CP+ 2018 を前に続々とカメラ関連の新製品が発表され、海外では MWC 開催に合わせて新型スマートフォンの発表も連日続いていて、さっぱり追いかけられていませんが、今朝は真打ち登場という感じで、ソニーの主力モデル無印 α7 の最新世代 α7 III が発表になり、私も大学病院の待ち時間にチェックしていました。

Alpha7III_Release1

ソニーの最先端カメラ技術を凝縮した“フルサイズミラーレス”ベーシックモデル 『α7 III』発売 | プレスリリース | ソニー
α7 III | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

デジタル一眼レフの中級機(APS-C 上位機/廉価フルサイズ機)やソニーを除くミラーレス機メーカーのハイエンド機が20万円くらいですから、そこにぶつけてくるであろう主力機 α7 III 量販店の初値は23万円台)がどういうスペックで来るのかと思っていたのですが、
  • AFユニットは基本的にα9、α7R III を踏襲
  • AF-ONボタンも測距点選択ジョイスティックも搭載して操作性も上位機を踏襲
  • 連写コマ数はメカ/電子シャッターともに秒10コマ
  • メモリーカードのデュアルスロットも上位機どおり
  • 動画も 4K HDR 対応
  • バッテリーも上位機が採用した大容量バッテリーを採用

と、まさに廉価α9、画素数ほどほど版α7R III と言って良い内容。

Alpha7III_Release2


某メディアに

特別な新機能は持たず、α9やα7R IIIに新搭載された最新仕様やカスタマイズ性を取り入れたベーシックモデル


と書かれていましたが、誰も α7 III に上位機にないような機能を求めているわけではなく、むしろどれだけ α9 や α7R III の性能・機能を入れてくれるかと期待していたはず。そういう意味では

ソニーさん、出し惜しみしなかったなぁ


中級機カテゴリーでもニコン、キヤノンがミラーレス機周回遅れのうちに牙城を食い荒らしにきているなあ、という印象に尽きます。


もちろん、EVF の見え味とかシャッター消失時間、遅延などは値段なりでしょうからブラックアウトフリーを謳うα9 のようにいかないでしょうし(リリースや公式サイトでも何も触れられていない)、動体追従の性能も処理速度的にα9と同じというわけにはいかないでしょう。メカシャッターの耐久回数、ボディ剛性などが違っても、それは値段からして仕方ありません。

でも、廉価機なんだから AF ユニットを安いのにしてもおかしくなかったし、連写コマ数がもう少し低くてもおかしくなかった。(キヤノンやニコンの同クラス機はAPS-C機は秒10コマだけど、フルサイズ機だと半分強)

そういった数字として見える部分だけでも出し惜しみせず、この価格帯のフルサイズ機にこれだけのスペックを突っ込んできたのは、ソニーの本気を感じる以外ない。

「ソニーはスペックで見えない部分で〜」という人もいますし、隣りでα使ってる人がいますからそういう点がなくはないのは判っていますけれど、某社みたいに数字で見える部分ですらヒエラルキーをきっちり付けてくる会社に比べればヤル気は感じられます :-)

Alpha7III_Release3
(ベーシックモデルでもバッテリーグリップはしっかり用意されている)


ちょうど本日、シグマからも Art シリーズレンズ9本が一斉に Eマウントに追加対応されたこともあり、他のレンズメーカーの対応も含めてまさに飛ぶ鳥を落とす勢い、という感ばかりです。

ぶっちゃけ、

FEマウントの望遠レンズがちゃんとラインナップしていたら、ニコンかキヤノンのデジタル一眼レフに戻るよりもソニーに行っちゃうところだよなー


と思います。

思いますが、望遠レンズが今のところ 70-200mm の2本と 100-400mm というズーム2本だけでは、如何にボディのコストパフォーマンスが魅力でもちょっと手を出せないのが悩ましいところです。

FEマウントの次の望遠レンズが 400mm F2.8 というのはそれ自体は魅力だけど、残念ながら今の自分に必要なレンズの長さからは上にも下にも外れてしまっていますしね……先々のレンズロードマップはないですし。

動きや速度変化が不規則極まりない動体を撮っていなかったり、望遠域がほどほどで良い被写体を撮っていたら、それこそ一眼レフを使う理由が手持ちレンズ資産と光学ファインダーにこだわる以外に見当たらなくなってきた状況ですから、一も二もなかったのだろうなあ、と指を咥えて見てるだけになりそうです……たぶん


(α7IIIも凄いけど、ボディ内手振れ補正ありフル機α7IIが13万は更に衝撃かも…)