昨日帰宅後に JR 東海のエクスプレス予約のサイトへ行ったら、個人的に重要だと思っていた表題の件について、リリースが出ておりました。

【重要】 iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2に関するご案内

上記ページ後半には、

iPhone 7等のSuicaがご利用できる対象端末では、「モバイルSuica電話機(Android端末及び携帯電話)」と異なり、EX-ICサービスをご利用いただくことはできません


と書かれており、iPhone 7 / iPhone 7 Plus / Apple Watch 2 ではモバイル Suica のように EX-IC サービスが利用できないことが明確に発表されています。

さらに、その前の部分では、

在来線と新幹線を乗り継いでご利用になる場合、iPhone 7等のSuicaがご利用できる対象端末と「EX-ICカード」を重ねて新幹線乗換改札機を通過することはできません。次のいずれかによりご利用ください。


と書かれており、

iPhone 7 (Plus) / Apple Watch 2 では単独で EX-IC 利用不可だけでなく
新幹線乗り継ぎ口で EX-IC カードとの併用乗り継ぎもできない


ということも書かれています。

要は、単独にせよ、EX-IC カードとの併用にせよ、乗り継ぎ口含む東海道・山陽新幹線の改札では一切 iPhone 7 / iPhone 7 Plus / Apple Watch 2 の Suica は使えないということです。


どうしても iPhone 7 / iPhone 7 Plus / Apple Watch 2 の Suica を使って東海道・山陽新幹線を使いたい、という場合の方法としては、

新幹線乗換口の指定席券売機または窓口で、「IC乗車票」をお受取りになり、新幹線乗換改札機では、「IC乗車票」を投入後、iPhone 7等の端末をタッチする


と示されており、要は券売機で紙の新幹線乗車券を発券しろ、ということです。

でもまぁ、そんなことをするなら「何のための EX-IC なの?」ってことになり、EX-IC サービスを使っている意味はなくなりますね。面倒なことなく、サッと在来線と乗り換えできるのが EX-IC、モバイル Suica のメリットなのですから。

iPhone 7 発表直後から

iPhone 7 / Apple Watch 2 の Suica は、モバイル Suica とは別物


と言われてきましたし、決済機構その他において Android やガラケーのおサイフケータイとは全く違うものであって、ある意味 Suica が特別対応を得ていたという話でありましたが、JR 東日本の Suica ではない、JR 東海のサービスである EX-IC が使えない点からも、それが証明された形になります。

以前の記事でも書いたように、iPhones 6s Plus には十分満足しているのですが、iPhone 7 では
  • おサイフケータイ機能
  • 広角・標準の2つのレンズを搭載したカメラ機能
  • 防水機能

という3点の大きく惹かれる魅力があり、iPhone 7 Plus を買う余裕はなくても Apple Watch 2 くらいは買って、おサイフケータイ機能を Android から iOS ベースに移したいなあ…と思っていたのですが、

東海道・山陽新幹線を使うなら iPhone 7 / Apple Watch 2 の Suica は使えない
Android のモバイル Suica で行くしかない


ってことになりました。iPhone 7 / Apple Watch 2 のおサイフケータイ対応の特殊度合いが様々な記事で取り上げられていった時点で覚悟していましたが、残念です。

いま、モバイル Suica を使っている Android 端末の調子が悪くなっているのですが、これで心おきなく iPhone 7 ではなく、Android 端末の買い替えを検討することにします。予想していても、やっぱり残念!