当方 docomo、au 両方の回線を契約しているのですが、毎年この時期になると au から割引クーポンのダイレクトメールが届きます(メールじゃなくリアル郵便で)。今年は iPhone 6s / 6s Plus 発表日の昨日に届き、もしかして日付指定?と一瞬思ってしまうタイミングでした(笑)

さて、その iPhone 6s / 6s Plus の発表から一日経って、週末の予約開始に向けて気持ちも予算もスタンバっている人もおられると思いますが(周りにも何人か…)、本日 KDDI からスマートフォン向けの新料金プランの発表がありました。

「スーパーカケホ」新登場!「カケホとデジラ」に月額1,700円の国内通話定額プランを追加 | 2015年 | KDDI株式会社

昨年ドコモが始めて各社追随した“国内の電話は掛け放題だけど基本料グッとアップ”のカケホーダイプランのバリエーションとして、

掛け放題を通話5分までに制限する代わりに基本料千円安


というもの。

5分以内の通話なら月額 1,700円の定額範囲内、5分以上の通話は20円/30秒かかるわけです。昔のウィルコムや、ソフトバンクもガラケー向けに一時期似たようなプランはありましたかね。

スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V) | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

通話をあまりしない人(端末)にとってカケホーダイ系のプランは高くついて困りものでしたが、この新しいプランなら最安料金を狙わなければ千円値下げになりますから、かなり魅力的です。

もちろん、単なる値下げにならないような制約もあります




  • データー通信のオプションプラン(データー定額プラン)のうち一番安い 2GB プランは選べない
    (月額料金が700円高い 3GB プランより上位プランのみ利用可)

  • カケホではない旧プラン(LTEプラン)では au 同士の通話なら 1〜21時は無料だったが、本プランでは au 同士の通話でも 5分を超えたら有料になる


という制限が付いています。よって、

月額料金をできるだけ安くしたい人にとっては値下げ幅は 300円


にしかなりません。そこは単純に千円値下げにならないようにしているようです。

しかし、カケホーダイが必要ないなら

データー通信量 3GB 以上のプランの人は単純に千円値下げ


ですし、

最安料金を狙う人もカケホーダイ不要なら
300円安くなって月間データー通信量は 2GB→3GB になる


わけですから、カケホーダイ不要の人には諸手を挙げて大歓迎の新プランです。私も iPhone は次 au へ MNP 予定ですので、その時はこの新プランで契約したいですね。

カケホ(電話カケ放題プラン/V) 4G LTE(au VoLTE対応)スマートフォン 料金・割引プラン | au
スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V) 4G LTE(au VoLTE対応)スマートフォン 料金・割引プラン | au



とにかく従来の掛け放題プラン(au はカケホプラン)は各社ほぼ横並びで、月額基本料 2,700円。これに LTE 接続料 300円と 2GB 3,500円〜という高額なパケットパックを組み合わせるものでした。

カケホーダイ系のプランでは月間データー通信量 2GB でも月額 6,500円程度になり、従来月間 7GB 使えたのと大差ない月額費用なのにデーター通信量が半減以下になるため、データー通信メインの人間にとっては辛いものです。

ドコモは早々にカケホーダイ系プランに統一し、au やソフトバンクは従来プランも残されていますが、実際には毎月割などの割引施策の適用がカケホーダイ系プランの契約を条件にしているので、大手キャリアは全てカケホーダイ系プラン一択の状況です。

そんな“データー通信メインのユーザー受難の時代”にあっては MVNO に移る人も多いのですが、MVNO は安かろう悪かろうではないものの、平日12〜13時やプライムタイムを中心とした混雑時には大手キャリアと明らかな差があります。そこは割り切りや我慢が必要です。

「MVNO じゃなく大手キャリアのまま使いたいけど、今のプランは割高だよなぁ」と思っている人は少なくないものの、カルテルの如く3社で高値安定されてしまうと「しばらく状況は変わらないかなぁ」と思っていた中での、この au の新プランはまさに「渡りに船」。

以下の、石川温氏の日経コラムにあるようにドコモとソフトバンクの追従は簡単ではないでしょう。(それでも影響が出ればやらざるを得ないでしょう)

KDDI、新iPhoneで禁断の「1000円」値下げ:日本経済新聞

このところの大手キャリアの料金施策はさすがに鼻白むところがありましたが、今回は久しぶりに朗報という感じですね。いや、田中社長の決断はありがたい。

au KDDI は他にも、au 独自のスマートフォン買い換え「アップグレードプログラム」を発表したり、

最新機種への買い替えをサポート! 12ヵ月ご利用で買い替え可能な「スーパーアップグレードキャンペーン」開始 | 2015年 | KDDI株式会社
アップグレードプログラム | スマートフォン・携帯電話 | au

機種変更時の旧 iPhone 買い取り価格を1万円増額したり(au WALLET チャージというのは相変わらず好きになれないけど)、

「スーパー機種変更キャンペーン」開始!今なら下取り価格に加え、10,000円をau WALLETでチャージ(入金)!〜auをご利用中のお客さまの新機種への買い替えを強力サポート〜 | スマートフォン・携帯電話 | au

出戻りユーザーに向けた基本料割引キャンペーンを行ったり、

「auにかえる割スーパー」開始、今ならauへの乗りかえがダンゼンおトク!月額1,700円を最大1年間割引〜選べるauの料金プランに合わせた特典で、他社からの乗りかえを強力サポート〜 | スマートフォン・携帯電話 | au

と、iPhone 6s に向けて一気にキャンペーンを打ち出してきており、

今回の au はかなり攻めてる


感があります。iPhone 5s 時にドコモへ流れた客を引き戻そうと言うことでしょうか。

いずれにしても競争してもらわないと、料金高止まりのキャリア利益ウハウハでは辛いですからねー。