表題そのまんまなのですが、最近サンニッパ(300mm F2.8)をフードなしで使う機会が増えました。もちろん、基本的にはフードを付けて使いますし、持ち運び時には逆刺しするなり、時には使用時の体勢のまま長いカメラバッグへ収納することもあります。


(フード逆刺しならボディ付きゴーヨン 500mm F4 まで収納可能な thinkTANKphoto Glass Limo。サンニッパならボディ付きフード順刺しでも収納可。キヤノンの現行型ならx1.4テレコン付けてもギリギリ収まる)

ただ、サンニッパやそれ以上の超望遠単焦点レンズやワイド端200mm以上の超望遠ズームレンズの場合、とにかくフードがデカく長い!わけです。

ヨンニッパ(400mm F2.8)、ロクヨン(600mm F4)、ハチゴロ(800mm F5.6)といったレンズは、フードなしレンズ本体だけでも十分大きく重く、「大砲」と呼ばれても納得のレンズですが、サンニッパやヨンヨン(400mm F4)は実はコンパクトなレンズです。

焦点距離が短いですから、昨今流行りのお手軽超望遠ズームの 150-600mm と比べてもレンズ本体は短いですし、100-400、80-400mm あたりの望遠ズームレンズをテレ端にした時より短いので、フードを外すと実は意外と小さなレンズなのです。(軽いとは言わないけどね)

HoodieLensCaps6


そんなわけで、周囲が気になる時とかはフードを外して使うことも間々あるわけですが、出先でフードなしで使うことが判っているなら、馬鹿でかいフードを最初から外して持って行きたいのも、また当然です。望遠単焦点のフードはメッチャかさばりますからね!

ただ、フードなしで持って行くとなると一つ問題が出てくるわけで、

純正レンズキャップはフードを付けた状態向けに作られている


ので、フードを外した状態で純正レンズキャップを付けるとブカブカのスカスカで、あまりレンズキャップの役割を果たしません。

ってか、あまりにスカスカで勝手に抜けちゃうため、うっかりレンズキャップを失くしそうで、フードなしで持ち歩く時に純正レンズキャップを付けるのは気が進みませんでした。

HoodieLensCaps4


ま、最前面レンズはプロテクトレンズですし、フッ素コーティングの威力は絶大で、ちょっとした埃・汚れは一吹き、または一拭きでキレイになりますから(レンズ清掃苦手な私としてはもう前面フッ素コーティングのレンズ以外は使いたくない)、あまりレンズキャップにこだわらなくてもいい気はしますが、気分の問題として、やはり付けておきたい。

ということで、しばらく前に少し物色して見つけたのが↓コレ。

HoodieLensCaps1

Hoodie Lens Caps - LensCoat

超望遠レンズをお持ちの方々、特に鳥・動物撮り系の方々にはお馴染みの LensCoat.com の製品です。(カモフラージュやレンズ保護のためにレンズの周りに巻くレンズコート製品が社名になっています)

レンズフードを小さめレンズ用から大砲レンズ用まで各種サイズを用意してくれているのですが、EF300mm F2.8L IS II USM には以下の X Large サイズがピッタリでした。

Hoodie Lens Caps - LensCoatTM HoodieTM X Large LensCoat

実際に装着してみたのが以下のとおり。



HoodieLensCaps2
(ネオプレーン素材でレンズを傷つけることはなく、伸縮があるので多少のサイズ融通が効きます)

HoodieLensCaps3
(フロントは型を保たせるための補強材が入っています。抜いて使うことも可)

HoodieLensCaps4
(純正レンズキャップはフードを抜くとガバガバで用を足しませんでしたが…)

HoodieLensCaps5
(このキャップは専用かと思うくらいにフードなし状態にピッタリ!)


実際に使ってみると、上記写真のとおり、フードなしのレンズ本体にピッタリ合うレンズキャップでした。これで、フードなしで使う時でも安心して持ち歩きできます!

今回サンニッパ(EF300mm F2.8L IS II USM)のフードなし状態のために X Largge サイズを購入しましたが、↓商品ページ記載のとおり、4.75" 〜 5.25" 用ということで、センチに直せば 12.065cm 〜 13.335cm。サンニッパ(φ128mm)やヨンヨンDO/DO II(φ128mm)のフードなし利用時がこれに相当します。

HoodieLensCaps7

Hoodie Lens Caps - LensCoatTM HoodieTM X Large LensCoat

今回購入したサイズよりも上(大きなサイズ)があり、↓ XX Large になると、口径 5.5" 〜 6.25" = 13.335cm 〜 15.875cm ですから、ゴーヨンのフードなし状態や、サンニッパ、ヨンヨンのフード付き向けになります。

Hoodie Lens Caps - LensCoatTM HoodieTM XX Large LensCoat

私の場合はフードなし状態でのレンズキャップとして購入しましたが、

純正レンズキャップより嵩張らない
フロント部の型を抜けば小さく折り畳める


という利点もあります。折り畳めばコートのポケットにも入るくらいですから、フード付きで使う場合にも純正レンズキャップと交換して使っている人もいるようです。

また、ちなみにさらに大きなものもあって、↓ XXX Large になると口径 15.875cm 〜 17.78cm 用になりますので、ヨンニッパ、ロクヨンのフードなし状態または、ゴーヨンのフードあり用になりますね。

Hoodie Lens Caps - LensCoatTM HoodieTM XXX Large LensCoat

もっとも大きな↓ XXXX Large になると、ヨンニッパやロクヨンのフード付きで使う場合向けになっています。

Hoodie Lens Caps - LensCoatTM HoodieTM XXXX Large LensCoat

フードありで使う場合と、なしで使う場合では概ね1サイズ違うという感じでしょうか。

お値段は直販価格で、柄なしブラックだと X Large で $19,99、もっとも大きい XXXX Large で $24.99。迷彩柄の場合は+$5 になっています。

送料は一番時間はかかるけど安い International Mail Service で、$7.80。X Large ブラックだと送料込みで $22.79 でした。記事掲載時の為替レートだと 2,600円前後でしょうか。多少の為替手数料が乗っかって 2,700円前後になりますかね。

HoodieLensCaps8


Paypal が使えますし、海外直販ショップでの個人輸入と言っても特に大きな障害はないと思います。ぶっちゃけ、eBay で買うのと同じかそれより楽ですし、海外ショップでの購入に慣れている人なら Amazon でポチるのと大差ないでしょう。

ちなみに、到着にはそれなりの時間が掛かる International Mail Service でしたが、注文から 15日で届きました。もちろん、商品より高い送料をかけて Fedex でサクッと遅れば数日内に到着するでしょう。

もっとも、送料にお金をかけるなら、国内では LensCoat.com の商品を銀一が代理店として取り扱っているほか、輸入販売しているところがありますので、そちらで買われた方がリーズナブルかと思います。

レンズコート | 銀一株式会社
ヨドバシ.com - レンズキャップ | ヨドバシカメラの公式通販サイト【全品無料配達】
デジスコとバードウォッチングの専門店、ホビーズワールド。|Lens Cort(レンズコート)商品一覧

ただ、見てもらえれば判るように、銀一取り扱いの国内流通品だと在庫がなくて現地から取り寄せ(1〜2ヶ月?)ですし、ホビーズワールド だと X Large は取り扱っていないといったことがあるので、個人的には

メーカー直販で海外注文した方が楽


と思っていますが、こればかりは人それぞれですから、海外ショップへの注文が嫌な人はヨドバシカメラその他で注文して気長に待つのが良いでしょう。



(Amazon マケプレ業者も取り扱っているようですが、銀一以上に高めですね…)