先日の記事でも触れたように、先週末の小松基地航空祭は、残念ながら台風18号の直撃コースにあったため中止になってしまいました。

台風一過の空を期待しつつ、半年ぶりに昆陽池から伊丹離陸便

昨年も中止にはならなかったものの雨でしたから、2年連続で雨に祟られたことになります。5月末の美保基地航空祭、同じ9月の三沢基地航空祭とともに、比較的雨の多い航空祭の印象がありますね。(三沢基地航空祭はまだ一度も行ったことがないですけど)

前日当日の小松の空模様をネット経由で見ていると、結果的には前日予行の時間帯は雨が降ることなく、航空祭当日も台風は明け方までに通過し、午前中は小雨残りだったものの昼頃から青空が見えていたので、午後からのアグレッサーと 306SQ の機動飛行だけでも観たかったなー、と思ったのは正直なところです(^_^;)

とはいえ、航空祭当日の準備は未明から行われますから、それが台風通過前後では中止も妥当な判断だったと思います。ホント、間の悪い台風でした(>_<)

KomatsuABairshow2016Rehearsal
(去年の小松基地航空祭予行から)


去年も雨模様だったので結局航空祭本番には行かなかったので、2年連続で予行だけ、今年は予行も泊まりで行くことができず、航空祭直前の木曜日1日だけの日帰り遠征でした。

ただ、去年は予行を撮りに行った日も曇り空でしたが、今年は予行だけでも晴れてくれて、それだけに航空祭そのものは中止になったものの多少救われた感があります ;-)

先週木曜日の時点ではまだ航空祭のプログラムは発表になっていませんでしたが、木曜日の予行は外来機の F-2, F-4 の展示飛行を除いて、ほぼプログラムどおりに行われました。F-2, F-4 の展示飛行の予行も行われる予定だったのですが、こちらは全く音沙汰なしでした。残念!

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (46) Aggressor F-15DJ #074
(アグレス機動の予行は、2日前にお披露目の新色で行ってくれました)


ということで、小松基地航空祭本番は中止になったものの、予行でそれなりに楽しんだので、今年の小松基地航空祭の自分的記録として、拙い写真を載せて振り返っておきたいと思います。



ちなみに、今回は E-M1 Mark II &マイクロフォーサーズシステムにしてから、よーーーやく真っ当な気象条件でファイター(戦闘機)機動飛行に相対することができました\(^o^)/

E-M1 Mark II 購入以降これまでサッカー(Jリーグ)やモータースポーツ(SUPER GT)は何度となく撮ってきて、このカメラの性能/機能について色々思うところはありましたが、残る主被写体はファイターであり、その機動飛行に対してどれくらいやれるのか?という課題を、やっと試すことができました(^-^)

E-M1 Mark II 購入後、美保基地、千歳基地の航空祭へ遠征しましたが、美保基地は輸送機メインの基地でありファイターの機動飛行はなし(F-2 による空対地射撃訓練展示はあったけど逆光&高い&陽炎で話にならず)、満を持して?行った千歳基地航空祭は天候条件が悪く、米軍 F-16 以外は3日間とも殆ど何もできず、でしたからね。

そんなわけで、今回はようやく E-M1 Mark II を使って初めての機動飛行撮影でした。今までの経緯から不安と不安と不安しかありませんでしたが、良くも悪くも予想通りでした。今回と次回はそのあたりに触れながら記していきます。

(一部の写真を除いて E-M1 Mark II で撮影、Adobe Lightroom にて現像。現像でそれなりに手を入れてます。機動飛行など戦闘機アップの写真は 300mm F4 IS PRO、編隊飛行は 40-150mm F2.8 PRO 使用。テレコン使用・不使用は本文に記載してますが、多用してます)

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (22) 303SQ F-15J #878


朝4時前に大阪を出て、名神〜北陸道を経由して小松空港近くの安宅PA のスマートIC で降り、ほど近い小松空港裏の航空プラザの駐車場へ。途中、女形谷PA でトイレ休憩込みで 260km 少々、3時間弱。

