新しい Android スマホとして OPPO Reno A を購入した理由や、そのファーストインプレションについては前回、前々回に記しました。

今年の Android スマホを超コスパな OPPO RENO A に決めた理由
3万円台でサクサク国内仕様な OPPO Reno A ファーストインプレッション

さて、前回記事でも書いたように OPPO Reno A には純正?ケースが付属しています。ガラスフィルムすら貼られていて、このあたり中華製端末は至れり尽くせりです。競争が激しい分、ケチりません。

ただまぁ、日本人的発想で言うと、

付属ケースにはストラップホールがない


のはオマケと判っていても残念であり、「じゃあ背面にバンカーリングを使いたい」と思っても、背面中央に Felica のタッチポイントがあって、バンカーリングを付けると、おサイフケータイの利用に支障が出てしまいます。

ということで、

ケースは付属しているけど、ストラップホール付きケースを買うしかないか


となるわけですが、ここで問題になるのが、

メジャーではない Android 端末では
ケースの種類が限られてる


わけです。元々ユーザー数が多くないのにケースが本体に付属しているわけですから、さほど売れるわけもないので当然です。

今回購入したのは、それなりに購入者が多く情報サイトでも挙げられていた↓この製品。



ストラップホール付きケースというだけでなく、ストラップ2本付きで498円。安すぎて怪しくなりますが、以下の製品と同じっぽいケースで(後述する端子穴の下品な開き方が同じ)、中華アクセサリーでよくある安値合戦の末かと言う気もします。



ちなみに Amazon で売られている Reno A 用ケースは手帳型ケースを除くと、ほとんどがクリアタイプのソフトケースばかり。何種類かあるようですが、例によって「製造元は同じのを違うところが売ってるだけ」のパターンが多そうで、



↑このへんは本体付属のケースと同じくストラップホールなしのシンプルなソフトケースで、どれも同じっぽい。



クリアじゃないケースとしては、↑カーボン調デザインのケースが幾つかのところから売られているようですが、こちらもどれも同じっぽくて、おまけに端子穴があってないという評判……

発売と同時どころか、発売前から売られているケースがマトモに使えるかどうかは賭けですからねえ。 Amazon で本体発売前からレビューついているケース製品は絶対避けますけど(笑)



こんなサイドメッキのケースとか



背面リング付きのケースとかもありますが、現在の Reno A 向けケースはだいたいこれくらいのタイプでしょうか。バンパータイプとかはないんですよねぇ。

ともあれ、私が購入したのは前述のとおり、ストラップホール付きの↓以下のケース。まぁ、ストラップホール付きがこれくらいしかなかったから、という超消極的理由ですが iPhone みたくより取り見取りではないので仕方ありません。

OPPORenoACase01

【ストラップ2本&ストラップホール付】OPPO Reno A ケース カバー TPU ストラップホール付属 ハンドストラップ&ネックストラップ付

ということで、本製品について以下、写真付きの箇条書きで紹介しておきます。



  • 本体付属のケースと同じくソフトケース。クリア度とかはさして変わらないが、やや透明度は高い。質としては iPhone なら百均で売られているレベル。

    OPPORenoACase04

  • 厚みはさほど変わらないか微妙に薄いくらいだが、本体外縁の液晶面からのケースの出っ張り度が若干控えめで、持った感じは本体付属のケースよりやや薄く感じられる。

    OPPORenoACase08A
    (本体付属ケースは液晶面から縁の高さあり)

    OPPORenoACase08B
    (本製品は縁からの高さが低い)

  • 当然、その分、落下時の(縁割れ)保護確率は下がる。

  • ストラップホールは本体左下側にある。

    OPPORenoACase11

  • スリープ、ボリュームのスイッチ類は穴あきではなくカバーされるタイプだが、スイッチの利用に全く問題ない。

    OPPORenoACase09

  • 端子穴はかなり広く取っていることもあって、USB-C 端子やイヤホン端子、カメラ周りの使用は問題ない。

    OPPORenoACase07B

  • が、これまで色々な端末のケースを使ってきたが、過去最大に端子穴が(本来必要な部分より)デカくて、背面側まで大きく切り取られていて、超絶に格好悪い。本体付属のケースと比べれば一目瞭然。

    OPPORenoACase07A
    (本体付属ケースの底面側)

    OPPORenoACase07B
    (本製品の底面側)

    OPPORenoACase06A
    (本体付属ケースのカメラ周り)

    OPPORenoACase06B
    (本製品のカメラ周り)

    OPPORenoACase10
    (本製品のサブマイク穴周り)

  • しかし、これだけ端子穴を広く割いているのに、スピーカーの部分はやややずれているし、上側のサブマイク穴も含めて他もギリギリという雑さ。(使用には問題ないが…)

  • 「ハンドストラップ&ネックストラップ付」と書いてあるが、同じもの(ネックストラップの長さ)が2本付属である。

    OPPORenoACase02

  • ストラップホールに通す紐が非常に細すぎて(すぐ切れそう)、全く使う気になれない付属ストラップ。百均の同様製品のストラップより遥かに紐部分が細くて、これを使うのはリスクありすぎ。

    OPPORenoACase03

とまぁ、こんなところでしょうか。モノとしては百均で売られている iPhone ケースと同様レベル。と言いたいところですが、端子穴の造りがあまりにも雑すぎて、iPhone のケースレベルで言えば、

百均ケース以下


です。(言い切る)

とはいえ、Reno A みたいなマイナー端末のケースが百均で売られるはずもないし、ストラップホール付きケースの選択肢がほぼないに等しいので、ほぼ同じ製品と思われるモノを出している他のところからすれば498円でも安い、としか言えないのが辛いところであります。

とりあえず、
  • 端子穴などのデザインや保護度は本体付属のケースが上
  • ストラップホールがあることや持った感じのスマートさは本ケースが上

ですが、個人的にはストラップが必要でなければ断然付属ケースに軍配は上がります。

本体付属のケースがいかにマトモなのかは、買ってみて実感しました。あの端子穴の開け方は雑すぎて、オススメしかねるわけですが選択肢が少ないので仕方ありません。残念ながら「端子がちゃんと使えるだけマシ」という状況ではあります😩

とりあえず、Reno A ケースはあと1つ2つ買う予定ですが、どうせ特筆することはないはずなので、これだけ紹介して終わっときます……