iPhone X にかまける日々ですが、先週 Amazon のスマートスピーカー「echo」がようやく日本でも発表されました。当面、購入は招待制とのことで、「具体的な使い道もない、興味だけのオモチャ」だから買うかどうかは判らないけれど、とりあえず購入権招待の申し込みだけはしたことを先日書きました。


“AIスピーカー”とやらには興味はなかったけど、3,980円/7,980円で買えるなら誘惑される Amazon echo

echo の国内販売は今週からと噂されていましたが、噂どおり昨日から発売開始になり、幸運にも初日に Amazon から小型廉価版である「echo dot」の購入招待メールが届き、早速昨日購入し、本日到着しました。

AmazonEchoDot25


ぶっちゃけ、Amazon echo の購入招待を申し込んでみたものの、

具体的な使い道もないし、特に役に立つとも思えないスマートスピーカーがどんなものか試すだけだし、このところの “IT オモチャ” は iPhone X で満足しているので、別に今買わなくてもいいか。
echo は外部スピーカー(有線/Bluetooh)を繋げられるだけでなく、自身が Bluetooth スピーカーにもなるらしいから、ちゃんと音の出る dot ではない方の echo にした方がいいかな?


と思っていたのですが、昨晩 Twitter を見ていたら、どうやら購入招待を申し込んで初日に購入招待メールが来た人は結構少ないようでした。(今日になって招待メールが届いた人が多かったようですけど)


AmazonEchoDot02


これらを見る限り、どうやら当たったのは非常にラッキーということを知りまして、招待メールには「招待購入の有効期限は本メールを受信されてから4日間」と書かれていますし、それなら

買える時に買って試してみよう


ということになり、早速試しています。

これを書いてるときはまだ1〜2時間程度 Alexa と色々やりとりして、今は Amazon Music やニュースなどを BGM にしてますが、

足りないことも多いけど、思ったより使えるかもしれないオモチャ


って感じですね。(詳細は後述)


ちなみに、申し込んだ「echo」と「echo dot」のうち、購入権が届いたのは「echo dot」の方だけでした。招待メールには

また、多くのリクエストを頂いているため、複数のEcho製品をリクエストされた場合、現在はお一つのみ招待させていただいております。


と書かれており、当面は一人一種類のみ(そして一台のみ)の購入になるようです。(購入時に台数も選べない)

ただ、もうすぐアメリカの Black Friday / Cyber Monday セール時期なので、そこからクリスマス時期が過ぎれば普通に買えるようになるとは思います。

AmazonEchoDot03


定価 5,980円から2千円引き。こう言い方は良くないかもしれませんが、

3,980円ならダメ元で試せる金額


ではあります。7,980円でも Bluetooth スピーカーとしてちゃんと使える?「Echo」の方が使い回しができて良かった気がしますけど。

この Amazon echo シリーズをセットアップするのに必要な Amazon Alexa アプリは、国内の AppStore / Google Play でも昨日から配信開始になっていたようです。

AmazonEchoDot04

Amazon Alexa (AppStore)
Amazon Alexa (Google Play)

echo dot 到着前には iPhone X にインストールしておき、到着次第、パッケージを開けて、とりあえず机の上に置いてセットアップを始めました。

この手の IT 機器のセットアップに慣れている人なら多少戸惑うことはあっても問題ないと思いますが、はっきり言って説明があまり親切ではなく、

Amazon のハードウェア製品では一番セットアップが難しいかも


なので、この手の機器のセットアップに慣れていない人だと少々難儀するかもしれません。(Amazon の製品はだいたいセットアップ楽勝なことが多い)

echo にしろ echo dot にしろ、画面がないので、スマートフォンからのリモートセットアップになるわけですが、Wi-Fi の繋ぎ替えもあり、Google などとの他サービス連携をすると認証処理も連続しますから(各サービスで二段階認証を設定してると余計に ^^;)、ちょっと手間はあります。

AmazonEchoDot28
(同梱物。Echo Dot 本体は裏面。滑り止め素材)

AmazonEchoDot29
(付属 USB 給電器の出力は最大 9W)

AmazonEchoDot30
(本体背面側の端子は給電用microUSB端子と外部スピーカー用端子)


セットアップ関連は逐一説明していると、それだけで一記事どころで収まらない量になるので echo セットアップの流れを簡単に説明すると、

  1. スマートフォンに Amazon Alexa アプリをインストールして起動したら自分の Amazon アカウントでログインする
    AmazonEchoDot06

  2. ログインして利用条件に同意したら Amazon Alexa アプリのホーム画面になるものの、なんか判らんメッセージが出てくるし、この先どうすれば?状態になる。が、ここで「ALEXAをカスタマイズ」のリンクをタップする(ココ重要)
    AmazonEchoDot07

  3. 「ALEXAをカスタマイズ」のリンクをタップすると設定画面に入る。複数の機器が表示されるかどうかは人それぞれだが、表示されている「〇〇さんの Echo Dot」の項目をタップして、Echo Dot の初期設定を開始する(〇〇さんは購入者の名前)
    AmazonEchoDot08

  4. Echo Dot の電源を入れ(USB ケーブルを接続する)、オレンジリングがグルグル回って設定準備完了になったら Echo Dot が喋りだす(初期設定では結構な音量なので注意)
    AmazonEchoDot09

    AmazonEchoDot32

  5. Echo Dot は繋ぐべき自宅の Wi-Fi 設定を知らないので、まずスマートフォンを自宅の Wi-Fi から Echo Dot が発する Wi-Fi に繋ぎ変えてやる
    AmazonEchoDot10 AmazonEchoDot11
    (iOSなら設定→Wi-Fiで「Amazon-何とか」というWi-Fiに繋ぎ変える)

  6. Wi-Fi を Echo Dot が発するものに繋ぎ替えてから Amazon Alexa アプリへ戻ってくると、以下の画面になる
    AmazonEchoDot12

  7. スマホと Echo Dot が繋がったので、スマホから Echo Dot に接続すべき自宅 Wi-Fi を教えるべく選択する
    AmazonEchoDot13

  8. 続いて、接続する Wi-Fi のパスワードを入力する。Amazon に保存しておけば次回設定は少し楽になるらしいが、Own Your Risk で。
    AmazonEchoDot14

  9. Wi-Fi の設定をスマホから Echo Dot に転送したら、少しの間待ち時間があり、セットアップ完了の画面が表示される

  10. AmazonEchoDot15A AmazonEchoDot15B

  11. スマホの接続 Wi-Fi が元の自宅 Wi-Fi に戻り、Echo Dot も自宅 Wi-Fi に繋がって使えるようになったはず。あとはまた細かな設定を行う場合は、先のように「ALEXAをカスタマイズ」→「〇〇さんの Echo Dot」とたどって行います。(左上のメニューから設定を呼び出すことも可能)
    AmazonEchoDot16A AmazonEchoDot16B
    (購入時は所在地などが設定済なので、あとは何もしなくてもOK)

    AmazonEchoDot17

    AmazonEchoDot18 AmazonEchoDot19
    (スポーツニュースの設定が憤慨ものだったのでスッキリ修正)

    AmazonEchoDot20 AmazonEchoDot21
    (Google などと連携すれば予定の読み上げ・登録はできます。メール絡みは不可)

    AmazonEchoDot22 AmazonEchoDot23
    (Googleの複数カレンダーにも対応、Alexaがチェックする項目を選べます)

    AmazonEchoDot24
    (ショッピングの音声注文は初期設定でオンなので、迷わずオフに)

とりあえず、このくらいでしょうか。Echo Dot の説明ですが、Echo も同じでしょう。

あとは Echo Dot で使いたいサービス「スキル」を追加したり、連携設定、細かいカスタマイズをすることになりますが、それらも全部スマートフォンの Amazon Alexa アプリで行います。

