私のマイクロフォーサーズ・システムはと言えば、この秋、オリンパスさんが目指す方向?とは真逆に舵を切って、小型軽量特化にレンズを組み替えたことを前回記しました。今回はその続きです。

私のマイクロフォーサーズ・システム 2018 秋冬

持ち出すのに全く苦にならない小型軽量なレンズを単焦点中心にアレコレ買って、下手なりにレンズ付け替えて適当スナップ撮影するのは楽しいです(^^)。

「次に何を買おうかな?」と、比較的手ごろに買えそうなレンズをネットショップや中古屋で物色する楽しさと合わせて(現実にはヨドで買うことが多いのですが)、

これこそ趣味のカメラって感じ


がします。

m43_3lenses01


本来、サッカーや飛行機などを撮ることが趣味ですが、そういった被写体を撮る場合、被写体そのものが興味の対象であり、好きな被写体を撮ることが目的ですので、その時使うカメラやレンズは単に「被写体をできるだけ綺麗に、思い通りに収めるための道具」でしかありません。

ですから、メインで使うカメラシステムについては常に「諸条件が許す限りベストな結果が得られる機械」が欲しいわけで、買った機材に対しての接し方も、そして評価も、興味ある被写体を撮るための道具としての良し悪しでしか判断できません。

動きものを撮っていた時に E-M1 Mark II に厳しかったのもそれが理由であり、他にどんな良い点があろうとも、撮りたい被写体がメーカーの謳い文句と違ってダメならそれが全てでありました。

今で言えば D5/D500 に Fマウントレンズに対しては良くも悪くも「信頼できる道具」でしかないので、信頼だったり、道具として惚れる要素はあっても、愉しむという言葉とは少々異なります。

そして、そういった撮る道具としてのカメラシステムだけだと、

写真撮影は趣味かもしれないけど、カメラが趣味と言われるとなんか違うんだよなぁ


となるわけです。撮影結果に対する情けなさも含めて、楽しいだけでなく、しんどかったりストレスを感じることも少なくないですからねぇ。

EM1M2_02
(試さずにはいられなかったあの頃 ^^;)


ところが、富士フイルム X マウントを使っていたあたりから、自分が撮りたい被写体を撮るカメラとは別の、サブのカメラシステムがあると、なんかこう純粋に「カメラと写真撮影を楽しんでいる」感があることに気づきました。

スポーツや飛行機を撮っている時の快感とは別の心地よさがあって、カメラに対する自分の心のバランスが取れる気がしていました。(それだけだとすぐ飽きちゃいますけど ^^;)

富士フイルム X マウントを手放してからは、改めてそういったサブマウントを構築する余裕もなかったのですが、本気カメラはデジタル一眼レフへ戻して少し落ち着いたところで、気軽に、適当に撮るためのカメラシステムを取り戻したのは良かったなぁ〜と、最近つくづく思います。

マイクロフォーサーズとの接し方としては、300mm F4 IS PRO や 40-150mm F2.8 PRO で動きものを撮っていた時よりはずっと健全で、心穏やかに楽しく使えるようになりました :D



とまぁ、またもや前置きが長くなってしまいましたが、今回は今秋買ったマイクロフォーサーズ・レンズ 3本に対する簡単な印象を以下に記しておきます。


▶︎ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

これ以上ないくらい小型軽量な広角ズームレンズ。やや線が太い印象の写りや周辺部の解像しきれなさは値段なり、サイズなりだけど、個人的にはむしろよくできていると思えるほど。APS-C 用廉価超広角レンズの周辺画質に比べれば、全然良い。使う前に思っていたより印象は良い。

TediousDays20181213B_03_5100

TediousDays20181213B_02_5056
(隅の流れくらいは気にしない用途で :-)


風景撮りに使う人とかには物足りない画質かもしれないが、お散歩レンズ、街や旅スナップ用途なので、個人的には全く気にならない。建物とか点光源が入ると強制的なデジタル補正の後でも周辺の歪みは感じられるけど、値段や小型軽量さを思えば、大きな欠点ほどには思えない。お気楽レンズだしね。

唯一、ちょっと逆光には弱いのが弱点かな。LUMIX 7-14mm F4 も逆光に弱かったので、比較的初期のマイクロフォーサーズ・レンズだとそのあたりは妥協なのかもしれない。そろそろ、リニューアルしても良いのかも。

TediousDays20181103_05_4140


換算 18mm スタートなので個人的にはかなり物足りなさを感じるのも事実だけど、テレ側が換算 36mm まであることで、お散歩レンズとしてもかなり有用。街中だと、これが付けっぱなしなことも多いです。

開放F値がテレ側 F5.6 と暗いので高感度に弱いマイクロフォーサーズだと気をつけなきゃならないけど、手振れ補正が鬼レベルの E-M1 Mark II を使っていれば感度は常に ISO LOW / 200 に抑えてスローシャッター切れるので、動きもの相手でなければ、暗めのレンズでも割と何とでもなる。広角レンズだし、シャッター速度1秒以上も全然余裕 :-)

あと、フィルターが付けられるのも良い点。マイクロフォーサーズの広角ズームはフィルターが付けられないレンズが多いですからね。

TediousDays20181103_01_3539


唯一、このレンズを使っていてストレスを感じるのは、パンケーキズームでもないのに沈胴式の、それもロック外してからじゃないと撮れないレンズは面倒なこと。この軽量さを思えば仕方ないと判っていても、毎回もどかしい。

それ以外は特に気になることもなく、小型軽量さと価格を思えば、画質面でも十分納得の、よくできてる広角ズームで、購入から2ヶ月よく使っています :-)

