半月前に発売されたキヤノンのミラーレス第三世代 EOS M3 の出足は「EOS M3 デビューキャンペーン」のおかげか好調だったようで、先日書いたように「アクセサリーセット 先着5,000名様プレゼント」が発売1週間で終了されていました。

私の方は先日の記事で書いたとおり、直前の体験イベントで EOS M3 の動作を最終的に確認し、EOS M3 の予約をキャンセルしました。

今日は EOS M3 の発売日なわけですが……

来年には、多少低照度でも激遅にならない AF になった EVF 内蔵機という感じで、これだ!という思いで買いたいモデルが出てくることを期待しています。ミラーレス機はやっぱり1台あった方が便利ですしねぇ。



そんなわけで EOS M3 をサブ機として購入する計画はなくなりましたが、いつまでも EOS 7D Mark II 一本足打法では色々と不便です。もちろん、他にもカメラはあるわけですが古いモデルばかりで、2台使いの時に現役バリバリ、安心して頼れるサブ機が必要です。

それに EOS 7D Mark II が予想以上に心地よいカメラでしたので、ついそればっかり持ち出して、シャッター回数も無闇に増えまくってるのも気になっていますしね。(現在45,000枚強)

ということで、やっぱり至急サブ機が必要だわ……と思って、改めて悩んで購入したのが、コレ↓





EOS 6D。EF24-70mm F4L IS USM とのレンズキットで購入しました。だいたいの流れとしては、

EOS M3 発表日に予約

キヤノン梅田でβ機触ってAFに不安…

やっぱり一眼レフ EOS が良いかな?8000Dは良さげかも?

AFアジャストメントがない一眼レフは要らないや…

やっぱり 70D 買うか!10万切ってきたし

でも100-400II買ってフルサイズ機戻りたい衝動が強くなってきたし
70D 買うなら+5万で思いきって 6D へ行くか…
重さは 70D と 6D は同じだし、7D より小さいし

でも主被写体が動体なのに 6D はちょっと…
それに24-105とかとっくに売ってるので標準ズームも買い直さないと

やっぱり 70D にしとくか…

でも…


の堂々めぐりだったのですが、考えてみたら 70D 買っても「フルサイズへ戻りたい」衝動は変わらないので、

「スナップ用途+α的なサブ機だから、動体に向かなくてもフルサイズの 6D を買っとくか」

となりました。

EOS 6D なら 7D/7D Mark II や 5D Mark III とはバッテリー(LP-E6/LP-E6N)、リモートコントローラー (RC-6)、リモートケーブル(リモートスイッチ RS-80N3)などのアクセサリーが共通ですので、余分な出費も避けられます。



というわけで、EOS M3 + EF-Mレンズ2本の倍の出費になりましたが、そこはそれ、“将来への投資” という言い訳でありますし、本音でそういうところはあります。

実際にどれだけの期間 6D を使うかは判りませんけれども、結構揃えていた EF-S レンズがどんどんフルサイズ対応のレンズに置き換わっていくでしょうし、システムを 5D / 1D系メインだった頃と同じスタイルに戻していく第一歩かな、と。

ただ、主被写体が動体の人間としては当たり前ですが、

EOS 5D Mark III 買う金がないから仕方なく 6D


でありました。率直にそれは否定できない事実ですし、割り切って買ったとは言え、買った直後から、そして今後もそこはずっと引っかかっていくでしょう。

もちろん、サブ機として 7D Mark II より小型軽量なものを考えていたのも事実ですし、画質などについては全く不満のないものですが、AF だけでなく 7D との操作性共通化の点からも 5D Mark III 買う金があったから Mark III 買ってます。

モデル末期だろうがなんだろうが、自分の道具としてより適切なのはどちらかは自明です。でも、金銭的に無理なのも更に自明でした(^_^;)

そして、「6D はサブ機だから、スナップ用だし、あまり動きモノを撮るつもりはないから」なんて言いながら買ったものの、6D が到着した日だけは

EOS6D_Sample1A

EOS6D_Sample1B


こんなものを撮ってましたが、すぐに

Itami Airport 2014.4.4 (34) JA224J / J-AIR's ERJ-170


ヒコーキを試し撮ってみたり、

EOS6D_Sample3A

EOS6D_Sample3B

EOS6D_Sample3C


シロクマの赤ちゃんを撮りに行くのに 6D を持ち出したりしていました。(酷い腰痛で、少しでも機材を軽くしたかった、ということもある ^^;)

動きモノを相手にすると早速、

「ああ、100-400 はやっぱりフルサイズ機の方が使いやすいわー」
「ああ、AF測距点が狭くて少ないし、ゾーンAF もスポット AF もないのは疲れるわー」

とか思ってるわけで、結局

「5D Mark III ならもっと楽なんだろうなー」

と、よく思ってます(笑)。6D も中央の測距点はホント、噂に違わぬ精度の良さですけど。

でもまぁ、コレばっかりは言っても詮無きこと。「5D Mark IV が出たらその時は…」などと思っていますが、画質の良さはもちろん、6D の程よいサイズも実感していて

7D Mark II と真逆の方向性にある 6D もなかなか良いね


と、十日間使ってきて思ってます。

ただ、動きモノ相手に 6D は辛いとか言ってますが、事前に色々見ていて、上手い人はヒコーキ写真でも 6D で素晴らしい写真を撮っておられますし、モータースポーツでも良い写真を撮っておられる方がいますので、要は自分の腕次第だと思って購入しています。今後、色々詰めていって精進したいと思ってます。


(6D だけでも当初比4倍近い出費なのに 5D Mark III は無理すぎました ^^;)


で、6D ボディだけでも EOS M3 +諸々の2倍の出費だったわけですが、結局レンズキットを買いました。以前持ってた EF24-105mm F4L IS USM も EF17-40mm F4L USM も、とっくに手放していましたから、標準ズームくらいは必要です。

レンズキットでなければ頑張って 5D Mark III 単体購入という選択肢も考えましたが、

レンズあってこそのボディ


ですし、ちょっとしたマクロレンズ代わりにもなる EF24-70mm F4L IS USM は以前から使ってみたかったのです。

(キャッシュバックキャンペーンの時に買うつもりだったのですが、他のレンズを色々買っていたらお金の工面がつきませんでした……)

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM と組み合わせるには EF24-105mm F4L IS USM の方が都合が良いのは判っているのですが、一度手放したレンズで、そんなに買い戻したくなるようなレンズでもないので、ここは 24-70F4 で、と。

EF24-105mm F4L IS USM は中古玉も多いので、便利さ優先で必要なら適当に見繕えばいいかと思っていますし、5D Mark IV 発売時に周辺描写が良くなった II型が出ることを期待しているところもあります(^_^;)

ただ、実のところまだそんなに 24-70F4 の出番はなくて、6D にはいつも 100-400 II か EF40mm F2.8 STM が付いているので、これから色々と使って行ければ良いなあ、と思っています。



とまぁ、こういう感じで、当面は EOS 7D Mark II + EOS 6D という体制で
  • 7D Mark II:動きモノ全般のメイン機
  • 6D:普段使い全般、動きモノ相手のサブ機

という使い分けで行くことになりそうです。どうなりますやら……





    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック