以前も少し書きましたが、ニコンのゴーヨン (AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR) を購入して最初に思ったのが、

ニコン純正のかぶせ式レンズキャップ、端からニコン大砲ユーザーのを見ていて知っていたけど、実際に自分が使うとなると嵩張るし、脱着が微妙に面倒だし、微妙だなー


と。こんなヤツですね↓

AquaTechSoftCap03Nikon

かぶせ式レンズキャップ(AF-S 500mm f/4E FL ED VR用) | アクセサリー | ニコンイメージング

キヤノンの大型レンズも昔はこんな感じでしたが、現行 II 型にリニューアルされた時、かぶせ式フロントキャップが短く小さくなりました↓

AquaTechSoftCap04Canon


ニコンの方が逆挿ししたレンズフードまで覆うサイズがあるので保護という点では良いのは判りますが、実用面ではキヤノンのかぶせ式キャップの方が便利。脱着も迅速かつスマートで、嵩張らない。

ぶっちゃけ、フロントレンズキャップなんてレンズ面が保護されていれば良いわけで、フードまで覆う必要なんてないと思う人です、私は。レンズは飾る品ではなく道具ですから、実用性・利便性第一。(カメラやレンズを眺めるものとして集める人を否定はしませんけど)

そう思う私は、ゴーヨンを段ボールや(大型レンズにありがちな)豪華なケースから取り出してすぐに、

サードパーティのレンズキャップを買おう!


そう決意して、今回購入したのが、コレ↓


AquaTechSoftCap01
(商品ページの写真)

AquaTechSoftCap05
(パッケージ)

AquaTechSoftCap06
(実物)

AquaTech Camera Soft Caps | AquaTech Imaging Solutions

見て分かるとおり、大型レンズの純正フロントキャップのようなレンズ鏡胴を覆う「かぶせ式」ではなく、一般的なフロントレンズキャップと同じようにレンズ面に「はめ込む」タイプのものです。

具体的には以下の公式動画を見てもらうのが判りやすいでしょう。



上記写真で示したように、メーカーサイトの商品ページでは AquaTech のロゴ部分が水色になっていて目立っていますが、実際は黒抜きなので、ロゴはほとんど目立ちません。そんなところで主張されてもアレなので良いですね(^^)

購入したのは Nikon ゴーヨン専用の「AquaTech ASCN-500 Soft Cap」という製品ですが、もちろん、

ニコン/キヤノンの各種大型レンズ用が用意


されているので、お使いのレンズにあったものを選ぶことになります。素材はゴムですが、大型レンズはレンズ毎に違う口径ですから、レンズにぴったりサイズの製品を買う必要があります。

AquaTech Soft Cap & Soft Hood 対応表 (PDF)

購入前は

まさか、ゴム製のフロントレンズキャップの裏面がレンズに密着するわけではないよな?そんな馬鹿な造りにはなってないよね?


という一抹の不安がありましたが、キャップ裏面は

AquaTechSoftCap07


このように縁だけ盛り上がっている構造になっているので、もし押し込みすぎてレンズ面に触れたとしても一番外周部分だけなので、問題ないですね。

ただ、本製品の一番の欠点は

ゴム製ゆえ埃やゴミが付きやすい


というところ。普通のレンズの、プラスティックなフロントレンズキャップよりはずっと埃、ゴミが付きます。

なにせ、ずっと倉庫かどこかに在庫してあった商品が届いた時には

AquaTechSoftCap08


↑こんなゴミ・埃がいっぱい付着していて、さすがの私も「もうちょっと綺麗にして商品出せよ…」と思ったりもしました。

ただ、逆に言うと、ゴム製ですから

ウェットティッシュで一拭きすればOK


なので、あまり放っておかなければ大丈夫な気がします。少なくとも2日間持ち出して使ってみて、そう思います。

ただ、レンズ面と密着に近いところに蓋するわけですから、放置して埃・ゴミだらけにしてしまうと、レンズ表面はてきめんに汚れることになりますし、出先で地面に落としたりすると一発で埃や砂が付着するので、その点だけは注意が必要です。

