今日は話題のニコン D850 の発売日でした。某カメラ店では

ニコ爺「今すぐ手に入らないのは仕方ないが、今から予約したら11月までには買えるんやろ?12月頭に孫の××があるからそれまでには間に合わせたいんじゃ」

店員「申し訳ありませんが、今からだと2ヶ月以上お待たせする可能性もあって、11月中にお渡しできる保証はできません」


という会話がなされて、お孫さんの勇姿を D850 で撮りたいニコ爺さんちょっとキレかけモードだったりする光景も見ましたが、あちこちで2ヶ月待ちという話を聞くので、今からだと「年内に手に入れば…」気分で注文するのが良さげみたいです。

あ、私は注文していないです。ホントです(^_^;)

先週末には、ニコン・ファンミーティングなるものが大阪で開催されて D850 も大々的にプッシュされたみたいですが、先日の記事で書いたように、大昔ユーザーであったもののすっかりアウェイの地ですから、ニコン信者の集まりにはちょっと足がすくんで行けませんでした。まぁ、開催地のほたるまちへ行くのが面倒だったからですけど。

NikonPlazaOsakaD850Event7


とはいえ、次期購入機種として有力候補の D850 ですから、折を見てニコンプラザへ D850 を触りに行こうと思ってウェブサイトを見たら、ニコンプラザ大阪で「D850 発表記念イベント」なるものをやっているのを知ったので、今日それを見に行ってきました。



「D850 発表記念イベント」はニコンプラザ大阪ショールームの一角で20席くらいの椅子を置いたところで、大画面ディスプレイを前に1時間ほど D850 の主な機能紹介を聞くだけのものでした。

イベント前半の概ねパンフレットの内容を説明していく形は予想はしていましたし、こういうイベントですから仕方ないですが、昼下がりにやられると少々眠たくなりますね。近くの爺さんは始まって10分くらいで爆眠してましたが、仕方ないですね。

NikonPlazaOsakaD850Event2


ニコンプラザの一角で仕切りもなくやってますからディスプレイは外光があってあまりクリアには見えず、サンプル写真を等倍で表示してもらっても正直よく判らなかったし、プラザ内のあちこちで話される声があるので説明している人の声が聴こえづらくなる時もありましたが、これらは仕方なかったですね。

説明されている方はある程度絞って(ニコンらしく動画はスルーに近かった)話されていたのは良かったのですが、発売日に先行して使っていらっしゃってるのだから、もう少し使った感想とかパンフレットの内容説明以外のところを多くして欲しかったなあ、というのが率直な印象です。

あと、「何にでも使える」全方位的なカメラという点を推していましたが、D850 はホントその通りだと思います。そういった推し方は正解でしょうし、そう言っても文句言われることのない素晴らしいカメラですね。

NikonPlazaOsakaD850Event3


また、宣伝には結構大きく書かれている割に小さな注記だけでは判らない連写速度を秒9コマにする時のコストについては、しっかり説明されていて好感が持てました。ニコンダイレクト価格で11万円以上のオプション価格がかかりますもんね。

ボディだけだと30万円台のスーパーお買い得価格ですが、連写速度を秒7コマから秒9コマにするとお値段は50万円前後になって、あまり安さは感じなくなってしまいます。(もちろん、その内容からすれば50万でも全然高くはないのですが、D5 の価格が近くなってきますから)

戦闘機含む飛行機やモータースポーツなら秒7コマでも我慢できなくはないけど、サッカーなどスポーツ撮影で秒7コマは話にならないので、私自身 D850 を買うとすれば、秒9コマ化は必須条件であり、そこがハードルの一つでもあります。(レンズをどうするかという問題の方が先ですけど)

説明している方は「秒7コマも9コマも大して変わらない」と言っていましたが、そこは残念ながら賛成しかねない被写体を撮っているので、その2コマの差は物凄く大きく感じます。「シャッターチャンスを狙えば、その差は関係ない」と言われても、スポーツ撮影のごちゃついた場面では、バラまいてナンボという時もあります。

(サッカー撮影で秒10コマ程度だと、足を振り上げた瞬間の次のコマはインパクトを過ぎてることは日常茶飯事で、下手するとボールがフレーム外まで飛んでることもあります。E-M1 Mark II の電子シャッターの秒18コマは、それだけ見れば「これくらい欲しいよなあ」と使っていて思います。AF は全然ですし、ローリングシャッター歪みも厳しいですけど)

