いま流行りの(Twitter みたいな)分散型 SNS であるマストドン(Mastodon)用スマホアプリが次々と生まれている昨今、初のマルチインスタンス対応のアプリとして昨日「mastodon-iOS」がリリースされたことを前回書きました。

流行りのマストドンにマルチインスタンス対応の iOS 向けアプリ mastdon-iOS が登場 〜なかなか良さげ?

Mastodon やマルチインスタンスということについての説明は上記前回記事に書いたので繰り返しませんが、「色々な Mastodon インスタンスが出てきたから、幾つかアカウント取ってしまったよー」という人には、マルチインスタンス対応「mastodon-iOS」は待ちに待ったアプリでした。

それまで iPhone 向けの Mastodon アプリといえば「Amaroq for Mastodon」一択だったわけですが、「mastodon-iOS」のリリースを機に、昨日乗り換えた人もいたと思います。

が、なんと、昨日の今日で

mastodon-iOS もマルチインスタンス対応


その他多くのアップデートがリリースされました。


Google 翻訳へトゥート内容を直接送れたり(アプリ内で翻訳してくれるわけではない)、共有メニュー項目も増えましたし、メニューの日本語化もさらに追加され、初めての Mastodon アプリとしては mastodon-iOS よりオススメしやすいかもしれません。

従来 Amaroq 使っていた人にとっても

ありゃ、mastodon-iOS 乗り換えは早まったかな?


と思える内容になっています。

Amaroq20170426A


ただ、新しい Amaroq を使ってみたところ、Amaroq にも mastodon-iOS にも、それぞれ特徴があって、Mastodon をどう使ってるかによって便利な方は違うという印象を受けましたので、それぞれの大まかな違いを以下に記します。
(1)どちらもマルチインスタンス対応だが、インスタンスの切り替えは mastodon-iOS の方が素早く可能

mastodon-iOS は通常画面の上部に表示されているインスタンス URL をクリックすれば、インスタンス切り替えのポップアップメニューが出ますが、Amaroq はタブバー一番右にあるプロフィール画面から「インスタンス一覧」を選んで、そこで切り替えます。

Amaroq20170426C
(mastodon-iOS)

Amaroq20170426B
(Amaroq)


インスタンスを頻繁に切り替える人は mastodon-iOS の方が便利ですが、一つのインスタンスをメインに使っていて他はたまに切り替える程度なら Amaroq の切り替え方でも問題ないように思います。

1つのインスタンスから他に繋がる Mastodon の思想から行けば後者の人が多いと思いますが、インスタンスの切り替え方法がどちらのアプリを選ぶか最大のポイントになると思います。


(2)mastodon-iOS はブラウザ利用と同じカラム構成だが、Amaroq は今回からローカルタイムラインと連合タイムラインが一つのタブになって、右上のボタンで切り替えるようになった

mastodon-iOS のタブ構成は、ホーム、ローカルタイムライン、連合タイムライン、通知、プロフィールというウェブブラウザで Mastodon を使うのと同じような構成になっていて、Amaroq も前バージョンではそうでしたが、今回からローカル/連合タイムラインは一つのタブ項目になって、タイムラインを表示させてから右上のボタンでローカル/連合を切り替えるようになりました。

Amaroq20170426G
(ローカル/連合TLが分かれた馴染みあるmastodon-iOSのタブ項目)

Amaroq20170426H
(ローカル/連合TLが1つのタブになり、右上ボタンで切り替えるAmaroq)


どっちが良いかは正直、人の好き好きって感じですね。


(3)プロフィール編集など各種設定は Amaroq の方ができることが多い

投稿や返信、フォロー、ブロック、ミュートなど基本的な Mastodon 利用はどちらを使っても全く問題ないのですが、プロフィールの編集やブロック/ミュートリストの編集などの各種設定関係は現状 Amaroq の方ができることが多いですね。

Amaroq20170426E
(Amaroq の設定画面)


mastodon-iOS もこれからのアップデートで機能追加してくると思いますが、今のところ「ブラウザ利用が完全に要らなくなる」レベルなのは Amaroq かと。


(4)他アプリから共有できる mastodon-iOS、他アプリへ共有できる Amaroq

現時点では、mastodon-iOS には共有メニューはないのですが、他アプリから共有で mastodon-iOS に内容を持ってくることができます。例えば、ブラウザから共有メニューで mastodon-iOS を選ぶと、ブラウザで開いているページのタイトルと URL をトゥートすることが簡単にできます。

Amaroq20170426F
(Safari の共有項目にmastodon-iOSもある)


反面、mastodon-iOS にはトゥート内容を他アプリへ共有する機能は現在はまだありませんが、それが可能なのは Amaroq です。Amaroq なら Mastodon のトゥート内容を他アプリへ共有でき、メモに保存したり、LINE で送ったりすることが可能です。

ただ、Amaroq には、他アプリからの Amaroq へ共有する機能がまだ実装されていませんので、mastodon-iOS のようにブラウザで開いているページのタイトルと URL を手軽に共有することはできません。次くらいには実装されるのではないかと期待しますけどね。

Amaroq20170426D
(Amaroq のトゥートに対するメニュー)

Amaroq20170426I
(mastodon-iOS のトゥートに対するメニュー)


(5)個人的には Amaroq の方が少し動作が軽い印象

あくまで私個人が、ちょっと比較してみた程度ですが、Amaroq の方がタイムラインのリロードなどの動作が軽いかな?という印象です。

ただ、Amaroq のマルチインスタンス対応はまだこなれていないのか、インスタンスを追加した直後は追加したインスタンスが一覧に出てきませんし、ログイン時に固まったこともあるので、そこらへんは注意して使う方がいいかな?と思います


以上が、昨日リリースされた mastodon-iOS と今日アップデートされた Amaroq for mastodon の、2つのマルチインスタンス対応アプリの比較雑感でした。

どっちを使っても特に問題はないのですが、現時点では、mastodon-iOS のマルチインスタンスの切り替えの素早さと、Amaroq で2つのタイムラインが統合された点が好みの差になりそうですね。

Amaroq20170426J


これから Mastodon を使う人に対してオススメはどちらかというと、

日本語化され、各種設定もアプリから可能な Amaroq が
どちらかといえば初心者に優しいアプリ


な気がします。あくまで今は、ですが。

mastodon アプリはこれから続々と出てくるでしょう(pawoo アプリの iOS 版も出るみたいですし)から、本記事の内容は、あくまで 2017年4月26日朝の時点での話です。明日にはまた変わってるかもしれませんからねー