車離れなどと言われつつも、スマートフォンの車載ホルダーというのはスマホアクセサリーでも一大ジャンルになっているようで、カー用品店やホームセンターなどの車用品コーナーに沢山の種類が展示されていますし、家電量販店にも置いてあります。

私の場合(当たり前ですが)ドライブ中にスマホを操作するということもないので、今まではスマホの車載ホルダーというのは特に使ってきてもいませんでしたし、購入を考えたこともありませんでした。

以前、車載動画を撮るためにフロントガラスなどに吸着させて撮影するためのアダプターを使っていたことはありますが、近年は車載動画を撮ることもなくなったので友人にあげてしまいました。

ところが、iPhone 6s Plus にしてから

5.5インチというこの画面サイズならカーナビ代わりにしても実用的だなぁ

と思ったので、それも試してみるべく、スマートフォンの車載ホルダーも物色することになりました。

よくあるのは、



こういった吸盤でダッシュボードに吸い付け、首振りタイプの縦長ホルダーを接着するもの。スマートフォンを縦に置きたい、という人には第一の選択肢かもしれません。ただ、これはその昔、デジタルカメラで車載ビデオを撮るときにダメ出ししたことがあり、
  • ホルダーの高さがあるのでスマホを載せると重心が高くなって安定性が低い
  • 重心が高いので、使っているうちに重みでホルダーの台座が取れやすい
  • 高さがあるので視界に無駄に入って鬱陶しい

という問題から使いたくありませんでした。ダッシュボードへの吸盤接着をしっかりさせるために、粘着テープの台座を使うタイプは(テープ接着は大嫌いなので)論外です。

もう一つよくあるのは、



こういったエアコンの吹き出し口にホルダーを付けるタイプ。昔からドリンクホルダーとしてよくありますし、最近カー用品店や日曜大工センターでは、ドリンクホルダーとスマホホルダーが一体になっている製品もよく見かけます。

そんなわけで、ダッシュボードに立てるタイプよりはエアコン吹き出し口に付けるタイプにしようかと思ったのですが、店頭ではなく Amazon で色々物色してると、これは良さそう!というのを 見つけました。

それがコレ↓





Spigen の車載ホルダー「ステルス」という製品。一見なにか判らない代物ですが、これがなかなかよくできています。

端的に言うと、このゴム製のガマ口みたいなところに横向きにした iPhone を挟み込む、という製品です。

SmartphoneCarMounter_Spigen1

SmartphoneCarMounter_Spigen2


本体のゴムは結構分厚いので、しっかり iPhone を固定してくれますし、かと言ってゴムですから iPhone を脱着するときはガバッと開けることも簡単にできます。意外なほど使い勝手が良いです。

6インチディスプレイ程度の端末まで利用可能となっていますので iPhone 6s Plus でも問題なく使えていますし、特に窮屈とかそういったこともありません。

片手で簡単!というのが売りになっていますが、片手でできるかどうかは端末のサイズなどの条件によるので、必ずしも片手でできるとは限りませんが、両手にしても簡単に脱着ができ、固定はしっかりと iPhone を噛んでくれます。(ゴムなので長期的には劣化する可能性はある)

SmartphoneCarMounter_Spigen3


肝心要である本体のダッシュボードへの固定は一般的な車載ホルダーのような強力両面テープではなく、接着ジェルを使います。

ダッシュボードに接着するという点では同じですが、両面テープと違ってダッシュボードから剥がすときに跡に残らず、比較的スムースに剥がすことができますし、洗って乾燥させれば再び接着力が戻って再利用できます。

他の製品で同じような接着ジェルの製品を使った経験がありますが、両面テープ嫌いの私もこれなら許せます。(と言っても、完全に跡が残らないとは限らないですし、再接着回数にも限度はあります)

唯一、注意するとすれば、ジェル系の接着具はその素材性質上、暖かく・暑くなると緩くなることが多いので、寒い時期や涼しい時間に取り付けると、暑い季節や昼間の暖かい時間になると剥がれやすくなります。

ですから、暖かい昼間のうちに接着させるか、暑い季節にやった方がいいですし、寒い季節に使い始めた場合は暑くなったら少し気をつけて、やり直しが可能ですから場合によっては再接着させる方がいいかもしれません。

SmartphoneCarMounter_clausius6


私の場合、真っ平らなところではなく、やや前方へ傾斜しているところに取り付けたのですが、一ヶ月使ってきても特に問題ありません。

内部に切り込みの付いた、がま口状のゴム素材が口を開けているだけなので、

プラスチックな車載ホルダーにありがちな不安定感が皆無


ですし、

スマホを横向きにしっかりはさみ込むので、とにかく安定感がある


のは良いですね。

ただ、横向き限定ですので、当然ながらスマホは縦向きに置きたいという人には全く向きません。私はその点をこだわらないというか、カーナビ代わりとして使ってみよう(ナビは一応あるのだが)と思ったので、むしろ横向きで問題ありませんでした。

SmartphoneCarMounter_clausius8
(iPhoneはホーム画面が横向き非対応なのがちょっと…)


そんなわけで、この “ガマ口形状のゴム製車載ホルダー” は思っていた以上に使い勝手が良くて、当初は全くブログ記事にするつもりもないくらいでしたが、今のところ個人的ヒット商品になっています。

(吸着素材的に、車内が激アツになる夏場も吸着ジェルがずれることなく使えるかどうか、という心配はある)

ただ、実を言うと、実際に購入したのは Spigen の「ステルス」という製品ではなく、全く同じであろう別ブランドの↓製品でした(^_^;)



Spigen の「ステルス」を見つけて買おうと思ったのですが、

「良さげだけど、3,500円かあ…。使えなかった時のリスクを考えると、ちと高いなぁ」


という思いは否めず(普通の車載ホルダーなら高くても千数百円ですからね)、どうしようかと迷ったら類似製品が幾つかあり、その中でも Spigen 製品と全く同じで安価なものが幾つかあったので、敢えてそちらで試してみました。

結果は、全く同じ製品であったようで、何ら問題なく使えています。(激安製品には、安かろう悪かろう、なものもあるようですが)

貧乏人にとっては車載ホルダー程度に3千円を超えると、ちと高いと感じてしまいますが(凝ったものでもないし)、2千円未満なら妥当に感じます。今のところ、納得のお買い物でした。

ということで、次回は実際に購入した clausius の車載ホルダーについて、実際に使ってみた状況を含めて記しておきたいと思います。

(続き)→ これは具合良い!安定して使える clausius ダッシュボード用スマートフォン車載ホルダー【後編】


(この3製品は全く同じものっぽい)