そんなことを書いていた私は、昨日早速、レンズをしまおうとした時にキャップを砂地に落としてしまって砂だらけになって、それをハンカチで拭き取ろうとしたら余計に細かな埃がつき、どうしたもんかと思いましたが、

近くにあった水道でザッと洗い流して
5分も放置したら乾いた


ので事なきを得ました。が、ウェットティッシュは持って行っておいた方が良いですね……

AquaTechSoftCap09
(持ち手があるので引っ張って取るのは一瞬)

AquaTechSoftCap10
(装着時はレンズキャップが先端から若干はみ出す)


この AquaTech Soft Cap は国内では扱っている業者がないようなので、直販ないし海外ショップでの購入になります。

お値段は、どのレンズ向けも $39.95。メーカー直販だと、送料は海外一律 $35。支払いは各種クレジットカード(JCB 含む)だけでなく、海外ショップではお馴染み PayPal が使えるので安心です。(ショップ側へカード情報が行かない)

また、海外のカメラ系ネットショップとして有名な B&H や Adorama でも扱っているので、そちらにアカウントのある方、送料を安くあげたい人は、そちらで注文するのが良いでしょう。

B&H Photo Video Digital Cameras, Photography, Camcorders
Photography, Digital Cameras, Lenses, Pro Video | Adorama Camera

私は昔から B&H をよく利用しているので、そちらで。送料は 10〜15日間かかる DHL Saver で $12.16、1週間以内に着く DHL Express で $20.71。(FedEx はもう少し速いけど $40 以上なので却下 ^^;)

普段は DHL Saver を使うのですが、今回は、なる早で欲しいと思ったため $8 少々プラスして DHL Express で注文。先週の金曜夜(現地は金曜午前中)に注文して、今週木曜日に到着したので、4〜7 Business Day 予定どおりでした。

AquaTechSoftCap02


以前、キヤノンのサンニッパではレンズコートでお馴染み Lenscoat.com の「HOODIE LENS CAPS」を使っていました。

Hoodie Lens Caps, LensCoat

これについては、昔の記事でもレビューしました。

大口径望遠超望遠レンズをフードなしで持ち歩く時に最適なレンズキャップ

ただ、この HOODIE LENS CAPS を買った理由は記事中にも書きましたが、レンズフードなしで持ち歩く時に使いたいレンズキャップ探しであり、今回購入した AquaTech Soft Cap は

レンズフードなしでも、逆挿し収納時でも使える


のが便利です。

HOODIE LENS CAPS を買った後に AquaTech Soft Cap の存在を知り、こっちも試してみたいなー、と思っていたので今回がちょうど良い機会でした。(HOODIE LENS CAPS は安いし、気に入ってるけど)

ちなみに、サンニッパ用に購入した HOODIE LENS CAPS の X Large サイズですが、ゴーヨンに付けるにはちょっと大きさが足りません。HOODIE LENS CAPS は多少の伸縮性があるので、フードなしゴーヨンなら頑張れば嵌められますが、普通に買うならワンサイズ上の XX Large を買うべきです。

HoodieLensCaps5


Lenscoat.com と言えば、主力製品のレンズコートはサンニッパでは装着しませんでしたが、懐に余裕ができたらゴーヨンには付けておこうかな?と思っています。

LensCoatR Nikon 500 f/4 FL VR, LensCoat

サンニッパの時はスタジアムとかで使うことがあったので目立つのは避けたかったのですが、ゴーヨンはそんなこともないですし、サンニッパも何度か倒したり転がったりなんてことがありましたからね……ニコンは黒レンズなので傷が目立ちそうですから、余計に。

とまぁ、アレコレ買ってたら、いくら金があっても足りませんわ。レンズも全然揃っていないのに(´・ω・`)

ゴーヨンとカメラバッグ実例 〜 500mm F4 レンズ × thinkTANKphoto バッグ3種