初代ではなかったものの、まだ USB ポートが1つしかなく、湾曲した右側面の下側に蓋付きで存在していた頃の初期モデルから MacBook Air を愛してきた私としては、覚悟していたものの事実上の MacBook AIr シリーズ終了。新型 Pro の発表よりも先にその寂しさが先に来る私です。

【追記】11インチ液晶の MacBook Air は廃止されるものの、13インチモデルの Air は当分販売継続だそうです。10万円ちょいで買える廉価版ノートPC としての位置付けでしょう。【追記終わり】

それでも、かつて PowerBook Duo シリーズを思えば、MacBook Air は広く受け入れられ、長続きしたと言えるように思います。初代モデルを発表した時に、あまりの端子の少なさに色々議論が巻き起こりましたが、それも Apple らしかったなあ…と iPhone 7 のヘッドホン端子廃止に重ねて思い出されるところです。

とまぁ、MacBook Air 好きのジジイの戯言はともかくとして、新 MacBook Pro は久しぶりに

大幅薄型&軽量化+α(Touch Bar)


という印象で、特に画期的な差があるわけでもありませんが(今回もタッチパネルは非搭載)、Touch Bar の(ちょっとした)目新しさとともに、「今回もまたマイナーチェンジですか」というところから少し回避できています。

MacBookPro_Release20161028A

MacBook Pro - Apple(日本)

とはいえ、基本的なデザインは従来通りですし、17インチモデルが復活するわけでもなく、以下に挙げる変更点・トピックを見る限り、マイナーチェンジ+α と称するのが妥当なところでしょう。



  • 従来の Pro に比べて 13インチ、15インチモデルとも大幅薄型&軽量化
    (13インチ:厚さ18→14.9mm、重さ1.58→1.37kg、15インチ:厚さ18→15.5mm、重さ2.04→1.83kg)

  • 13インチモデルは従来の MacBook Air 13インチより小さく、薄くなり、重さもほとんど変わらない(0.2kg 重いだけ)

  • キーボード最上段のファンクションキーが廃止されて、タッチパネル付き横長ディスプレイ「Touch Bar」に

  • Touch Bar 右端は指紋認証機能(Touch ID)搭載

  • Touch Bar になったが、日本語変換のかなカナ半角変換などは従来のファンクションキーっぽく Touch Bar に表示&タッチして、ファンクションキー利用と変わらない感じで変換できる

  • Touch Bar はアプリによって表示が様々に変化して、スライドバー的に使われたり様々

  • 噂になっていた ESC キー廃止は Touch Bar の中に表示されている(アプリによっては消える)

  • Retina ディスプレイは従来と同じ解像度、明るさ・コントラスト・色域が改良

  • CPU、GPU、SSD 接続バスとも順当進化。15インチモデルは Core i7 &Polaris 世代 GPU(13インチモデルは Core i5、Iris 世代 GPU)

  • 外部端子は最大40GB/秒の速度が出せる最新 Thunderbolt 3 搭載。USB-C 利用の場合も高速化

  • 13インチモデルについては、Touch Bar 非搭載の廉価モデル(3万円安)も用意されている
    (Touch Bar 非搭載以外に CPU のクロックが 2.9→2.0GHz、GPU も1ランクダウン、Thunderbolt 3端子が半分の2個)

  • 前回 MacBook Pro 発表時より少し円高になった分、お値段は少々値下げ。(為替レート 99円換算だから、むしろお得?)
    • 13インチは 178,800円から(税別)
    • 15インチ版は 238,800円から(税別)
    • Touch Bar非搭載の廉価版 13インチは 148,800円から(税別)

  • 本日発売開始。納期は Touch Bar 非搭載廉価モデルが 10月30日以降、それ以外は 2〜3週間


といった具合で、大幅軽量化&薄型化は「性能は Pro が欲しいが、重いんだよなぁ」という多くのユーザーに福音となることでしょう。こうなると Air シリーズがなくなるのも止むをえません。(11インチディスプレイのモバイル特化モデルがなくなるのは残念ですが)

個人的には、ノートパソコンよりもデスクトップ更新が先なので

iMac とか Mac mini のデスクトップモデル早よ


って感じですが、昨日発表されたマイクロソフトの Surface Studio が、ダイアルコントローラー含めてなかなかのアイデアと出来だったので、どうなりますかねえ。

というか、Touch Bar はアイデアもので良さげには見えますが、個人的には

Surface Studio など最近のマイクロソフトのアグレッシブさ
に比べると、どうも Apple はコンサバすぎてる印象


が拭えません。MacBook Air もそのうち Pro に戻すことになりそうですが、

「ノートパソコンは今すぐ買い換える必要性もないので、やっぱり Pro がタッチパネル搭載機になったタイミングだよなあ…」

という思いは変わらないですね。

次期 iMac がマイクロソフト後追いで、タッチパネル搭載&大幅改良されるのか、それとも相変わらずのマイナーチェンジで終わるのか(キーボードに Touch Bar 載せるくらい?)、それを楽しみに待ちたいと思います。

MacBook Pro - Apple(日本)



(10万円で買えるMacBook Airも在庫限りでしょうから、お早めに)