重量級レンズを支えるレンズフットなのに、プレートと台座を分離させることでフレキシブルな調整を可能にした Markins のニコン大口径レンズ用レンズフット LU-15。



国内発売発表時のニュース記事を読んだときは「いや、こんな剛性に不安を感じるギミック要らんわ」と思ったのですが、発売後にヨドバシに在庫が1個だけあるのを知ってしまい、思わず人柱?になってしまったわけです。

この LU-15 のギミック、利便性については前々回記事で説明しましたので、機能性についてはそちらを参照してください。

アルカスイス互換&フレキシブルな装着が可能な、ニコン大口径レンズ用レンズフット「マーキンス LU-15」購入

Markins_LU15_02


フレキシブルな調整を可能にしたギミックはプレートと台座を分離させたことですが、

便利な面はあるけど、重量級レンズ用のレンズフットのプレートと台座を分離させるのは利点より剛性への不安の方強いのでは?


という発表時の不安は、ぶっちゃけ、使い始めた今も完全に拭い去れるものではありません。

が、近所での満月撮影と先日の SUPER FORMULA 最終戦@鈴鹿サーキットの2回のみながら使ってみた印象を言えば、

気を付ける点もあるけど、まずもって問題ない


という印象。

Markins_LU15_27


メーカーが、雲台その他で定評を受けている Markins がしっかり検証して製品化したのですから当たり前といえば当たり前ですが、今までにない構造、ギミックのレンズフットへの不安は確実にあって、不安が消えないなら Kirk のレンズフットを買うことも考えていましたが、実際に使ってみて現時点では、

これなら大丈夫かなぁ…


という結論でした。(理由は後述)

もっと言えば、通常の(台座部とプレート部が分離しない)レンズフットに比べれば剛性その他に不利があるだろうとしても、

純正レンズフットの下にプレートを装着するよりは断然安心


と感じられますので、アルカスイス互換の雲台その他を使う身としては、少なくとも純正レンズフットから交換した価値はありました。



SUPER FORMULA 最終戦@鈴鹿サーキットでは、朝から夕方まで丸一日、休憩中や別レンズを使う時以外はほぼずっと D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR を一脚+アルカスイス互換の 2way 雲台に付けたままで、移動する時もそれらを肩に担いでの移動でしたから、交換したレンズフット、マーキンス LU-15 にはかなり負荷がかかっていたと思うのですが、全く揺るぎもしませんでした。

Markins_LU15_32


そんなことは重量級レンズを支えるレンズフットとして当然のことではありますが、ちょっと特殊なギミックがあるだけに不安もありましたので、実際のところ丸一日フルに使ってみて全く問題なく一安心です :-)

純正レンズフットの下にアルカスイス互換のプレートを付けて代用している際、何かの拍子にプレートが緩んでしまった経験を持つ人も少なくないでしょうが、この LU-15 の場合、

台座部とプレートの固定はビス2本で留める仕様


なのが功を奏しているのか、かなり良い感じで締まっています。

Markins_LU15_31


レンズフットの下にアルカスイス互換のプレートを付ける場合はビス一つで留めることが多く、その場合には決して盤石と言い難いのですが、2つのビスで留めることで横応力に対する強度が段違いになり、それが緩みにくいこと、そして安心感にも繋がっている気がします。

プレートと台座が分離しているというギミックに対する不安は、その接合部への不安ですから、そこがおそらく問題なさそうとなれば、本製品への不安はなくなり or 低くなります。

鈴鹿サーキットでは2コーナー付近からスプーンコーナーまでの長い距離をレンズ持って往復しましたが(鈴鹿サーキットへ行ったことがある人ならどれだけ遠い距離かは判るはず)、それくらいではビクともしなかったことで、今後も安心して使えると判断しています。

Markins_LU15_33
(こんな状態で歩き回りましたが緩みは全く問題なしでした)


ただ、LU-15 の台座部とプレートの固定ビスは六角レンチで留めるようになっています。ですから万が一、出先で緩まっていることがあった場合、すぐに締め直すことは(対応する六角レンチを常備していない限り)無理です。

ですので、持ちだす前に念のため、台座部とプレートの固定ビスの締め込みを確認しておく方が良いかと思います(もしくは帰ってきてから)。カメラボディを持ち出す前のバッテリー残量およびメモリーカード挿入忘れの確認と同じですね(^^)

レンズフットの下にアルカスイス互換のプレートを付ける場合だと、ネジの頭がマイナスになっていることが多く、その時はコイン一つで締め込み直せますが、六角レンチだとそういうわけにもいきませんから。

気を付けるのは、それくらいでしょうか。

Markins_LU15_10
(レンズに台座部を付けるビスも純正と違うため、元のビスを紛失しないよう要注意)


あと、純正レンズフットより低重心になっているのは間違いなく、満月の夜、帰宅後に家の前で適当に満月ショットを撮った際なんかは、純正レンズフットより良さげでありました。

私の場合、プレートの厚みが薄い部分に台座を装着し、装着位置もプレートの端からオフセットしてプレートの中央に寄せた位置に固定しています。

Markins_LU15_29

Markins_LU15_30


AF-S 500mm f/4E FL ED VR の場合、台座をプレートの厚みが薄い部分に装着してもフード逆さ付け時に干渉しませんから、より低重心のセットを選ぶのは当然かと思います。

また、重量バランス的にプレートの端に装着するよりオフセットした方がバランスが取れるので、固定の前後位置もズラしています。

Markins_LU15_23


というわけで、実際に使ってみたと言ってもまだ2回だけですが、とりあえず

問題なく使用できているし、まずまず不安なく使えそうかな


というのが第一印象です。

マーキンス LU-15 ならではのギミックが果たして実際に必要なのか?という肝心要の命題に関しては「これは便利、必要だよ」とは言い難いのも事実ですが、少しでも重心が下げられる、それを調整できる、前後バランスも調整できる、というのは確かに利点だと思います。

重量級レンズを支えるレンズフットとしてはプレートと台座が分離するようなギミックのない普通のレンズフットの方が安心して使えるのは間違いないですが、前述のように、純正レンズフットの下に追加プレートを付けるよりは遥かにマシですし、

たまには、こういうギミックのあるレンズフットがあっても面白い


と思いましたね。

まぁ正直なところ、こういうギミックに必要性を感じられなければ Kirk や RSS のレンズフットを買っておいた方が安心だろうとは思いますけどね。(身も蓋もないけど ^^;)

もちろん、前向きな評価はこの先もトラブルなく使えるのが前提であり、まだ使用歴は2回だけですので、今後使い続けて何かあれば、評価が変われば記事にしたいと思います。(何も書かなければ順調ということで :-)