とはいえ、一般的には「11万も出して秒9コマにするくらいならレンズを買った方がいい」という説明員の話は全くその通りだし、30万円台というと「お、ちょっとまずは買ってみるか」と思えても、50万円となると必要となる気合いが違ってきます(^_^;)

フルサイズのミラーを高速で駆動するのに 700/800番台で使われているバッテリーでは電圧が足ら図、それゆえに一桁機のバッテリーが必要なのでしょうが、なかなかハードルは高くて悩ましいところです。(むしろ、よくこういうギミックを搭載したと感服しますが)

NikonPlazaOsakaD850Event4


いずれにせよ、途中からはパンフレットその他の宣伝では判りづらい、「〇〇は凄いけど、これをやるにはコレが必要だ」的な部分をしっかり説明されていて、良いところだけを羅列するのではない、注記事項をきちんと解説されていて好感がもてました。個人的には、知らなかったことを知ることができた、というのではありませんけれども。

1時間のイベントの後は、説明されていた方に何点かお聞きしたり。バッテリーグリップに D5 のバッテリーを入れて秒9コマ化した D850 を試したかったのですが、ニコンプラザの方にもまだバッテリーグリップが来てないそうです。

現行のニコン機は XQD カードを採用していますが、今やソニーしか作ってなくて先行きヤバげな XQD カードにはあまり投資したくないので(もし買うとしてもサッカー撮影用に 128GB 1枚くらいに抑えたい)、UHS-II SDXC カードで秒9コマ連写でどれくらいバッファがもつのか知りたいのですけどね……


(3メーカーが作っていても高いCFast よりは安価なのは良いですけどね)


また、その後はしばらく D850 を試させてもらいました。実を言うと、週始めにヨドバシカメラへ行ったら誰も D850 の展示機に触っておらず、そこで思う存分?触らせてもらったので、二度目。さらに色々確認したくて試しました。

主に ISO 3200〜6400 あたりの画質を確かめたかったのですが、海外などで既に出ている実写画像を見た印象と同様、フルサイズ機とはいえ、DX クロップで 2000万画素弱になるほどの高画素機だけあって D500 と大きな差は感じず、という印象。ニコンプラザの人に聞いても「そうですね」という答えでしたし、マジックはないですよねえ。

そういう意味では自分の使い方だと(とりあえずは)半額の D500 でもええんじゃないのかな?フル機は後からでも、という気はしなくもないわけで(^_^;)

NikonPlazaOsakaD850Event5
(イベント参加者がD850を購入すると点検パックが1回無料に)


いずれにせよ、D850 を買うとしても今秋の航空祭シーズン、今季のサッカーシーズン中には手に入らないですから、来年、ということになるわけで、逆にゆっくり悩めるかな、と。レンズをどうするかのこともあるし。(主に資金調達面で)

もっとも、来年になったらなったで、キヤノンの EOS 5Ds Mark II やら 7D Mark III やらが出てきそうですから、それも気になるのでしょうけれども。(D5s はセンサーそのまま、AF 微改良くらいで、1D X Mark II に追いつくべく秒14コマ化じゃないかと予想)

とりあえず D850 は全方位に良さげなカメラで、今日のイベントで説明されている方が言うとおり、FX で使ってよし、DX で使ってもよし。コマ速のことを除けば理想に近いのですが、触ったり説明を聞いたり、普通に手に入るのは来年にならないと、という状況を見て、少し落ち着いた感じです。冷静に財政事情やらレンズのことやらを勘案して決めることになりそうです。

(というか、ニコンさん、早くサンニッパを FL 化して軽量な新型にモデルチェンジしてよ……)

NikonPlazaOsakaD850Event6
(今回もクリーニングクロスを貰いました。富士もキヤノンのもあったはず…)


とりあえず E-M1 Mark II とマイクロフォーサーズシステムでもう少し頑張りたいし、どんな絵が引き出せるかしっかり使いたいと思っています。今年はアグレスが本気出して飛ぶみたいな小松基地航空祭で、ウガーッ!となるようなことがあれば、衝動的に D500 買ったり何かしらの行動を起こすかもしれませんが、できるだけ冷静に行きたいと思います。

ってか、E-M1 Mark II はファームウェアのアップデートとか無いんすかね?ナイトゲームとか少しでも暗くなると AF がピン甘連発になる(マニュアル記載どおり EVF フレームレート高速だと特に)のを少しでも改善してほしいし、なんちゃってグループAF も何とかしてほしいし、そもそもサンヨンの AF の遅さ(特に初動)もアレもコレも何とかならんのですかねえ……