3月に搭乗して時速 500km 走行を体験し、その興味深さから本ブログでも紹介した JR東海の超伝導リニア体験乗車。

超伝導リニア(リニア中央新幹線山梨実験線)体験乗車記【見学編】
超伝導リニア(リニア中央新幹線山梨実験線)体験乗車記【搭乗編】

見学編の記事で「去年に続いて今年も夏休み時期の募集が近いうちにあるんじゃないか」と書きましたが、本日、夏休み期間を中心とした今年の第2回開催と募集要項が発表されました。

超電導超電導リニア体験乗車実施に関するご案内

体験記の記事でも書きましたが、

鉄ちゃん、鉄ヲタじゃなくても楽しめるし
いち早く中央リニア新幹線の時速 500km 体験


は貴重だと思うので、興味のある方は是非。

Superconducting Maglev train is running by 501km/h!


上記ページに詳細が書いてありますが、今回の募集期間と開催日は以下のとおり。

【募集期間】
平成28年5月17日(火)10:00〜平成28年6月20日(月)23:59まで

【開 催 日】
平成28年
7月28日(木)、29日(金)
8月2日(火)〜5日(金)、23日(火)〜26日(金)、30日(火)、31日(水)
9月1日(木)、2日(金)


各日とも10:15から16:15まで1時間毎の6回開催され、1回につき60区画(120席)が用意されています。(総座席数 10,080席)

夏休みとはいえ、どうしても平日開催になってしまいますが、避暑がてら家族で行くには悪くない時期だと思います。

(1回の申し込みで最大2区画4人まで申し込み可能。区画単位の申し込みなので、たとえ1人でも2席分の1区画、3人だと4席分の2区画を申し込む必要がある)

Mt. Fuji view from SCMaglev train running by 500km/h


明日から募集開始ですが、以前の記事にも書いたように、募集は搭乗したい日時を第3候補まで選んで申し込んでの抽選制ですので慌てる必要はありません。

ただし、夏休み時期の富士五湖周辺は宿も混みあいますから(平日だからマシですけど)、遠方から行かれる方はそのあたりも考えてから申し込まれる方が良いでしょう。

時期的になかなか競争率の激しい開催だと思いますが、席数も増えてきて、それまで外れまくっていた私も前回当選できましたから、そう難しくないように思います。

週末の金曜は競争率が高そうですが、週半ばの初回とか最終回は比較的マシなんじゃないかと、週半ばの初回ばかり第一希望から第三希望まで並べて当選した私は愚考したりしてます(^_^;)



あ、そうそう、もし当選されたときは受付時間より1時間少々現地について、1回前の体験搭乗でリニアが走る様子を外から眺めるのをオススメしておきます。(初回 10:15 の回でも1時間近く前に一度試験走行します)

体験乗車では外から見る機会はありませんし、リニアのスピード感は車内にいると一瞬で通過する一部区間を除いては今一つ感じられませんので(^_^;)

超電導リニア Superconducting Maglev | JR東海