大阪から北陸方面で名神〜北陸道回りは楽と言えば楽だけど、京都東IC〜湖西道路〜R161〜敦賀ICから北陸道に比べるとかなり遠回りになり、早朝の時間帯だと時間差もずっと高速を使うのに比べて15分遅いかどうかなので、湖西経由で行くことも多いのですが、歳食ってきて段々と楽な選択肢になってきました(^_^;)

女形谷PA で現地の様子を Twitter でチェックすると、朝5時半頃にはスカイパークこまつ翼・共生の丘の駐車場は満車になっていたらしく、素直に航空プラザの駐車場に止めました。6時45分くらいでは、航空プラザ前のメイン駐車場もまだ埋まり具合は半分強くらいでした。(去年は同じ木曜予行で朝7時半にメイン駐車場が満車寸前だった)

KomatsuABarishow2017Rehearsal01
(午前7時頃の共生の丘、とっくに満車でした/スマホ撮影)


私の撮影目的は機動飛行メインで、あとは離陸時のスプレッドアウト(いわゆるパカ)をどこかのタイミングで、という感じ。ありきたりです。

そして、機動飛行撮影はいつもの航空プラザ付近(ともう一カ所)を考えていたので、航空プラザに止めるのに問題はありませんでした。(機材が変わった最初は、できるだけ状況を把握できている場所で撮りたい)

航空プラザ付近以外でも撮影するつもりでしたが、過去記事で何度も触れたように、去年から航空祭には折りたたみ自転車を利用しているので、気軽に移動できます。



脚立は持っていけませんけど、歩いて行くには遠い、少し離れたポイントでも問題なく行けますし、展示飛行と展示飛行の合間に移動できるのは便利です。今回も大活躍でした。

特に小松基地航空祭では、路上駐車、農作業用道路での駐車が問題になっているので(あと田畑への立ち入り)、そういった迷惑をせずともに撮影ポイントを自由に回れるので、折りたたみ自転車利用はホント有用です。

KomatsuABarishow2017Rehearsal02
(朝の涼しい空気の中、ロケハンぶらぶら/スマホ撮影)


そんなわけで、着いてからオープニングフライトへの離陸まで1時間ほどの余裕がありましたので、自転車に乗って改めてロケハン。基地南東側をブラブラしながら、TAC デパーチャーのスプレッド順光撮影ポイントを悩んでいました。

結局、賭けに出る勇気が出ず、オープニングフライトへの離陸は割とお馴染み、前川にかかる橋の土手に登って撮ることにして、ブレイクポイントは滑走路端を過ぎたところだろう、という勝手予測に賭けました。

しかし、8時前に 303SQ、306SQ 両部隊2機ずつがオープニングフライトへ離陸すると、ブレイクポイントは滑走路端の遙か手前、航空祭会場となるエプロン付近でした _| ̄|○

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (1) 306SQ F-15J #096
(303SQ のスペマ機)

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (3) 303SQ F-15J #827


全く話にならずで、撮影したのはブレイク後の適当ショットだけに終わりました……。が、こればかりは自分の判断ミス。というか、賭けに失敗でした。

もっと基地寄りのところで、基地の建物その他にカブらないようにグッと引いた位置で、600mm相当の 300mm F4 IS PRO(以下サンヨン)にテレコンかまして 840mm 相当にして撮るべきでした。といっても、ブレイクする位置が判らず賭けだったので仕方ありません。

また、E-M1 Mark II は AF に関しては実質 1点 AF のみで、それで被写体追って苦行してもピンぼけ、ピン甘連発ですが、空気状態が良くて最低感度で撮れる晴天日中下ならサンヨンとの組み合わせでまずまず解像して悪くありません。(多少シャープネス強め現像だけど)

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (2) 306SQ F-15J #096
(こっち見ながらのPさん)

KomatsuABarishow2017Rehearsal03
(等倍切り出し)


