まず始めに、表題とは何も関係ないけど、

GAMBA_J1_CHAMPsmall
ガンバ大阪、J1リーグ優勝万歳!!\(^O^)/


今季のガンバは漫画でも有り得ないくらいの大逆転ストーリーだったし、それゆえに何かと色々言う人もいるだろうけど、一年間の結果として一番であれば、他に何もないのだ :-D

ガンバのことに関してはまた三冠が終わったら本ブログでも少し書くかも知れませんが、それはそれとして、一週間前に購入した iPad Air 2。

微妙な初期不良交換ということもありましたが、木曜日から本格的に使い始めています :-)

iPadAir2_10


発売されてから一ヶ月以上経っていますし、今さら iPad Air 2 のレビューをしても仕方ないので感想を事細かには書きませんが、CPU/GPUの高速化以上に、思ったとおりメモリ倍増の効果が出ているのはすぐに実感できています。

従来の iPad Air で一番気になっていたのは(iPad にこそ必要な)指紋認証がなかったことと、ブラウザでのページ再読み込みの多さ。

Safari で複数タブを2枚ほど開いてから元タブに戻ったら再読み込みされることが多く、また Safari から別アプリへ移って作業してから Safari に戻るとやっぱり再読み込みされることが頻繁で、そこを改善して欲しかったので、Air 2 では多少マシになっていて納得です。

そして、もう一つ Air 2 で印象的なのは、最初に iPad Air 2 が届いたときの記事にも書いたように、劇的に薄型化された先代 iPad Air より更に薄型化されたボディ。

iPadAir2_06


いやー、ホント薄いです。基本的にスマートカバーだけの背面裸で使うようにしている iPad Air ですが、Air 2 の方は昨日一昨日と持ち出して使っていると、

iPad Air 2 は薄すぎて、カバンの隙間に突っ込んで持ち歩いてると
何かの拍子に割れたりするんじゃないだろうか?


と不安になるくらいです。大型タブレットで表面積が大きい分、不安を感じます。

もちろん、そのあたりはキチンと考えられて作られていると思いますが、物理的な薄さが感覚のしきい値を超えてきたような印象で、従来、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンについては「重さ大きさより、薄さが最大の価値」と言ってきた私が、

初めて薄さに不安を感じるデバイス


になりました。

てなわけで、この薄さに挑戦したアップル設計陣には非常に申し訳ないのですが、iPad Air 2 では背面ケースを常用しようと思いまして、早速ヨドバシカメラへ寄って色々ケースを見て購入してきました。


iPad Air 2 発売から既に一ヶ月以上経っているので、背面ケースの類いも十分出揃っているかと思いましたが、一通り見てみると

未だ iPad Air 2 用の背面ケースは意外と種類が少ない


ですね。表側(液晶側)のカバーと一体になったケースはそれなりの種類がありますが、純正スマートカバー対応の背面だけのケースは数えられるくらいでした。

また、iPad Air 2 の色をゴールドにして背面カラーがいささか派手めなので、クリアブラックな背面ケースが欲しかったのですが、先代 Air 用には幾つかあるものの、Air 2 向けは未だありませんでした。(クリアじゃないブラックのものはある)

ですので、クリア背面ケースを選ぶことになったのですが、いくら iPad Air 2 の薄さに不安を感じたと言っても、背面ケースは断然薄い方が良いわけで、それを基準に選んだところ、



定番とも言える TUNEWEAR「eggshell」ケースの iPad Air 2 用を購入しました。(eggshell は先代 iPad Air 向けにはクリアブラックはあるものの、2 向けにはクリアのみしか用意されていない)

eggshell のケースは “薄さ 0.9mm” と謳われていて、他メーカーの製品には 1mm を謳っているものもありましたが、実際にケースを手にとってみると、とても 0.1mm とは思えない差を実感できたので、eggshell を選びました。(値段も同程度)

先代 iPad Air の時は必要に応じて背面ケースを脱着する(必要な時だけ付ける)というスタンスでしたので、脱着時にボディが傷つきにくいであろうクラリティ素材を使った背面ケースを選びましたが、今回は背面ケースを装着しっぱなしの予定なので、薄さ優先のポリカーボネート素材ケースです。

クリアかつ厚さ控えめだけど着脱簡単!傷がつきにくい クラリティ素材の iPad Air 用背面ケース

購入してすぐに装着してみましたが、装着感はなかなか良いです。薄さのせいか、ポリカーボネート素材にしては硬さも感じられず、装着時にも無理なくスッとハマってくれました。

eggshell4iPadAir2_A
(内容物。ケースに液晶フィルム付属とか要らないから安くしろ、といつも思う)

eggshell4iPadAir2_B
(写真では分かりにくいが結構薄い。店頭で少し触っただけでも他より薄かった)

eggshell4iPadAir2_C
(Air 2 で微妙に変わった背面穴もきちんと対応済み)


「背面ケースなんて付けたら、せっかくの薄さが台無しじゃん!」という言葉は甘んじて受けたいと思いますし、今まで iPad は背面ケースを付けないことが多かったのですが、今回は「付けて安心」という感じでしょうか。

それに、iPad Air 2 の劇薄さは全くなくなるのは事実ですが、

ボディが劇薄になった分、背面ケースを付けても薄い!


というのもまた事実で、

iPad Air 2 は eggshell 背面ケースを付けても先代 iPad Air より薄い!!


ので、iPad Air 2 にはケースを付けても悪くないどころか、十分納得できる薄さです。

eggshell4iPadAir2_F
(eggshellケース付き Air 2 と先代 Air の厚み比較)

eggshell4iPadAir2_E
(斜めから見たり、触ると完全にケース付 iPad Air 2 の方が薄いことが判る)


(十分に薄い)先代 iPad Air と同じ厚みで背面ケース付きになったと思えば、全然ありです。Air 2 単体の時の “薄すぎるかも” 感はなくなりましたし、個人的にはこのケースを付けた厚みでも十分満足です。

ですから iPad Air 2 にはこの TUNEWEAR eggshell ケースがお勧め!と言いたいところなのですが……

eggshell4iPadAir2_D
しょうもない自社ロゴを主張するとか糞すぎにも程がある


んー、なんなんでしょうね、この自社ロゴの主張は┐( ̄ヘ ̄)┌

自分の確認ミスですが、買う前には気づきませんでした。背面に目立つ TUNEWEAR のロゴが、ダサすぎます。超ダサ。

せっかく商品そのものはなかなか良くて気に入っただけに、一気にテンション下がりまくりです。クリアケースだけに結構目立つので嫌になりますね。

まあ、TUNEWEAR のケース自体は良いのですが、こんなダサいロゴがデカデカと入るなら、買うのはこれが最初で最後になるでしょう(ー ー;) こういうのが気にならない人にはお勧めのケースです。


昨日は世界エイズデーだったので、Max 仕様な iPad Air 2 を購入した
一昨日届いた iPad Air 2 初期不良交換