シーズンを締めくくる元旦の天皇杯決勝から1ヶ月が過ぎ、国内プロサッカークラブは既に今季に向けて合宿を始めていたり、既に一次合宿が終わっているクラブもあります。

天皇杯決勝が元旦、というのは風物詩以上に慣れ親しんだ、サッカーファンにとって染み付いた日程ですが、天皇杯に負けたクラブのシーズンオフは2〜3ヶ月と長いのに、天皇杯準々決勝まで残ったクラブの選手はオフの休みが1ヶ月もない状況なのは、毎年考えさせられるものがあります。

我らがガンバ大阪も、天皇杯はクリスマスイブの準々決勝で敗退してしまいましたが、Jリーグ開幕より1ヶ月前の来週2月7日に ACL プレーオフがあるため、シーズン始動は1月15日で即、沖縄合宿。オフは20日くらいしかなく、身体をどれほど休められたのか心配です。

GAMBA20160302Yatto


さて、今季の Jリーグ、特に J1 リーグは大きな変革の年になります。その変革の大きな要因が、DAZN による Jリーグ中継権獲得。10年間で 2,100億円という巨額契約、1年平均で 210億円というのは、長年 Jリーグ中継権を取ってきたスカパー!の 4倍です。

(ただし、10年契約 2,100億円が毎年均等に支払われるわけではないとのこと。契約後半に増額される形なのでしょうが、それでも最初の年から従来の2〜3倍であろうことは想像に難くありません)

この DAZN の Jリーグ放映権獲得によって変わることは大きく分けて2つ
  1. 従来より数倍になった放映権料収入により、変則的な2シーズン制が1シーズン制に戻り、J1の順位に応じた分配金・賞金も一気に増えた

  2. (少なくとも今季は)Jリーグの完全生中継はDAZNのみとなって、スカパー!では見られなくなり、ライブ放送を不安定なインターネット中継で観るしかなくなった

前者はJリーグ側、クラブ側にとっての変更点であり、ほぼ朗報と言っていい変更でしょう。

反面、後者はファン側にとって大きな変更点であり、DAZN の月額視聴料はスカパー!に比べて半額程度であるものの

不安定なインターネット中継で、Jリーグ始まって生中継がちゃんと観られるのか?


という不安・不満は誰しも抱えており、少なくともこれまでの DAZN の状況から見れば、私自身もJリーグが始まったら、

DAZNのJリーグ中継が阿鼻叫喚地獄になり
怨嗟の声が上がりまくっても驚かない


ですね。それはもう、

ライブ配信による同時多数視聴においては
電波による配信とネット配信では越えられない壁がある


ので、どうしようもない話です。

そうならないようにしてもらいたいですが、先行している欧米での評判を検索した時にもブーイングの声は(ちょくちょく)出ているみたいなので、スムースに快適視聴できて皆が不満ないような状況は想像できません。

DAZN15


昨年 DAZN 放映権獲得後からスカパー!契約者による否定的な声は大きく、一部サッカーまとめブログなどではネットの意見でネガティブな意見だけ抽出した記事もあったりしますが、個人的には

たとえライブ中継視聴環境が悪くなろうが
DAZN放映権獲得によるJリーグの変化があれば良い


と思っています。


もちろん、これは Jリーグファン、サポーター個々により意見の差はあるでしょう。各人の置かれた環境によっても感じ方は様々でしょうし、私のように思ってるのはむしろ少数派でしょう。

私自身はホームスタジアムの年パスを購入して、ホームゲームの大半は(去年一昨年は全試合)行っていますし、アウェイゲームも昔ほどではありませんが足を運ぶことはありますから、最低リーグ戦の6割くらいはスタジアムで生観戦しています。

ですから、DAZN に限らずテレビ/ネットを通してライブ観戦するということは、さほど多くありません。朝から晩までサッカー漬けというわけではないので、贔屓のクラブ以外の試合をライブ視聴することもそう多くないですからね。

そういった自分にとってテレビ/ネットを通したライブ観戦のプライオリティは(スタジアム観戦その他のことより)高くありませんが、近くにJリーグのクラブがない、贔屓のクラブが遠方という人にとっては、

こちとら、普段はテレビで観戦するしか方法はないんじゃ!それなのに、生中継が綺麗な画質で安定して観られなくなるとしたら、たまったもんじゃない!!😡👎


と思うのは無理ないことでしょう。

スタジアムでの観戦ができなくてテレビ観戦に頼るしかないJリーグファンにとっては死活問題でしょうから、そういった人たちの不安・不満を否定するつもりはありません。

それに DAZN はクレジットカードかデビットカードでしか見られないのも問題です。(その点はドコモが DAZN と提携したので変わる可能性もありますが)

DAZNPromoTweet
(Twitter でプロモする金を少しでもサーバー強化に… ^^;)


そういった方には、私のような感じ方を持つのは申し訳ないと思いつつも、

DAZN 放映権獲得によってスカパー!ほど快適に見られなくなっても、今後10年の放映権料とそれによって Jリーグが打ち出せる変化に期待する方がメリットは大きいはず