この後の撮影も含めて、E-M1 Mark II + 300mm F4 IS PRO(+テレコン)のファイター相手の印象は

フルサイズ/APS-C 一眼レフ機+望遠・超望遠単焦点レンズと比べるとハッキリとした差を見せつけられるけれど、APS-C 一眼レフ機+超望遠ズームレンズより画質的には良好に撮れる印象(AF がまともに合焦すれば、だけど)


でした。《ちゃんと AF がジャスピンくれば》感心感動するレベルではないけど、システムの小型軽量さを考えると満足できる画質です。

一眼レフシステムの 300mm F2.8 やそれ以上の望遠単焦点レンズと比べると色々物足りないのは当然ですが(この日の小松基地航空祭予行でも、ほぼ同じ立ち位置で撮ってる人たちの写真と比較すれば一目瞭然)、以前 EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM などの望遠ズームレンズを使ったフルサイズ機や APS-C 機の撮影結果と比べても良い印象でした。

E-M1 Mark II とサンヨンの組み合わせは、フォーカスが来て、フリーズしなければ、動体相手でも悪いシステムではないですし、それを期待していたんですけどね……。実際には動体相手の AF は苦労するし、フリーズすることもあるから文句言わざるをえないけど。(でも、この日は珍しくフリーズせずでした :-)

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (4) Opening Flight

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (5) Opening Flight


話は少し逸れてしまいましたが、朝イチの TAC デパーチャーのパカ(スプレッドアウト)撮影に失敗してガックリしつつ、再びチャリンコに乗って移動。オープニングフライトをどこで撮るか迷いましたが、航過飛行は正面気味に撮りたかったので、共生の丘(スカイパークこまつ翼)にて。

ここでは 40-150mm F2.8 PRO にテレコンを付けての撮影。300mm 相当までで F2.8 通しというのは、本当に便利ズームです。編隊飛行は全点 AF を使いたくなるけど、それで痛い目に何度もあってるので、こういうシーンでも1点AF (>_<)

8時過ぎのオープニングフライトが終了して、次は第303飛行隊(以下303SQ)による機動飛行なので、航空プラザへ戻りました。午前中は被写体が逆光になることも多いですが、被写体との距離は近いので、毎度こちらへ。

で、オープニングフライトへの離陸時のスプレッドアウトが滑走路端よりはだいぶ手前だったので、航空プラザあたりでも(逆光だけど)狙えるかも?と思って、航空プラザから北東側の臨時駐車場近くの立ち位置で撮影。

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (6) 303SQ F-15J #878 & #827

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (7) 303SQ F-15J #878 & #827


滑走路からかなり離れているので、こんな程度で。中途半端で何の芸もなさすぎる写真なので、いっそ、がっつりコントラスト増し増しで

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (8) 303SQ F-15J #878 & #827


こんな感じの現像の方が好みですが、まぁアレすぎてアレな気はしますね(^_^;)

離陸後、303SQ のスペマ機(#878)ともう一機(#827)での機動飛行展示が開始。サンヨンにテレコンを入れるかどうか迷いましたが、ひとまず 303SQ の機動飛行はテレコンなしで行こう、と。
  1. マイクロフォーサーズゆえに感度はできるだけ抑えたい
  2. かといって、高速で飛行するファイターをブレずに止めたいのでシャッター速度は確保したい(できるだけ 1/1250〜1/1600s くらいは欲しい)
  3. とはいえ、サンヨンにテレコンを入れれば F5.6 の暗さになり、開放でも使えるけど画質安定のために少しだけ絞って F6.3 にしたい
  4. 晴天日中下だと露出補正+1/3〜2/3EV, F6.3 でも通常最低感度(ISO 200)で SS 1/1600s は十分確保できるけど、逆光などで陰になった時は意外と ISO 上がっちゃう

などと考えていたわけです。晴天日中順光なら理想は ISO LOW にまで感度を下げたいところですが(画質は最良)、シャッター速度が下がってきっちり追いきれずにブレては意味ないですからね……

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (11) 303SQ F-15J #878
(2,000万画素を500万画素レベルまでのトリミング)


