今朝、Twitter の timeline にこんな画像が流れてきました。




おおっ?と思ったので、自分も試してみようかと、LINE をインストールしていなかったパソコンに LINE(Mac)をインストール、ログインしてみました。

すると、

パソコンから LINE への初回ログイン時には
スマホの LINE を使ったワンタイムパスワード認証が必須に
(QR コードログインも初回ログイン時は使えない)


なっていました。

LINE_PC_LOGIN2


なお、既に LINE にログインしていたパソコンでは必要ありません。ログインしていたパソコン版 LINE から一度ログアウトして再度ログインする場合にもワンタイムパスワード認証は必要なく、QR コードログインも可能です。

ということで、新しいパソコン版 LINE の新規ログインの流れは、以下の通りです。



  1. パソコン版 LINE での初回ログイン時は QRコードログインは使えなくなくなったので、メールアドレスとパスワードでログインを行います
    (スマートフォンの LINE でメールアドレスとパスワードの登録設定をしていない人は、まずそちらから)

    LINE_PC_LOGIN1

  2. ちなみに、初回認証時に QRコードログインしようとすると、以下のようなメッセージが表示されますので、メールアドレスとパスワードでログインを行います。

    LINE_PC_LOGIN2

  3. メールアドレスとパスワードでログインすると、初回ログイン時に限り、以下のような数字4桁のメッセージがパソコンに表示されます。

    LINE_PC_LOGIN3

  4. この時、スマートフォンの LINE アプリを開くと、以下のような画面が出ますので、パソコン側で表示された数字4桁を入力してください。

    LINE_PC_LOGIN4


    なお、数字4桁は3分以内に入力する必要があります。残り時間はパソコン側画面の数字4桁の下に、小さく表示されています。

  5. 数字4桁をスマートフォンの LINE アプリに正しく入力できたら、パソコン側の LINE が利用可能になり、と同時に、スマートフォン LINE アプリに LINE から以下のようなログインメッセージが届きます。

    LINE_PC_LOGIN5

  6. 一度ワンタイムパスワード認証でログインしたことのあるパソコン版 LINE からは、ログアウト後に再度ログインする際に QRコードログインが可能になり、従来通りの簡単ログインが可能になります。

    LINE_PC_LOGIN6


とまぁ、文字にすると面倒くさそうに見えますが、そこは LINE ですので、そう難しくもありませんし、初回ログイン時だけの手間ですので、これくらいは許容範囲内でしょう。

今や、Gmail (Google) 始め、各社ウェブサービスでは携帯電話やスマートフォンを使った二段階認証は当たり前ですし、銀行のオンラインサービスなんかも(ようやく)ワンタイムパスワード認証必須になってきているので、これもまぁ時代の流れです。

本来ならとっととやるところを、ベッキー&ゲスの LINE 流出で「LINE はマジ大丈夫なんか?」という問い合わせが殺到して、対応強化ということになったようですが、やらないよりはやった方がいいに決まってます。

まぁ LINE を信用できるかといえば、できませんけどねー(笑)

ってか、パソコン版 LINE のスタンプの使いづらさとか動作不安定とか、iPad版 LINE の超放置具合とか、色々やることあると思いますけどねぇ>LINE