「近年は WWDC でハードウェアの発表皆無の年も多いからなぁ」と思いつつも、

Face ID 対応の iPad Pro が出たら即予約だ!
新しい iPad Pro が出なくても、新しい MacBook か MacBook Pro が出てたら買うかなぁ


などと期待していた WWDC 2018。

新しいハードもないけど
ソフト関連の未来も特に感じられない


と言っても過言じゃない、過去最大に「ピックアップする項目が少ない」 WWDC 基調講演だったのではないでしょうか。

WWDC2018A

Apple Events - WWDC Keynote, June 2018 - Apple

こういうことを言うと「WWDC は開発者向けイベントだから」と言う人も多いわけですが、Apple も「新しいもの作ったぞ」「新しい機能をアピールできる製品を作ったぞ」という時は WWDC でハードウェアを同時発表しますし、大々的に未来をアピールしますが、今回はそのアピール度すら低い。

以下に、国内 IT ニュースサイトの記事を幾つか挙げておきますが、タイトルだけで中身見なくても良いんじゃないかというくらい、目新しいこと、今後に何か面白みを感じるような内容はありませんでしたね。


次期macOS「Mojave」は今秋リリース 「ダークモード」を搭載 - ITmedia PC USER
Apple、“ダークモード”搭載の「macOS Mojave」 - PC Watch
「iOS 12」発表 パフォーマンスの改善、自分の顔をアニ文字化、Siriのショートカットなど - ITmedia Mobile
Apple、高負荷時の動作を高速化した「iOS 12」 - PC Watch
Appleが「watchOS 5」を今秋公開 ワークアウト機能や通知機能を強化 トランシーバー機能も追加 - ITmedia Mobile
Apple、ワークアウトの自動検知に対応した「watchOS 5」 - PC Watch
Apple、「Apple TV」でDolby Atmosをサポート - ITmedia NEWS
アップル WWDC 2018発表まとめ。iOS 12、watchOS 5、ダークモードの新macOSなど多数 - Engadget 日本版
アップル「スマホ中毒」に対策 アプリ別の時間制限など 投資家要請に回答 (写真=AP) :日本経済新聞

昨年に引き続き、開発者向けにトレンドの AR とか機械学習に関連するフレームワーク作りなどが整備されているのは、これはもう時代的に必須なところであって、未来を感じるというよりは取り残されないための必須項目と言っても良いでしょう。

反面、VR 関連は相変わらず手付かずに近いこと、噂の iOS アプリが Mac でも動く話は「一部のアプリが動くようにするつもりだけど、とりあえず移植しやすくしてるから」という感じで、まだもう少し時間がかかる雰囲気。(個人的にはどうでもいいけど)

ま、パソコン用 OS はもちろん、スマートフォン向け OS も行き着くところまで行き着いて、Android の新バージョン発表でも Windows 10 の新アップデートでも、そんなに特筆することがなくなってきた昨今ですが、Apple が上げ底でも未来をアピールできなくなっていくのは寂しいものです。

開発者向けの基調講演だから、と言っても、さすがにこれだけ何もないとね……

WWDC2018B
(アップルの日本語トップページは昨日と何も変わってない)


ともあれ、こうなると、先日カメラ&レンズをがっつり買って溜まって、その後使ってもまだ iPad Pro 代くらいは残しておいたヨドバシのポイントの使い道、どうしましょうかねぇ……。ポイントは一般製品で貯めて(ポイント還元の殆どない)Apple 製品で使うのがベストなのですが。

とっとと、現行 iPad Pro 買っておけば良かったかな……_| ̄|○


(フロントライトがないからスルーした BOOX Note を買うかどうかまた迷うな… ^^;)