきっちり手を入れたり、個人でもコンプレッサーなどで調整、最適化された動画だけではないわけです。

そういった「最適化されていない」「調整が不十分な」動画を観る場合、OPPO Reno A のサウンド周り、スピーカーはかなり厳しい。他の端末では普通に聴けるレベルでもちょっと辛い。

価格帯の違う iPhone 11 Pro、iPad Pro と比べるのは可哀想ですが、2万円の廉価小型 Android タブレットの Huawei MediaPad M5 Lite 8 ですら真っ当に動画視聴できる2スピーカーを搭載していることもあり、現在常用しているスマホ/タブレットの中で OPPO Reno A だけ音周りがショボいので、余計に気になってしまうわけです。

何度も書きますが、他の点がほとんど満点のコストパフォーマンスと言えるだけに、音まわりの貧弱さが際立ってしまうのはあります…ホント残念!

OPPORenoA29
(カメラはシングルだが悪くない)


そんな音まわりのイマイチ加減を除けば、

ハイエンド機の性能が欲しい場面は限られるし、性能的にはほぼ OPPO Reno A で満足できちゃう


と実感している3ヶ月間でした。

iPhone 11 Pro で超広角、広角、標準(望遠)のいずれも画質良好な3レンズカメラを知ってしまうと、今さらカメラがシングルだけというのは物足りなくて自分のメイン機には無理ですが(Reno A のカメラもそんなに悪くない)、もう一つだけ言うとすれば、

やっぱりスマホ充電はワイヤレスがええなぁ


とは思います。USB-C なので microUSB と比べると抜き差しは楽ですが、ワイヤレス Qi 充電に慣れると…ね。

持ち出す時以外は充電しっぱなしだった今までのサブ端末ならワイヤレス充電でなくても何も問題なかったのですが、自宅でもちょくちょく使いたくなる端末だと、やっぱりワイヤレス充電に限ります。ミドルレンジ端末にそこまで望むのは欲張りすぎますが(^_^;)

OPPORenoA30
(被写体認識はご愛敬の時が多いかも)


そんなわけで、

9割満足だけどサウンド周りだけは厳しい


これが言いたかった OPPO Reno A セカンドインプレッション。

コストパフォーマンスは抜群で、3万円台の端末だけど iPhone 11 Pro ユーザーの私も概ね満足。カメラ周りに拘らない人なら、十分にメイン機として使えるポテンシャルがある製品。

ホント、これが3万円台で買えるのは素晴らしいです。それだけに音がねぇ……(´Д` )

今年の Android スマホを超コスパな OPPO RENO A に決めた理由
3万円台でサクサク国内仕様な OPPO Reno A ファーストインプレッション
OPPO Reno A のストラップ付きケース