来年の東京五輪に向けて、いつ開発発表されてもおかしくなかった、ニコン最後になるかもしれないデジタル一眼レフ・フラッグシップ機「D6」が発表されました。

が、同時リリースで、

いつまでもリニューアルしなかったサンニッパが
まさかのズームサンニッパでリニューアル!!


というのは、大いに意表つかれました。

Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ「ニコンD6」および望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」を開発

とはいえ、

D6 のスペックが一切発表されず


というのは、どうなんですかね。単に

ウチも頑張っとるから、ソニーに行かんといてくれや…(/_;)


と言ってるだけじゃないですかねぇ ┐(´д`)┌

ソニーの「α9 II」もニコンやキヤノンの動向見つつ、いつでも(ニコン D6 みたいな詳細なしの開発発表なら)発表できる体制なのでしょうけど、噂によれば 3,000万画素オーバー。

(SR3) Sony A9II with new 33-36MP sensor to be announced in 1-2 weeks? - sonyalpharumors

D6 は 2,400万画素と言われていますし、ある意味順当進化、高感度画質最優先なら妥当なところでしょうけど(EOS-1D X Mark III もそのくらい?)、α9 II が 3,000万画素超となると流れて行く人はさらに増えそうな気がします。

高感度最優先と考えるのはサッカーなどのナイトゲームのあるスポーツだったり、フィギュアなど室内スポーツを主体とする人で、そう言った人たちでも D850 あたりの高感度画質では不満に思う層は多くとも、3,000万画素超で技術の進歩と合わせて D5 / EOS-1D X Mark II よりちょい落ちレベルなら全然OKな人も多いはず。(スポーツ以外なら尚更)

NikonD6_Release


あと、AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR についても、

いまサンニッパ出すなら Z マウントだろ…


という気がしてならないのですがねぇ。



確かに、スポーツ分野ではあと5年くらいはデジタル一眼レフの比率の方が多いことだろうと思います。他の動体撮影ジャンルがミラーレス機多めになっても、右眼でファインダー覗きながら左眼でリアルのフィールドを見て、ということのあるスポーツ撮影だと EVF の違和感は他よりも大きいですし。

とはいえ、サンニッパがスポーツ撮影、動体撮影の主力レンズかというと室内ならともかく屋外では微妙。となれば、

サンニッパをズームサンニッパにするなら
180-400mm f/4E みたくテレコン内蔵にすべきだった


と、私は思います。

もちろん、テレコンは使えるのでしょうけど、利便性を考えた高価なレンズなのだし、どうせならテレコン内蔵にすべきで、それで 420mm までカバーできるレンズだったら使い道は大きく広がったと思います。

AFS120-300F2.8_Release


あとまぁ、全然リニューアルしなくてやっとリニューアルしたサンニッパが今さら F マウントだったのは時既に遅しとまでは言わなくても、

ニコンからズームサンニッパが Z マウント最適化でリリースされていたら潮目も少しは変わったかもなのになぁ


と思うんですがね。

個人的にも、ニコンに戻ってきてから「サンニッパ早くリニューアル〜」と思っていましたが、ズームサンニッパになることでさほど軽くなることはなさそうですし、時機を逸した感があって、買うテンションは完全に下がってます。増税前なら勢いで突っ込んでいくこともあったでしょうが、来年でしょうしねぇ。

そもそも、ニコンは半年前にヨドバシで予約したゴーゴーロクPF (AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR)が未だに入荷しない体たらくで、増税もあるので、もうキャンセルしようかと思っています。借りて良いレンズだと実感しましたが、売る気ないなら仕方ありません┐(´д`)┌

ともあれ、最後に言いたいのは

AF-S 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR
の「SR」ってナニ?


と思うんですが、D6 ともども開発発表リリースには何もないですね。(もしかして PF レンズに続く小型軽量に貢献する新レンズ硝材??)

それくらい書いてもバチは当たらんと思うんだけど、ほんと

ウチも頑張っとるから〜


と言うてるだけの発表だった感です。

この後、ソニーの倍返し発表があるかなぁwkwk