去年今年と色々買ったカメラの中で GR だけは変わらぬ愛用具合であり、私にとっては「なくては困る」カメラの筆頭なのですが、その GR を持ち歩きする時に使っているケースはずっと、この↓純正ケースでした。



GR 購入直後にこのケースを買った際、本ブログでも記事にしました。

色々試して悩みつつ、結局買ってしまった GR 純正革ケース GC-5 〜コンパクトなGR用ケースなら現状一択で良い製品

このケース、純正だけあって GR にピッタリピチピチ。最初は少々キツいくらいですが、使っているうちに革が馴染んでとても良い感じに出し入れできるようになりますし、最小限のサイズでしっかり保護してくれます。

何よりこのケースの良いのは、ケースというよりはベルトに付けたり、リングを使って、腰からぶら下げてホルスタータイプのケースとして使えるところ。

サッと取りだして、サッと撮れる GR に相応しいケースと思って、1年3ヶ月愛用してきました。

GRcase20140904B


ところが昨夜、神戸の山の中、ユニバー記念競技場へガンバ大阪の応援に行った際、駐車場からスタジアムへ向かおうとした際に、腰から GR がコロコロコロと……Σ(;|| ̄▽ ̄)/

幸い屈んでいる体制での落下でしたので、ガシャーン!と落下破壊するようなこともなく(立った状態での落下なら終わってた)、見た目は殆ど傷もなく動作もとりあえず問題無さそうですが(レンズ周りに影響はあるだろうけど)、いやー焦りました。

ちゃんとケースに入れていたはずなのに、なぜ GR が転がり落ちたんだ??と思って見たところ、この純正ケースの縫製の糸が切れて(解れて)しまっていたのが原因だったようです。



ケース底面や側面側は全く問題なかったのですが、縫製の糸が切れて解れていたのは、以下の写真の部分。ベルト通しの部分の縫製が解れて外れてしまっていました。

GRcase20140904C


私がこの GR 純正ケースを使う場合の9割以上は、このベルト通しの上にあるリングにカラビナを噛ませて、それでズボンのベルト通しやバッグのリングに引っかけて使っていました。

ですから、どうしても上記の糸が切れて解れた部分には強いテンションがかかるわけで、長いこと使っていれば、こうなってもおかしくありませんでした。気づかない方が悪かったかもしれません。

GRcase20140904D


GR 純正ケースのリングからカラビナを通してジーンズのベルト通しに引っかけていると、縫製が完全に解れて切れた際、ちょうど上記写真のようになって、ケースに入れていた GR が蓋を押しのけて飛び出して落下してしまったのでしょう。

GR 純正ケースの蓋は軽いマグネットで押さえられているだけで、すぐに開いてしまいますからね。(それが速写用ケースとしての利点なわけですが)

GRcase20140904A


というわけで、GR をこの純正ケースに入れて愛用している人、そしてリングを通して何かに引っかけてホルスタータイプのケースとして利用している人は、時々このベルト通しの部分の縫製が解れてきていないかを確認して下さい。私のように落下させてからでは遅いので、転ばぬ先の用心です。

もちろん、このことでこの GR 純正ケースを悪く言うつもりは全くないですし、むしろ

次もこの GR 純正ケースを買うかな


と思っているくらいです。他社製品で良いものがあれば別ですが、ここまでフィットしてホルスタータイプとして使えるケースもなさそうですしね……