ところが、諸般の事情から年々どこでも展示飛行する高度が高くなりがちの機動飛行、少し撮って

遠いわ!600mm の画角では豆粒だわ!テレコン入れないと話にならん


と判断して、x1.4 テレコンを突っ込んで 840mm 相当に変更。

去年は 700mm 相当近くでも被写体が遠かったのですから、600mm 相当では無理がありましたね。2,000万画素ではトリミング耐性もさほどありませんし。

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (13) 303SQ F-15J #878

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (15) 303SQ F-15J #878

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (16) 303SQ F-15J #878


ということで、303SQ の機動飛行は途中からサンヨンにテレコンを入れて 840mm 相当で撮影。それでも最接近時以外は随分とトリミングしています。

捻りながら向かってくるシーンなんて、実際には 840mm 相当でも

KomatsuABarishow2017Rehearsal04


これくらい豆粒ですからね。仕方ないです。

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (17) 303SQ F-15J #878

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (18) 303SQ F-15J #878

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (19) 303SQ F-15J #827


晴天日中とはいえ 1/1600s, F5.6-6.3 での撮影だと ISO 400〜500 くらいまで上がることが多く、シャッター速度を下げようかとも思いましたが、例によって AF に悩まされながらの撮影だったので、そこまで余裕はありませんでした……(AF に関しては次回色々と)

それもあって暗部を持ち上げたり、ややシャープネス強めにしたりして現像していると、

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (21) 303SQ F-15J #878

KomatsuABarishow2017Rehearsal05
(等倍切り抜き)

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (23) 303SQ F-15J #878

KomatsuABarishow2017Rehearsal06
(等倍切り抜き)


と、結構ノイズは浮いてくる場合もあります。が、等倍にしなきゃそうそう目立たないので、個人的にはここは妥協してます。

Lightroom ではなく Photoshop で、ACR ではシャープネス緩めにして現像して、その後スマートシャープで処理すれば、もっとノイズを抑えながらカリッとできますけど、ここでは Lightroom だけで程々に。

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (29) 303SQ F-15J #878

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (30) 303SQ F-15J #827


303SQ の機動飛行が終わって、次は救難展示。ですが、これは航空祭会場で見ないと豆粒なのでスルー。

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (31) Rescue Demonstration
(スルーと言いながら逆光&陽炎の中、遠くからパラシュート降下を一枚)


救難展示の後は小松基地航空祭名物の F-15 イーグルの大編隊飛行(フライ・バイ・フライト)。第303飛行隊、第306飛行隊、そして昨年移転してきた飛行教導群(アグレッサー部隊)による10機編隊の航過飛行。

再びチャリンコで共生の丘へ移動して、正面と下から撮影。異機種大編隊もいいけど、イーグルの大編隊いいですよね〜(数がだんだん減ってる気もするけど ^^:)

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (33) F-15 formation flight (Fly by Flight) Part 1

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (34) F-15 formation flight (Fly by Flight) Part 1

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (35) F-15 formation flight (Fly by Flight) Part 1

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (36) F-15 formation flight (Fly by Flight) Part 2

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (37) F-15 formation flight (Fly by Flight) Part 2

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (38) F-15 formation flight (Fly by Flight) Part 2

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (39) F-15 formation flight (Fly by Flight) Part 2


航空祭本来のプログラムではこの後、外来機の F-2 機動飛行と F-4 の展示飛行があり、この日も予行のフライトが予定されていたのですが、全く飛んでくる気配もなし。

Twitter で岐阜基地の情報をチェックしても飛んでくる気配すらないので、航空プラザの駐車場に戻って車の中で一休みして、航空プラザに入って小松基地航空祭グッズのお買い物。

予行の時点で小松基地航空祭が中止になるとは思っていなかったものの、雨天だとグッズを買う気力もなくなるし、そもそも行くのを止める可能性もあるので。それに航空プラザの駐車場に止めさせてもらってるので、予行時に買うことにしています。

ということで、昼休みをはさんで午後の展示飛行になるわけですが、ダラダラ書き連ねていたら長くなりましたので、次回に続きます。