と思っている人間もいるわけです。

それに

Jリーグ側も視聴環境その他の問題は百も承知で
安定よりリスク込みのメリットを考えて DAZN を選んだ


のでしょう。

財政的に厳しい状態になりつつあった Jリーグは、この資金を元に色々と手を打ち、いささか閉塞感のあったところを打破しようと考えているのは、早速今季の変更からも見て取れます。

今まで単なる放映権料のみならず盛り上げるための番組作り、支援をしてきて、長らく Jリーグを支えてきたスカパー!は DAZN からのサブライセンスも叶わず、Jリーグ中継からは撤退する羽目となりました。(ルヴァンカップと天皇杯は中継する)

それによってスカパー!自身も大打撃ですが、Jリーグファンの間からも、

「長年リーグを支えてくれたスカパー!を袖にするとは不義理な」
「週末のダイジェスト番組、応援番組が気に入っていたのに、どうなるの?」
「DAZN の番組作りが心配、スカパー!なら安心して見られたのに」

と言った声が噴出しています。そんなことは Jリーグだって十分考慮して決めたことでしょう。そこまで馬鹿じゃないし、ファン無視で決めたわけでもないと思います。

DAZN_SkapaPromoTweet
(スカパー!は当然、欧州推しのプロモツイート)


また、私自身それなりに Jリーグを見てきて思うのは

Jリーグ設立当初のブーム期を除いても、今の Jリーグは小さな枠の中で安定してしまってる感、どこかしら閉塞感がないだろうか?


と思うのです。

今回放映権を DAZN に決めたことは、

Jリーグとしてはリスクを取ってでも
今後10年は現状打破すべく撃って出る姿勢を決めた


と解釈していますし、いち Jリーグファンとして、その選択を支持したいと思っています。

(個人的には「贔屓のクラブが強かろうが弱かろうが、Jリーグがどうであろうが、ただマイペースで応援するだけ」なので、小さな枠でまとまってるリーグだろうが、欧米トップリーグと比べてレベルが低いままとか言われたところで正直どうでもいいし、気にはしないのですけれど ^^;)

そのことでテレビ/ネットによるライブ視聴環境が多少悪化するとしても私個人としては受け入れたい、それ以上の Jリーグとしての変化、改革があれば、支持したいな、と思っています。(納得できない人の方が多いとしても)

少なくとも、

変則的な2シーズン制を終わらせ、各クラブが現状から打って出られるだけの賞金を用意できるんだから、ひとまず今季はライブ中継の視聴環境が悪化したとしても耐えよう


と思っています。

それに、サッカーにそれなりに金を出して手間暇もかけられる層、今までの環境から変えられるのが嫌な一定年齢以上の保守層は別として、ライト層やこれから Jリーグに興味持って見てもらう層には、スカパー!視聴環境を整えるだけの高い敷居がなくなることや月額費用削減のメリットは大きいと思いますしね。ライブ視聴が安定して観られるようになれば、ですけど(^_^;)

(スカパー!視聴環境を整える敷居なんてないよ、と言う人は、自身の認識が少々おかしいことに気づいていないです。無線LAN の設定なんかどこが難しいの?パソコンの設定がなんでできないの?というのと同じ)

今の Jリーグに内在する閉塞感を打破するには、Jリーグファン保守層の不満を乗り越えていく必要もある


とまで言うと、ちょっと過激すぎて?誤解を招きそうですが、

世の中、アレもコレも、はない


わけです。

金がなくて 2シーズン制&チャンピオンシップ・トーナメントを導入せざるを得なかった経緯を思えば、最優先に潤沢な資金を選択したのは当然であり、資金を得て前向きな施策を打ち出していけるのなら、DAZN という選択をした Jリーグを支持したいと思います。

個人的には

放映権がスカパー!のままで 2シーズン制維持、その他も現状維持になっていたより、DAZN に放映権が移って、結果的に多少の不便を我慢する方がマシ


と思っているわけです。

いずれにせよ、DAZN 資金を得られる 10年の始まりである今シーズンには色々と期待したいところです。

(10年前まで放映権を持っていた NHK が放映権料値下げを求めて折り合いがつかずに撤退、スカパー!に変更となった時も、地上波から中継が激減すること議論異論が巻き起こったのも懐かしい話ですが、それと同列に語るつもりはありません)

DAZN20170206


とりあえず我らがガンバ大阪は明日夜の ACL プレーオフからです。マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムFC戦。いつもより3週間早い公式戦。

予想気温は 2〜3℃。2008年のクリスマス・ナイターの試合(CWC 出場のため天皇杯準々決勝が平日ナイターになった)以来の真冬ナイターですかね。観る方も激寒いでしょうが、この寒さだと選手も怪我には注意して欲しいところ。

まぁ相手は常夏のマレーシアから来るので、もっとビックリでしょうけど(^_^;)