ま、マイクロフォーサーズには 16mm 相当以下スタートで廉価な超広角ズームがないので、8-18mm にリニューアルしてコーティングが最新のものになってくれると嬉しいけど、そうなったら高くなりそうだしねぇ。


▶︎ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

M.ZUIKO PREMIUM シリーズの標準単焦点。ぶっちゃけ個人的な印象を言えば、良い意味で可もなく不可もなし。おおお〜っ!とビックリするようなこともないけれど、不満に思うこともない。学年20番あたりの目立たない優等生って感じ。

TediousDays20181210_02_4777

TediousDays20181210B_02_4905


マイクロフォーサーズで開放 F1.8 だから物凄くボケるわけではないけれど、50mm 相当のレンズにしては思ったより寄れるので、テーブルフォト的な場合でも使いやすく、被写体との距離を詰めればしっかりボケる。ボケ質がどうこう言える知識はないけど、癖がなくて自然な印象。

何よりマイクロフォーサーズらしい小型軽量なレンズで、フードを外せば威圧感ゼロ。その割にはしっかり写り、開放でもフワフワなんてことはないし、一絞り売ればビシッと来る。安価なレンズなので周辺画質は開放だとやや緩いけど、一絞りから一絞り半でバッチリ。

カメラやレンズに大して知識がなく、経験も、語彙力もない私としては、これ以上言いようがないのだけど、とにかく無難な良レンズ。無色透明というと変だけど、私の印象としてはそういう言葉を与えたいかな。

TediousDays20181103_06_4284

TediousDays20181103_07_4301


E-M1 Mark II は超強力手振れ補正があるので、F2.8 かそれ以上の暗いレンズでも(静止体相手なら)意外とシーンを選ばず撮れるし、シャッター速度1秒2秒当たり前だからスナップ感覚の手持ち夜景でも何とかなることはあるのだけど、それでも高感度ノイズを考えるとできるだけ低い感度で撮りたいわけで、F1.8 という明るさは手持ち夜景撮り、残照シーンでは有難い。

ということで、今年のイルミネーションとかはこのレンズをメインで撮っていたりします。作品作りとかではないし、観るのが目的、撮るのは副産物程度の夜景スナップなら、E-M1 Mark II との組み合わせで十分満足。


▶︎ LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.

パナソニックのレンズなのでレンズ側に手振れ補正が付いていますが、ボディ内手振れ補正が強力な E-M1 Mark II を使っているので、レンズ側の手振れ補正は使っておらず、その点はスルーになります。

フルサイズの 85mm F1.8 相当の、いわゆるポートレートレンズですが、ポートレートを撮るわけではないので、その点も割愛です(^_^;)

TediousDays20181213_02_4931


ともあれ、85mm F1.8 相当なのにコンパクトというだけでなく、重さ 130g という軽量さ。パナソニックのレンズは軽いものが多いのですが、上記のオリンパス 25mm F1.8 よりも更に軽い!ので、使うにせよ、使わないにせよ、もう1本持って行っても苦になりません。

レンズ本体の小型軽量さだけでなくフィルター径も 37mm という小ささで、逆に小さすぎて他のレンズと共用できないのが困るくらいです。

TediousDays20181213_04_4971


画質については、M.ZUIKO 25mm F1.8 と同じく、無難によく写るって印象。マイクロフォーサーズのレンズらしく開放からそれなりに使えるのですが、安価なレンズな分、周辺画質は開放付近だと少々緩めで、一絞り半くらいで良い感じに。

ただ、E-M1 Mark II との組み合わせだと結構パープルフリンジが出る印象で、現像時に消してやらないと背景を飛ばす時などハイライト付近の描写はちょっと難ありかも。

でもって、オリンパスの 45mm F1.8 ではなくコチラを選んだ「寄れる」具合は、やはり便利。寄って撮りたいシーンはさほど多くなくても、いざ一歩踏み出したらピントが合わない、というストレスはできるだけ少ない方が良いですからね。

TediousDays20181210B_01_4889


マクロレンズではないので物凄く寄れるというわけではありませんが、最短撮影距離 50cm と 31cm の差はあまりにも大きいです。お散歩レンズ、街・旅スナップ用途なら尚更。寄れるのは力。

ボケの感じは 25mm F1.8 ほど自然じゃない時もありますが、あまりボケ味がどうこう言える知識もこだわりもなく、お値段を考えれば、これくらいで十分じゃないですかね。


というわけで、今秋購入した3本のマイクロフォーサーズレンズは、いずれも「無難」という感じ、大きな特長もなければ気になる欠点もない印象。それをどう思うかは人それぞれですが、お散歩レンズ、街・旅スナップ用途なら必要十分に思います。

なにより「小型軽量」で「比較的廉価」なのは、色々な意味で気が楽ですからねー。

TediousDays20181210_01_4765


さて、レンズの方を小型軽量と言っている割にはカメラボディの方が(マイクロフォーサーズ機としては)大きく重めの E-M1 Mark II のままですが、いまマイクロフォーサーズで私の手に馴染んで安心して持てるボディがコレしかないので変えることはできません。

オリンパスユーザーの中では重い、デカいと言われた E-M1 Mark II ですが、個人的にはデカいと思ったことが一度もなく、そこを気にしたことは皆無です。重さはフルサイズミラーレス機と同じくらいどころか、デジタル一眼レフの一部より重いですが、そこも妥協範囲です。

小型軽量な E-M5 Mark II がモデルチェンジして(後付けグリップみたいなダサいオプションが出ないくらい)真っ当なグリップが付けば買い替えることを真剣に考えたいと思っていましたが、どうやらオリンパスさんは違う方向へ行かれるようです。

その噂が出てから思うことは多々ありますが、その話はまたいずれ。