ネット販売におけるモバイルバッテリーの雄と言えば、ANKER と Cheero ではないかと思います。日本製(パナソニック製)バッテリーセルを採用した質の良いものを、ネット専売で国内メーカー品と比べてグッとお安く手の出しやすい値段でリリースして、ネットショッピングに抵抗のない層には一気に広まった感があります。

私も両社の製品、特にバッテリー類は cheero をよく使っていますが、最近 cheero は同社モバイルバッテリーにおいて、パナソニック製セルを使った製品と韓国 LG 社製セルを使った製品を混在させて売ることを表明しました。

(47) iPhone &スマホバッテリー 携帯充電器|cheero - タイムライン

パナソニック製セルを(安価に)調達するのが難しくなってきたのが原因のようで、現状を考えれば止むをえないところでしょうが、cheero は今まで散々「安心の国産セルを採用」と言って売ってきたわけで、今さら韓国 LG 製を混在させるけどよろしくね〜、と言われて納得するユーザーもいないでしょう。

また、韓国 LG 社製セルを使った製品を別製品、別モデルとして売るならともかく、パナソニック製セル使用製品と混在して売るというのは悪手すぎるように思いますし、「安心の国産セルを採用」と言って売ってきた分、ユーザーが離れていくのも仕方ないでしょうね。

特に GALAXY Note 7 の爆発問題からのリコール、飛行機の預け入れ禁止・機内での電源投入禁止措置などが話題になっている昨今だけに、「バッテリー類は(多少高くても)安心の国産にしたいよね」と思う状況では特に「cheero のモバイルバッテリーは、もう買えんかもなあ」という気分です。

とまぁ、モバイルバッテリーのことは別にして、一昨日 cheero から新しい Lightning ケーブルが新発売されました。(当然 Apple MFi 認証取得済みであり、充電だけでなく同期も可能)



今さら Lightning ケーブルの新商品をレビューしても仕方ない気もしたのですが、記事執筆時点(2016年10月1日18時)でも新発売記念セールが継続中で、とりあえずオススメの意味も込めて紹介しておきたいと思います。

ちゃんと Apple MFi 認証取得済みで 680円というのは安いです。通常価格 880円もセール品以外では最安レベルでしょう。

【10/4 追記】680円のセールは終わりましたが、720円と相変わらず安価に売られています。



ANKER はモバイルバッテリーだけでなく手広くモバイル端末やパソコンの周辺機器を売るようになったものの、cheero が扱っているのはモバイルバッテリーの他にはケーブル類と AC アダプター類くらい。ですが、中には以前発売した Lightning & microUSB 両コネクタケーブル↓



のように、これはイイ!と大愛用しているケーブルもあります。(iPhone/Android 両使いの私にとって、この Lightning & microUSB 両コネクタケーブルは便利すぎて、毎日持ち歩いて愛用しています)

今回 cheero が発売した Lightningケーブル「Standard Lightning Cable Connector Charge & Sync」は、上記ケーブルのような便利製品ではなく、

かなり Apple 純正ケーブルに近い、純正の感覚で使えるケーブル


です。

高耐久仕様のように強いけど曲がりにくかったりコネクタやコネクタ根元が太かったりするわけでもなく、ショートケーブルでもなければ、安物のように充電しかできないわけでなく、かなり純正チックなケーブルです。

cheeroLightningCable1


実際に純正ケーブルと比べてみると…

  1. Cheero の新 Lightning ケーブルは長さ 1m だが、純正ケーブルと比べて 5.5cm 短いだけで、ケーブルの太さもほとんど変わらないので、ほぼ同じように使える。

    cheeroLightningCable2

  2. USB コネクタ側は cheero の新 Lightning ケーブルの方が一回り大きめ。充電側、パソコン側なので特に問題にならないと思うが。

    cheeroLightningCable3

  3. Lightning コネクタ側も cheero の方が若干大きめだが、よほどギリギリのケースでなければ干渉しないレベルのサイズ。

    cheeroLightningCable4


    コネクタ根元は、太く作っている部分が純正より短いが、こちらも太めに作られていて純正ほどヘナヘナではないので、純正よりは破損しやすくはないように感じる。(高耐久ケーブルに比べれば全然だけど)


こんな感じでしょうか。かなり純正に近い感覚で使えると思います。MFi 認証取得済みで充電も同期もOKですから安心です。

ただ、コネクタ部分の形状は純正ケーブルと全く同じではないので、以前紹介した純正 Lightning ケーブルのコネクタ根元破損対策グッズは使えません。

すぐに根元が逝く Lightning ケーブルは百均グッズでコネクタ根元を保護すべし

cheeroLightningCable5
(微妙にコネクタ根元が太いので、破損対策グッズがキッチリはまらない)


それでも純正品よりはコネクタ根元が太めでしっかりしていそうですし、700円前後で売られているならかなり気軽に使うことができると思います。

ということで、「もう1本、Lightning ケーブル欲しいなあ」と思っているなら、結構お勧めということで。