AmazonEchoDot26

AmazonEchoDot27A AmazonEchoDot27B


まだ数時間の利用ですが、最初の印象は

こんなに小さいのにマイクもスピーカーも頑張ってるなあ


でした。6〜8畳ならどこから「‪アレクサ」と話しかけても反応するし、スピーカーも手のひらサイズなのに意外と大きな音量が出ます。音楽をしっかり聴くためのスピーカーではないけれど、音声やニュースなどのやりとりには十分。Amazon で千円くらいで売ってる糞スピーカー付けるくらいなら要らない。

音楽を聴いていても、昔のモノラルラジカセみたいな感じで、人によっては我慢できなくもないと思います(そう思うと、多少マシなスピーカーの載ってる Echo が欲しかったかもしれない)。ただ、iPhone から Bluetooth で飛ばした音楽は、我慢しても厳しいかなあ。

ニュースは NHK が初期設定されていますが、「アレクサ、今日のニュースは?」と聞くと、少し前の定時の NHK ラジオニュースをそのまま流してまして、そう来るのかと(笑)

AmazonEchoDot31


ただ、今日の時点では、アレコレやりとりをしてると、

まだ全然サービスが揃ってないのか、日本語の認識がまだ悪いのか
ちゃんと反応しないことが多い(´Д` )


のも事実。

「すみません、なんだか上手くいかないみたいです」「ちょっとよくわからないです」が連発するようなことはないのだけど、
  • 「radiko で FM802 をかけて」と言っても絶対にラジオNIKKEI第2をかけるし、radiko で抜かして「FM802 をかけて」というと、どんなに滑舌よくハッキリしゃべっても必ず「FM 八女」をかけやがる
  • 「トランスをかけて」と言ったらプライムミュージックでは見つかりませんが、アンリミテッドなら見つかったから加入方法聞くか?と言ってきた
  • 「ダンスミュージックをかけて」と言うたら、TMネットワークのプレイリストが流された
  • >

という感じで、音楽からして好みのジャンルを流してもらうのも大変そう。これならスマホかパソコンでやっちゃうよね……

あと、対応サービス(スキル)はたくさんあるけれど、今ひとつバラエティに欠けているというか、

「××への行き方を教えて」と聞くと
「交通情報、経路情報にはまだ対応していません」


だし、Google みたいに

「〇〇で検索して」が「なんだか上手くいかない」


なのは、Gmail に非対応なのと合わせて、ちょっと不満ですね。

対応サービスは Google よりも遥かに多いけれど、Google に慣らされてる分、スマホやパソコンで Google に聴いてるレベルのことができないのは、ちょっと残念。未読メールの件数とか、どこどこへの行き方を教えてくれて、メールで送ってくれるとかして欲しいね。(予定は Google カレンダーの読み上げや口頭での予定登録に対応している)

まぁ、この辺はもうちょっと日本語解析がこなれたり、アメリカ本国で対応している機能が日本国内でも使えるようになれば変わるのかもしれません。

それに、予定の登録やらアラームの設定やら指定したアーティストの楽曲を流したりするのを口頭で指示したり、ペアリングしたスマホとの接続や解除も「スマートフォンと接続」「スマートフォンとの接続を解除」といえばできるのを体験していると、

音声指示のデバイスには否定的だったけど
自宅では意外と悪くないかもなぁ


と思い直しましたし、しばらく使っていこうかと思うものでした。(自宅だと iPhone / Mac での音声文章入力も意外と実用的に使えますからねぇ)

とりあえず、少し使ってから使用感や、どこまで役に立つかどうかを報告したいと思います。今は iPhone X 関連の予約投稿記事が3〜4個残ってるので(^_^;)、それらが終わったあたり、1〜2週間したらまた……(それまでに飽きてる可能性はゼロではないけれど ^^;)

と思ったんですけど、翌朝 Alexa との会話で色々思うところがあったり、友達から興味持って見てるらしいので、早速もう一つ書きました。

今朝のアレクサさん by Amazon echo dot