今月始めに iPhon 5s から買い換えて使い始めた iPhone 6s Plus については、過去記事で色々と触れてきました。

4インチ iPhone 最高!の私がiPhone SEを買おうとして6s Plusにした、たった一つの哀しい理由
小さなiPhone 最高!の私がiPhone SEじゃなく6s Plusにした、哀しくない些細な幾つかの理由とその結果
スマホカメラはiPhone 5sレベルで十分!と思っていた私ですが反省しました【前編】 〜Live Photosの副次的効果は日本だと必須!
スマホカメラはiPhone 5sレベルで十分!と思っていた私ですが反省しました【後編】 〜Plusの手振れ補正は絶大
今さら iPhone 6s Plus に買い替えて半月あまり 〜画面や端末サイズ、カメラ以外で感心したこと・気づいたこと

6s Plus にした目的でもある老眼対策も含めて大画面の恩恵は色々と享受しています。今までの 4インチ液晶 iPhone では画面が小さすぎて iPad でしかやる気が起きなかったことも、iPhone 6s Plus ではやる気になれることがあります。

反面、大画面であるがゆえの端末のデカさだけは、どうやっても慣れません。どうしても必要な時はネックストラップを併用していますが、普段はネックストラップをしていないだけに、ポケットへの iPhone 6s Plus 出し入れだけでも気を使う日々です。

手に余るデカいスマホだから(時には)首からぶら下げてセーフティにしたい、でもネックストラップはダサいから臨機応変に行きたい。そんな時の「HandLinker Extra Carabiner」

そして、もう一つ。大画面であるがゆえの大きな難点として、片手操作が不可能であることもあります。

もちろん、5.5インチ液晶搭載の Plus シリーズでは片手操作が不可能であることは、前世代 iPhone 6/6 Plus 発売以降何度も実機を触って十分把握済みで購入しています。

実際に使い始めても当然、片手操作は無理です。私のように男性としては小さな手(一般女性並み)で指が短い者としては、Plus ではない iPhone 6s ですら隅々まで届くとは言い難いので、Plus では指が画面の半分も届くかどうかです。

そのことは十分理解の上で購入したのですから、今さら「片手操作できねえええ」「片手操作できないスマホなんてクソ」などとは言いません。実際に購入して使うまでは「簡易アシスト機能」もあると思っていましたが、いざ実地に使ってみると、まどろっこしくてとても使ってられませんしね(^_^;)

ただ、iPhone 6s Plus に買い換えて片手操作で使えないのは全く問題ないのですが、

今までの片手テンキー入力に慣れすぎて
両手使っての入力だと違和感ありまくり


だったりします。できないことはないどころか、片手入力と大差ない速度で文字入力できますが、やっぱりつい、届かないのに片手入力してしまいがちになります。

iPhone6sPlus31
(指の短い私で純正IMは右端の改行どころか、さ行・は行・記号すら厳しい)

iPhone6sPlus32
(テンキー入力はスライドもあるため、指腹でタップするので真ん中あたりが限界…)


ですから、片手操作ができないのは割り切れているけれど、

文字入力だけは片手で可能なように純正以外の IM を
仮想キーボードを端に寄せられる IM アプリを使おうか


と思い至りました。

iPhone6sPlus33
(仮想キーボードを端へ寄せられる機能が、純正以外の日本語入力IMにはある)


iOS の場合、iOS 8 から IM(インプットメソッド)がようやくサードパーティーへ開放され、日本語入力 IM も幾つか出てきたとは言え、Android に比べると選択肢は少なく、

純正 以外の日本語IM の選択肢は ATOK しかないよなぁ


という感じです。(Simeji とかいう地雷を踏み抜いていくのは各自の自由ですけどね ;-)

ATOK -日本語入力キーボード (App Store)

そんなわけで、今さらですが ATOK for iOS を購入して、iPhone 6s Plus で片手入力できるようにしてみました。

そして、結論から言うと……



ATOK for iOS はキーボードの端寄せができるけれど
十分に端寄せできないので、指の短い私はちゃんと片手入力できない


ということです。いや〜、当てが外れました。iOS アプリでは結構お値段高めなのですけど、思惑通りには行きませんでしたねぇ。

iPhone6sPlus34
(届きそうに見えるけど、右端のバックスペースや改行はギリ届かず)

iPhone6sPlus35
(フルキーボード入力も全部には届かない…)


上記写真を見て判るように、テンキー入力の一番右端がちょっと届かないレベルなので、

一般的な男性の手・指の長さなら ATOK for iOS を使えば
Plus モデルでも片手で文字入力はギリギリ可能かも


と思います。

「全部、手の小さな、指の短いワイが悪いんや!(´;ω;`)ブワッ」

と卑屈にならざるを得ませんが、実は

ATOK for Android なら、もっと端寄せ可能なので十分片手入力可能


なんですよね、これが。

iPhone6sPlus36
(ATOK for Android で一番左端に寄せた状態)


↑の ATOK for Android で一番端に寄せた状態と、その前に載せた ATOK for iOS の写真(あれが ATOK for iOS で一番左寄せした状態)を比べてみてもらった判ると思いますが、

Android版と iOS版では、端に寄せられる比率が全然違うやんけ!

と文句の一つでも言いたくなります。

Android で ATOK for Android をずっと使ってきて、それで快適に片手入力できているから iPhone 6s Plus でも ATOK の端寄せ機能を使えば片手入力可能になるだろう…、そう思ったのですが罠でした(;´д`)

もちろん、iOS では IM をサードパーティーに開放したとは言え、
  • 外部キーボード利用時には使えない(ATOK が悪いのではなく iOS の制限)
  • 仮想キーボードで使っていても、全部の場面で使えるわけではない
    (iOS の制限でパスワード入力時などは強制的に純正 IM 使用になる。これは以前の Simeji 事件のように入力内容を勝手にどこかへ送信される場合もあるので、むしろセキュリティ上の安心材料でもあるけど)

という大きな制約があり、この端寄せ機能ももしかすると iOS で寄せられる幅が制約を受けているのかもしれません。でなければ、もっと寄せられないのは不可思議すぎますしね。

ただ、どちらにしても、「ATOK for iOS の幅寄せ機能を使って iPhone 6s Plus でも片手入力」という目論見は崩れました。元々 iPhone 6s Plus での片手操作は諦めていたので、困ったとは言いませんが、残念です。

それでも多少は端に寄せられ、片手で文字入力する時は純正 IM よりずっと入力しやすいので(バックスペースや改行は多少手を持ち変える必要があるけど)、とりあえずは使い続けています。それなりの高いアプリを買ったわけですしね(笑)

とはいえ、純正 IM の出来が真っ当になってきたいま ATOK を買う意味があるか?という点も含めて、ATOK for iOS を使ってみての全般的な感想は次回記事で。