今オフは久しぶりに長いシーズンオフになったガンバ大阪。その間、朗報と言えるのは浦和レッズから矢島を獲得したことくらいで、出ていく選手のリリースばかり聞かされたオフでありました。

そんなガンバ大阪ですが、本日、新体制発表会を開催して、Youtube のガンバ大阪チャンネルでライブ中継されました。


ガンバ大阪オフィシャルサイト

私も出先でスマートフォンにて Youtube Live による中継を見ました。


サポーターの前に出て来ない、久しぶりに逃げてばかりの天下り社長山内は、下向いて淡々と無表情で原稿を読むだけだし、新監督クルピはジョークを連発するものの、会場の雰囲気がアレすぎて浮いていたのが印象的でした。

ガンバ大阪新体制発表会1
(天下りの通例に従えば、この社長があと3年半… ┐(´д`)┌)


スローガンは「奪還」らしいですが、本気でタイトル奪還する気があるようには見えないシーズンオフの強化部の仕事を突っ込ませるためのスローガンでしょうか。

また、質疑応答は、過去にセレッソで手腕を発揮したクルピ監督に集中してしまうのは仕方ないのでしょうけれども、選手が蚊帳の外的な感じもありましたし、

FW陣の補強はリクエストしたのか?現状でも自身の手腕でやっていけるのか?
どんなサッカーを目指すのか?


といった質問に対してもクルピ監督は「これから選手を実際に見てから」というばかりで、新体制発表会はモヤモヤ気分が解消されるどころか、微妙な気分で終わったのが正直な思いです。

ガンバ大阪新体制発表会2
(クルピもそうだがセレッソの名物通訳ガンジーさんがガンバにいる違和感 ^^;)


昨季レンタル移籍でガンバ大阪へ来て、U-23 で一番成長してトップの試合にも出られるようになった中原君は、レンタル満了で札幌に戻る……と思いきや、長崎へ再レンタル。だったら、たくさんお金を積んでも完全移籍で取りに行けよ〜、と今オフで一番歯がゆく思ったことでした。(向こうが拒否したら仕方ない話なんですけど…)

肝心要の FW 陣は、シーズン途中でレンタル移籍してきた赤崎が鹿島へ戻るだけでなく、平尾君が福岡にレンタル移籍して、怪我から復帰して今季は期待していた人も多いはずの呉屋君が徳島へレンタル移籍。え?マジで??という、まさかの OUT。

ここ数年、点を確実に取れる FW がいなくてダメだったのに、FW を補強しないまま出すばかりで、ホントどうなってんの??という状況。U-23 で一美君と大型ツートップを形成していた郡くんもヴェルディへ戻ったしねえ。

ボランチの内田君がレンタル移籍していたヴェルディにそのまま完全移籍したのは、昨シーズンの試合を見ていて納得でしたが(ガンバにいた時より生き生きと自分の居場所を見つけたかのような動きだったからねえ)、DF 金正也が仙台へ、MF 嫁阪君も福岡へ完全移籍。

井手口の海外移籍はもはや仕方ない状況でしたが、ユースで育った逸材が半年で2人も、レギュラー獲得しての活躍もほどほどに出ていってしまうのは複雑な心境です。(彼らのサッカー選手人生を思えば素晴らしいことなのですけれども)

そんな中、今週こそは、来週こそは嬉しい加入情報があるはず!と待っていたのですが、結局、新加入選手のうち、ユースや高校からプロ入りする7人の新人選手を除けば、浦和から移籍してきた矢島慎也選手と、一度はガンバ大阪から完全移籍で出て行って戻ってくることになった菅沼駿哉選手のみ。

ガンバ大阪新体制発表会3
(堂安、井手口が出ていき、ヤットの衰えが否めない中盤は彼に超期待!)


去年からオファーを出していた矢島選手は個人的に注目していたので、ライバルであるガンバに来てくれたのは嬉しいし、かける期待も大きいのですが、出した分に見合う加入選手が足りない印象は否めません。

(精悍になって戻って来た菅沼君は、J2 時代の試合を生で見に行っていて、相変わらず短気は損気な面が見受けられたので、磐田時代にやらかしたその点が直ってくれてることが判らないと正直なんとも)

今季は ACL に出られなくなったことで色々な意味で選手層が薄くならざるをえないのは覚悟していましたが、ここまでとは…と。

もちろん、将来性という点では今年の新人選手には期待できるのは嬉しい材料です。芝本君は昨季、ユース所属の2種登録選手でありながらガンバ大阪 U-23 の中心選手として J3 の試合で活躍しており、将来のガンバ大阪を背負って立つ MF であろうという期待は高まるばかりです。

同じようにユース所属ながら J3 で経験を積んできた谷選手にも大きな期待がかかりますし、高卒トリオも昨季の高校サッカー界の逸材ばかりで楽しみです。

とはいえ、新人選手はあくまで数年後か、それ以降の話。

トップの即戦力加入は2人。特に、点の取りきれなくて勝てなかった FW 陣のテコ入れはなし。

これで今年勝てるんだろうか……?


新監督クルピに期待する人は多いく、確かにセレッソで若手発掘の手腕を発揮し、セレッソ初の ACL 出場、ACL ベスト8 進出(ガンバが Round 16 で負けたんですけどね…orz)した頃の 3シャドーによる攻撃的なサッカーは魅力的なものでした。

反面、J2 時代に就任して最初の2年は J1 昇格を逃していますし、結局タイトルを取ることもなかったわけですから、過剰な期待をしてもなあ、と個人的には思っています。

とはいえ、選手の出入りを見る限り戦力補強したとはとても言えない状況では

現状はクルピの手腕に賭ける以外
去年後半の悪夢から脱却を期待できる要素がない


わけで、困ったもんです。

GambaOsaka2018Uniform1


今季の新ユニフォームについては人それぞれの好みがありますから、だいたいの年では賛否両論になりますし、赤のアクセントを入れると否定的な意見が目立つのも恒例です。個人的に赤のアクセントを入れること自体は嫌いじゃないですけどね。黄色とか水色のアクセントよりは好きです。

ただ、昨季からユニフォームの鎖骨部分にもスポンサーロゴを掲載することをJリーグが認めるようになり、今年は右胸に、新たにダイヤモンドスポンサーとなった「ダイセル」さんのロゴが入るようになりました。

そして、右胸にあった番号は腹へと移動しています。

GambaOsaka2018Uniform2e


Jリーグの規約的に、ユニフォームの背面側だけでなく表側にも番号を入れないといけないので、行き場所がなくなった番号がお腹に掲載されているわけですが(このことはガンバ大阪だけではない)、そのせいか、なんかこう見栄えがよろしくないと個人的には思っています。

今季のホームユニフォームは少しデザイン的にゴテゴテ感があるせいか、貼り付けているものも増えたのと合わせて、もう少しシンプルにできないかなあ、という印象です。

そんなこともあって、

Jリーグは鎖骨部分にスポンサーロゴ掲載を許可したのなら、番号の掲載を背中だけでも良い、表側は番号掲載を義務付けないように規約改正してほしい


と思った新ユニフォーム発表でありました。



いずれにせよ、開幕まであと1ヶ月ちょい。今年も年パス(自動)継続してしまったので、クレジットカードにはレンズ交換式カメラが余裕で買える金額の請求がきました。

今季は、昨季後半のようなことのない、金出して見るのに値する試合をお願いしたいと思います。そして、

「ガンバ大阪の試合見に来なよ、面白いよ」
と友人知人に言える試合、チームを期待します


昔はそう言えたのに、そんなことが言えなくなって久しいですからね。