買ってブログに載せようと思いつつも、すっかり忘れているアイテムが幾つかあるのですが、そのうちの一つがコレ。車のシガレットプラグから USB 充電するための USB カーチャージャー。



モバイルバッテリー、USB 充電器などで(Amazon 界隈を中心に)有名になった Anker の製品です。以前、本ブログでも Anker 製モバイルバッテリーやタブレット4台同時充電も可能な大容量 5ポート AC-USB 充電器を紹介しましたが、それと同じ流れにあるクルマ用 USB 充電器です。

タブレットを4つ挿しても大丈夫!最強の USB 給電器「Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ」

こちらは車のカーシガレット用ということもあって USB 2ポート仕様ですが、

タブレット2台同時充電も余裕な 4.8A 出力仕様


という大容量と、本年発売の Anker 製品から採用されている「機器毎に適した最大のスピードで急速充電を行うことが可能な Power IQ 機能」搭載というのがウリです。

余裕ある大容量出力と Power IQ による充電速度と安定度は、先に発売されて本ブログでも取り上げた 40W 5ポート AC-USB充電器でも実感しており、今回の 24W 4.8A デュアルUSBポート・カーチャージャーも既に2ヶ月ほど使っていますが、車の中で安定した速度で充電できています。

(ただし、カーシガレットからの電力供給は車によって安定度が変わる場合もあるので、車と充電するデバイスの組み合わせによって充電速度が変わることはあります)

AnkerTurboCarCharger5


ドライバーと助手席の二人のスマートフォンの同時充電でもかなり速く、片方のポートに iPad などのタブレットを挿しても、もう一方に挿したスマートフォンの充電速度が落ち込むことがないのも良いですね。

私自身、従来から 2ポート 3A 出力(公称値)の カーシガレット用 USB 充電器を使ってきましたが、それと比べても安定度は高く、「もう持ってるし、大きな不満もないし、どうしようかなぁ?」と思いながら買ったものの、結果的には満足しています ;-)

ただ、唯一の欠点を挙げるならば、本製品の場合、以下のように

カーシガレット部からはみ出す突起部の長さは結構ある


ということがあります。カーシガレット製品では、カーシガレットの配置場所によっては突起部のサイズが気になる場合がありますが、そのような場合には注意が必要です。


AnkerTurboCarCharger1
(いつもの Anker 製品と同じ段ボールパッケージ)

AnkerTurboCarCharger2
(充電器の長さは一般的なサイズで、コンパクトとは言い難い)

AnkerTurboCarCharger3
(左:従来使っていた 3A出力製品、右:Anker 4.8A 製品)

AnkerTurboCarCharger4
(実際にシガレットプラグに挿したところ)


従来使っていた 2ポート 3A 出力の製品は、出力安定度では Anker に完敗ですが、突起部の長さが短めでしたので、カーシガレットプラグが肘掛け下のボックスにあるような車では使いやすかったですね。このあたりは車によって使い分けが必要かと思います。

(Anker の本製品購入後、従来使っていた充電器はカーシガレットプラグがそういった場所にある車を持つ友人に譲りました)

従来使っていた突起部の短い製品はどこで買ったか忘れてしまいましたし、公称 2A + 1A 出力仕様であるものの実際は 1.5A + 0.7A 出力ほどで iPhone でも2台同時充電すると、どちらかは急速充電できませんでしたが、タブレット充電さえしなければ大きな不満はなかったので、突起部の短さにこだわる人は探して試してみるのもありでしょう。

今では以下の製品のように、出力は小さいものの、カーシガレット部からの突起が数ミリ!という製品もあるようです。


(2ポート 2A 出力仕様ながら、出っ張りが 4mm というのは凄い)


とまぁ、カーシガレット部からの出っ張りが少々長めなのでシガレットプラグの場所によっては気をつける必要がありますが、しばらく使ってきて出力の安定度、充電速度については大満足の製品です。

値段も千数百円ですから、お手頃。この手の製品は電流出力の大きさ、安定度がモノを言いますので、カーシガレット部からの出っ張りさえクリアできれば、オススメの製品です。

タブレットを4つ挿しても大丈夫!最強の USB 給電器「Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ」
リーズナブルで真っ当に使える iPad Air用キーボードカバー「Anker Keyboard Cover」【1】