12-40mm F2.8 PRO、40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO という3本の M.ZUIKO PRO レンズを4ヶ月ほど使ってきた雑感2回目です。

3本の M.Zuiko PRO レンズ雑感 〜12-40mm F2.8、40-150mm F2.8、300mm F4 IS〜 【前編】

前回書いたように、3本の PRO レンズのうち、12-40mm F2.8 PRO、40-150mm F2.8 PRO については、描写最高とまでは言わないけれどコストパフォーマンスは最高であり、40-150mm F2.8 PRO で少し絞りたくなる時があるものの、基本的には開放から文句なく、マイクロフォーサーズの高感度の弱さを補ってくれる素晴らしいズーム2本だと思っています。

反面、300mm F4 IS PRO の方はそれなりに良レンズだけど、センサーサイズの小さなマイクロフォーサーズ用にも関わらず、フルサイズ用サンヨンよりデカい、重い、遥かに高い、の割には……で期待したほどではなかった、コスパ的には微妙というのが個人的な感想です。



前回、大きく分けて4つ思っていることがある、と書いて、そのうち 2つについて述べましたが、今回は残り2つ。

今回はフードや三脚座について。12-40mm F2.8 PRO はノーマルなモノで特に言うことはないのですが、40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO については使う前と使ってみてからの感想がだいぶ違いました。



▼(3)40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO の収納式フードは便利そうに見えてアカン ┐(´д`)┌

私も実際に使うまでは

こりゃ良いアイデアだなー、便利そうだなー。フードを付け外しするのは面倒な時もあるし、オリンパスなかなかやるねー


そう思っていました。けれど、それが言えるとしたら、ちゃんと従来方式のフードより使い勝手が落ちない前提です。

ところが実際に使ってみると、

見た目は良さげに見えるけど
フードがしっかり止まらない


という欠点があって、個人的にはダメ出しせざるを得ません。

特に 300mm F4 IS PRO はフードが取れない構造なのに、フードを収納した状態ではフード部分が固定できず緩々のまま。フード収納したまま撮影する時にレンズをしっかり持つことができないのは、どうしようもなくダメです。

サンヨンはフードを出さずに撮影することを全く考えずに設計したとしか思えず、これを考えた奴、ゴーサイン出した奴はアホちゃうか、と思っています。(周囲の迷惑を考えて)フードが出せない、(ボカすためにフェンスに密着させたいから)出したくない時も少なからずあるんですけどねえ。今からでも作り直すべきでしょう。

MZuikoProLenses2


40-150mm F2.8 PRO のフードは、フード外側のある部分を捻るとフードが出し入れできるロック機構付きになっていて、動きも軽くスムースで、それだけを見ると素晴らしいです。ちゃんとフードも取り外せますし。

ただ、動きをスムースにしたかったせいか、ちょっとした当たり(力)でフードが中へ入り込んでしまう時があります。フードを持ってレンズを振り回してる時も殆どの時は問題ないのですが、ちょっとした力の入れ方というか、手の当たり方でロックがズレてフードが動く時があります。少ないけど気になります。

また、望遠レンズを付けているカメラを置く時にレンズフードを地面につけて逆さ置きすることは珍しくもなんともないと思うが、その状態で少しでも力が加わるとフードが勝手に引っ込んでしまい、レンズ本体がガタンと落下してしまうことが多く、自分にとっては安心して使えるフードとは言えません。

MZuikoProLenses1


一見便利に見えるギミックより安心確実が欲しい。スペックだけはよく見えるけど実使用ではイマイチ…というのは E-M1 Mark II を使っていてオリンパスに対して一番感じるところですが、この収納式フードのアイデアもそう。

正直言って、変えられるものなら収納式じゃない普通のフードタイプに変えたいくらい。特にサンヨンはフードなしで撮りたいことも多いので困りものです。

3本の PRO レンズの中では、少し後になってから購入した 12-40mm F2.8 PRO のロック付きの普通のフードがベストだと、4ヶ月使ってきて思いますね。


(4) フードも三脚座もなんでこんなに仕様がバラバラなの?

前項で書いた収納式フードは、60mm F2.8 マクロと合わせて3本の収納フード式のレンズを持ってますが、3本ともフードの収納方法が違います。レンズに合わせて最適な方法を採っている、などとでも言うのでしょうけど、行き当たりばったりとしか思えない。オリンパスらしいといえば、らしいけど。

手持ちのレンズは収納式も含めて 300mm F4 IS PRO 以外は全部フードが外れるけれど、300mm F4 IS PRO は外れない。それでいて前項のようにフード使わない時に困ったことになる。フードを外せない意味が解らない。

かたや三脚座は 300mm F4 IS PRO は外せるけれど、40-150mm F2.8 PRO の三脚座は外せない。

コンパクトなサンヨンの三脚座より高さがあって、使わない時は邪魔すぎる 40-150mm F2.8 PRO の三脚座を外せるようにしろよ!と思うのだが、外せない。一脚、三脚を使わない時にカバンの中で無駄に嵩張る、マイクロフォーサーズのコンパクトさを自らスポイルする設計。何を考えているのか本当に判らない。


MZuikoProLenses4


300mm F4 IS PRO にアルカスイス互換の切り込みが入っているのは便利で、アルカ互換で統一している私には有り難いけれど、むしろ三脚座が外せない 40-150mm F2.8 PRO の方にアルカスイス互換の切り込みが欲しかった。

他にも IS ON/OFF スイッチやフォーカスリミットスイッチが 300mm F4 IS PRO にはあるけど、40-150mm F2.8 PRO にはない。と言うのもある。これも 40-150mm F2.8 PRO を作って要望が出てサンヨンには付けたのかもしれないし、40-150mm F2.8 PRO ではコスト的に付ける余地がなかったのかもしれないけれど。

いずれにせよ、レンズ毎に色々違っている行き当たりばったり感が満載というか、カメラボディもそうなのだろうけど、なんかこう、ポリシーみたいなのがなくて、作るたびに使い勝手に関わる部分を変えるのは良いとは思えないです。


というわけで、300mm F4 IS PRO のフードと 40-150mm F2.8 PRO の三脚座が外れないのはストレスを感じている問題です。

オリンパスでカメラやレンズを開発している人たちが開発中にテストして使ったり、開発中の機材でテストを頼まれているプロの人もいると思うんですけど、何の疑問も感じなかったのですかねぇ。なんでこんな仕様にしたのか?つくづく残念です。

【追記】40-150mm F2.8 PRO の三脚座が外せるのはご指摘いただき知りました。コメントありがとうございます。